自分が考える事・自分について

自分が考える事・自分について

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が考える事・自分についてのタグが付いたストーリー一覧 2335件

フリークアウトの新卒採用ジョブをつくる時に考えたこと

超地味なインターネット企業のフリークアウトで、新卒向けのサマージョブ、ウインタージョブをつくる時にどういうことを考えていたか、というと、もやもやっと 1. 人生最高の生産性を体験する 2. 異なる場所で生まれた既存のアイディアを組み合わせて、新しい、実用的でリアリティーのあるアイディア (コンセプト) を作り出す体験をする 3. 1, 2 を通して、「いまからなんでもやれるじゃん」と信じられるように
佐藤 裕介
221

高専卒(情報工学科)の強み

私はとある高専の情報工学科出身です。 高専と一括りにするのもアレかと思いますが、私の思う高専生(特に情報工学科)の強みをつらつら書いてみようかと思います。 高専に入ってまず教官に言われたことが、「情報工学科の学生には、一人でコンピュータが作れるようになる程度の知識を教える」「CPUからアプリケーション・ソフトウェアまで含めてです」「うちは情報処理じゃなくて情報工学なんだよ」などなど、まぁとにかく五年
杉本 哲
71

誘惑に負ける僕のメカニズム

僕はとても誘惑に弱い人間で、仕事中に雑誌とか読み始めるし、その雑誌を遠くに置いて、封印!とかやっても、でも今 19時47分 でキリが悪いから、20 時までは休憩しようかなーとか言って早速封印を解きにいくわけです。そうなるともちろん 20 時に仕事を開始することもなく、だらだら享楽的な夜を過ごすことになります。 短期的には僕は雑誌を読んで笑ったり素敵な写真を見て楽しんだり、幸福なわけです。しかしながら
佐藤 裕介
187

自信はどこからくるのかみたいな話

自分の経験だったり、いろんな人をみていて、本当の自信の所在はどこか、というのがなんとなくわかった気が勝手にしています。 それは、運命とか、環境によって想定される結果を、自分の意志で変えたという経験だと思っていて。人生の因果関係において、自分の関与を肯定的に信じられる経験、というか。 例えば僕の家族や、経済状況、通った学校や、出会った人たちというコンテクストの中で起こりうる、たくさんの意思決定や、努力
佐藤 裕介
207

まずは手短に

生まれたのは1976年。「およげ!たいやきくん」ヒットの年でした。 生まれも育ちも神奈川の相模原というところです。小さい頃は剣道を習っていたので、将来は師範になることを夢見ていました。大学卒業後はウェブ制作会社に就職し、法人向けの営業などを務めました。 2004年に大学時代の友人に誘われ、熊本の上通でセレクトショップを立ち上げましたが、地方での物販の厳しさを痛感する結果になりました。その後は熊本の某
Harada Kazuhiko
15

とーちゃんに影響されて決意した 「動物園」 の夢

そんなこんなで、ませたぼーちゃんは 将来の仕事について考えていました。 自分の好きなことを追いかけて パン屋を開業したとーちゃんを見て、すごくカッコイイし憧れました。 そして、決意しました。 僕も好きなことを仕事にする!!!! けど好きなことってなんだろう・・・?? 僕の好きなこと サッカー、ゲーム、友達・・・・ あ!! 動物だ!!! という発想で小学5年生にして 「動物園を作る」という馬鹿でかい夢
Bou Syouichi
33

引っ越しと転校とちょっと心の変化

小学3年生の3学期という変なタイミングで 坊家は京都の伏見から福知山へ引っ越しすることになりました。 とーちゃんがパン屋を独立開業することになったのです!! (福知山はかーちゃんの実家があるところ) 伏見にいるころは とーちゃんが外にパンを作りにいっていました。 パン屋は朝が早いので、毎朝5時にはとーちゃんは家を出ていたので まったく働いているという実感はなかったです。 しかし、引っ越しして 家がパ
Bou Syouichi
23

そして動物に目覚める(笑)

動物園で感動した僕 特にキリンにはくぎ付けでした。 「あんな首長いのに、何でキリンは肩こらへんのやろか?」 「寝るときどないするんやろ?」「部屋に入るとき頭あたらへんのかな?」 「あの角 弱そ~~~」 などなど、幼いながらなかなかに生意気にキリンを観察していました(笑) それから、学校の図書館でキリンを調べ そしたらバッファローもミーアキャットも カバもアナコンダもトムソンガゼルもハイエナも シロテ
Bou Syouichi
21

小学3年生まで②

小学生時代に たまに京都市動物園に連れていってもらいました。 そこには、首の長いキリン 大声で鳴くライオン 小さくても暖かい兎 水の中を高速で泳ぎ回るペンギン うんこを飛ばしてくるゴリラ(笑) まるで異世界にいるような感覚になりました。 いまでもこの感覚は忘れられません。
Bou Syouichi
20

小学校3年生まで①

小学校3年生まで ぼくは伏見で生活していました。 父はパン屋さんで働き 母は家で専業主婦。 2つ上の姉との生活。 友達も(まぁそれなりには)いました(笑)。 そろばんのレッスンをサボって、ひたすら友達の家の庭に 落とし穴を掘っていたときもありました← 家の隣のドクダミ畑をひたすらに刈っていたときもありました← 今思うととても不思議な行動でした(笑) 写真は懐かしき稲荷山 裸足で走り回りました いまで
Bou Syouichi
13

幼少期のぼーちゃん

京都府 伏見区 深草 1000本鳥居で有名な伏見稲荷大社のすぐそばで ぼーちゃんは生まれ、将一と名づけられました。 将軍さんのように立派で 一番を目指してほしいという意味合いの通り ちっちゃいころから暴れん坊 友達と喧嘩したり、近所のガラスを割ったりしていました。 次→http://storys.jp/syouichi.bou/story/%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1%EF
Bou Syouichi
17

絵とわたし

わたしは小さい頃からずっと絵を描いていて、今はフリーランスでイラストレーターをしています。 好奇心旺盛なので色んなことに手を出しても、絵ほどに長く深く関わっているものは他にありません。 なぜ絵だったのかと考えると、単純に一番人から褒められたことだったからだと思います。 小さい頃からやたら考えすぎてしまったり、人間関係のことに敏感だったわたしを、絵は助けてくれました。 学校で絵を描いていると人が見に来
ますぶち みなこ
75

僕とゲームと人生。

”私とは何か”という問いに答えるのは、とても難しい事だけれど、私を構成している要素は何か、と聞かれれば、それはもう少し簡単だと思う。 大切なもの、ゲーム。 私を構成しているものはいくつかあるけれど、その中で最も重要なモノの1つに、”ゲーム”がある。 私は小さい頃からゲームが大好きだった。 思えば、人生は全てゲームを中心に回ってきたと思う。 ゲームが僕に教えてくれた事。 ここから語るのは、僕とゲームと
溝部 拓郎
270

ゲームが僕に教えてくれた事。

僕とゲームと人生。 の続き 人生において大切な事を学ぶ場面は人それぞれだと思う。 ある人は偉大な先輩だったり、ある人は熱中できる仕事だったり、親友だったり恋人だったり。あるいは小説だったり映画だったり漫画だったり。 私にとっては、それはゲームだったと思う。 私は、大切なことの多くをゲームから学んだ。 ゲームから学んだ事を、大きく分けて3つに分けようと思う。 1. 兄弟との絆 2. 最適解を自分
溝部 拓郎
120

入社2年目の営業が奔走 三つの武器で経営陣に提案

700社への電話 と 300社への訪問 「ビジネス開発グループ」が発足して、1年目の秋頃、私は「店舗matc」という「チェーンストア向け本部-店舗間コミュニケーションツール」というサービスを営業する仕事をしていました。サービス立上げ2ヶ月位は、誰にアポイントをとるか?どうアポイントをとるか?も決まっていないので、全部自分で失敗しながら考えて試みる。その連続でした。合計700社位電話をして、300社
大塚 雄介
112

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

自分が考える事・自分について 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!

riam

by T R
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!