仕事

仕事

皆さんは、『仕事』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『仕事』に関するストーリーが投稿されています。多くの人があなたの『仕事』に関するストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事のタグが付いたストーリー一覧 1521件

ミラノからデニムを輸入して

2000年 某IT企業で働いていた私は、ITバブルの崩壊とともに、自身を失い地元名古屋に一度帰る決断をしていた。 その時に雑誌で見た「Dolce&Gabbana」の破れたジーンズ(通称クラッシュジーンズと呼ばれ、後の破れたジーンズブームの火付け役となり、同ブランドも一気に飛躍した)を見て、「絶対に欲しい!」と思い、電話で在庫確認をしたがどのショップも売り切れで、ヤフオクに出品されているか確認してもチ
Ohashi Kenji
91

大事な事はみんな高速電脳で学んだ

はじめに 1997年、まだ秋葉原が自作PCの街として栄えていた、そんな頃のお話。 僕は当時大学2年生で、典型的なモラトリアム学生として日々ポンチ―言うような4人中国語勉強会に明け暮れていた。起きたいときに起き、眠くなったら近くの友達宅に転がり込む模範的な高田馬場学生だった。 その頃はまだベンチャーとか起業といった会話はほんの一部の学生の間のみの話。SFCの設立に刺激された早稲田でなんとか対抗するべく
長友 肇
716

入社2年目の営業が奔走 三つの武器で経営陣に提案

700社への電話 と 300社への訪問 「ビジネス開発グループ」が発足して、1年目の秋頃、私は「店舗matc」という「チェーンストア向け本部-店舗間コミュニケーションツール」というサービスを営業する仕事をしていました。サービス立上げ2ヶ月位は、誰にアポイントをとるか?どうアポイントをとるか?も決まっていないので、全部自分で失敗しながら考えて試みる。その連続でした。合計700社位電話をして、300社
大塚 雄介
116

起業への道を踏み出す前日。

今からちょうど1年前の2012年1月、 僕は某広告制作会社を退職した。 ここまで祝福されて辞めていいのか思うぐらい、 温かい送り出しを同期と先輩の方々がしてくれた。 このシャツは最終日にもらった僕の家宝。 「これでもかっ!」ってぐらいグッとくる言葉が 各所にちりばめられていて、 ひとつひとつ個性をビシバシ感じる 非常に個性派揃いの企業らしいシャツになっている。 起業してから何度これに助けられたことか
平 皓瑛
80

ビジネス開発グループ発足

ビジネスインキュベーション室!?    2007年、営業に少し慣れてきた頃、上司より突然の人事異動を伝えられます。 (上司)「ちょっといいか?」 (私)「はい。」 (上司)「56(私の会社でのあだ名)、来月から移動になったよ。」 (私)「はい。。」 (上司)「部署は正式名称は決まって無いけど、ビジネスインキュベーション室。新規ビジネスを立ち上げるネクスウェイで初めての部署だ。」 (私)「ビジネスイ
大塚 雄介
41

ビジネス世界への挑戦(株式会社ネクスウェイ入社)

はじめの一歩  2006年、私はビジネスの世界の第一歩を踏み出します。歳既に26歳。 しかも、大学院2年間の生活は、現実世界とはかけ離れたそんな生活でした。人と話すことよりも文献を読んでいたい。食べることよりも数式を解いていたい。友人と遊ぶよりも得られた結果を考察していたい。そんな24歳、25歳でした。今思うとかなりクレイジーです。そのため、26歳から社会に適合するところから始めました。目上の人に
大塚 雄介
73

新卒社員としてフューチャーベンチャーキャピタル入社するまで

ベンチャーキャピタルに興味を持った頃(大学3回生) まずベンチャーキャピタルという仕事を初めて知った経緯なんですが、2002年頃当時大学3回生だったときに、先輩に薦められて『吾人の任務』という本を読んだのがきっかけでした。グロービスの堀さんの著作で、堀さんがMBAを取得してからマネジメントスクールとベンチャーキャピタルを立ち上げていくお話です。 「ベンチャーキャピタリスト」という職業は日本にはまだま
和田 圭祐
849

サイバーエージェント入社

転職を考えた当時は京都にいたので、新幹線で面接を受けました。面接してくれたのは堤さんでしたが、新幹線で品川から帰ろうとしたところで、「西條さんに会ってほしいので、渋谷に戻ってほしい」と電話がかかってきて、急いで渋谷に戻って西條さんにも面接していただきました。 広いオフィススペースを見せたもらったのですが、数人しかいなくて「この席を埋めていく予定なんだよね」と言われて、成長企業の雰囲気をすごく感じられ
和田 圭祐
63

Startup Weekend との出会い

その日、2011年5月21日は、夕方から、四谷の麹町スクワールで開かれていた高校の同窓会に出席していた。私が卒業した高校は広島にあるのだが、卒業生の多くは東京に在住している。春と秋の年2回東京で開催される定例の同窓会には、その年に大学に入学したての18歳から車いすで駆けつける92歳までと幅広い年代が100名以上出席するのが常であるらしい。らしい、というのは、私はその同窓会の常連ではなかったのだが、た
松本 かずえ
73

Storys.jp のストーリー (Startup Weekend編)

開発は5月から始まった storys.jpの前身となる物を作り始めてから、もうすぐ1年になる。 何かを始めた時、やっぱり強く印象に残るのは、それが"本気"になったときだ。 Storys.jpにとっては、それがStartup Weekendだったんだと思う。 F**k the boring resume 2012年5月、春の気温にも慣れ、草木が芽吹き、"始まり"の香りがする季節。 私とJames Ri
溝部 拓郎
110

笠井レオさん(Booklap)との出会い

CoffeeMeetingが正式にリリースされて、Facebookのタイムラインを賑やかしていたのですが、自分は『新しいサービスはとりあえず使ってみる』という習慣がありまして、早速触ってみてました。丁度IncubateCamp(3rd)の募集がはじまっていたこともあり、若い起業家の方と出会えるとラッキーだなくらいの期待値でおりましたが、登録して速攻申し込んできたのが笠井さんでした。 彼は大学生でした
和田 圭祐
62

世界の"採用"を変えるかもしれないサービスモデルが!

多くのネットベンチャーの採用を支援する株式会社I&Gパートナーズで6年間働きながら、"未来の採用"のあり方について夜な夜な考えて いた。 なぜなら、今の採用のあり方に大きな歪を感じていたから。 今の採用サービスでは、成長企業に優秀な人が入社する流れを作れないし、 自分に合った企業なんて見つけられるはずがない。 むしろ、"自分に合った"という考えすら持たずに"有名な"、"給与の高い"会社が良い会社だと
岡 利幸
67

台湾に出向時代

12年程前。日本からから台湾へ出向して、現地に12店舗あった『xtime』という家電量販店の運営を指揮してた。 既にセブンイレブンやローソン、ファミマ等の日式(北京語で日本式の意味)コンビニがすっかり根づいていて、アニメや漫画、ゲームにジャニーズ、J-POPコンテンツも大人気だった台湾。一見、日本とほとんど変わらないかと思えたけど、いざ運営する店舗の様子を見てみたら大きな違いに驚いた。 日本ではお客
沼倉 正吾
70

素晴らしいサービスと素晴らしいチームとの出会い

今日とても素晴らしいサービスに出会った。 いや、正確にはサービスは知っていたんだ。 でも、サービスの背景にあるSTORYと出会えた。 そんな気がする。 僕は常々、素晴らしサービスは そのサービスを心底愛している人から生まれると思っている。 自分が心からサービスを愛していれば サービスを創っている時間なんて気にならないし 時間が気にならなければ、いつまでだって創っていられる。 そうすれば必ず素晴らしい
大塚 雄介
94

人生初のクリーンルーム

寒い夏   室温22度。2012年の夏は、ほとんどこの気温に保たれた中にいました。夏なのに寒い時も度々あったほど!    私は、6月の終わりから9月の半ばまで工場で生産ラインに入り、作業員をしていました。その時、東京でのトレーニングもまだ残っていたのですが、突然のスケジュール変更でした。  5日後に三重県に行く事を知らされた時は…かなり動揺しました。  ですが、まだ会社は始まったばかりでしたし、突
Ishiyama Megumi
87

皆さんは、『仕事』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『仕事』に関するストーリーが投稿されています。多くの人があなたの『仕事』に関するストーリーを待っています。

仕事 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!