家族・育児

家族・育児

皆さんは、『家族・育児』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『家族・育児』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った家族・育児のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

家族・育児のタグが付いたストーリー一覧 752件

雨のふるお盆に電話がかかってきて

なんで街に人がいないんだろうと思ってたら、そういえばお盆休みだった。 実家には毎年きっちり帰っていたけど、 今年ばかりは忙しく、まだ帰れていない。 雨が降りまくっている、めずらしいお盆らしい。 8月の16日の今日。 朝目が覚めると、雨の音がきこえた。 ぼーっとした頭で携帯をみると、着信と留守電の文字。 「きよせ家のみんな」から午前8時26分にかかってきていた。 留守電を再生してみる。 あ、もしもし、
清瀬 史
7

第168章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

うっすらと考えている話に強烈な後押しをしてくれる人 こんな後押しをしてくれる人 こんな人が 今 必要とされている? 〓自分の現状をきちんと聞いてくれる人 〓自分が潜在的に感じていることを明文化してくれる人 〓自分が無意識に避けたり、考えないようにしていることを 率直に指摘してくれる人 〓一緒に目標を立ててくれる人 自分の過去12年を振り替えり 色々ありましたが 私の場合 自分で上記のコトを12年かけ
あっきー あっき~
4

2011年の東日本大震災被災者が生まれ育った粗悪な家庭環境。

僕は2011年の東日本大震災で被災した。同年3月17日に実家を出て以来、当時住んでいた福島の実家は売られ、今現在別の人が住んでいる。 福島県郡山市亀田2-20-21 やはり福島の実家は残すべきだった。 あれがあればairbnbなどで民泊をすることも出来たし、野菜を作ったりして自給自足をすることだって出来た。 地元の工場やディスカウントストアなどでアルバイトをしながらのんびり暮らすことだった。 教育費
熊坂 翔吾
6

写真家長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がイタリアのダミーブックコンペで特別賞を受賞しました

11月に東京で開催いたします児童虐待可視化プロジェクト写真展は来月か再来月には詳細をご案内できますので、ぜひ期待してお待ちください。 2017年8月1日  写真家長谷川美祈さんより連絡を受けました。 美祈さんがフェイスブックに書かれた文章内容のコピーと転載・写真の転載許可を得ておりますのでここにシェアさせてください。 ※以下、長谷川美祈さんの文章です。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小川 詩織
9

3匹の子豚の家探し

昔あるところに3匹の子豚がいました。 子豚たちは、紙と木で出来た家で生まれ育ち、成人するまで実家で暮らしていました。 成人すると、3匹はそれぞれが就職をし、家を出ました。 3匹とも将来は自分の家を建てたいと思っていました、そして、格安のアパートに住み貯金をしました。 最初の子豚はせっかちで、少しでも早く自分の家を持ちたかったため、とにかく安く家を建てる方法ばかりを考えていました。 そして、施工費1,
Stiebel Nihon
4

★モテモテ!?★ホストの『うまみ』を知ると抜け出せない?って本当? 

前回の記事 【おっぱいは仕事道具 Episode2 少しだけでいいから触って。】 この間はおっぱいおっぱいでしたが・・・・ 今回はおっぱいはでてきません(笑) ノーオッパイ! はい。 流川にもそこそこお客様がつきだして 半年ちょい過ぎました。 そこで感じるのが入店当初と違う給料。 №に入るという優越感と向上心。 ちゃんとホストという仕事をまっとうしていれば 誰でもお客様はつきますし、売れます。 そし
流川 ゆ
8

毒というほど毒でもないが、微妙に微妙な母と私の物語 2

小学生時代の私と母 小学生時代、私はイジメられっ子であった。 理由は私自身にもいくつかある。 やや酷いアトピー、鉛筆などをかじるというあまり見た目もキレイではない癖。 コミュニケーションの取り方もあまり上手ではなく、 特に不快感や願望の伝え方として、火がついたように怒って泣くという手段しか知らなかった。 何かを要求したいときに、とにかく怒って怒鳴るというのは 他でもない母親のやり方を真似てしまってい
白羽瀬 理宇
5

得たものと失ったもの(33歳)

子供が生まれてからの生活はガラっと変わりました。 毎日家に帰ることが楽しみで楽しみで仕方なくなりました。 家に帰ると妻と子供が出迎えてくれることが、 そして"家族"というものが、こんなに幸せをくれる存在だということは、 独身の時は想像もつきませんでした。 そして、この頃に僕はある塾に入りました。 その塾は勉強を教えてくれる塾ではなく "人としての在り方"を学べる塾です。 両親がいない家庭で、更に虐待
橋本 隆生
7

毒というほど毒でもないが、微妙に微妙な母と私の物語

母と私 簡単に言って、私と母の間には確執がある。 どうも私と母は性格が合わないらしい。 そうと気づいたから、十数年前、わざと遠方の会社に就職して家を出た。 そして色々あって、今は連絡のやりとりもない。 そんな私と母の話。 なぜこのような溝が生じたのか。 まずは私の目から見た「母」を少し語りたい。 母の生い立ち 少し遡って母の母、つまり祖母のことを考えてみる。 太平洋戦争の前に産まれた祖母。 大きな商
白羽瀬 理宇
12

《5話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

思い返してみたら、母と最後に2人並んで歩いたのは無菌室病棟で「少しでも運動しなくちゃね。」と点滴を引っ張りながら2人並んで洗濯機まで往復したそれだった。 転倒して少しでも打撲などすれば、内出血がひどくなり命も危ないことが分かるからしっかり母を支えて。 それを悲しい時間と捉えることもできるけど、 本当に楽しくて温かくて幸せな時間だった。 動けなくなってからは食べ物もずっとろくに食べられないまま、 最後
やすだ ゆき
6

《4話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

한국에서 남편의 부모님이 급히 비행기를 취하고 단지 어머니를 만나기 위해만큼 날아 주었다. 공항에서 직접 병원에 도착 해 그 다리에서 그대로 어머니의 곁으로. 통역은 남편. 모두 눈물을 흘리며 대화를한다. 어머니는 그저 부모님에 "멀리서 일부러 감사합니다. 유키를 잘 부탁합니다. 정말 멋진 부모님 이니까 안심하고 안될 수 있습니다. 종오 씨도 정말 좋은 아들
やすだ ゆき
11

いじめの現場3

 いじめのきっかけ いじめは些細なことから始まる。 文科省による調査でも、動機の一番目は「からかい、いたずら」だった。 私は知りうる壮絶ないじめのきっかけは、「担任の先生が気にくわないから、先生を困らせるため」だった。 先生を困らせるために、誰かをいじめよう・・・そして、それはたいていおとなしい子、たまたまその日学校を休んでいる子が選定される。 いじめ被害者になった子供には、「晴天の霹靂のような衝撃
小野田 真里子
4

《3話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

딸을 데리고 병원에가는 것은 매번 매번 힘들었다. 집의 수도 다하고, 밖에서 딸에게 먹이는 것이나 입원 해있는 어머니에게 짐 등 준비도 모두 준비하고 ... 그야말로 이동은 시중에서 팔고있는 간단한 이유식을 먹이고 있었다 때도 있지만, 너무 외출이 너무 많아. . 어머니에 집중 한 나머지, 딸과 남편에 대해 [지금]이라는 시간을 적당히 보내 버리는 자신이 싫
やすだ ゆき
4

《2話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

딸은 아직 1 년 반 인생이지만, 가장 다닌 곳이 암 센터가되어 버렸다. 정말 '엄마의 소중한 시간에 교제 주셔서 감사합니다 "라고 언제나 생각하고 있었다. 그 정도 맞대고 버리고, 좁은 방에서 장시간 지루 (못하게 노력했다 생각하지만 ...)시켜 버려서 미안해 같은 느낌이기도했다. 어린이 놀이터에서 딸을 보면서 기다리고, 어린이 동반의 여러 가족과 상봉했다
やすだ ゆき
9

《1話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

자신의 기억과 기록을 쉽게하지만, 정리해 두려고합니다. (당시에 기록한 있던 내용도 있으므로) 어딘가의 누군가의주의와 마음과 격려가 될 수 있으면 소원을 담아. . 당분간 교제주세요 m (_ _) m ↓ ↓ ↓ 거의 매일 다닌 장소가있다. 암 센터이다. 거기는 철저하고, 아이는 거절. 왜냐하면 아이 밖에없는 균이 병원 환자로 옮겨 버리면 위험 하니까. 그 정
やすだ ゆき
5

皆さんは、『家族・育児』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『家族・育児』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った家族・育児のストーリーを、少し覗いてみませんか?

家族・育児 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!