自分が考える事・自分について

自分が考える事・自分について

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が考える事・自分についてのタグが付いたストーリー一覧 2175件

【第22話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

81歳の誕生日と「胃ろう」 先生が言った通り、父は数日で退院し、また同じ老健に入所することができた。 やっぱりカテーテルは嫌そうだったけど、父の尿の状態がすぐに分かる(排泄された尿はバッグに溜まるから目視できる)ので、家族の私達は安心した。 最初の頃は膿やらで濁って茶色だった尿が、日に日に色が薄く、濁りなくなってくる。なんとキレイな黄金色のオシッコよ。素晴らしきかな、オシッコ!!!! 容体が安定した
ヨシザワ ハル
4

【第21話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

再入院 父の誕生会から季節はいくつか過ぎ、また春がきた。 私と姉は少しずつ会話はしていたが、私が父の面会に行くことは稀だった。 行ったとしても、姉と二人で行くことはなく、一人で少し顔を出す程度。 そして、2015年5月も終わる頃、私の元へ相談員さんから電話が来る。 相談員さん お父さんですが、昨日からオシッコが出なくなって、微熱も続いているので、これから病院へ行きます。保険証を病院へ持ってきていただ
ヨシザワ ハル
4

不正をしなかったことで、僕が得た素晴らしい体験

  中学校3年生の学年末試験で起こった僕の人生を変えた話  今回書いていく話は、僕が実際に体験した話ですが、誰にでも起こったことがあると思いますし、そこまで面白い話ではないですが、その選択をすることで、人生をとても豊かにすることが出来たと確信しているので、書いていきたいと思います。 中学生という時期は、大人になる一歩として始めて恋愛をしたり、ちょっと悪いことに憧れてみたり、小学生の時以上に様々な経験
渡辺 正実
4

語学力ゼロの私が海外で起業して学んだ、海外で生きていく上でたいせつなこと。

この先、何をやって生きていこう。 「私は○○です。」 ○○に入るのはなんだろう・・・ 海外に住んだことがない、語学力がゼロ、不安要素はあるはずなのに不安よりも心配事よりも圧倒的にワクワクや期待が上回った状態ではじまった海外生活。 外国人との結婚を機にヨーロッパに住むことになった私は、忙しい毎日から解放されて、出国前はみんなからチヤホヤされて完全に浮かれていたと思う。 新居のために物を揃えたり、一生懸
オリヴェイラ リナ
11

【ニート道】借金300万抱えた私が上智大卒ニートになるまでの道のり【人生で大切なことって何?】

ニートって楽そう? そうですね。 毎朝心ゆくまでお布団にくるまっていられます。 ぎゅうぎゅうの満員電車に乗らなくてもいいんです。 でもニートだって戦っているんですよ。 え、何にかって? ニートには戦うべきものが3つあります。かなり強敵ですよ。 罪悪感 朝早くから働きにでる両親を見送るわたし。 罪悪感で胸が張り裂けそうなので、なるべく部屋に引きこもります。 明日 ニートは今を楽しんで生きています。 決
Sakura Teruko
105

過労自殺に思う事

バブル時代から始まっていた 今年はニュースの中身が悲惨な事が多く、今年の漢字一字である "金"を個人的には想像出来なかった。 もし、色で例えるなら"黒"、あるなら"涙色"かと私なら書く。 その中でも過労自殺のニュースは、働く人にとって他人事でない、 それぞれが考えなければ いけないものだと感じている。 思えば、私が結婚した二十代後半のバブルの頃に流行ったCMに、 「24時間 戦えますか?」がありまし
Momose Tatsuya
5

人にとっては只の言葉、自分にとっては一番大切なことば

生きるとは知る事なり これが私の格言である。 一見ありきたりかもしれないが、自分にとっては自分を形作るものだと思ったのだ。 人はいつか死ぬそして、生を受け死ぬことに意味自身に意味はない。 生きることは有限であり、人類もいづれは滅び宇宙もいづれは消滅、或いは混沌へと還ってゆく。 そう考えると、自分は何故生まれたかと言う無限連鎖の問いに確信をもって答えられないでいた。 だが、先月ふと気付いたのだ、「自分
先崎 忠
3

【第20話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

5月のできごと 父が老健に入って1ヶ月。 もう元の住居に戻れないとわかっていた私達は、退去の準備を進めていた。 とは言っても、父は物を捨てられない、片付けられない人で 寝床以外は、みっしりと荷物を積んでいる状態だった。 それを引き取れるほど、姉も私も広い家に住んでいない。 つまりは、ほとんどを処分しなければいけない。 私達は車はもとより、免許もないのでゴミを運ぶことすらできず、すべて「プロ」にお任せ
ヨシザワ ハル
4

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ④真剣に結婚を考えた時の話

私は10代の頃、結婚をすると劇的に人生が変わると思っていた。 結婚したら、相手と一緒に住んだり、家事をしたり、子供を産んだり、本当は嫌な事も相手に合わせてみたり、良くも悪くも相手の色に染まり染められるイメージがあった。 私はそれが恋愛の延長にあるものだとは気づかないでいた。私の中で、恋愛と結婚の間に、大きな断絶があっだのだ。だから劇的に変わると思っていた。 結婚したら相手の色に染まる事もあろうだろう
白濱 優子
115

18切符を使ってギターを背負って日本を半周

今回の年末年始の旅は、九州へ! 今回も18切符で鈍行の旅です! 日本の半分を回ってくる列車の旅です! 路上演奏場所は、、、、 徳山駅(山口県)2016年 12月31日22:15頃 吉松駅(鹿児島県)2017年 1月1日15:50頃 鹿児島駅 1月1日18:00頃 宮崎駅 1月2日12:00頃 別府駅(大分県) 1月2日20:00頃 鳥取駅 1月3日22:00頃 福知山駅(京都) 1月4日9:00頃
Dai-Go!Low (だいごろう)
6

集団ではなく一人でいることを選んだ『たまらなく大好きでたまらなく大嫌いだった』私の女子高校生時代のリアルなSTORY②《集団生活不適合開始編》

私の高校生活は、   不幸に思うと不幸であり   幸せだと思うと幸せでありました。     文の重々しい感じからは   想像が出来ないかもしれないけれど、   実は、一人でとっても楽しい   高校生活を送っていたのです。     人に話すと、漫画みたいな生活だね。   と、よく言われます。   《一人でいる事を選択する人》     って、どれくらいいるのかな。       きっと、集団の中での、それ
岡本 綾瀬
19

集団ではなく一人でいることを選んだ『たまらなく大好きでたまらなく大嫌いだった』私の女子高校生時代のリアルなSTORY①《入学編》

大人と子供の境界線。 自分が何者なのか知りたくて 必死だったあの頃。 ------------------------------------   今から 20 年前 高校入学当日 教室に入って席についた瞬間 「心から辞めたい」 と、思った。 教室に入ると 昨日までの中学生の制服を脱いだだけの 変わらない義務教育の中で 大人ぶる浮き足立った雰囲気。 なぜか 「私が居る場所じゃない。 今すぐ帰りたい。
岡本 綾瀬
10

恋愛に行き詰まっている人へ

夢や理想を抱きがちな付き合いたて、あるいは新婚の頃はともかくとして。 いつの間にか「恋人らしくしよう」とか「夫婦らしく仲睦まじく」とか、そういう形にこだわることを考えてしまうようになった時点で、かなり無理が生じているのではなかろうかと思ったりしております。 自然体で付き合うこと。 とても理想的です。 ただ、自然体でいるということは「自然に振る舞おう」とかすることではなく、何も考えないこと、考える必要
山口 寛之
15

不惑を越えてなぜか相撲に魅せられた【其のニ】

「柔能く剛を制す」という古代中国の兵法書に記された言葉。 しかしその言葉には続きがあり「剛能く柔を断つ」と合わせて一つの格言になるとかならないとか。 ただ、相撲の世界では前者の言葉がよく用いられますね。 元々身体が人並み以上に大きな力士達。その大きな力士の中でも小兵と呼ばれる者が、格段に大きな力士を負かす瞬間というのはやはり相撲の醍醐味の一つなのでしょう。 個人的な想いですが「小能く大を制す」と表現
山口 寛之
14

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ③私が結婚を決断するまで

私は、たまのぶの何事も包み隠さず(素人童貞である事すらも)話す姿勢が好きになっていた。もう少し正確にいうなら、「彼」のその姿勢が私には少しまぶしかった。彼は私には持っていないものを持ち、明らかに自分の人生を楽しくしていた。 私と彼はお互いに地元で行き詰まり、東京に出て来て出会ったのだが、生きる姿勢はだいぶ違っていた。 出会って5日後、私たちは初めて電話をした。かけたのは私の方からだった。私はお互いの
白濱 優子
133

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

自分が考える事・自分について 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!