自分が考える事・自分について

自分が考える事・自分について

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が考える事・自分についてのタグが付いたストーリー一覧 2402件

日本人が思う中国について

はじめに僕は左でも右でもない。 常に客観的にバランスよく考えることを心がけている。 そんな自分が思うこと。 中国や韓国の歴史教育はおかしい。 よく言われる話。 確かにおかしいと思いますよ。 でもね、実は日本も同じ。歴史教育というよりもメディアかな。 僕は今上海に住んでいる。3年目。 上海のほかにも北京、西安、杭州、深圳などにも行ったことがあります。 結論から言えば、日本人が思う中国は非常に偏っている
亀貝 康明
286

仲間と一生仲間でいるために。

最近は漫画ワンピースなどを読んでいると仲間という言葉を目にする。 僕が仲間ということを意識したのは、 小学生のときにスタンドバイミーという映画を観たときだった。 観ていてすごくワクワクした。 そして僕もこんな仲間がほしいと思った。 ひとつだけ残念だと思ったのは、 この映画のエンディングで仲間は大人になってそれぞれの道を歩んでいるというナレーションが入ることだった。 僕は思った。 大人になっても仲間で
亀貝 康明
48

永遠の夢の世界

夢を追う勇気さえあればすべての夢は叶えられる。 いつだって忘れないでほしい。すべて1匹のねずみから始まったということを… どんなに嫌なことがあっても、どんなに辛いことがあっても、悩んでたって、何もかもすべて忘れられる。 考えただけでわくわくが止まらない。 1番大好きで、1番幸せな場所。 東京ディズニーリゾート。 いつもそばに 物心ついた時には身の回りにはディズニーだらけだった。 たくさんのミッキー、
寺岡 恵実
76

Co-founderを集めるときに考えるべきこと

自分に足りないことは何か。 起業が誰でも比較的簡単に始められる今の世の中。 だからこそ他人と差をつけるためにはチームが必要となります。 1人でも起業は出来ますが、 一緒に厳しい時を乗り越えられるチームがいるといないとでは 会社のパフォーマンスにも大きな影響があるでしょう。 自分が起業したとき一番最初に考えたことは 自分に足りないこと は何かということです。 僕は自分がやりたいと思うことを人に伝えるこ
平 皓瑛
28

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(6)

「再出発」 そして「再構築」 採用の話を少し書いたが、前向きな話ばかりではない。 そう、リストラだ。 リストラとは、そもそもの意味は「 リストラクチャー=再構築 」からきているのだが、世間では単なる「 首切り 」としての意味合いが強いように感じる。 何が起きてもおかしくはない状況だっただけに、知らされた時には、「自分の会社がリストラをやるのか・・・」と、あまり強いショックを記憶はなく、もしかすると漫
小林 佳徳
2485

望んでなかった生徒会役員

晴天の霹靂 中学2年の春、僕はサッカー部に所属し、サッカーと勉強に充実した毎日を送っていた。 しかし、ある日のこと。担任の女性教師に僕は意外な事を言われる。それは、思いもがけない一言だった。 「生徒会の役員に立候補してよ。絶対ね。」 僕自身、生徒会の役員になるなんて、全く予想していなかった。中学1年の時に、遠足の実行委員になったことはあった。担当していた美術の先生の進行の仕方が面白く、実行委員の活動
西原 雄一
86

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(4)

なにはともあれ、社員採用だ 復帰して最初に取り組んだのは、いわゆる人事業務における、『 中途採用 』面の立て直しだ。 いや、立て直し、というよりは、 0からの構築 という方が近いかもしれない。 当時、新卒採用の前例はなかったし、何年後かの春の入社まで待っている余裕もなく、社内での育成の実績もなかったので新卒は一旦あきらめ、中途採用を行うことにした。 一般的な企業の中途社員の採用方法としては 自社We
小林 佳徳
2876

何の取り柄もない自分が、グラフィックデザインで独立するまでのお話し。「第三話 〜大学時代・後編〜」

快感を体感したから、イラストレーターになりたい。 珍事 を経て、私がサークルオリジナルのTシャツをつくることになった。 その当時は、“デザイン” という概念が自分の中で全くなく、漫画を描いていた流れからの手法として、イラストレーションをメインに進めた。皆の話を聞き、あーでもない、こーでもないといいながら、形にしていく。なんとか完成系のビジュアルはできたのだが、その先がどうすればいいのかわからない。
永井 弘人
707

【23】痛みと温度が同居した日 ~エピローグ~

ねえ、さき。 ママは何を見ていたんだろう あなたの。 ママが子供時代にね、さきのおじいちゃんとおばあちゃんに対して思ったこと、 それは  ありのまま のわたしを見てよ、だった。 そして どんなに出来損ないでも  信じてほしかった 。 それなのに、あなたに、あの時のママが感じていた様な 悲しい想いをさせてしまったね。 はじめての立っちしたとき、喜んだ反面、動かなければいいのに、そう思ってごめんね。 風
中村 麻美
197

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(3)

去りゆく社員、残る社員、そして入社してくる社員 事件前の頃にはマスコミに取り上げられることも多くなったせいか、毎月毎月、入社する社員数がうなぎのぼりに増えていっていった。 入社のタイミングは、普通の会社であれば毎月1日、とか決まっているのだが、それでは追いつかないので、その都度その都度、入社してくる状況だった。 事件後は、「みんなどんどん退職して、社員数は半分以下になったんじゃないのか?」、みたいな
小林 佳徳
3013

【22】痛みと温度が同居した日 ~求めたモノは与えたかったモノ~

行先はどこですか どこまでの切符を買っていますか 目的地までは この金額が必要ですよ 荷物は 別料金必要です もっていないのですか 途中 トランジットするなら 予め教えておいてくださいね  それから 手に持っているモノはなんですか 身分証明は必ず みせてくださいね うるさいヤツ この人には見えないのだろうか 手をつないでいる子供の姿が 身一つで なぜ乗ってはいけないの わたしが私である為に どんな証
中村 麻美
338

2万4千年の恐怖と、45億年の悲しみ その2 〜愛とはなんの関係も無い。

2万4千年の恐怖と、45億年の悲しみ その2 〜愛とはなんの関係も無い。 金曜日深夜。  僕とTは中野駅の南口で待ち合わせた。  今夜も三鷹台のラーメン屋で働いてきたTは店が忙しかったらしく、少し遅れてきた。  商売繁盛なら結構なことだ。  被災地に行って、一体どんなことをするのか訊いてみた。  どうやら都内ラーメン屋さんには横の繋がりがあり、 有志で順番に炊き出しのボランティアを行っているという
den den
27

2万4千年の恐怖と、45億年の悲しみ その1~福島県南相馬市と、宮城県南三陸町に行ってきた。

2万4千年の恐怖と、45億年の悲しみ その1~福島県南相馬市と、宮城県南三陸町に行ってきた。 「ねぇ今週末ヒマ?今夜から東北に炊き出しのボランティアに行くんだけど、一緒に来てくんない?」  2011年6月のある金曜の夜、ラーメン屋で働くTから電話があった。 彼の誘いはいつも唐突だ。  ちょうどうちには、別の友人Nが遊びに来ていた。  Nも福島にボランティアをしにいったことがあるらしい。  ボランティ
den den
31

偏差値30台から、4年浪人して獣医学科に入学した話 第17回

センター試験 センター試験はついに5回目になりました。 12月中旬までは、大量にあるセンター試験の過去問題を解いていました。共通1次試験の頃からの分まで合わせると結構な量になりました。 これで最後と思っていたので、問題は好きなように使いました。書き込む、切り抜く、バラバラにする。やりたい放題でした。 選択科目は、「倫理政経」「生物」。両方とも、大好きな科目です。 生物は子供の頃から大好きでした。 「
平松 育子
3578

【21】痛みと温度が同居した日 ~異次元の住人たち 2~

生きるって仕事を 与えられ 引き受けてから どれくらいのエネルギーを使ったのだろう それに見合う自分は そこにあったかな それに見合う報酬は 受け取ったかな それに見合う人との出会いは果たしたかな いや まだだよ もがいて 葛藤して 自分の居場所を探して 同じことを繰り返しながらも なんとか生きてきた あきらめることなんて できるわけなくて かろうじて 自分を律してきた 人に良く思われたくて 嫌われ
中村 麻美
391

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

自分が考える事・自分について 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!