STORYS.JP

Fukushima Asako

Fukushima Asakoの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Fukushima Asakoの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

堀口 悠冴
4239

ブラック会社の最高経営責任者になった。9回目

私はさほど学歴を気にはしていない。社会人になって五年目十年目の人を評価するうえで学歴を重視しても意味をなさない。学歴なんてものはせいぜい大学卒業して三年ぐらいまでの評価基準であると考えている。10代後半や20代前半の人間を評価するのは確かに学歴でいい。30代前半以降の人たちは「どのような20代を過ごしたか」を評価するのであり、学歴は評価対象にならない。 終身雇用・年功序列の基礎ともいえる「新卒採用」
木藤 勝則
1446

難病と向き合う!!

CIDPという病気をご存知ですか? ”誰でも突如訪れるかもしれない不治の病。あなたは病気について深く考えたことがありますか? 私は持病を持つまで難病と言う言葉さえ知ることが無く暮らしてきました。もしもまだ、元気な身体でいられたら・・・そんなジレンマを持ちながら難病CIDPと闘病中の私のストーリーをご覧ください。” ※CIDPとは(慢性炎症性脱髄性多発神経炎)の略語です。20万人に1人~3人の発症例で
ヨシモト ユウタ
155
4

最初で最後の"さがしものがかり"

学校初のさがしものがかり 今でも覚えている。 小学校4年目がはじまって最初の" 係決め "の学級会。 クラスで学級委員を男女で1人ずつ決め、学級委員以外の人はなにかの係になるのが僕の通っていた学校の決まりでした。 僕は" 掲示がかり "という教室の掲示物や画鋲を管理する係に立候補しました。 理由はただひとつ、自分の描いた絵を良い位置に掲示できる権利を持っているからだ。 小学4年生にして早くも僕の頭
Kuribara Kao
412
11

許すことをやめて認めることを頑張ることにした

 私はかなり小さい頃から両親が好きじゃない・・・というか憎んでいる部分が心の中にある。   これを言うと大概は「生んでもらって育ててもらったのに恩知らず」とか「もっとひどい親だっているじゃない」と言われることは重々承知している。  でも心の中を覗くと憎しみと怒りと悲しみがある。殴られたこと、蹴られたこと、暴言・・・ 自分の心の根幹を揺るがすほどのことがたくさんあった。トラウマも沢山できた。 同時に「
Kuribara Kao
4498

若年性脳梗塞になってみた その2 ~ 苦痛に強すぎるのも問題でござる ~

 ヤブ医者の病院からひーひー言いながらなんとか帰り着くともうくたくたでした。  しかしさっきより右手は動くしなんとか帰り着けたし・・・  やっぱりヒステリーなのかな・・・?とそんなことばかり考えていました。  人間とは不思議なもので最悪と最善があれば最善のパターンを考えてしまうものです。特に病気に関しては。  私も最悪は「脳梗塞」、最善は「ヒステリー」という考えで、この最善の方を優先してしまったので
中山 祐次郎
6916
44

ヨーロッパに向かうフライト中に、「お医者様はいませんか」に応えて出ていったら、とんでもないことになった若い外科医の話

そう、あれはヨーロッパ行きの飛行機の中の出来事だった。 私は当時30歳を超えたばかりの独身・若造外科医で、ヨーロッパで開かれる学会に参加すべく向かっていたのだった。 私は、モニターの映画のブルース・ウィリスを観ながら そっくりな顔の後輩医師 の顔をぼんやりと思い浮かべていた。彼の外科医としての成長、人間としての成長、 おでこの後退 … そんな時、事件は起こった。 すぐ前のシートの男性が、青い目のCA

書きかけのストーリー

Fukushima Asakoさんの書きかけのストーリーはありません

Fukushima Asakoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|