自分が考える事・自分について

自分が考える事・自分について

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が考える事・自分についてのタグが付いたストーリー一覧 2246件

夢はいつまでも --働きながら大学院にいく--

人生には色々な道がある。 あの時、ああすれば良かった。 と後悔する事もある。でも、過ぎ去った時間は戻ることはない。私たち人間は前に向いて進むしかないのだ。 私が大学院に行きたいと思ったのは大学 工学部の4年生の時であった。 すでに就職が決まっていて、卒業研究の論文の提出だけが残っていた時期である。 卒業に必要な授業の単位はすべてそろっている為、出席する授業はない。だが、卒業研究の論文を作成するにあた
岩佐 嘉祐
4

南総里見八犬伝から……のヒントを得る

児童虐待は「実は〇〇芸」だった!! ・2016年12/24 相方と勝浦担々麺を食べに行った帰りに何となく「この辺に昔行った記憶のあるお城があったはず。」と思ったらしく、偶然の成り行きで久留里城(雨城)を見に行った。その時に南総里見八犬伝の舞台となったお城だと初めて知った。 ・2017年1/13 普段見ない時間帯にテレビを何となくつけた。薬師丸ひろ子さん主演の里見八犬伝が放送されていた。補聴器をつけて
小川 詩織
4

20年の大きなシナリオが終幕を迎えた話~今までありがとう。幸せになって下さい

2017年2/3 最大級に一つの出来事が本当に完全に終わった、ということがありました。 前回書いたように、私は離婚した元夫と関係性が復活して、色々とやり取りをしていました。 元夫はインド占星術の研鑽をつんでいて、同時期に学んだ私より断然深く理解していて、相当細かく観れるようになっていたので、時期的な傾向とか教えて貰ったりしていたんですね。 私はそういう、ロジカルな法則みたいなのを細かく細かく観て、照
橋本 華菜子
2

自分が自分を信じることは何よりも大事な話~最終話ーモラハラからの卒業

※この話は2016年10月に書いた話です。 モラハラ編、長編ですが、今日は一気にラストまで行きます。 さて、ワンチャイでわたしは、一番自分を苦しめていた、「ダメな自分を切り離して葬りさろうとしていた」ことに気付いて、それをやめたことでものすごく楽になりました。 そしてモラハラの主とも、これからもっといい関係性が築けて、ビジネスもうまく行くようになると思っていたのですが、、、 一向にうまく行かない そ
橋本 華菜子
3

自分で自分を信じることが何よりも大事な話その3~モラハラに気付くきっかけ

※この話は2016年10月に書いたものです。 前回のモラハラのお話はけっこう反響があり、ブログでは1日で500PVとかになっていたので驚きでした。読んでくださった皆様、ありがとうございます ブログを読んでくれた方のなかには、モラハラを仕掛けてきた人とわたしの双方を知っている方もいたのですが、わたしがそんな扱いを受けていたことは、全く分からなかったと驚いていました。 わたしがその方のお気に入りで、とて
橋本 華菜子
3

自分が自分を信じることは何よりも大事な話~その2ーモラハラに気を付けて

今回は核心のお話に入ります。(※このお話は2016年10月のお話です) お仕事をしている方は上司や先輩など立場が上の方や、スピリチュアルが好きな方は、指導者の方などから、ひょっとしたら、こういったことを無自覚に受けているかもしれないという話です。 3年前にわたしは、会社に勤めずに自分でお金を稼ぐ方法を、色々と教えて頂く機会があり、 それからネットビジネスや転売などに取り組み始めました。 楽しくて、輸
橋本 華菜子
1

自分が自分を信じることは何よりも大事な話~その1

初めまして(*´꒳`*) 子供二人と、のんびりゆるゆるロハスな田舎暮らしを楽しんでいるKANAKOと言います。 今から始めるこの一連の話を書いたのは 2016年の10月 ですが、いまの私を語るのに必要だったので、 いま(2017年2月)の心境はこの時と少し変わっているけど、この話を掲載することにしました。 この時と今とがどう変わったかも、また見て貰えると面白いかもですw 今はゆったり陽だまりの心地よ
橋本 華菜子
1

自分で自分を信じることが何よりも大事な話その3~モラハラに気付くきっかけ

※この話は2016年10月に書いたものです。 前回のモラハラのお話はけっこう反響があり、ブログでは1日で500PVとかになっていたので驚きでした。読んでくださった皆様、ありがとうございます ブログを読んでくれた方のなかには、モラハラを仕掛けてきた人とわたしの双方を知っている方もいたのですが、わたしがそんな扱いを受けていたことは、全く分からなかったと驚いていました。 わたしがその方のお気に入りで、とて
橋本 華菜子
8

 四階からの飛び降り自殺.下半身不随の私が必死で断食40キロダイエットで歩けるようになるまでの話

  歩行不能の重度身体障害から先生のある言葉で歩けた あなたたちの中で自殺行為したことある人っていますか?例えば手首を切ったり練炭自殺未遂をしてみたり… 私の場合は 飛び降り自殺行為 をしました。 滅多に自殺行為なんてしませんよね。 私の場合母がまず先に自殺し、それを追いかけるように跡を追ったのです。 母が自殺したのは私が横浜国立大学3年生の春のことでした。急な連絡が親戚から入り、霊安室に入ったった
あべもり ねこねこ
7

めんへらおとこ

  記憶に残る私の人生史で初めて「怖い」という感覚を感じたのは幼稚園の頃だったと思う。  公務員の父親は教育熱心で、私を県下屈指の進学校の付属幼稚園を受験させた。  その面接の真っ最中、私は泣き出して、その場から逃げ出して外へ出て行ってしまったのだ。  しかし、結果は合格。  思えば、これが私の対人恐怖の始まり、原点だったのだ。  なぜ、私は面接の場から逃げ出したのか?  答えは簡単。面接官が怖かっ
Tadao Kawashima
1

第1話 生きて。【小児科ナースが病院を飛び出して地球2周半、暗闇の奥に見えたとんでもなく美しい世界*】

『 生きて。生きて。生きて!!!!  大切なのは、いのちの長さじゃない。  “今”という瞬間を  どれだけ輝いて生きたか。 どれだけ、いのちを輝かせて、生きたか。 』 Mariko(私) これは、小さな小さな世界で生きていた私が、天国に行った子ども達と一緒に世界中でたくさんの“いのち”に触れて生きたことで、”本当に大切なこと”に気づいていったお話です。 Mariko 旅の最初の国、ペルーでの不思議な
平 茉莉子
23

僕は車椅子に乗っている。ただ、それだけのこと。~幸せになるための〇〇~

19歳の夏、僕は首を骨折し、首から下の動きと感覚をすべて失いました。 -------------- 9年前、僕は大学に入学しアメリカンフットボールを始めました。 進学先に体育学部を選択するくらいスポーツが好きだったので、すぐにこの競技の魅力に惹かれ、無我夢中に練習に取り組みました。 そして、2007年9月1日、デビュー戦を迎えます。 前半が終わり14-7。僕らは7点差で負けていました。 「まだ逆転で
中村 珍晴
330

あなたに会えて~Stay who you are~

旋律のような美しい 感情に意味なんてない 形ないものに惹きつけられて 人はそう恋をする 求めるより与えること 足るを知って感謝する 大切な人を守りたい 包み込む力で あなたに会えて世界が変わった 同じ道歩いてもStay who you are 至純の心で受け止めてあげたい 特別な人だからStay who you are 70億分の1の 巡り合いにありがとう 星屑のようなきらめき 想いは果てしなく あ
omi uruwashi
2

風のように花火のように

蝉時雨に負けない声で 水遊びする幼きヒマワリたち 海より深く空よりも広い心で 見守っていたい輝く瞳の小さな命 遠い夏の街 突然失った 朝の光 忘れぬように 眩しく吹き抜ける熱い風のように 強くたくましく生きてきた先人たち 争いのない日々が微笑みもたらす 誰もが望んでいるんだ悲しみのない世界 お祭りに賑わう人々 生きる力 詰まっているんだ 送り火に願いを込めて 過ちを繰り返さぬように 月より高く打ち上
omi uruwashi
2

手のひらのメッセージ

生まれる前に 胎内で刻まれた 拳のしわは生命力の 道しるべ 太陽へかざせ 手のひらから 飛び立つ綿毛に 夢をのせ 心鮮やかに彩る人生 歩き出そう 絡み合った 曲線と直線は ヒント書かれた神様からの 贈り物 月夜へかざせ 手のひらから 伝わる温かい 愛情を 注いであげよう未来ある 子供たちへ 手のひらのメッセージ 手のひらからのメッセージ うた https://youtu.be/Xnr6iTfPO5k
omi uruwashi
1

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

自分が考える事・自分について 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!