自分が考える事・自分について

自分が考える事・自分について

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が考える事・自分についてのタグが付いたストーリー一覧 2362件

『 一度死んだ、あの日から。』 ~ 僕が、起業するまでの話 ~

僕は、7階のベランダの柵から身を乗り出していた。 「楽になりたい....。」 ただそれだけだった。 死んでしまった方が、絶対に幸せだった。 【 親が敷いたレールを歩き続けた18年間 】 一流大企業で働く父のもとに生まれ、 厳しく教育されてきた。 いわゆる「箱入り息子」だったかもしれない。 ゆとり教育のど真ん中にぶち当たった僕は、 小学生の頃から塾へ通わされ、 長期休暇中や土日は、 朝から晩までぶっ通
平山 真康
161

私が今死んでない理由

虐待、施設育ち、家出、援交、風俗、身元不明者、借金 私の生きてきた足跡はぐちゃぐちゃだ。 私は両親から手を離され施設で育ち、途中から親の元へ帰るも高校を中退し家出をした。 そんな私が出会った人はもう二度と会えない、私のあしながおじさん。 十五歳で家を飛び出した私は友人から教えてもらい、身体を使ってお金を稼ぐ方法を知った。 後先の事は考えてなかった、ただなんとなく何もかもが嫌で。 オジサン 腹、減って
私と ○○○
103

「児童虐待」は時代の変遷と共に淘汰される可能性を秘めている

世界保健機関の報告で「全ての大人の〇人に1人は子供の頃、体に虐待を受けた経験を持つこと」を、あなたは知っていましたか? 2017年2月1日 友達と東日本橋にある「わなびばKICHEN333」でランチをした時、くじ引きで当選した景品が可愛いお手玉だった。それを見た瞬間に「ばあちゃんにプレゼントしたい!」と思った。 2017年 春 「ばあちゃんに会いたい!」 仮にドラえもんの「どこでもドア」でばあちゃん
小川 詩織
11

孤独だったぼくが、笑顔に出会えるまで。

あの頃、人の笑顔が悪魔に見えた。 常に動作がゆっくりで、よく宙を見つめていて、小さな声で自身なさげに話していたぼくは、いじめっ子にとって格好の獲物だったと思う。 物語のはじまりは、ぼくが小学生のとき。 ある日、ぼくは朝から熱が出ていて学校を休んでしまった。 ぼくの小学校では、休んだ人には今日の予定と宿題、それに友達からの一言が書かれたカードが渡されたんだ。 ぼくは、家で寝込みながらそれを見ていた。
Tanaka Tatsuya
8

うつだっていいじゃない!【其の十九】~学校編・Webページ制作~

【卒業制作前の壁】 気がつけば前回の更新から半年近く空いてしまった「うつだっていいじゃない!」。 学校編と銘打ち一つずつ細かく講座内容に触れておりましたが、これ以上同じパターンで書き続けるのは結構苦しいものだと感じ始め、いつしかこの話から遠のくようになっておりました。 しかし、書き始めた以上は何らかの形で切り替えてでも続けていきたい。ようやくそういった気持ちになり再び筆を取ることにしました(他にも筆
山口 寛之
25

商社マンだった僕が、アドラー心理学に基づいたコーチングを始めたわけ

  「・・・・・・・・」       沈黙、   重い空気、   少し効きすぎているエアコンの風、         「・・・・・・・・」       ポツ、ポツ、と車の屋根をたたく雨音、   軽く握ったこぶしに、じんわり感じる汗、   顔を上げられず、何となく落とした視線の先にみえる車のダッシュボード、       「コンコン」、     「コンコン」、   再び、助手席にいる僕の横から、窓をノック
梶 博之
18

子供が出来る事

大学の友人がとある写真を見せてくれました。その写真の内容は飼っている猫が無事に出産したという写真です。お母さん猫の前で小さな4匹の子猫たちが寝そべっていました。とても微笑ましい写真で友人も興奮しながら出産をした時の状況を語っていました。そして「お父さんお母さんになった猫の表情や雰囲気が変わったような気がする」と語っていました。猫にも子供ができると親としての自覚があるのかもしれません。 たまたま通りが
村上 豊彦
6

「許すこと」についての再考察

その後1年あらゆることから「許すとは何か?」について考察し続けた 地元警察にお世話になった時期を前後して私にとって信じられないような許せないことに遭遇していた。自分の常識や理屈からは理解できないことが起こったが、その対象を非難したりすることでは何の解決にも繋がらないことは実感していた。 心理学に関心のある人にとって当たり前の概念となるが「許せない」ことは、実はその対象となる出来事や人物に対してではな
小川 詩織
18

人生なんて おもいもよらないことだらけ

将来設計とか未来予想とか、計画的に物事を捉えるシチュエーションをよく耳にしますが、ぼくはあまり意味のないことだと考えます。ビジネスや、学問の世界など成果や目的が明白なモノであれば、それは意味を見いだせることかも知れません。然し、人生に於いては、なにかを考えても今より先におこりうることなんて誰にも分からないのですから、あまり先の事を深く考えてもしょうがないと ぼくは思います。
にゃんた たろう
4

Sharez History① パーソナルトレーナーチーム「Sharez」立ち上げ。

始まりは2015年。 今回は初回という事で「Sharez」立ち上げの経緯を書き記そうと思う。 2015年頭くらいから構想はスタートし、2015年春。 ナリ、マコの2名のトレーナーと一緒にスタートした。(実際にはもう2名ほど一緒に進める予定であったが諸々の理由で断念) 二人は当時非常にアグレッシブであった。 ナリさん、マコ。 ナリさんはフィットネスクラブ業界大手、東急オアシスで売上No.1を記録し、ブ
岡崎 秀哉
2

最近の「グダグダ真夜中日記」をまとめてみる

【何かといえば新参ファンを「にわか」呼ばわりする方への提言】 「苦しい時代から支えてきた昔からのファンを大事にしろ」という発言は、結局のところ俺を、私を大事にしろって言っているように読めちゃうんですよねぇ… ベイスターズファンを40年近くやってますけど、そんな奢りは持ったことないかなぁ…自分が勝手に好きになっただけなので。 むしろ新しいファンが増えてくれる方が嬉しいですよ。マナー云々はまた別の話。古
山口 寛之
29

絶望の先に希望を見いだした男の話ー第1章ー

  ー絶望の先に希望はあるのか、ー 幼少期と家族 1979年11月22日、 僕は鹿児島県鹿児島市に生まれました。 家族は僕と父と母と弟の4人家族、 両親はお見合い結婚で、 住宅地の一角で電気店を営んでました。 父親は温和で真面目で仕事一筋、    タバコも女遊びもせず、ただ仕事。    そういう生き方しかできない人でした。 母親は器量がよく、色々なことに挑戦し、     精力的に活動する人で    
田代 剛
10

実話!魔法のランプが3つの願いを叶えてくれたすごい話。

4歳のわたし おかあさん、どうやったらディズニーのお姉さんになれるの? おばあちゃんにもらったビデオにあったでしょ?ジーニーにお願いすれば3つ願いを叶えてくれるよ。 ディズニー好きな母親の影響と、 おばあちゃんからクリスマスに届くディズニー映画のビデオのおかげで すっかりディズニーに夢中(洗脳)だったわたし。 4歳で東京から福岡に引っ越して小学校に入学して絶望したこと。 それは、 田舎すぎて片道1時
池松 佳菜絵
41

2016年4月4日 滞在リミット4時間で地元警察のお世話になる

この時の経験のおかげで自分の心の偏りに否が応でも気づかされました。自分自身を見直す大きなきっかけとなりました。そして、この経験のおかげで写真家長谷川美祈さんに出会える人生のチャンスに繋がったと思っております。 2016年4月3日 仙台で用事があり終わった時間からでは地元までの交通手段がないため私はその日は仙台に宿泊した。 2016年4月4日 朝一の長距離バスを利用して地元の盛駅に着いたのはお昼時間近
小川 詩織
14

自己犠牲野郎の戯言(たわごと)【其の二・完】

一言で片付けるとお金にだらしないということになる。ギャンブルも確かによくやっていた。 公金と私金の区別がつかないとまでは言わないが、若いうちにいいお給与をいただいてしまった反動なのだろう。とにかく金銭感覚があやふやなのだ。母が家計のやりくりをしっかりできる人間だったのが救いだ。 ある日、母から一枚の銀行カードを見せてきた。全く見覚えのないカード。 「なんだこれ?」 「実はね……」 そのカードは単に口
山口 寛之
36

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

自分が考える事・自分について 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!