仕事

仕事

皆さんは、『仕事』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『仕事』に関するストーリーが投稿されています。多くの人があなたの『仕事』に関するストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事のタグが付いたストーリー一覧 1451件

入社式で社長の前で答辞を読んだら恐怖に襲われて円形脱毛症になった話

2年前の4月1日、僕は社長の前に立っていた。 この日は入社式で、社長のありがたいお言葉の後、なぜか僕が答辞を読むことになっていたのだ。 新入社員を代表してみんなの前に立ち、震える手がバレないように何食わぬ顔で式辞用紙を広げた。 ああ、何でこんなことになってしまったんだ。 今日はエイプリルフール。 全てのことが嘘であってほしい・・・。 こんなことを思うのには理由があった。 ***** 大学時代、僕は初
朝日奈 光一
14

生きている言葉が俺を変えた

過去の偉人の名言ではなく、周りの人の 言葉というのが自分を変えてくれる。 そういう人たちが自分の周りにはたくさんいる。距離が遠くても、そういう言葉をかけてくれるやつがいる。 自分に直接向かってきた生きている言葉は自分を変えくれた。分からなかった言葉の意味を教えてくれた。わからなかった言葉が生きている言葉になった。 見てないようで、見ている人がたくさんいる。 本当に感謝しています。
紺 ナム
13

28歳で大学に入学した僕が32歳新卒で6社内定をもらう奇跡(ノウハウ編)

まえがき 28歳大学生受験編から32歳新卒内定までの体験談を読んで頂いて、 誠に感謝です!沢山のお声を頂戴して書いてよかったなあとしみじみ思います。 今回は新卒就活ノウハウ編を書かせて頂きます。 それにあたり、正直なところ僕の場合は特殊なケースで、 32歳から新卒就活で10社中6社内定を頂きました。 そのため、22歳で就活をされる多くの方の参考になるか分かりません、 僕ぐらいの年齢で大学入られた方の
Kosuge Masayuki
101

サラリーマンの僕の心を折った一言は、罵声でも説教でもなく、キレイめOLの何気ないつぶやきだった。

ねぇ、私たち、一日中ずっと、、、 はじめまして! フリーランスのWeb屋さんをしている、タカハタと申します。 Webサイトを作ったり、企業へのコンサルをしたり、プログラミングをしたり、、、 PCと己の身ひとつで仕事をする、いわゆるノマドワーカーをやっています。 そんな僕も、何年か前までは、フツーに企業で働くサラリーマンでした。 ところが、うっかりブラック企業に転職してしまったことを機に、体調を壊して
高畑 祐輔
246

また今度ね、ということ。恩師との永遠の別れで思ったこと

Y先生へ捧げます。 「また今度ね」というのは、とっても便利な言葉だ。もう二度と会うつもりのない人間にも気軽に言えるし、もう一度会いたい人に言われればその通り期待もできる。とんでもなく都合のいい言葉だ。その言葉の解釈は、当人にだけ委ねられる。 けれど一方で、「また今度ね」と言ったのに、それきり会うことが“物理的に”叶わなくなった人も経験上いる。ごくわずかだけど、確かにいる。そしてたいてい、そういった場
藤崎 枝直
15

”人生はこれで〇〇〇〇”4度目の美大受験に失敗した男が脇道を猛進して彫刻家になり20年後に悟ったこと

先日、職場でバイトの子が大学受験に失敗したと言って落ち込んでいた。建築内装を学ぶために大学を受験したが、全て失敗に終わったのだという。 悲しげな彼の後ろ姿が、昔の自分とダブって見えた。少しでも彼を元気付けたいと思い、4度目の美大受験に失敗したタケシという男の、その後の人生と 20 年後の様子について話すことにする。     完全な敗北   肌寒いボロアパートの一室で一人、最悪に憂鬱な気持ちで21歳の
Hamanaka Takeshi
100

フレッシャーズ最初の関門「飛び込み名刺交換」の思い出⑥(ラスト)

辛かったけれど、終わってみれば、そうでもない…? いやいや、本当に辛かったです。 飛び込み名刺交換。 こんなに大変だとは思いませんでした。 でも、あの2日間があったからこそ、 ・お客様のありがたさが身にしみました。 ・営業として、社会人として、自分の数字や発言に責任を持つことの重要さを思い知らされました。 こうして文章にしてみると、本当に色々なことがあったし、たくさんの方に支えていただいたことを改め
五十嵐 宏美
26

フレッシャーズ最初の関門「飛び込み名刺交換」の思い出⑤

泣いても笑っても最終日。 翌朝。 ドライヤーで乾かしたイビツな名刺たちをカバンに詰め込んで、会社へと向かった。 泣いても笑っても最終日。 営業は、過程じゃなくて、結果がすべて。 人事から言われた言葉が胸に刺さり、一層プレッシャーを感じる。 2日目は天気も良かったのが幸いだった。 気を引き締めて、前日とは逆方向、渋谷駅方面へと向かう。 明治通り沿いをひたすら進んでいく。 前日同様、会社の近所では名刺交
五十嵐 宏美
34

フレッシャーズ最初の関門「飛び込み名刺交換」の思い出④

いよいよ、出発。 儀式を終えて、それぞれが担当エリアに繰り出していく。 私はまず、同じビルの一つ上のフロアを訪ねた。 「下の階の会社の新入社員でして~」みたいな感じで軽く挨拶。 あっさりと受け入れてもらえて、誰よりも早く、1枚目を獲得。 顔見知りやご近所さんから攻めるのは、非常に有効っぽい。 電車に乗って移動しなくてもいいという、渋谷エリアのメリットを最大限活かし、その後も隣のビル、その隣のビルとい
五十嵐 宏美
30

フレッシャーズ最初の関門「飛び込み名刺交換」の思い出③

ついに迎えた、当日の朝。 あいにくの雨だった。出発前に、新入社員13人が会議室に集められる。 一日の流れや注意事項、緊急時の対応などが人事から言い渡される。 その後、「やるからには本気で取り組む」という弊社行動指針のもと、1営業マンとして、それぞれが名刺獲得の目標枚数を宣言するという儀式が行われた。 ちなみに、ここで宣言する目標は、自分で自由に設定して良かった。 しかし、ここで問題があった。 13人
五十嵐 宏美
27

フレッシャーズ最初の関門【飛び込み名刺交換】の思い出②

担当エリアはジャンケンで決まった。 『飛び込み営業研修』と書かれた例のプリント。 オモテ面は研修の概要と注意事項。 裏面は対象エリアの文字と、都内の路線図。 誰がどのエリアを担当するかは、ジャンケンで勝った者から順番に選ぶことができた。 なお、担当エリアを途中で変更したり交換したりすることは認められない。 これは、究極の選択だった。 生まれも育ちも大学も地方だったわたしは、東京のことを知らなすぎたの
五十嵐 宏美
28

フレッシャーズ最初の関門【飛び込み名刺交換】の思い出①

人見知りが、飛び込み名刺交換をすることになった! 慣れないスーツを着て、街中を名刺交換のために走り回るフレッシャーズ。 もはや、春の風物詩。 わたしも、例に漏れず、その1人だった。 2016年4月。 大学を卒業し、わたしは人材業界のベンチャー企業に営業職として入社。 一通りのマナー研修を終えたのち、配られた1枚のプリント。 タイトルは、『飛び込み営業研修』。 2日間にわたり、新入社員が決められたエリ
五十嵐 宏美
50

4月から無職になる。「疲れた」という、とてもシンプルな選択肢。

僕は今、島根に暮らしている。 島根に来てから、およそ3年。 東京から移住を決めた、あのときの僕は、おそらく今よりも活力にあふれていた。 当時の仕事を辞め、自由を手に入れ、その開放感もあったと思う。 でもそれ以上に、あらたな場所であらたな挑戦できることにワクワクしていた。 あれから3年。 僕はあらたな道をまた進むことになった。 僕は、4月から無職になる。 およそ3年間お世話になった地域活性に関わる職場
渡辺 諭|さっとん
17

わたしの仕事は「たったひとりの人事」〜企業は採用が全て〜

わたしの仕事は「たったひとりの人事」 ここでは、実際に私がたったひとりの人事部を始めてもう直ぐ1年、 失敗や失敗や失敗から少しずつ「会社って、採用ってこう言うものかな」って考えが出来てきたことを書き記しておこうと思います。 もちろん、すべての中小企業がそうではないとはわかっていますが、私なりに「中小企業」で「人事」が果たすべき役割を日々考えています。 「企業は人財が全て!!」 というのは、私の前職で
飯田 裕子
3

第163章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

第162章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる?? 今年のお正月 「東方神起」について メンバーに人数やメンバーの名前を知る機会があり 知ればしるほど  過去起きている「事件」「出来事」が 「今」の「出来事」「事件」と リンクするのは 12年遅れの「東方神起」は 決してファンでないからこそ 感情でなはく理性で客観的に分析ができるもの 「人間関係」のイロハ
あっきー あっき~
4

皆さんは、『仕事』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『仕事』に関するストーリーが投稿されています。多くの人があなたの『仕事』に関するストーリーを待っています。

仕事 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!