仕事

仕事

皆さんは、『仕事』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『仕事』に関するストーリーが投稿されています。多くの人があなたの『仕事』に関するストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事のタグが付いたストーリー一覧 1423件

同人音楽サークルfishpond代表兼ボーカル

M3やコミケ等でCD頒布しております(*´∀`*) いままでの作品 ・ミシュマシュ ・Majestic ・あおいとりがみる世界 ・次回新譜は3部作になってます。 fishpondmusic.info ご興味のある方はぜひサイトにいらっしゃってください! 試聴たくさんあります♪ M3 4月29日東京流通センター 5月11日ライブ決定!
みずた まり
22

フリーランスプログラマとして働く理由

つまらない自分語りを長々としますので物好きな方はどうぞお付き合いください。 高専の情報工学科を卒業後に入った企業はソフトウェアの受託開発やエンジニアの派遣を行なっている小さな会社でした。 研修もそこそこに、さっそく外部(SI業界大手)に派遣され開発要員としてせっせと働いていました。 高専時代はプログラミングが楽しくてしょうがなかったのできっと職場での開発も楽しいだろうと思っていたのですが全然そんなこ
杉本 哲
100

ノマドワーキングは本当に自由なのか?

ノマドワーキングをはじめたころ、ノマドワーキングは満員電車や残業から開放され、自分の時間を増やす豊かな働き方と考えていました!サラリーマンとして勤務していた時と比べると確かに朝の出勤時間など若干調整できる自由度はありのですが、自らが経営者になると24時間が業務時間で土日も祝日もなくなることがわかりました。土日お客様からの要望があれば飛んでいき、夜中でも徹夜でシステム構築。経営上のミスは全て自分にふり
Shindo Takasumi
23

オフィスを持たないノマドワーキングとは?

2009年に起業してITコンサルティングファームのビジネスを神奈川で開始しました。1人で会社を設立したのでオフィスをどうしようかと悩んだ末、自分の家をオフィスとして利用し必要に応じてカフェなどの場所でWi-Fiやクラウドを駆使しながら働くスタイル「ノマドワーキング」を選択! まあ、予算がきびしいので当然の流れでした。 起業当初から不要な経費をかけたくなかったのとビジネスモデルがクラウドサービスを利用
Shindo Takasumi
52

オフィスを持たない起業って可能なの?

2008年にノマドワーキングという言葉をはじめて知りました。サラリーマン的な働き方とはことなる「ノマド」に関心を持つようになりました。IT業界ではフリーランサーのようにオフィス外のカフェや家など様々な場所でPCを利用してリモートな環境にてシステム開発などの仕事をする新しいワークスタイル「ノマド」は定着し、このような働き方をノマドワーキングと呼ぶようになりました。
Shindo Takasumi
27

Rubyをはじめる

新卒でプログラミングをはじめて、最初の会社ではSAPのアドオン開発をしていました。もうちょっと表現力のある言語で仕事したいと思って独学でRubyを始めました。会社の行き帰り、井の頭線に乗ってPharoah Sandarsを聞きながら「ピッケル本」を読んでました。懐かしいです。
Fujimura Daisuke
19

まずは手短に

生まれたのは1976年。「およげ!たいやきくん」ヒットの年でした。 生まれも育ちも神奈川の相模原というところです。小さい頃は剣道を習っていたので、将来は師範になることを夢見ていました。大学卒業後はウェブ制作会社に就職し、法人向けの営業などを務めました。 2004年に大学時代の友人に誘われ、熊本の上通でセレクトショップを立ち上げましたが、地方での物販の厳しさを痛感する結果になりました。その後は熊本の某
Harada Kazuhiko
15

ミラノからデニムを輸入して

2000年 某IT企業で働いていた私は、ITバブルの崩壊とともに、自身を失い地元名古屋に一度帰る決断をしていた。 その時に雑誌で見た「Dolce&Gabbana」の破れたジーンズ(通称クラッシュジーンズと呼ばれ、後の破れたジーンズブームの火付け役となり、同ブランドも一気に飛躍した)を見て、「絶対に欲しい!」と思い、電話で在庫確認をしたがどのショップも売り切れで、ヤフオクに出品されているか確認してもチ
Ohashi Kenji
85

大事な事はみんな高速電脳で学んだ

はじめに 1997年、まだ秋葉原が自作PCの街として栄えていた、そんな頃のお話。 僕は当時大学2年生で、典型的なモラトリアム学生として日々ポンチ―言うような4人中国語勉強会に明け暮れていた。起きたいときに起き、眠くなったら近くの友達宅に転がり込む模範的な高田馬場学生だった。 その頃はまだベンチャーとか起業といった会話はほんの一部の学生の間のみの話。SFCの設立に刺激された早稲田でなんとか対抗するべく
長友 肇
686

入社2年目の営業が奔走 三つの武器で経営陣に提案

700社への電話 と 300社への訪問 「ビジネス開発グループ」が発足して、1年目の秋頃、私は「店舗matc」という「チェーンストア向け本部-店舗間コミュニケーションツール」というサービスを営業する仕事をしていました。サービス立上げ2ヶ月位は、誰にアポイントをとるか?どうアポイントをとるか?も決まっていないので、全部自分で失敗しながら考えて試みる。その連続でした。合計700社位電話をして、300社
大塚 雄介
109

起業への道を踏み出す前日。

今からちょうど1年前の2012年1月、 僕は某広告制作会社を退職した。 ここまで祝福されて辞めていいのか思うぐらい、 温かい送り出しを同期と先輩の方々がしてくれた。 このシャツは最終日にもらった僕の家宝。 「これでもかっ!」ってぐらいグッとくる言葉が 各所にちりばめられていて、 ひとつひとつ個性をビシバシ感じる 非常に個性派揃いの企業らしいシャツになっている。 起業してから何度これに助けられたことか
平 皓瑛
75

ビジネス開発グループ発足

ビジネスインキュベーション室!?    2007年、営業に少し慣れてきた頃、上司より突然の人事異動を伝えられます。 (上司)「ちょっといいか?」 (私)「はい。」 (上司)「56(私の会社でのあだ名)、来月から移動になったよ。」 (私)「はい。。」 (上司)「部署は正式名称は決まって無いけど、ビジネスインキュベーション室。新規ビジネスを立ち上げるネクスウェイで初めての部署だ。」 (私)「ビジネスイ
大塚 雄介
38

ビジネス世界への挑戦(株式会社ネクスウェイ入社)

はじめの一歩  2006年、私はビジネスの世界の第一歩を踏み出します。歳既に26歳。 しかも、大学院2年間の生活は、現実世界とはかけ離れたそんな生活でした。人と話すことよりも文献を読んでいたい。食べることよりも数式を解いていたい。友人と遊ぶよりも得られた結果を考察していたい。そんな24歳、25歳でした。今思うとかなりクレイジーです。そのため、26歳から社会に適合するところから始めました。目上の人に
大塚 雄介
67

新卒社員としてフューチャーベンチャーキャピタル入社するまで

ベンチャーキャピタルに興味を持った頃(大学3回生) まずベンチャーキャピタルという仕事を初めて知った経緯なんですが、2002年頃当時大学3回生だったときに、先輩に薦められて『吾人の任務』という本を読んだのがきっかけでした。グロービスの堀さんの著作で、堀さんがMBAを取得してからマネジメントスクールとベンチャーキャピタルを立ち上げていくお話です。 「ベンチャーキャピタリスト」という職業は日本にはまだま
和田 圭祐
783

サイバーエージェント入社

転職を考えた当時は京都にいたので、新幹線で面接を受けました。面接してくれたのは堤さんでしたが、新幹線で品川から帰ろうとしたところで、「西條さんに会ってほしいので、渋谷に戻ってほしい」と電話がかかってきて、急いで渋谷に戻って西條さんにも面接していただきました。 広いオフィススペースを見せたもらったのですが、数人しかいなくて「この席を埋めていく予定なんだよね」と言われて、成長企業の雰囲気をすごく感じられ
和田 圭祐
57

皆さんは、『仕事』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『仕事』に関するストーリーが投稿されています。多くの人があなたの『仕事』に関するストーリーを待っています。

仕事 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!