家族・育児

家族・育児

皆さんは、『家族・育児』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『家族・育児』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った家族・育児のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

家族・育児のタグが付いたストーリー一覧 665件

無職のままで18歳になった俺に、長男が生まれた。

まともに仕事もしていないのに、子供が生まれて焦った。 焦って面接を受けまくってもやっぱり面接に落ちまくり、いろいろと考えた末、結局建築関係の仕事をすることにして、建設関係の仕事に就いた。 建設関係の仕事は面接一発合格、翌日から出勤がデフォだ。 その建築関係の仕事とは、ハツリ屋という仕事で、コンクリートを割ったり削ったりする仕事だ。 月収は16万円程度。 長男が生まれて、嫁の実家で半同棲みたいな生活を
A D
2

中卒鬱病引きこもりニートのダメ人間が子供10人の大家族の父親になってしまった話

スラム街の様な地区で生まれ育った俺は、中学の頃は少しグレていた。 中学3年のある日、授業中に眠っていた俺に、数学教師が 「お前このままだと高校に受からないぞ」 と言ってきた。 俺は 「高校は行かないから別にいいよ」 と言って、生活態度は変えなかった。 高校受験も受けずにそのまま中学を卒業して、地元の土建屋に雇ってもらったが、なかなか続かず、3か月ぐらいで職を転々とするような感じで生きていた。 仕事が
A D
1

 文部科学省選定ドラマ「愛を乞うひと」を観て感じたこと

児童虐待当事者の一人として感じ考えたこと まず「愛を乞うひと」は作家下田治美さんの小説で1998年に映画化された作品だ。当時は見たいと思わなかったので小説も映画も見ていない。事前に多少ネットで内容をリサーチしたが、今回のテレビドラマしか知らないことをご了承頂きたい。 簡単なあらすじは、幼少期から凄惨な虐待を実の母親から繰り返し受けていた女性が、自分の過去と対峙し過去の自分自身と母親像を受け入れる話だ
小川 詩織
11

長野の思い出の味

長野味と言えば?と聞かれたら「蕎麦」と答える人が多いと思います。確かに信州そばは美味しいです。都内で食べた蕎麦と比べてしまうと、同じ値段でもっと美味しい蕎麦が長野には沢山あるので「やっぱり、長野の蕎麦は美味しい」と感じます。どの都道府県もよく知られている郷土料理や影が薄いけど負けていない料理は沢山あります。 以前、ワカサギ釣りの話をしましたが釣って直ぐ揚げる天ぷらは郷土料理ではありません。ですが、私
等々力 好泰
3

3.11!!いじめられっ子原発難民のその後に関すること。

2011年3月11日の東日本大震災から 現在に至るまで北海道から福岡、沖縄まで回ったし、 海外なども上海、バンコク、クアラルンプール、シンガポール、ニューヨーク、テキサス州のダラスを旅した。 最近では台湾弾丸旅行なんかも考えている。 色々あった人生だったが、自分に取ってやりたいことは大体やってしまった。 今後は 地元福島に帰り、祖父母の家に滞在したり古民家を借りるなりして 宅建や狩猟免許(ワナ、網)
熊坂 翔吾
5

地下1階から11階へ ~フリーターから3年で会社社長になった弱虫バンドマン~【プロローグ】

26才フリーターで結婚→就職・転職3回→29才起業→30才会社設立…。 美大卒業後、売れないバンドをやりながら、地下1階のパン屋でバイト。 バンド解散後ニート中に結婚。 その後、初の就活・社会人を3年間3社で過ごし子どもが生まれ退職。 自宅の物置部屋で起業したものの、子どもを膝に乗せながら待ち続けた仕事の電話。 そして気づけば法人化しビルの11階に事務所を構えた。 これが当時、3年間の僕の履歴書。
Yuzie Tsukamoto
7

現実から逃げちゃだめだ。とはいえ、年末は真田丸とバックトゥーザフューチャーで現実逃避をしていた私だ。そんなメルブ調で語る勇者ヨシヒコも好きな話。

年が明けた。いい加減、去年のことを引きずってはいけない。  のに、年始は真田丸総集編とBSプレミアムの罠にかかり、バックトゥーザフューチャーの1.2.3を録画してぶっ通しでみてしまい、三歳の息子までバックトゥーザフューチャー色に染めげる母親歴三年目に突入した私です。    SMAPの記事を検索しても、もうどうにもならないのにしてしまったり、SMAPの曲をきくと涙がこみ上げてきたりして、正直、自分やば
Nakamura ichika
3

【第24話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

最後のお散歩 夏が過ぎた頃、なぜか父の食べっぷりが復活した。 何食も食べない時もあったのに完食が増え、寝たきりが多かったのに車椅子にも乗れるようになった。何が原因かは分からなかったが、とにかく嬉しかった。 体調もだいぶ安定してきた10月、外出許可がおりた。 とはいっても、出かけられるのは1~2時間程度。それでも嬉しい。 当日はびっくりするくらいの快晴。しかも10月にしては異常なくらい暖かく、風はそよ
ヨシザワ ハル
4

【第23話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

「胃ろうをしない」という選択 私達は、胃ろうをしないという決断をした。 決め手となったのは、父本人の意思だった(と思いたい)。 父が食事を摂れなくなり、何度か病院へ検査をしにいったのだが、そのうちの1日のことだった。 検査までしばらく待ち時間があり、施設から付き添っていてくれた看護師さんとも胃ろうの相談をしてたりしたのだが、ちょうど看護師さんが施設に電話連絡をするため席を外し、ストレッチャーに寝てい
ヨシザワ ハル
6

【第22話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

81歳の誕生日と「胃ろう」 先生が言った通り、父は数日で退院し、また同じ老健に入所することができた。 やっぱりカテーテルは嫌そうだったけど、父の尿の状態がすぐに分かる(排泄された尿はバッグに溜まるから目視できる)ので、家族の私達は安心した。 最初の頃は膿やらで濁って茶色だった尿が、日に日に色が薄く、濁りなくなってくる。なんとキレイな黄金色のオシッコよ。素晴らしきかな、オシッコ!!!! 容体が安定した
ヨシザワ ハル
6

【第21話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

再入院 父の誕生会から季節はいくつか過ぎ、また春がきた。 私と姉は少しずつ会話はしていたが、私が父の面会に行くことは稀だった。 行ったとしても、姉と二人で行くことはなく、一人で少し顔を出す程度。 そして、2015年5月も終わる頃、私の元へ相談員さんから電話が来る。 相談員さん お父さんですが、昨日からオシッコが出なくなって、微熱も続いているので、これから病院へ行きます。保険証を病院へ持ってきていただ
ヨシザワ ハル
6

家族のコミュニケーション-その22  家庭の平和を促進する

家庭をもっと平和にするには 家族の相互の関係は同等とみなされるべきです。 親も子供もそれぞれに相手の立場に対して積極的な見方を持つことが 当然必要になります。   積極的な見方とは、家庭の平和に関してです。 皆が平和になるために何が出来るかを考えるのです。   「闘争心を捨てる」「自分の事だけを考えずに家族の益を計る」 これは大切な事です。家族の事を自分自身よりも大切にすることです。   心を大きく
もも と つば
3

家族のコミュニケーション-その21  負債に対処する-その2

◆◆ 問題その2 負債から抜け出せないように思える。   ある夫の声 「事業がうまくゆかず,多額の負債を抱え込んでしまいました。 その事業は,金融危機によって,ますます不振に陥りました。 その後,妻が手術を受ける必要も生じました。 わたしは,クモの巣に掛かった虫のように, もう負債から抜け出すことなどできないと思いました」。   ある夫の声-その2 貯金すべてを投機的事業で失って,12 の銀行に借金
もも と つば
3

家族のコミュニケーション-その20  負債に対処する-その1

私たち夫婦は会社の倒産と共に住宅ローンやクレジットカードの決済など 支払いが出来なくなりました。多額の借金を負う事になりました。 どうして返済が出来るでしょうか このような事態に対処できるでしょうか   ◆負債は家族関係の負債でもある   個人の問題であっても多額の負債で,家族関係は緊張します。 額によっては家族生活が破綻してしまう場合さえあります。 ある経済研究者によれば, 負債を抱えた夫婦のほう
もも と つば
2

家族のコミュニケーション-その19  言い争いをやめるには

  現実の問題   あなた方ご夫婦は普段の会話が,穏やかで心地良い物でしょうか 少し難しい問題でも穏やかに話し合うことができますか。 それとも,ちょっとしたことですぐ口論になるため, 二人はいつも緊張していますか。   そのようなご夫婦は少なくありません。 緊張するまでないまでも、いつもけんか腰での話になって 話し合うと言うより、自分の意見を言い合うだけの場合が 多いのではないでしょうか。 たとえそ
もも と つば
1

皆さんは、『家族・育児』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『家族・育児』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った家族・育児のストーリーを、少し覗いてみませんか?

家族・育児 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!