STORYS.JP

野添 彩

野添 彩の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

野添 彩の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

中村 麻美
525
1

【17】痛みと温度が同居した日 ~あなたが生まれた日、わたしも生まれたんだよ~

8年前 あなたは生まれた。 そして わたしも同時に生まれたんだよ、母として。 このストーリーは わたしにとって語らずにはいられないエピソードです。 なぜなら、わたしの人生にとびっきりのギフトをくれたのは娘の存在でした。 現在8歳の娘はこのストーリーを描く わたしの横でテレビを見て笑っています。 「ねぇ、さき。ママは本当のことを語ろうと思うよ。」 2006年、今から9年前。 いつもと様子の違う自分に気
アルバート 伊藤
112
2

上海生活、乞食の老人と僕との変な話 -後編-

社会人二年生。繰り返される給料と消費の狭間で「将来」に関して不安を抱きながらも何も考えられずにいる自分。気が付けばまた遊びに出かけるのです。やがて同じ世代の仲間はほとんど帰国。年下仲間はまだ学生でクラブや夜遊びで忙しい。仲の良い女友達との他愛の無い不幸自慢をしあっては飲み過ぎで帰る道に聞こえるあの音。 「カンカンカンカンカンカン」 万博だのなんだの盛り上がり変わり続ける上海の夜空。何故かこの乞食の老
Izumi Unimam
32

色眼鏡にアイパーヘアのどっから見てもサラリーマンには見えない外見とは裏腹に本当に素敵な上司の話。

「理想の上司とはどんな上司ですか?」 よく巷で言われる言葉である。 自分にとって良い上司だったその人は、ものすごくいかつくて、ものすごく自由で、ものすごくわがままで、ものすごく繊細で、なおかつ押しの強い人だった。 大きな体に縦縞のブラックスーツを纏い、色眼鏡にアイパーヘアのどっから見てもサラリーマンには見えない外見とは裏腹に本当に素敵な上司であった。 この人の素敵なところは、なんといっても部下思いで
taro kotori
1185
46

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」後編

前回のお話では、私の生い立ちについて簡単に触れました。 その後、両親だけでなく、私の人生も上手くいかなくなっていました。 大学進学のために、家を出たものの、3年のときに、中退してしまいました。 外側の言い訳は、 「父親がリストラされたから家計の負担を減らすため。あと、このまま大学に残っても別に得るものもないだろうし。」 というような、かっこつけた理由を付けていました。 しかし、ホントのところの中退の
taro kotori
6296
16

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」前編

私 【追記】 このストーリーは、私の良い部分だけではなく、ダメダメな過去についても触れています。 なので、ダメダメ人間が嫌いだという人は、不愉快な思いをしてしまうかもしれませんので、読まない方が良いかもしれません。 (このストーリーを公開後、私のダメダメな過去について「お前はダメだ」というコメントを頂いたことがあり、もう過ぎてしまった過去をどうすることもできず、かと言って、ストーリーに嘘を書くわけに
寳槻 泰伸
3250
109

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

家庭教育の役割って何だろう 破天荒で型破りなオヤジが繰り広げる家庭教育のストーリーもいよいよ最終章。 パート3では、家庭教育の役割についてオヤジや僕の意見を書かせて頂こうと思います。 前回まではオヤジのぶっとびエピソードが中心でしたが、今回はマジメに教育論を語っています のでご了承ください。 まず、興味関心を育てることに心血を注ぐ。 お父さん・お母さん
堀口 悠冴
545

ブラック会社の最高経営責任者になった 29回目

年末、頭を抱えて悩んでいた。どう考えても、資金が足りない。 12月は会社の財務状況が最も悪化する月である。月次の売上の繁盛期に関係なく。一つ目は年末調整。二つ目は冬のボーナス。 年末調整は、職場や周囲の人を見ても理解している人ってほんと少ない。興味がないのか。知らないふりをしているのか。詳しい人であっても、ただ単に自分の還付金の返納の多寡で喜んでいる程度である。提出が遅いのは20代の独身男性だ。生命
堀口 悠冴
8240

ブラック会社の最高経営責任者になった。1回

その会計士は数枚の紙を机上に置いた。そして呟くように言った。 「社長今月の損益計算書の結果はマイナス3,000万円です。」 なんだよマイナス3,000万円って桃鉄じゃねーんだぞ。 「では、これで」と言って、その会計士は立ち去って行った。 なぜこんなことになったのだろう。激しく後悔したものだ。父親の経営する会社を引き継げと打診され悩みながらも承諾した。今思えば本当によく考えてから行動すればよかった。

書きかけのストーリー

野添 彩さんの書きかけのストーリーはありません

野添 彩さんにもっと聞きたい話リクエストする

|