キャリア・転職

キャリア・転職

STORYS.JPには、キャリアのヒントにもなるような沢山のストーリーが投稿されています。あなたも自分の『キャリア・転職』に関するストーリーを投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリア・転職のタグが付いたストーリー一覧 889件

【第2章】ドリカフェ【新たな取り組み】

企業訪問 もう創刊以来4年 今年は5年目ですね 2010年 青山学院大学においてある就職冊子 企業に掲載していただくために 企業さん回りに力を注ぎました!(^^)! 暑かった日々 ある日は、名古屋に またある日は、静岡に イロイロなお話をお伺いできた日々であったと思います。 社会情報学科第一期生の・・・ 就活支援講義を副担当していたのもこの時期 青山学院大学小畑喜一客員教授とコンビを組んで 水曜日の
日高 啓太郎
38

子どもを亡くして社畜をやめた話②社畜ライフ

子どもを亡くして社畜をやめた話②社畜ライフ 会社について おれはその頃 とある中小企業の営業担当だった その会社は業界の中でもニッチな商材に特化しており 少しでもその商材に関わった事があれば まず知らないという人はいないが 商材自体の社会的認知度がそれほど高くない為に 会社名を言っても ほとんどの人が「?」となる そういう会社である 例え話をすると 「伊藤壇」 というプロのサッカー選手がいる この選
中野 ガンジー
1978

子どもを亡くして社畜をやめた話①

子どもを亡くして社畜をやめた話① まずはじめに この話を読んでくれてありがとう 本当に感謝すると共に あなたの人生がより良いものになる様 こころから願うよ これから連ねるお話は 題名のとおり おれが子どもの死をきっかけに社畜をやめた という内容で 自己満足を多分に含んでいるから 読んでいて気分のいいものではないとおもう そして これは最近になって受け入れられる様になったのだけど この程度の不幸な出来
中野 ガンジー
2311

【序章】ドリカフェ【ラーニングバーとの出会い】

(画像 ドリカフェ@日大 日本大学生産工学部内の学生サークル 食堂より)  ドリカフェは日々進化中 ドリカフェは、日々進化しています。 写真は、サークル化したドリカフェ 今の学部4年生を中心として 就活支援サークルとして活動を開始したそうで 就活終わった学生が、後輩を教える・面倒見る むしろ就活終わった4年生が、 SPIやCAB・GABを真剣に勉強しだした この写真を見て・・・嬉しくもあり そして
日高 啓太郎
50

3月に会社を辞めたときの話(決意表明的なもの)

実は3月末に今の会社を退職することになりました。 この1ヶ月は、4月以降の自分のキャリアをどうするかで頭がいっぱいでした。 どこに転職するのか、資格をとるのか、選択した後のキャリアはどうなるのか… 身近で相談出来る人に相談にのってもらったり、両親にも事情を伝えて、自分の 気持ちと適性を客観的に分析し、逃げ出したい思いを何度も堪えながら、色々と 考えました。 得られた結論は、 「何をするにしても丸腰で
為本 晃弘
49

【序章】ドリカフェ【2009年暮れ二番弟子を持つ】

さて2013年5月7日今日現在・・・ 5割の内々定率 さて、2009年・・・ 2009年暮れ・・・二番弟子を持つ 一番弟子の指導もおわったのをきっかけに・・・ 新たな分野に挑戦していく 仕事を持った社会人に、新しい仕事を研究を通じて創造していくということ 今までは、全て一人でやってきた しかしながら、社会人の知見は、有用で ドラマチックである それが・・・まさにノンフィクションな教科書になると・・・
日高 啓太郎
45

形容

丘洋子さんのストーリーを読んで、 前職をやめた時のことを思い出したので、書き連ねてみる。 退職という節目 イケメン 「どうして前の職を辞めたの?」 編集 とよく聞かれる。やめた当時はなんの迷いもなく辞めた。 まぁよくブラック企業として名高いところも有り、様々な面を体験し、体験談を聞き、それなりに不満もあり、様々に積み重なって辞めたんだけど、最終的に得た結論は、これだった。 私 「このまま30歳、3
安倍 元俊
26

【序章】ドリカフェ【同時進行それは経験から学んだ】

本気で就職活動について調べた 同時進行で、大学院時代にお世話になっていた恩師に これがきっかけとなり、博士後期課程の道に進む 博士後期課程の前に・・・ ターニングポイント 博士後期課程に進むか否か チャンスをいただいた大学院が二つあった。 名古屋工業大学大学院 青山学院大学大学院 未来、博士を取れなかったとしても 今の私に言えることがある。 博士後期課程に進学してよかったと いや ちゃんと博士を青山
日高 啓太郎
58

【序章】ドリカフェ【笹川科学研究助成採択~初めて弟子を取る】

笹川科学研究助成採択 我が家に届いた一通の封書 財団法人 日本科学協会とある ほよ・・・ いつものように落選通知か・・・ 封書を開けた瞬間・・・ 思いがけない通知があった。 「実践研究」採択の文字 研究予算30万円 研究責任者である、 日本大学生産工学部数理情報工学科篠原正明教授に すぐさま連絡をした。 その時、 まだ・・・ドリカフェという組織になる前 研究室や研究仲間・大学を超えた形で就業支援活動
日高 啓太郎
111

【序章】ドリカフェ【5年目の正直】

5年目の正直 研究者としての実績も皆無 何度出しても査読が通らない日々 そりゃそうだ 研究のやり方を知らないのだ 自我自流 日高啓太郎34歳 青山学院大学大学院博士後期課程3年生 査読論文なし 研究テーマ・・・再度変更・・・ 何にするか・・・ これでダメなら大学院辞めようと思っていたのも事実 出して通らない研究に対して、初めてテーマを変えた助成公募 初めて採択されたのは、 研究活動を再び始めて8年目
日高 啓太郎
94

「研究職には就かない」と決めていた就職活動

「うちの会社、大学院までやってきたこととぜんぜん違うけどいいの?」と、面接で言われるのは当たり前だった。そもそも私の学んできたことは、産業応用できないのだ。 私が専攻していたのは自然人類学と言って、「ヒトとはなにか?」という疑問について理系の手法を用いて追求していく分野だ。手法としては骨格を計測したり、DNAを分析したり、様々な統計手法を用たりする。今では多くの人が耳にしたことがあるだろう『人類がア
小金渕 佳江
162

会社を辞めて、フリーランスで仕事した後、スタートアップで働いてみる。

はじめに 詳しく聞きたい!を付けて下さった方、ありがとうございます。 この一年強の私の話を書きたいと思います。 会社を辞めた! 新卒で入社した会社を二年弱で辞めました。 なんで?とかその理由とかを良く聞かれます。 二年じゃ何も分からないじゃないか、とか言われる事もありますし、実際自分でもそう思います。 でも、ありがちな話ですが、「限界」だったんです。 長時間労働にも、人間関係にも、朝晩襲ってくる過呼
Okuma Nozomi
863

フリーランスになってみた

その時私は26歳だった。とても寒い冬で、仕事が忙しかった。私はとても焦っていた。年が明けて春が来る頃、桜が咲く前に27歳になってしまう。27歳になったら、その一年間のうちに「何か」しないと、それ以上生きていけない気がした。 当時ちょうどリリース直前のサービス開発に携わっていた私は、毎日のように終電を逃してはタクシーに乗り、3時間ほど寝てすっぴんで出社するという日々を繰り返していた。私は父を亡くして間
Kobayashi Yuko
34

アメリカ留学のキッカケ

高三の6月。 僕はいつも通り大学受験勉強の為、予備校に向かっていました。その日は部活が早く終わたので、予備校の前に本屋に立ち寄りました。その本屋でふと手に取った雑誌「留学ジャーナル」に載っていたアメリカの大学の風景はまさに映画のワンシーンのようでした。 僕はそのまま予備校に向かい、予備校を辞め、家に帰り親にアメリカの大学に行く事を伝えました。 その時の学校の成績は英語が学年最下位でしたが、期待しかあ
山田 尚貴
50

【3つの起業家精神】STARTUP WEEKEND UW

ぶっちゃけ、イベント直前まで行くの辞めようかなって思ったりしてた。 自分の実力がどこまで通じるかってのと 正直英語で一緒に働けるのかって心配があった。(日本語でだって大変なのに) 恐る恐る会場に向かい、ついてみたら、みんなスマートに見えて なんだか、俺完全に会場に飲まれてました。 何度も言うけど、まじで、びびってた。 初めは、ただの会話だから、なんとかついていけるけど、 不安はなかなか消えない。 コ
Shibayama Yuki
53

STORYS.JPには、キャリアのヒントにもなるような沢山のストーリーが投稿されています。あなたも自分の『キャリア・転職』に関するストーリーを投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

キャリア・転職 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!