自分が考える事・自分について

自分が考える事・自分について

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が考える事・自分についてのタグが付いたストーリー一覧 2175件

磁石

自分はデザイナーになる前、英会話講師・通訳を10年以上やっていました(キャリア転向については別のストーリーで)。今でもはっきりと覚えていますが、英語講師をしていた一番最初の会社で上司に質問されました。 「たくさん穴の空いた、水の入ったバケツがある。水が漏れていかないようにするには、どうしたらいい?手は2本しかないよ。」 お察しの通り、仕事上の問題解決方を抽象的に聞いたんだな、ということは分かりました
Funamizu Mac
85

素晴らしいサービスと素晴らしいチームとの出会い

今日とても素晴らしいサービスに出会った。 いや、正確にはサービスは知っていたんだ。 でも、サービスの背景にあるSTORYと出会えた。 そんな気がする。 僕は常々、素晴らしサービスは そのサービスを心底愛している人から生まれると思っている。 自分が心からサービスを愛していれば サービスを創っている時間なんて気にならないし 時間が気にならなければ、いつまでだって創っていられる。 そうすれば必ず素晴らしい
大塚 雄介
85

人生初のクリーンルーム

寒い夏   室温22度。2012年の夏は、ほとんどこの気温に保たれた中にいました。夏なのに寒い時も度々あったほど!    私は、6月の終わりから9月の半ばまで工場で生産ラインに入り、作業員をしていました。その時、東京でのトレーニングもまだ残っていたのですが、突然のスケジュール変更でした。  5日後に三重県に行く事を知らされた時は…かなり動揺しました。  ですが、まだ会社は始まったばかりでしたし、突
Ishiyama Megumi
74

ターニングポイント

憧れ  小学生低学年くらいの頃、初めて母の仕事姿を見ました。  それは、ニュージーランドに向かう飛行機の中でした。その時、笑顔で接客している母が、キラキラしていたのをなんとなく覚えています。その時の母は、人一倍輝いて見えました。  母親の仕事のおかげもあって、幼い頃は、よく旅行に連れて行ってもらいました。旅先では、母が外国人と英語で会話し、母がいなければ海外に旅行へ行くなど考えた事もありませんでした
Ishiyama Megumi
65

ネット選挙活動の解禁へ向けて

2012年の春より、ネット選挙活動の解禁に向けたOne Voice Campaignという活動を行なっています。 基本的な考え方としては、「情報は多い方が良い」。 ただでさえ、普段接する機会の少ない政治。ネットでもっと情報が流れるようになれば接点が増え、理解も進む、参加も進む、と考えています。 この活動の面白いところは、「団体」ではなく、あくまでも「キャンペーン」であり、代表もいないし、各自に役職も
増澤 諒
19

CFOで達成すること

僕は元来面倒くさがり屋で、単純なことや同じことの繰り返しや、あまり意味があるとは思えないプロセスが大嫌いな人間です。なので、テクノロジーが、そういったことから人々を解放し、人がもっと面白いことや新しいことへの挑戦によりフォーカスできる環境をつくることに強い興味があり、それを達成したいと考えています。 僕達が創業したCFOは、まずお金の管理に着目しています。会計帳簿をつけるという作業は、あらゆる
佐々木 大輔
104

スタートアップな世界へようこそ

就職活動が終わって、何をしようかなーと思っていたらmixiの「外資系への就職活動」というコミュニティでインターン募集を発見。 何気なく応募したのがinsproutのインターンだった。 面接に行ったら太田さんが出てきて、ものすごい露出度の高い人がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と思ったのを覚えてる。 思えばここが始まりで、三根さんや進太郎さん、和田さんともお会いした。 メンバーもインターンもだいたい
佐俣 アンリ
78

棒高跳

学生の頃の私は、生粋のスポーツ少女でした。小学生の間は水泳、ミニバス、長距離走。中学生から高校生の間は陸上競技。そして大学生ではラクロス。 その中で一番大好きだった競技、それが棒高跳びでした。 出会い 中学2年生の頃、ある先生が私の中学校に転任してきました。彼は体育教師で、いつも長髪を後ろに束ね、外ではサングラス。そんな一見変わっている彼が、陸上部のもう一人の顧問になったのです。とても厳しく、しかし
Ishiyama Megumi
106

起業家について

大学では、私はお金を持っていませんでした。ブラッド·ピット見たいな男前でも無く、ジャッキー·チェンというほどでも無かった。女性を口説くためのスポーツカーも持っていませんでした。私は、ただのアメリカの大学で留学している貧しい学生でした。周りのアメリカ人のほとんどは、両親からプレゼントされた新車や、兄弟からの中古を持っていました。週末になると、あるカップルがコンバーチブルの車でロサンゼルスの町に出かける
Domoto Tsuyoshi
27

自分の強みを見つける

イチローは、日本人の野球選手として世界で高く評価されている人物です。しかし、イチローがなぜ素晴らしい野球選手になれたのか考えた事がありますか?その理由は、彼が男前だからでしょうか?彼の自慢の右肩でしょうか?それとも、小学生がトイレを我慢しているようなバッテングフォームでしょうか? 私は、イチローの魅力はスピードではないかと思います。ホームから一塁まで3.7秒で走れるスピード、キャッチャーが二塁
Domoto Tsuyoshi
41

ネットって何?状態での就職

当時ボクはメールやネットはおろかPCというモノの使い方すら知らない状態で入社したため、会社から貸与された富士通のノートPCを起動させつつ「へーWindowsっていう名前の富士通のコンピュータなんだ〜」と勘違いしながら、入社後たった2時間にしてそのPCのシステムファイルを誤削除してしまい、初日からマニュアル見ながらWindowsのフォーマットという情けない業務となりました。 ちなみに2日目以降の最初の
篠原 豊
37

デザインと出会った時

佐藤可士和さんの授業で初めてデザインをおもしろいと感じた。 IllustratorやPhotoshopなど、自分がつくるものが出来上がり、それが印刷やwebになっていく様子は、とても興奮する。 あのとき、彼は「私は医者と同じだと思っている。患者の悪いところを、しっかりと見極めて、治せるものは治す。」
Yagi Yusuke
37

幽藤

P100 Title:二連作「幽藤 ー 卯の刻」 Oil & Water etc.
Satoü Michico
12

おむすびと始発電車

大学生の頃、体育会女子ラクロス部に所属していました。ラクロス部は、朝の練習。大学は吉祥寺で、自宅は千葉県佐倉市。片道およそ2時間。もちろん朝は始発電車でした。毎日、とてつもなく大きいおにぎりを作り、朝の始発電車でほおばっていたのを覚えています。そして、朝練の後は授業に出席、そして帰宅し、アルバイト。帰りの電車は毎日爆睡、何度も乗り過ごした記憶があります。睡眠時間は毎日4時間くらいあれば良い方でした。
Ishiyama Megumi
62

Dvorak配列

キーボードの配列をよくあるQWERTY配列ではなく、Dvorak配列というものを使っています! 左側に母音があり、右側に子音があることで、右手と左手を交互に打てるので人間工学的にかなり最適に近い配置になっているそうですが、僕は使いこなせていません!
和田 晃一良
114

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

自分が考える事・自分について 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!