自分が考える事・自分について

自分が考える事・自分について

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が考える事・自分についてのタグが付いたストーリー一覧 2335件

博論の内容(時空を超えて人が物を語ること、因果関係)

人が物を語るとき… ゴシップだったり、過去の話だったり… 時空を超えて話すことができる。 あっちに飛んだり、こっちに飛んだり。 それもひとつの言語習得(ディスコース発達)。認知の発達とともにできるようになる。 認知発達が十分な大人でも、第2言語になると、子どものような話し方になってしまう…不思議だと思う。語彙力の問題ではないらしい(修士論文。Studies in Language Science (
豊田 典子
29

子どもとバイリンガル(セミリンガル)

大学の学部時代は、平安時代の文法(「たまふ」「たまふる」など)をメインに研究していたが、仕事で渡英後、夜間の大学院にいきながら、第2言語習得の研究をすることになった。海外出張ばかりの時期だったのでかなり辛かったが、本当にやりたかった社会心理学とSLAを諦め(延期し)、Larry Selinkerのもと、SLA、特にセミリンガルをピュアにPursueしていうことにした。 長い間、成人とセミリンガルをテ
豊田 典子
64

TEDxKids@Chiyodaで学んだこと

あれは昨年の5月か7月か忘れたけど、その頃のこと。 以前からの知り合いの樋口悟さん(以下Satoruさん)という方がTEDxKidsの運営をお手伝いするとのことでした。 僕は「へ〜、凄いな。面白そうだな。」と思いました。 なぜなら、僕自身がTEDというイベント(というかプレゼンがとても好きだったからです。) *ちなみにTEDについてよく知らない人はこちらをどうぞ http://www.ted.com
F A
45

避病院の記憶

私の記憶で最も古いものは「病院の給食調理室のドア」だ。祖母に背負われて、その背中越しに白く塗られた木の枠と磨りガラスのドアを見ているというもの。そのとき嗅いだ美味しそうな匂いまで覚えている。 4歳だった私は持っていたおはぎと柿、お彼岸だったから青柿を、年長の誰かと交換して食べたのだそうだ。そしてひどい下痢をして疫痢と診断され、避病院に入院させられたらしい。当たり前だが、死にかけていたので、この辺の記
菊山 博之
33

魔インフィールドを駆け抜けろ

母国に爆弾落として降参させた国で孤軍奮闘するも、大した才能も実力も無い己の小ささを知り、夢と野望破れたり。。。という精神状態になった頃、いろんな事がありました。 そもそものきっかけとなったのは、仲が良かった友達の一人と恋に落ち、生まれて初めて「本当に好きな相手と両思い」という経験に酔いしれていた時に、とある事件が起こり、付き合い始めたばかりのその人と引き離されるという事態になったこと。 その人がいな
Ohta Yuki
70

中学時代は完全に落ちこぼれ~追試赤点の日々

注意欠陥である僕ではありますが、小学校時代は本当に毎日が充実していまいた。マラソン大会で1位をとったり、兄と同じ塾に通ったおかげで小学校の成績はトップクラスで友達の勉強を教えてあげたりしていました。勉強も運動もすべてが楽しくて仕方なかった日々ですが、受験で通った高校は入学者の半分以上が京大・東大に行くような進学校で一気に成績は底に近いところにいってしまいました。もともと人見知りの性格も強いので部活も
嘉村 賢州
61

のびのびと育まれていった小学生時代~発達障害も環境次第で伸びるのかも??

大人になって気が付いたのですが、僕は完全な注意欠陥障害(ADD)でした。(詳しくはhttp://p.tl/O4qQ)。いつも上履きは左右さかさまに履き、小学校は制服だったんですが、常にカッターシャツはズボンからはみ出している状態(今もそんな感じな気もしますが。。。) 。忘れ物もしょっちゅうという状態。小学校で何人かに一人いる机の中がぐちゃぐちゃな生徒、まさに僕がその一人でした。あまりにぐちゃぐちゃで
嘉村 賢州
74

天才の兄と、、、、

僕の原点は何といっても兄の存在が大きいと思います。僕と違って頭の構造が違う。小2の頃に百人一首を3日で覚え、小学校時代に公文式で微分積分をやっていたという強者です。僕なんて同じ学年の算数でヘロヘロいってましたからもう完敗です。でも兄に関しては尊敬の念しかありませんでした。すっごくやさしく僕をかわいがってくれたから。いつまでもあこがれの存在なのです。高校時代は株式博士グランプリに出場しウォール街に研修
嘉村 賢州
53

5校受けてなんとか大学に編入したこと

高専を卒業する直前にバブルがはじけました。 1年先輩の年は、ソニーとかに行った人もいたけど、自分の年はかなり厳しいと言われてた。 なので、かなり直前になって、進学を決意。 成績は、中の上くらい。 とても進学するような成績ではない。 うちの学科では、上位1~5位くらいが、進学するくらい。 とても勉強が追いつかないので、英語、数学、専門の3科目だけで受けられる大学に絞った。 幸いなことに編入試験は、試験
関 明弘
36

初めて通った声優養成所/老舗のスパルタ教育・その2(全5回)

勝田声優学院は、1年目/基礎科・2年目/研究科というふうに分かれている。 基礎科の授業は勝田学院長が担当するのだが、 その補佐のような形で、元卒業生の若い先生(男性)が、 授業の一部を受け持っていた。 こ の 先 生 が 。 と に か く 厳 し か っ た 。 当時まだ30代前半くらいの若い先生だったのだが、 生徒に対して容赦がなく、本気でぶつかってくるのである。 ダメな者には面と向かって「ダメ
樋口 あかり
5294

自分を管理することと自分を変えることの違い

経営している会社のチーム規模が大きくなるにしたがって、すごく顕著に変わることがいくつかあると思うわけですが、今日書きたいのは課題を解決するためにやるべきこと、みたいな話です。 課題があって、自分がいて、自分と課題の間に「解決策」みたいなものがあるわけです。それが、いままでは、課題に対してハードスキルをぶつけるというか、「これこれができる」みたいなソリューションを投げつけて、小手先で乗り越えてきたので
佐藤 裕介
144

高校中退後に住んだ京大吉田寮

いつ頃の話ですか? 2000年~2002年の話です。 何が起こりましたか? 当時、大阪で共学のスパルタ進学校を中退した私は、大検取って大学に入ろうと思いつつも、生活費稼いで自立することにも興味があって、ふらふらしていました。 そこで巡りあったのが京大吉田寮。とあるきっかけで知り合った応援団員の方に案内してもらい、辿りつきました。 ちなみに、その応援団員の人はめっちゃいい人で、吉田寮の住人に麻雀に誘わ
宮川 耕
317

マジでミュージシャン目指してた頃(1) Red Insanity結成編

きっかけ ギター始めたきっかけが「もてたかったから」ってよく聞くけど、あれは本当だと思う。バンド仲間とそういう話になった時もみんな大体そんな理由だった。 自分も同じ。中学のとき友達が文化祭でやったライブに女の子が多く集まっているのを見て、「なんだかおれにもできそう」と勝手に思ったノリで、そのままギターを始めた。 本気でミュージシャンを目指そうと思った理由もこれまた単純で、当時流行っていたBECKとい
近澤 良
72

コミュニケーション下手な私が演劇部を立ち上げるまで・1

私は、中学・高校時代と、2回に渡り演劇部を立ち上げた。 高校卒業後は有志で劇団を作り、自主公演を2回ほどやった。 今思えば、昔の私の辞書には「コミュニケーション」という文字がなかった。 にも関わらず、こんなことが実現できたのは何故なのか。 自分で振り返りながら、その理由を探ってみようと思う。 なーんてどこぞのドキュメンタリー番組のような冒頭w 幼少期の私は泣いてばかりいる子だったと、 母は今でもよく
樋口 あかり
98

フリーランスプログラマとして働く理由

つまらない自分語りを長々としますので物好きな方はどうぞお付き合いください。 高専の情報工学科を卒業後に入った企業はソフトウェアの受託開発やエンジニアの派遣を行なっている小さな会社でした。 研修もそこそこに、さっそく外部(SI業界大手)に派遣され開発要員としてせっせと働いていました。 高専時代はプログラミングが楽しくてしょうがなかったのできっと職場での開発も楽しいだろうと思っていたのですが全然そんなこ
杉本 哲
103

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

自分が考える事・自分について 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!