キャリア・転職

キャリア・転職

STORYS.JPには、キャリアのヒントにもなるような沢山のストーリーが投稿されています。あなたも自分の『キャリア・転職』に関するストーリーを投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリア・転職のタグが付いたストーリー一覧 947件

第2回 日本の会社を辞めて中国上海で働くまでの経緯。

2011年2月。 上海で働く。これを実現するために、今出来ることは。。 資金確保のためにも家いらないな。 バカだけど、真剣にそう思った。 すぐに実行した。 大学時代の仲間に連絡。 「上海マジで行くから、3ヶ月ぐらい一緒に住んでもよいっすか?」 仲間は、快諾してくれた。 結果、6畳部屋に男2人という奇妙な生活が始まった。 僕はもちろんゲイではない。もちろん相手も。 それでも大学時代に一緒にインド旅行
亀貝 康明
733

日本の会社を辞めて中国上海で働くまでの経緯。

2010年の年末、一緒に住んでいた女に僕は言った。 「上海で働く。今の会社辞める。」 考えてというよりも、僕自身、突然自分の口から言葉が出た、そんな感じだった。 その後、年末実家に帰省して、地元の仲間にも言った。 「上海で働く。今の会社辞める。」 退路を断つようにコミットした。 それでもまだ親には言えなかった。 ただ自分の中で、完全に覚悟できていた。 あとはどうすれば実現できるか。 それを考えて行
亀貝 康明
786

全国47都道府県で就職支援セミナーをやるつもりが美女探しになった話

【あらすじ】  2013年夏、数年間に及ぶ大学生の就職及び卒業研究支援を行っていたケイタロウは、自身の研究を発展させるために、就職支援セミナーを全国47都道府県で実施した。 https://readyfor.jp/projects/dreamcafeforalljapan/  しかしながら、予想以上に難航したこと、そして寄付が不採択であったことをきっかけに、ケイタロウは、セミナー方式から試行錯誤を
日高 啓太郎
66

大学生が22歳の時にたった3か月で500万円貯めて憧れのドイツ製最高級車BMW M3を買った話

これは友人JUNの語であり、JUNの言葉を僕(Makoto)が文字に起こしたものです。 【Makotoとの出会いは、3年ぶり。そして、運命はmixiから始まった】 きっかけはmixiだった。 大学3年21歳の秋に、当時友人間で流行っていたmixiにて高校の同級生と3年ぶりに偶然、再会した。 彼は高校時代部活が一緒だったMakotoである。 正直自分とはタイプが違うと思っていたが、当時の軟式テニス部を
菱沼 真
15179

自分の可能性は自分が思っている以上にある④ ー成功の方程式について(下)

□はじめに  前項でまだ説明が終わっていなかった、 「成功の方程式」の続き(「運」について)を説明をします。 私が考える成功の方程式とは、  成功(という結果)=能力×能力の使い方×努力(×運) です。 □一番重要な「運」:「勉強」と「その他」  さて、成功の方程式で、一番重要な要因は何かというと、それは「運」です。「なんだ、結局、運なのか!?」とがっかりされる方もいるかもしれません。しかし、とりあ
日野 道啓
329

私が大企業での出世の道から下りた本当の理由 その2

17年前、総従業員数が20万人を超える大企業に、気合いと元気だけでなんとか就職。泥臭く仕事をしながら、同期のトップグループで課長まで昇進。 学生の頃の自分からは予想できない状況。 「俺、良くやってるよ、出来過ぎじゃん」と心の中でつぶやきが聞こえてくる。 ただ、それと同時に、 「このままでいいの?どうすんの俺?」という問いが波の様に繰り返されていました。 起業する訳でも、転職する訳でもなく、 絵に描
迫平 直幸
834

営業で新人賞を取った楽天で学んだ事!

面白い話かどうかわからないですが、リクエストがあったので、ストーリーを書き進めたいと思います。 オレ氏営業になる! 率直に言えば、僕は営業の仕事はしたくはなかった。楽天には悪名高いクレジットカード営業があるが、入社直後から、営業魂を叩きこまれる。飛び込み営業などの研修があるが、僕には出来ないと思っていたし、やりたくなかった。 僕には、夢があった。家業の和菓子屋をインターネットで大きくすることだ。そ
石井 勝也
176

スタートアップを支える家族

僕が起業できたのは、家族の支えがあったからです。 「俺、いつかアメリカで起業しようと思ってる」 僕が最初に奥さんにその話をしたときは、3年前くらいでたしか結婚する前だったと思います。 そのとき、 「いいね!じゃあ私は何をしようかな?」 と言って、盛り上がってくれました。 2度目に話したのは、昨年の春でした。 「退職して、アメリカに行きたいと思ってる。」 その時は、まだ子供ができる前でした。 「そっか
須藤 憲司
303

私が大企業での出世の道から下りた本当の理由

(本題では無いのですが) それは、 30代・40代のビジネスパーソン(≒一定のキャリアや立場がある者)だからこそやるべきことがあるだろうと思ったのです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私は40代を目前にして、 自分の遺産は1000年先までは残らないが、生き様や考え方は家族や子供、 その子孫によって受け継がれていくだろうなと思いました。 (自分だって、知らず知
迫平 直幸
1169

30代でアメリカの音楽大学に留学したときのはなし(3)

なんだか私のストーリーに思ってた以上の反応を頂いてびっくりしています。 ここまで、読んでくださってありがとうございます。 さて、続きです。チャンチャンチャンチャン 住民票行く前にしたこと 行くと決めてから、身の回りを整理していきました。VISAやらおうち探しは次へのステップなので、忘れないと思いますが、整理をするのは忘れがちなので、参考になればと思います。 住民票 これは入学関係の書類やビザなどを見
Nakamura Momoe
1350

浅野忠信さんと田中真弓さんに直接会ったにも関わらず、俳優の僕が芸能界で売れることを目指さない理由 PART2

PART1をまだ読んでいない方は、 こちら を先にお読みください。 画像転載元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12137056832 なぜ俳優が食えないのか? その質問に対する浅野さんの答えはいたってシンプルなものでした。 「 だって俳優として食べていくと決めたら、俳優の仕事を必死で探すだろ? 」 浅野さんの頭の中
Kawaguchi Yoshiki
3850

国境を越えて求められる看護人材

※医療系とは全く異なる出身畑からの投稿になりますが、何かのお役立てれば幸いです。 私は、いわゆる開発コンサルタントをしています。 もともとは、公務員・金融・システム・ITがバックグランドですが、現在はご縁があり医療・福祉関係に携わっています。 (チームで取り組むプロジェクトなので、その一部を担当しています。) 私自身にとってみれば、医療機関は非日常の世界です。 風邪すらひかないので病院に行くことも
Dokai Chiaki
128

原体験から学ぶ、大人と子どもの"共育"について

【原体験から学ぶ、大人と子どもの"共育"について】 〜火、水、木、土、動物、草、暗闇を通して「生きる力」の育む 〜 背景 本業の会社のメンバーから無理言って約1週間の休みをもらい、 研修名目で「海の教室事業」に水泳指導員として参加してきました。 私事でありますが、7月中はなかなか仕事が捗らず、 頭を抱える毎日が続いていたため、リフレッシュも兼ねた事業体験でした。 毎日行き詰まりを感じていた頃、 「自
米川 勇輝
47

4年夏に内定辞退&休学!But,仕送りはおろか親から銀行口座まで止められて本気で焦った話【プロローグ】

ちょうど1年前、2012年8月のお話 はじめに 聞きたいボタンを押してくださった皆様、ありがとうございました! 当初はこのサービス自体にすごく興味があって、とりあえず使ってみようかなくらいの感じで下書きしたので、まさか聞きたいボタンが押されるとは、、、しかもどなたもお会いしたことがない方ばかりで衝撃でした。storys.jpすごいですね(笑) 正直、別にあまりオープンにしたい話でもないのですが(笑
Masumi Oosaki
255

30代でアメリカの音楽大学に留学したときのはなし(2)

学校探し 高校と大学合わせて約9年アメリカ在住経験があった私ですが、社会人になってからの音大探しにはいろいろ検討するポイントがありました。そもそも私の年齢で受け入れてくれている学校、学校ある環境、奨学金の有無、日本に帰ってきてからの学歴の影響力など。そして、いろいろな評判を先輩方に聞いたところ、アメリカでも2つくらいの学校に絞り込めました。 1個はニューヨーク州マンハッタンの学校、そしてもう一つはマ
Nakamura Momoe
1715

STORYS.JPには、キャリアのヒントにもなるような沢山のストーリーが投稿されています。あなたも自分の『キャリア・転職』に関するストーリーを投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

キャリア・転職 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!