STORYS.JP

小木曽 厚志

小木曽 厚志の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

小木曽 厚志の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

青峰 隆
1471
2

青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(行動から見えた光道)

8月末大富豪に出会い行動する大切さを学んだ事で 行動に移そうとし始めました。 → 前回の話 夏が終わり涼しくなり始めた9月。 青い財布に変えてから1ヶ月経った位の話。 「行動する事が大切」 と思っても、行動しなかった人が行動するには 心理的なハードルがある。 失敗恐怖症だった僕はなおさらだ。 でも、 「変わる為に行動しなくてはいけない」 ので、一つの作戦を立てた。 それは 人と行動するという約束をす
Chang Daniel
1396
59

元極道の下で働いてた16歳が、後に日中英精通の国際IT起業家になった話

STORYS.JPで読めない方はこちら: http://danielzenidea.blogspot.tw/2013/11/16it.html 思い返せば、過去の経験は何一つ無駄になっていないと感じる。 それは自分が凄いことをやってきたわけでも何もない。10歳からゲームにはまり、三箇所の中学へ行き、2つの中学校卒業証明書を持ち、16歳で高校中退というよく判らないが、基本的に社会のはみ出し者という十代
Ohta Yuki
49

パニック障害の少年が起業した理由

とある方が教えてくれた 起業した理由です。 何度読んでも胸に響くので、 書き残しておこうと思いました。 「ウチの従業員の中にも数名、 パニック障害や鬱を患っている スタッフがいます ボク自身が二十歳で患い、 理解してくれる雇用先など全く無く ここ数年起業するまでは、 暗黒時代を過ごした経験から 彼らが病気の為、 道がそれるコトの無いよう 相談に乗ったり病院について 行ったりしながら、 彼らを雇用して
水本 敦則
487
8

絶対に破れない約束

僕には、絶対に破れない約束があります。 約束の内容は、あまり具体的ではなく、明確なゴールが合わるわけでもないので、他の人からはあまりわからないのですが、自分にとってはめちゃくちゃ大事なことなのです。 では、その約束は何かについて書く前に少し前提となるお話を書いておきます。 今から9年前のことです。僕は自分の人生がどうにかなってしまうのではないかと思って、毎日を過ごしていました。 その3年前に京都の美
Kato Yuki
4778
107

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが

書きかけのストーリー

小木曽 厚志さんの書きかけのストーリーはありません

小木曽 厚志さんにもっと聞きたい話リクエストする

|