仕事

仕事

皆さんは、『仕事』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『仕事』に関するストーリーが投稿されています。多くの人があなたの『仕事』に関するストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事のタグが付いたストーリー一覧 1451件

出版社に在籍しながら起業したプレッシャー。

神保町の出版社在籍中。 つまり、サラリーマン編集者です。 で、 子会社ではなく、関連会社を渋谷に起業。 デジタル系出版社です。 と、 “読みたい人”が3人以上になったら続きを書いてみようっと。
高橋 芳明
58

絶対に破れない約束

僕には、絶対に破れない約束があります。 約束の内容は、あまり具体的ではなく、明確なゴールが合わるわけでもないので、他の人からはあまりわからないのですが、自分にとってはめちゃくちゃ大事なことなのです。 では、その約束は何かについて書く前に少し前提となるお話を書いておきます。 今から9年前のことです。僕は自分の人生がどうにかなってしまうのではないかと思って、毎日を過ごしていました。 その3年前に京都の美
水本 敦則
483

社会人になって怒られた5つのこと

大学を卒業して会社勤めになると、 上司や先輩にあれこれ怒られることも多い。 怒られるいるうちが華だ。 そんな風に言われることもあるけれど、 好きで怒られる人なんていないはずだ。 もちろん、僕だって。 怒られるのは、好きじゃない。 ただ、大なり小なり、 色んなことで怒られてきた。 よく怒られるくせに、 人の話をちゃんと聞かないもんだから、 もっと怒られる。 その繰り返しだ。 時々知らされていないことや
橋本 英明
630

日本の超大手メーカー社員の、7つの不思議な習慣

私は、転職して某大手メーカーの人事部に勤務しました。そこで目にしたのは、、一瞬わが目を疑うような出来事ばかり…。少しずつご紹介していきます。 ■1 名刺と封筒を作るのが、総務人事の3月の仕事 大企業たるもの、組織変更は恒例行事です。特に当社は名称変更や異動が多い方でしょうね。 たとえば、こんな感じで人事異動の発令があります。 【旧職】 オートモーティブシステムズ社  市販・用品事業担当  (兼)マル
深田 浩嗣
61

外資系超大手企業で出会ったスゴイ人々

外資系大手企業といえば、皆さんはどういった環境を想像されるでしょうか。昼夜問わず働いているとか、英語がばんばん飛び交っているとか…。 私、日本人なら誰もが知っている超大手外資に在籍しておりましたので、その一端を少しだけお話しします。さすがにクレイジーな感じでした。 ■1 出入り口に立ちはだかる金属探知機と警備員  空港にある、アレです。出入りの際は必ず通らねばなりません。要は、建物内に保管されている
深田 浩嗣
81

高校時代に植えたあの芝が…. はじまり篇

今からかれこれ15年ほど前の話だ。 高校の卒業式を終えたわたしは、 気の知れた友人たちと馬鹿騒ぎをしながら いつもの見慣れた帰路をゆっくりと歩いていた。 今思えば「あれ」はただの偶然ではないように思える。 いつもの道の、いつもの空き地。 いつもの友人たちとの帰り道だったが、 一つだけ違ったのは、 卒業式後の妙なハイテンションのせいか、 色々なものへ興味が向いていた点だった。 私は道路脇の空き地に青々
松戸 賢治
21

プログラミングを学び合うシェアハウスができるまで

はじめに 僕は今(2013年3月現在)、PGHouse豪徳寺というシェアハウスに住んでいます。この家に暮らす事になるまでを改めて書いてみようと思います。 きっかけはOSSカフェ 僕はフリーランスとして働いていた時期があるのですが、 ちょっと何かのイベントで(たぶんco-meetingさんの関係だと思う)、下北沢にあるOSSカフェに遊びに行ったときの事。 OSSカフェは所謂コワーキングスペースなのです
Sato Masashi
168

年度末ということで

初Storys.jpです。 今日は年度末らしいので、簡単に思ったことを書き残してみようかな、と。 まず、2012年が始まった時には、このような形で年度末を向かえるとは思っていませんでした。 「来年はこの会社にいないかもな?」や「転職して違う会社で迎えるのかな?」とは思っていましたが… 思えば、2011年にStartup Weekend Tokyoに参加したことが全ての起点になっているような気がします
佐々木 浩史
57

仕事=部活

リクエストありがとうございます。休眠ユーザーで僭越ながら、記載させていただきます。夜明け前だからか、五月蠅いこと書いちゃいそうですが、おゆるしください。 色々とありますが、3つ書かせていただきます。 1、目的・目標・課題解決の為にする行為。 ◆共通項 部活も仕事も、遊びや飲み会や恋愛とは違う「苦楽」を味わう。良くも悪くも味わえる。→自分の壁を超える→成長して、今までと違う景色が見える。求めるものも、
平林 義行
41

徳島県のバイオベンチャーに投資した時の話

フューチャーベンチャーキャピタルという京都のベンチャーキャピタルに入社して、一年以上経っていたころの話ですが、初めて新規投資を担当した会社が徳島県のバイオベンチャーでした。 「創薬」ベンチャーではなく、その後行程とも言える「製剤」の分野で新しい研究を実用化するベンチャーで、経皮材に関する研究でした。神戸のバイオ特区に製剤向上を投資するための資金調達ということでした。レンタカーで2時間(もっと?)くら
和田 圭祐
60

CAだった頃

高校生の時 CAは、お客様を守る 保安要員として乗務することを知った。 すばらしい仕事だと思った。 それから、CAになろうと決めていた。 CAの採用募集は、 各航空会社ごとに、 それぞれのタイミングで発表される。 全く採用の無い年もある。 私がCAになるために 就活した年は、 当たり年で、 たくさんの航空会社が採用募集を出した。 その中で健康診断まで行った会社があった。 (最終面接の後、健康診断のあ
駒崎 クララ
159

システムを速度改善して1時間の処理を10分に短縮したら怒られた話

パッケージベンダーのエンジニアとして配属された僕は、とある機能の速度改善を任された。当時開発経験0・Javaってなに?状態だった僕。事の大きさもわからないのでとりあえず全力でやるかと思い、とにかく勉強して改善することにした。 結果、二度と忘れられない得難き経験をすることになったわけである。 「遅いからいい感じにしといて」と言われ、とにかくやってみた 遅かったのは、月に1回自動実行されるバッチだった。
Konishi Yusuke
803

次なる私の職業はコラボレーションを生むこと

母との夏 日本を代表するオーケストラで、長年プロディースを手がけてきた母がワイン片手に語った言葉を忘れません。 「あのね、エデュケーション・ワークショップのファシリテーターを育てることも今後の課題だし、マーケットかもしれないけど、一番重要なのはコーディネーターのセンスよ。 どのスポンサーとアーティストとホールとファシリテーターをコラボさせる環境を整えるか、そのコラボが一番いい形で花咲くコンセプトとテ
Togashi Taki
98

2泊3日の自分をみつめるワーク

 3年前にいろんな事がありすぎて気分的にとても落ち込んでいる時に「自分が参加していろんな事を感じてきたワークだった。是非、参加して自分と向き合う時間を持ってみたらどうか?招待できるから行ってみたら?」と仲良くしている方から誘っていただきました。最初は胡散臭いと思いました。どんなことを学ぶのか、どんなことを感じてきたのか全く教えてもらえず、ただ勧められました。でも、なんとなく行ってみたい気持ちになった
丘 洋子
20

Scala Conference in Japan 2013の裏側

3/2-3に、日本で初めての大規模なScalaのカンファレンスが開催されました。 一般参加者200名、登壇者やスポンサー、スタッフも入れると300人規模。これに加えてキャンセル待ちが70人(会場の関係で追加販売できませんでしたが。。。)と、かなりの規模になりました。 また、開催中はずっとtwitterの日本のトレンド1〜2位に#scalaconfjpが入っていたのが、一番嬉しかったりします。 あと、
Sawayama Yohei
52

皆さんは、『仕事』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『仕事』に関するストーリーが投稿されています。多くの人があなたの『仕事』に関するストーリーを待っています。

仕事 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!