家族・育児

家族・育児

皆さんは、『家族・育児』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『家族・育児』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った家族・育児のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

家族・育児のタグが付いたストーリー一覧 759件

《5話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

思い返してみたら、母と最後に2人並んで歩いたのは無菌室病棟で「少しでも運動しなくちゃね。」と点滴を引っ張りながら2人並んで洗濯機まで往復したそれだった。 転倒して少しでも打撲などすれば、内出血がひどくなり命も危ないことが分かるからしっかり母を支えて。 それを悲しい時間と捉えることもできるけど、 本当に楽しくて温かくて幸せな時間だった。 動けなくなってからは食べ物もずっとろくに食べられないまま、 最後
やすだ ゆき
6

《4話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

한국에서 남편의 부모님이 급히 비행기를 취하고 단지 어머니를 만나기 위해만큼 날아 주었다. 공항에서 직접 병원에 도착 해 그 다리에서 그대로 어머니의 곁으로. 통역은 남편. 모두 눈물을 흘리며 대화를한다. 어머니는 그저 부모님에 "멀리서 일부러 감사합니다. 유키를 잘 부탁합니다. 정말 멋진 부모님 이니까 안심하고 안될 수 있습니다. 종오 씨도 정말 좋은 아들
やすだ ゆき
12

いじめの現場3

 いじめのきっかけ いじめは些細なことから始まる。 文科省による調査でも、動機の一番目は「からかい、いたずら」だった。 私は知りうる壮絶ないじめのきっかけは、「担任の先生が気にくわないから、先生を困らせるため」だった。 先生を困らせるために、誰かをいじめよう・・・そして、それはたいていおとなしい子、たまたまその日学校を休んでいる子が選定される。 いじめ被害者になった子供には、「晴天の霹靂のような衝撃
小野田 真里子
5

《3話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

딸을 데리고 병원에가는 것은 매번 매번 힘들었다. 집의 수도 다하고, 밖에서 딸에게 먹이는 것이나 입원 해있는 어머니에게 짐 등 준비도 모두 준비하고 ... 그야말로 이동은 시중에서 팔고있는 간단한 이유식을 먹이고 있었다 때도 있지만, 너무 외출이 너무 많아. . 어머니에 집중 한 나머지, 딸과 남편에 대해 [지금]이라는 시간을 적당히 보내 버리는 자신이 싫
やすだ ゆき
5

《2話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

딸은 아직 1 년 반 인생이지만, 가장 다닌 곳이 암 센터가되어 버렸다. 정말 '엄마의 소중한 시간에 교제 주셔서 감사합니다 "라고 언제나 생각하고 있었다. 그 정도 맞대고 버리고, 좁은 방에서 장시간 지루 (못하게 노력했다 생각하지만 ...)시켜 버려서 미안해 같은 느낌이기도했다. 어린이 놀이터에서 딸을 보면서 기다리고, 어린이 동반의 여러 가족과 상봉했다
やすだ ゆき
9

《1話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

자신의 기억과 기록을 쉽게하지만, 정리해 두려고합니다. (당시에 기록한 있던 내용도 있으므로) 어딘가의 누군가의주의와 마음과 격려가 될 수 있으면 소원을 담아. . 당분간 교제주세요 m (_ _) m ↓ ↓ ↓ 거의 매일 다닌 장소가있다. 암 센터이다. 거기는 철저하고, 아이는 거절. 왜냐하면 아이 밖에없는 균이 병원 환자로 옮겨 버리면 위험 하니까. 그 정
やすだ ゆき
5

「児童虐待」は時代の変遷と共に淘汰される可能性を秘めている

世界保健機関の報告で「全ての大人の〇人に1人は子供の頃、体に虐待を受けた経験を持つこと」を、あなたは知っていましたか? 2017年2月1日 友達と東日本橋にある「わなびばKICHEN333」でランチをした時、くじ引きで当選した景品が可愛いお手玉だった。それを見た瞬間に「ばあちゃんにプレゼントしたい!」と思った。 2017年 春 「ばあちゃんに会いたい!」 仮にドラえもんの「どこでもドア」でばあちゃん
小川 詩織
13

子供が出来る事

大学の友人がとある写真を見せてくれました。その写真の内容は飼っている猫が無事に出産したという写真です。お母さん猫の前で小さな4匹の子猫たちが寝そべっていました。とても微笑ましい写真で友人も興奮しながら出産をした時の状況を語っていました。そして「お父さんお母さんになった猫の表情や雰囲気が変わったような気がする」と語っていました。猫にも子供ができると親としての自覚があるのかもしれません。 たまたま通りが
村上 豊彦
7

ベルリンの学校システムと”どこでも通用する”ことの難しさについて

7歳の娘はベルリンの現地小学校で日々学んでいるわけだが、自分も同じようにベルリンの小学校中学校(に相当する学校)で学んだ経験があるので、娘がこれから経験するであろう受難やメリデメについて色々と考えている。 前提:学校システムそのものが国や地域によって非常に多様性があるもの。例えばアメリカ式6.3.3.4.制(例えば日本)、イギリス式6.3(4?).4.3制(例えば香港・シンガポール)、フランス式(例
矢野 圭一郎
3

「許すこと」についての再考察

その後1年あらゆることから「許すとは何か?」について考察し続けた 地元警察にお世話になった時期を前後して私にとって信じられないような許せないことに遭遇していた。自分の常識や理屈からは理解できないことが起こったが、その対象を非難したりすることでは何の解決にも繋がらないことは実感していた。 心理学に関心のある人にとって当たり前の概念となるが「許せない」ことは、実はその対象となる出来事や人物に対してではな
小川 詩織
21

絶望の先に希望を見いだした男の話ー第1章ー

  ー絶望の先に希望はあるのか、ー 幼少期と家族 1979年11月22日、 僕は鹿児島県鹿児島市に生まれました。 家族は僕と父と母と弟の4人家族、 両親はお見合い結婚で、 住宅地の一角で電気店を営んでました。 父親は温和で真面目で仕事一筋、    タバコも女遊びもせず、ただ仕事。    そういう生き方しかできない人でした。 母親は器量がよく、色々なことに挑戦し、     精力的に活動する人で    
田代 剛
23

2016年4月4日 滞在リミット4時間で地元警察のお世話になる

この時の経験のおかげで自分の心の偏りに否が応でも気づかされました。自分自身を見直す大きなきっかけとなりました。そして、この経験のおかげで写真家長谷川美祈さんに出会える人生のチャンスに繋がったと思っております。 2016年4月3日 仙台で用事があり終わった時間からでは地元までの交通手段がないため私はその日は仙台に宿泊した。 2016年4月4日 朝一の長距離バスを利用して地元の盛駅に着いたのはお昼時間近
小川 詩織
16

2015年12月 ばあちゃんの入院

2015年は10月に帰省した 今回初めてばあちゃんの死のイメージが自分の中に入って来た。 今までは「絶対先に死んで、ばあちゃんのことをじいちゃんと一緒に迎えに来る!」とずっと思っていた。 私が小さい時から狭心症のばあちゃんに 「10年でもの20年でもいいから私の寿命を分けて下さい」とお願いしてきたから大丈夫だと思っていた。 「ばあちゃんとはずっと永遠に一緒にいられる」と思っていたので、初めてイメージ
小川 詩織
13

2014年9月 帰省 果たして許すとは何か?

千葉に戻って来てからもずば抜けて気分が優れるとか、明らかに自分が変容したと感じることはなかった。一部の知人からは「よく頑張ったね」とか「今までとは別人になってるよね」と言われても自分の中では全く腑に落ちていなかった。むしろ過去の記憶を回想しているようだった。そしてこんな中途半端さがとても情けなかった。 「今回、私は何を得たのか?」不完全燃焼感が拭いきれない。 補聴器ファッションショーの時に着たワンピ
小川 詩織
17

2014年9月 帰省 そして対峙すべき者

「病院が終わったら電話する」と夫に言った妹から連絡がこないので、私達は再び仮設住宅に戻った。 玄関の鍵は開いていたが妹の姿はなかった。 「3人でご飯でも食べようって言ったんだけど、もう約束忘れてたりして。」 「それ、あるかも。メールだってしたかと思えばすぐ音信不通になるし。『地元なんか二度と帰らない』って言ってたのに、ここで親と一緒に暮らしてるし。全然予測がつかないもん。」 とりあえず家の中で少し待
小川 詩織
10

皆さんは、『家族・育児』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『家族・育児』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った家族・育児のストーリーを、少し覗いてみませんか?

家族・育児 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!