仕事

仕事

皆さんは、『仕事』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『仕事』に関するストーリーが投稿されています。多くの人があなたの『仕事』に関するストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事のタグが付いたストーリー一覧 1451件

人生は自分次第!会社員を辞めてネット起業の道を選んだ、収入も労働時間も自分で決められる

プロローグ 毎日残業なんてしたくない・・・。 嫌いな職場の人たちと一緒にいたくない・・・。 本当の自分を押し殺して働くのはもう限界・・・。 私は今、26歳の会社経営者。 新卒1年目22歳の時はブラックな職場で医療事務として勤務しており、 毎日がとにかくストレス、ストレスストレス・・・。 そんな生活に限界がきて 丸1年勤めた後に退職しました。 その後、23歳でサイトアフィリエイトを始めて 約2年後には
白鳥 香織
36

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.4(ラスト)

最初のストーリーはこちら そうだ起業しよう 僕はまだ会社を辞めていない。 この話は僕がこれから起業する話しだ。 このストーリーを書き始めた理由は、起業という人生を左右する一大イベントを前に決意出来ずにいる自分を奮い立たせるためだ。そして自分の今までの人生を総括し、自分自身を見つめ直すためだ。 起業を決意した理由は入社して3年が経った頃、今から1年前に遡る。 違和感を覚え始めた日々 この頃から僕は副業
Morii Ryouji
48

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.3

そうだ副業しよう! そう思い立ってから、僕はありとあらゆる副業を始めた。 ebay(海外のオークションサイト)から物を仕入れてヤフオクで転売したり、ブログやサイトを作成してアフィリエイトやAdsenseを始めたりした。 転売は、無在庫販売(ドロップシッピング)というやり方で、ヤフオクで商品を販売して購入されてから、商品を買い付けて発送するという、グレーな販売をしていた。※当時は購入者から振り込まれた
Morii Ryouji
112

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.2

そうだ、東京へ行こう そう決心したのは工場のライン工として働き始めて、半年程経った11月のことだ。東京には中学の頃に修学旅行で一回行っただけなので、向こうには当然友達がいない。 12月の末にボーナスを貰って辞めた僕は、3ヶ月間、失業給付金を貰いながら一体東京で何をしようか考えていた。京都や大阪なら大学に行った友達がたくさんいるため、何とかなりそうだと思ったりもしたが、今までの人生をリセットしたいと強
Morii Ryouji
131

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.1

「誰も他人に興味を示さない仕事」「全く頭を使わなくてよい仕事」 人間関係で悩んでいる人や、技術的な難しい仕事をしている人には、とても興味が惹かれる言葉だろう。 しかし、高校を出てすぐに工場のライン工として働くことになった僕は、この仕事がとてもとても大変なことを知った。 高校在学中は部活ばかりの毎日で、将来のことを何にも考えておらず、母親から「大学に行かせる金がない、すぐに働いて家に金を入れて」と言わ
Morii Ryouji
194

手取り「12万」の23歳新人バーテンダーが〇〇で自由なライフスタイルを手に入れた話。

2016年1月僕は市内のとあるバーで働いていた 午後3時にはお店にいた。 店長 しんたろ〜買い出し行ってきて! レモン4つ、ライム3つ、牛乳2パックとー 帰りにドンキで2ℓのコーラ3本、炭酸水2本よろしく〜〜〜 りょーかいです! 行ってきまーす! 買い出しは自転車で行きます。 「はーはー」 「今日は買い出しいっぱいだな〜」 スーパー(牛乳2パック) ↓ 八百屋(レモン、ライム) ↓ ドンキ(コーラ、
西川 慎太郎
25

生き地獄、(営業マンに転職) 嫁と嫁の両親との確執。 当時のヤフー知恵袋での質問が残っていた。これを読むと当時のことを思い出して怒りがこみあげてくる。

電気工からリフォーム営業に転職した俺は、月収16万円から18万円にアップした。 契約を取れば18万円に歩合が付く、俺は頑張った、右も左もわからないけど、ひたすら営業を頑張った。三か月ぐらい契約はほぼゼロ万円。 死にたくなった。。。 朝は早いし帰りは遅い、これは電工時代から変わらなかったが、成果が出ないのに残業しているとストレスが半端ではない。 早く帰って休みたくても、上司が仕事人間で、毎日のように0
A D
39

生き地獄の始まり、電気水道ガス供給停止、米を買うお金も無く、家賃滞納、借金返済催促の電話が毎日朝から晩まで鳴る、一歩間違えばホームレス生活寸前の生き地獄

長男が生まれてから3年ぐらいたった時に、嫁の親の会社が倒産した。 嫁の親は建築会社の三代目だったが不景気で倒産した。 嫁の実家や親の財産は差し押さえられて、嫁家族は家を出なければいけない状況になった。 そして白羽の矢が俺に立った。 最初、嫁の親は俺に「消費者金融から30万円借りてきてほしい」と言ってきた。 生活費なのか借金返済のためなのかはわからないが、俺は断った。 なぜならどう考えても30万円ぽっ
A D
51

無職のままで18歳になった俺に、長男が生まれた。

まともに仕事もしていないのに、子供が生まれて焦った。 焦って面接を受けまくってもやっぱり面接に落ちまくり、いろいろと考えた末、結局建築関係の仕事をすることにして、建設関係の仕事に就いた。 建設関係の仕事は面接一発合格、翌日から出勤がデフォだ。 その建築関係の仕事とは、ハツリ屋という仕事で、コンクリートを割ったり削ったりする仕事だ。 月収は16万円程度。 長男が生まれて、嫁の実家で半同棲みたいな生活を
A D
36

中卒鬱病引きこもりニートのダメ人間が子供10人の大家族の父親になってしまった話

スラム街の様な地区で生まれ育った俺は、中学の頃は少しグレていた。 中学3年のある日、授業中に眠っていた俺に、数学教師が 「お前このままだと高校に受からないぞ」 と言ってきた。 俺は 「高校は行かないから別にいいよ」 と言って、生活態度は変えなかった。 高校受験も受けずにそのまま中学を卒業して、地元の土建屋に雇ってもらったが、なかなか続かず、3か月ぐらいで職を転々とするような感じで生きていた。 仕事が
A D
18

入社して3週間で社長をディスったらクビになりましたvol.5

図らずして内定を勝ち取った大河であったが、なんとも急な話に驚き戸惑っていた。クライアントは週明けからの勤務を希望しているようである。9時半から18時半拘束で、昼休憩1時間。時給は1,700円。残業は無し。交通費なし。場所は西古宿から徒歩1分の高層ビル28階である。 大河「ぜひ宜しくお願い致します。週明け月曜日から勤務します。」 こうして、スタートアップ企業にライターとして潜り込むこととなった大河であ
大賀 康寛
21

3.11!!いじめられっ子原発難民のその後に関すること。

2011年3月11日の東日本大震災から 現在に至るまで北海道から福岡、沖縄まで回ったし、 海外なども上海、バンコク、クアラルンプール、シンガポール、ニューヨーク、テキサス州のダラスを旅した。 使った航空会社はANA、スカイマーク、タイ航空、 エアアジア、マレーシア航空、ジェットスター、JAL、アメリカン航空だ。 予約も含めるとユナイテッド航空とscootも含む。 最近では台湾弾丸旅行なんかも考えてい
熊坂 翔吾
10

人生を狂わせ、人生を変えた大きな気づき

7年もの間、自分に戻れなかった。 7年ぶりに今、やっと自分に戻った。 自分に戻ってみると、本当に現状はヤバイ。 もう40歳にもなるのに結婚もしていないし、 周りに人も少ない。 本当にもう何をやっていたんだろうと思う。 でも、なぜかできなかった。 思うようになぜか生きれなかった。 もう本当に辛かった。 最後のほうはもう死んでしまいたいと思ったぐらいだ。 何がきっかけになったのか? それは、久しぶりの友
宮川 明
15

僕が健康オタクになった理由

2017年も体を鍛えていこうと今も奮闘しております! 今日は僕が健康オタクになった話をしていこうと思います。 就職氷河期と言われた中、僕は内定を貰う事に必死になっていました。今だからこそ正直に言いますが手当たり次第に面接へ向かい酷くなさそうな場所(勝手な自己判断です)にとにかく内定を貰えれば良いと思っていました。 今思うと、あの当時はやりたい職に就くことが難しい時代でした。私は営業サラリーマンとして
阿南 英樹
4

第154章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

「空間」こそが一番の贅沢   本年もどうぞよろしくお願いいたします。 鳥のように  跳び 翔び 富み  飛躍と共に 成長 進化を目的に そのための 引き続き 本年度も「断捨離」を継続し  「環境」「場」の整理を目標に 自分軸を定める  自分ストーリーとして ブラッシュアップしながら 物語化を続ける2017年にしたいと思います。  「空間」こそ 一番の「贅沢」
あっきー あっき~
4

皆さんは、『仕事』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『仕事』に関するストーリーが投稿されています。多くの人があなたの『仕事』に関するストーリーを待っています。

仕事 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!