キャリア・転職

キャリア・転職

STORYS.JPには、キャリアのヒントにもなるような沢山のストーリーが投稿されています。あなたも自分の『キャリア・転職』に関するストーリーを投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリア・転職のタグが付いたストーリー一覧 913件

【第3章】ドリカフェ【落ちる怖さを知らない学生達】

まだ・・・遊び気分が抜けきらない 企業名を聞いて 知っているから受ける そして、大した企業分析もしていないまま 落ちる 何度も何度も、伝えるのですが 伝わらないジレンマがそこにありました 受けることが、目的になっている。 受けることが、ゴールでも 内々定が、ゴールでもなく・・・ 働くことが、スタートなんだよ・・・ 落ちる・受かるの積み重ねは、 自信喪失と自信過剰を行ったり来たりする という状況であっ
日高 啓太郎
31

【第3章】ドリカフェ【ビール券ありがとう】

さて 今日は 社会人の方や内々定した院生にもお世話になった そう言えば・・・助成研究も・・・ そして・・・合同説明会が・・・始まる
日高 啓太郎
35

【第3章】ドリカフェ【他己紹介】

READYFOR?にプロジェクト申請しました こちらは、 現在進行形の話 2013年5月9日 金曜日にネットから申し込み 2013年5月13日メールにて電話面接日程の調整 そして 2013年5月14日午前中 電話面接がありました。 ドリカフェ第5章になるかどうかは、 分かりませんが・・・ こんなタイトルで出しました。 2013年夏 全国47都道府県にキャラバンを行い、 大学生・高校生へ授業やワークシ
日高 啓太郎
36

会社をつくったこと

学生の頃から将来会社を作る気でいました。 ゲームを作って一発当てて大金持ちになるという野望のためには、それは当然のことでした。 卒業後、会社経験も必要と思いソフト会社に入社しました。 そのころ作っていたホームページに、 xxxx年に個人事業で起業 yyyy年に有限会社化 zzzz年に株式会社化 などと書いて掲示板で突っ込まれたりもしました。 そして、4年後にその突っ込みを入れてくれた臼井さんと起業す
関 明弘
23

【第2章】ドリカフェ【夢の続きは研究室で】

(参考画像) インターンシップが終わって・・・ こりゃ ヤバいなと思ったわけです。 何がっていうと・・・ もう・・・態度であったり・・・ 不安材料でイッパイ そこで、篠原先生にご進言して 研究室のゼミの時間をお借りして、やらせてくださいませんかと? 打診しました。 それが、今のドリカフェをサポートした連中との出会い であります。 3年後期 水曜 一番最初のゼミの時間に 篠原先生から紹介を受けて こ
日高 啓太郎
30

【第2章】ドリカフェ【不敗神話の面接同行】

(参考画像) 不敗神話誕生 今、面接同行で 何を話しているか? 基本的に何も変わりません。 ただそばにいて お話聴いて エール贈って終わり 不敗神話と書いていますが 過去数年を考えても 実際に最終面接では、過去3敗しかしていません。 けっこう行ってますが同行して3敗 厳密な不敗ではありませんが、 この神話の根底は、一番弟子の最終面接同行からだと思ってます。 大震災以降 各社とも、軒並み選考活動どころ
日高 啓太郎
35

27歳で初めて正社員になったきっかけ

27歳の冬。僕は焦っていた。この先どうなるんだろう、と。 職場ではそれなりに存在感を放ってはいたが、言っても「バイト」である。しかも携わっていた業務がまもなく東京本社ではなく、大阪支店で行う事になっていた。それまで携わっていた仕事以外の業務を行うのか、それとも辞めるのか・・・。悩んだ末、僕は、ある行動に出た。 社内で恐れられていた専務に直談判をすることにした。要求は3つ。 ・社員にしろ。 ・大阪支店
大柴 貴紀
2059

【第2章】ドリカフェ【再び学部生指導】

彼らとの出会いは・・・こども塾だったのね 本当に・・・スゴイ奴らだったわ・いい意味でも 後に・・・ そして、ドリカフェの原型であるピアサポート そういえば・・・最終講義できなかったな
日高 啓太郎
39

【第2章】ドリカフェ【冬の日の就活と3.11から】

(参考画像) エントリーシートで聴かれるコト 季節は2011年の冬 改めて当時のメールを見てみますと 連日、添削しています。 また、添削だけでなく個別の指導も 喫茶店や時に居酒屋で 「あと20文字足りません。どうしましょ?」 「うまくまとまらないです」 という泣き言 いや、通過儀礼だとおもいます 今は、企業で活躍している方も そんなメールを残していたりします。 それが、あればこそ・・・ 今があるのか
日高 啓太郎
38

【第2章】ドリカフェ【新たな取り組み】

企業訪問 もう創刊以来4年 今年は5年目ですね 2010年 青山学院大学においてある就職冊子 企業に掲載していただくために 企業さん回りに力を注ぎました!(^^)! 暑かった日々 ある日は、名古屋に またある日は、静岡に イロイロなお話をお伺いできた日々であったと思います。 社会情報学科第一期生の・・・ 就活支援講義を副担当していたのもこの時期 青山学院大学小畑喜一客員教授とコンビを組んで 水曜日の
日高 啓太郎
38

子どもを亡くして社畜をやめた話②社畜ライフ

子どもを亡くして社畜をやめた話②社畜ライフ 会社について おれはその頃 とある中小企業の営業担当だった その会社は業界の中でもニッチな商材に特化しており 少しでもその商材に関わった事があれば まず知らないという人はいないが 商材自体の社会的認知度がそれほど高くない為に 会社名を言っても ほとんどの人が「?」となる そういう会社である 例え話をすると 「伊藤壇」 というプロのサッカー選手がいる この選
中野 ガンジー
2013

子どもを亡くして社畜をやめた話①

子どもを亡くして社畜をやめた話① まずはじめに この話を読んでくれてありがとう 本当に感謝すると共に あなたの人生がより良いものになる様 こころから願うよ これから連ねるお話は 題名のとおり おれが子どもの死をきっかけに社畜をやめた という内容で 自己満足を多分に含んでいるから 読んでいて気分のいいものではないとおもう そして これは最近になって受け入れられる様になったのだけど この程度の不幸な出来
中野 ガンジー
2342

【序章】ドリカフェ【ラーニングバーとの出会い】

(画像 ドリカフェ@日大 日本大学生産工学部内の学生サークル 食堂より)  ドリカフェは日々進化中 ドリカフェは、日々進化しています。 写真は、サークル化したドリカフェ 今の学部4年生を中心として 就活支援サークルとして活動を開始したそうで 就活終わった学生が、後輩を教える・面倒見る むしろ就活終わった4年生が、 SPIやCAB・GABを真剣に勉強しだした この写真を見て・・・嬉しくもあり そして
日高 啓太郎
51

3月に会社を辞めたときの話(決意表明的なもの)

実は3月末に今の会社を退職することになりました。 この1ヶ月は、4月以降の自分のキャリアをどうするかで頭がいっぱいでした。 どこに転職するのか、資格をとるのか、選択した後のキャリアはどうなるのか… 身近で相談出来る人に相談にのってもらったり、両親にも事情を伝えて、自分の 気持ちと適性を客観的に分析し、逃げ出したい思いを何度も堪えながら、色々と 考えました。 得られた結論は、 「何をするにしても丸腰で
為本 晃弘
50

【序章】ドリカフェ【2009年暮れ二番弟子を持つ】

さて2013年5月7日今日現在・・・ 5割の内々定率 さて、2009年・・・ 2009年暮れ・・・二番弟子を持つ 一番弟子の指導もおわったのをきっかけに・・・ 新たな分野に挑戦していく 仕事を持った社会人に、新しい仕事を研究を通じて創造していくということ 今までは、全て一人でやってきた しかしながら、社会人の知見は、有用で ドラマチックである それが・・・まさにノンフィクションな教科書になると・・・
日高 啓太郎
45

STORYS.JPには、キャリアのヒントにもなるような沢山のストーリーが投稿されています。あなたも自分の『キャリア・転職』に関するストーリーを投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

キャリア・転職 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!