自分が考える事・自分について

自分が考える事・自分について

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が考える事・自分についてのタグが付いたストーリー一覧 2246件

彼女が登山好きなので、彼女の為に登山ルートを下見してたら、遭難して死にそうになった。次の日、彼女が元彼と復活してた。

  偶然の出会い?必然の出会い? 馴れ初め   女友達はいるが、恋人という存在は長らくいなかったある年の初夏。 当時、私はもう恋愛など出来ないだろうという諦めの気持ちと同時にもしからしたらまだ白馬の王子ならぬ、白馬の王女が出てくるのではないかという微かな希望を持っていたのです。  私は35歳、白馬の王女は34歳。 これは偶然でなく必然だと自分では考えていたのです。 なぜなら、彼女とは初対面ではなかっ
もちもち 太郎
8

キモイ!とまで言われたモテない20歳の青年が3ケ月のセルフレッスンで、キモい・ダサい・コミュ障でもモテるようになった話

  浪人してまでして入った二流大学。これで自由だ!  学校という存在が苦痛でしかなかった僕は、大学に入ることが自由の象徴だったのだ。 義務教育でない大学というのは、自分の意思が尊重される。 ここまで大学入学にこだわったのには理由がある。 猛烈に腸が弱い現代病である「過敏性腸症候群(IBS)」に中学生の頃から悩まされて、 言い方は汚いが、毎日ウンチとの格闘である。 腹痛と下痢の毎日であり、授業どころで
もちもち 太郎
5

【私の人生と読書⑥】「カリコリせんと生まれけむ」会田誠 幻冬舎文庫

【私の人生と読書⑥】「カリコリせんと生まれけむ」会田誠 幻冬舎文庫 「素の自分で勝負したいときに」 「天才でごめんなさい」。の名言で知られる現代美術家・会田誠が、個展や展覧会で日本の各地や世界中を飛び回る中、どうしたことかいつも不思議な事件に巻き込まれてしまう日常を、独特な文体で書き綴っています。 自分の言葉に責任を持ち、自分の言葉で文章を書く。当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、会田氏
小松 雄也
2

【私の人生と読書⑤】「悪人正機」吉本隆明 新潮文庫

【私の人生と読書⑤】「悪人正機」吉本隆明 新潮文庫 「常識を見直すきっかけに」 この本は、思想界の巨人・吉本隆明に対して、糸井重里が聞き手となり「生きる」ことや「友だち」等、様々なテーマに関する話がまとめられています。吉本隆明の言葉には、人生に責任を持って生きるという姿勢が端々に感じられ、読み進めて行くうちに自分の常識について、改めて考えるきっかけとなります。 学生時代の夏目漱石が全く勉強もせず、ボ
小松 雄也
3

【私の人生と読書④】「女生徒」太宰治 角川文庫

【私の人生と読書④】「女生徒」太宰治 角川文庫 「日常見つめ直すきっかけに」 作家・太宰治が女性の視点に立って書いた14編からなる短編集です。表題作は、希望と絶望の間を揺れ動く、とある14歳の少女の心情が描かれています。 「自分から、本を読むということを取ってしまったら、この経験の無い私は、泣きべそをかくことだろう」と考えたかと思ったら、その後の場面では「本なんか読むの止めてしまえ」。 自分の考えに
小松 雄也
2

【私の人生と読書②】「ボクの音楽武者修行」小澤征爾 新潮文庫

【私の人生と読書②】「ボクの音楽武者修行」小澤征爾 新潮文庫 「異国で奮闘する姿に勇気」 この本は、世界的な指揮者である小澤征爾が26歳の時に書いた自伝的エッセイです。小澤氏は音楽家として生きる道を決心し、ヨーロッパを周る中で、数多くの手紙を家族や友人に送りました。文中には当時の手紙がそのまま引用されているので、異文化の中で奮闘する様子を、読者も追体験することができます。 私は高校を卒業してすぐに、
小松 雄也
3

【私の人生と読書①】「自分の中に毒を持て」岡本太郎 青春文庫

【私の人生と読書①】「自分の中に毒を持て」岡本太郎 青春文庫 「あなたの情熱を探して」 私は学生時代から、書評合戦「ビブリオバトル」を通じて、読書の楽しさをたくさんの人と共有したいという思いで活動しています。「己の夢にすべてのエネルギーを賭けるべき」。芸術家・岡本太郎の言葉は、挑み続けるすべての人たちの心に、深く突き刺さります。   岡本太郎の言葉に出会ったのは、浪人時代。当時の私は慣れ親しんだ土地
小松 雄也
7

【魂が腐ることを危惧している】

私は出版業界の中核を担う会社の、一人の新入社員である。 自分の能力(ビブリオバトル・企画力・突進力)を最も生かせると踏んだ部署の公募に応募し、川崎市教育委員会を皮切りに日本全国の読書教育活動として実現したいことや、3兆円市場に向けた構想を思う存分ぶちまけた。新規部署では新しい風と、あらゆる企画を無理矢理でも実現させる膂力が必須であると確信したからである。 去る10月10日、会社を辞め自力で構想を実現
小松 雄也
2

私が0歳のときに自殺した、父との想い出

私は、父のことを覚えていない。 知らないといったほうが正しいだろう。 でも、私には父との思い出がある。 とても大切で、私の人生にはなくてはならないものだ。        私は、1978年12月5日に生まれた。 父は、1979年4月25日に自ら命を絶った。 私は父が自殺したことを、30歳を過ぎるまで知らなかった。 病気で死んだと教えられていたのだ。 25歳だった父は、人間関係のトラブルが原因で、結婚し
Suzuki Chiharu
14

人生は自分次第!会社員を辞めてネット起業の道を選んだ、収入も労働時間も自分で決められる

プロローグ 毎日残業なんてしたくない・・・。 嫌いな職場の人たちと一緒にいたくない・・・。 本当の自分を押し殺して働くのはもう限界・・・。 私は今、26歳の会社経営者。 新卒1年目22歳の時はブラックな職場で医療事務として勤務しており、 毎日がとにかくストレス、ストレスストレス・・・。 そんな生活に限界がきて 丸1年勤めた後に退職しました。 その後、23歳でサイトアフィリエイトを始めて 約2年後には
白鳥 香織
32

虐待をしない。わが子で手がいっぱい。それでも虐待をみたら通報しましょう。通報しても素性はバレません。医療機関からは通報します。~歯医者編~

 歯医者での虐待の兆候で、私が知っているのは12歳のお子さんの永久歯がほとんど全滅、歯髄まで虫歯が進行。入れ歯か、というような子をみた瞬間です。  痛かった、と思います。お子さんです。痛いといっても歯医者につれてきて貰えなかったのです。  いまでは「ネグレクト」  というのでしょう。 母親は今はやりの毒母。     そして母親より「女」である人間なのでしょう。 今勤務の職場ではなく、独身時代のときの
Nakamura ichika
5

007-two kinds of memories

2017年1月30日月曜日 * FB より( https://www.facebook.com/HLharaita365/posts/260977971003674?pnref=story )  【Jan.27-29,2017】  2泊3日の箱根旅行に行ってきました。今回は美術館巡りということで有名どころを回りまくりました。  『箱根彫刻の森美術館』『箱根星の王子さまミュージアム』『箱根ガラスの森美
おかだ ゆりな
4

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.4(ラスト)

最初のストーリーはこちら そうだ起業しよう 僕はまだ会社を辞めていない。 この話は僕がこれから起業する話しだ。 このストーリーを書き始めた理由は、起業という人生を左右する一大イベントを前に決意出来ずにいる自分を奮い立たせるためだ。そして自分の今までの人生を総括し、自分自身を見つめ直すためだ。 起業を決意した理由は入社して3年が経った頃、今から1年前に遡る。 違和感を覚え始めた日々 この頃から僕は副業
Morii Ryouji
40

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.3

そうだ副業しよう! そう思い立ってから、僕はありとあらゆる副業を始めた。 ebay(海外のオークションサイト)から物を仕入れてヤフオクで転売したり、ブログやサイトを作成してアフィリエイトやAdsenseを始めたりした。 転売は、無在庫販売(ドロップシッピング)というやり方で、ヤフオクで商品を販売して購入されてから、商品を買い付けて発送するという、グレーな販売をしていた。※当時は購入者から振り込まれた
Morii Ryouji
75

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.2

そうだ、東京へ行こう そう決心したのは工場のライン工として働き始めて、半年程経った11月のことだ。東京には中学の頃に修学旅行で一回行っただけなので、向こうには当然友達がいない。 12月の末にボーナスを貰って辞めた僕は、3ヶ月間、失業給付金を貰いながら一体東京で何をしようか考えていた。京都や大阪なら大学に行った友達がたくさんいるため、何とかなりそうだと思ったりもしたが、今までの人生をリセットしたいと強
Morii Ryouji
89

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

自分が考える事・自分について 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!