自分が考える事・自分について

自分が考える事・自分について

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が考える事・自分についてのタグが付いたストーリー一覧 2299件

メディアになってみて思う事【リクエスト案件】

鈴木さん、リクエストありがとうございます。 おそらく僕の書いているブログのことを指しているんだろうと思うのだけど、あくまであれは「ブログ」であって「メディア」というのには烏滸がましいなぁと思っております。で、「メディア」という言葉を調べてみたのですが、結局よくわからない・・・。凄く難しい言葉だなって思いました。僕がイメージしている「メディア」はこんなもんではない。 とまぁこれが正直なとこなのですが、
大柴 貴紀
36

社会人になって漏らした話 第二回

こんなネットの海にうんこの話題を書くのは、 僭越かつ大変恐縮なのだが、負けてはいない。 そしてニートにもなっていない。 うんこ、社会人になってから3回は漏らしている。 なんなら、物心ついてから、漏らした記憶は3回しかない。 社会人という圧倒的社会的地位をもった状態でのうんこ漏らしなわけだ。 うんこ漏らしって何度も書くのもあれだから、UMって呼ばせて。 今だけで良いから、流行らなくても良いから、UMっ
ますだ かづき
746

大事か、どーでもいい、か。

この花はみなさん御存知の「曼珠沙華」。 あたしにとって、大事な花。何故かはあたしでも知らない。(笑) 「彼岸花」としての名前の方がポピュラーかも知れないけど、「曼珠沙華」の方が有り難そうな名前に聞こえません?なんとなく。 ってな、正にどーでもいいことからのスタートなんですが、多分あたしの転機は中学生3年生頃。 中学に入ってからすぐに片思いをして、片思い中もずっと「なんでもない」生活を送ってきたの。
原木 ゆうこ
33

自信を持って死と向き合う

先日、わたしの大切なお友だちが天国の神様の元に帰っていきました。 若い頃にアメリカを出て、日本の田舎に46年住み、イエス様の愛を伝えてきた素敵な女性です。 わたしが出会った時にはもう80を過ぎていたけれど、バイブル・スタディのときには、上手な日本語で聖書について教えてくれたり、編み物を教えてくれたり、本当に最後の最後までたくさんのことを教えてくれました。 彼女との思い出で、一番印象に残っているのは、
Omi Masami
33

自分の可能性は自分が思っている以上にある②一年間に20kg痩せる方法:やり方の応用例

□続編(②)の目的  このstoryは、「自分の可能性は自分が思っている以上にある①(以下、①と記す)」の続編です。  当初は①で完結の予定だったのですが、思った以上に反響があり、「その後の話しも読みたい」等の意見をいただいたので、書く事にしました。そして、①を読んでいただいた人に、改めて感謝申し上げます。  今後は、私もいろいろと忙しいので、時間を見つけて少しずつ書いていく予定です。今回も、出来る
日野 道啓
408

敢えて言おう。人は見た目がすべて。

人は見た目がすべて。 「顔で選ぶな!」ってよく言われるけど、きっとそれはハタチまで。   仕事柄、親より年上の人と接することも多いからよく分かる。 生き様は顔に表れる。   生活習慣は間違いなく肌に出るし、 普段の表情や話し方は、たるみや皺になって表れる。   夫婦が年々似てくるのは、 同じ朝ごはんを食べて、同じ車に乗って出かけ、 同じテレビを観て笑うからだ。筋肉の使い方が一緒なのだ。多分。   だ
watanabe yuri
72

16歳夏の忘れられない悲しい出来事

これまでの人生で最も勉強をした時期である中学3年の冬。僕の勉強机は家族の寝室の一角にあった。夜遅く勉強する時は部屋の電気を消し、机の蛍光灯だけで勉強した。傍らには家族が寝ていた。机の蛍光灯が寝ている母親の顔に当たらないように工夫したりした。この頃、母親の体調が急激に悪くなっていた。 母親の様子が少しおかしいなと気づいたのは秋くらいだった。これまで就寝時以外に横になっているのを見た事がなかったが、この
大柴 貴紀
1241

祖父の言葉「昔のことは思い出されるのに、昨日のことが思い出せん」のお話

「昔のことは思い出せるのに、昨日のことが思い出せん」のお話 記憶とは日々うとくなるものである。 「日々うとく」と言っても、昨日のことでさえあやういものだ。 昨夜の晩御飯のメニューさえ覚えていないことがある。 家に帰った時から妻と交わした会話、洋服を着替えて食卓についたことまでの記憶をたどってみる。 でも全く残念なことに、その後何を食したのかどうしてみても記憶に無い。こんなときは私のために精魂込めて料
Harada Hideyuki
60

車椅子のお兄さんから自立を学んだ話

その日ジムで見かけた時、 あれ? と思っていた 車椅子のお兄さんが入り口に 向かう姿を帰り際に見かけた。 ドアは手動式だったので、 それを見た受付の人が 何とかしてくれるのかな、 と思ってチラリと見たら 無反応。  なので思わず、  「私がドアを開けてあげないと! (`・ω・´)ゞ」  と慌てて足を早めたが、 間に合わず、 一瞬ドアの前にピタッと止まった お兄さんは、次の瞬間、 車椅子でバッカーン
Ohta Yuki
36

絆を作れなかったキオク(簡易版)

幼稚園→小学校に上がる時 同じ学校に10人くらい上がって1学年3学級だったのに同じ幼稚園出身がクラスに自分1人。 ぼっち。 友達は順調にできるものの、幼稚園の旧友とはあまり絡まず。 小学校→中学校に上がる時 学区の関係でその中学に上がるのは自分1人。 ぼっち。 家も以前の小学校からは離れていたのでなかなか旧友と遊びも出来ず。友達作り直し。 中学校→高校に上がる時 同じ高校に4人上がるものの、 他はみ
Kondo Masato
14

北海道の楽しい100人がどうして生まれたかって?

取材以外ではアウトプットしてない北海道の楽しい100人について書いちゃいました。 もともとは Nabejこと渡辺社長らと、TED的なイベントを札幌でもやりたいねって話をしてました。 北海道でもたくさんのイベントが開催されてます。 シンポジウムもそうだし、特定の業種のイベントはたくさんあります。 関東からもたくさんのイベントが in 札幌をのれんに来てくれています。  たとえばIVS(インフィニティー
佐藤 みつひろ
72

サラリーマンという夢 ~パパは、そんなワクワクしながら会社に行っていないよ・・・~

「大人になったらオレも、パパの様に会社に行く!」 それはそれはワクワクした感じで話していて、側で聞いていた妻は笑みを浮かべて聞いていました。 私はというと、やっぱり息子がそう思ってくれているのはうれしい。 反面、息子のワクワクしている感じと、私が実感していていた“会社で働く”というイメージとのギャップに困惑しました。   パパは、そんなワクワクしながら会社に行っていないよ・・・   会社で働く=サラ
迫平 直幸
215

大学名に抱いたコンプレックスが未だに消えない話 第三話

▼前回のあらすじ▼ 2年生になり、いろいろなことに手を出した自分 しかし、根本的なコンプレックスの解消に至るものはひとつもなかった そんな中、「成長のためにはコンプレックスを認めることが必要」ということがわかり  自分と向き合い始めることができてくる そして3年生になった。 環境に求めすぎるな コンプレックスと自己成長のこと以外にわかったことがもう一つあります それが上に書いてある「環境に求めすぎる
西春 博矢
118

大学名に抱いたコンプレックスが未だに消えない話 第二話

▼前回のあらすじ▼ 大学受験に失敗した自分は、勉強以外の何かを執拗に求め 大学のサークルのあるプロジェクトで必死にがんばる しかし、理想の自分と現実の自分のあまりにも大きいギャップに気づき 自分に失望する そして、1年生の冬に一人旅へ出る。 あても無い旅 12月30日の夜。 1人で夜行バスに乗り、知り合いも誰もいない関西の地に向かう 1人旅などしたことがなかったので、とりあえず着替えとお金とカメラだ
西春 博矢
996

それでも僕は桃アレルギー!!

みなさんは食ったり飲んだりしたら死にそうになるものはありますか?きれいなおねえさんはすきですか? 時は俺が高2のとき!  俺はサッカーとかのせいで右足首が悪かった!ってかふかづめぐらい痛かった! だから「ボルタレンゲル」という塗り薬をぬった!家に薬だけは豊満にある!これはいなめない!  そしてすこしたつと俺はハーハーしだした!ってかドックンドックしていた! 俺は血が流れるのを感じた!血が騒ぎ出した!
秋澤 幸太郎
43

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

自分が考える事・自分について 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!

riam

by T R
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!