家族・育児

家族・育児

皆さんは、『家族・育児』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『家族・育児』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った家族・育児のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

家族・育児のタグが付いたストーリー一覧 743件

あなたの人生は誰のもの?(17)~日本へ移住しよう~

パリにアパートを借り、生活をスタートさせた私達だったが、私はパリの生活に上手く馴染むことができなかった。 フランス人ですら腹を立ててばかりのこの街では、マイノリティーである移住外国人の立ち位置は厳しい。移民文化に乗っ取られたこの街で、私はまず「人は人に対して親切であるべきだ」という日本的・平和的な考えを捨てなければならなかった。 フランス語の話せない外国人は、移民・移住に関係なく一緒くたに移民局から
maya masaki
17

あなたの人生は誰のもの?(16)~結婚式に来ない母~

海外で知り合った国際結婚カップルでも、たいてい結婚式の前には両親への挨拶を済ませるものだが、我が家の場合は事情が違う。 結婚式の前に紹介などしては、結婚自体を滅茶苦茶にされてしまう。 事実、二つ上の姉も彼氏を紹介しては難癖をつけられ、この頃まだ結婚できずにいた。 それなら私が先に行ってやろう 季節のよい9月に式を挙げようと主人と相談し、丁度母の誕生日と被っていた土曜日に決めた。これなら、今まであまり
maya masaki
17

あなたの人生は誰のもの?(15)~そうだ、フランスへ行こう~

自分に3か月の就活期間を与えることにして、ロンドンに戻った。 住むところがないので、ユース・ホステルに滞在しての就活だったが、偶然日本人の人が働いており、事情を話すと「応援する」と言って、なんと滞在費を友達価格の破格にしてくれた。 こうしてまた、私は人との出会いに救われる。 荷物はスーツケース1つだったが、中には就活用のスーツもきちんと納まっており、人間意外と暮らせるものである。 いくつか転々とした
maya masaki
18

あなたの人生は誰のもの?(14)~頭と心が分裂するとき~

社会人になってからの留学は、学生の留学に比べて自由だ。授業には行きたいときに出席し、それ以外は学校外で社会勉強をする。 私は個人的に大学寮に連絡を取り、早めに入れて貰えるようお願いして、他の学生より1か月ほど先にロンドンに到着した。 夜もなるべく街中の語学パーティーなどに参加して、とにかく現地の人との交流を優先した。筆記の英語は日本に帰ってからでも出来るが、喋りのほうはネイティヴスピーカーと会話をす
maya masaki
17

あなたの人生は誰のもの?(13)~隠れ対人恐怖症と英会話~

「隠れ対人恐怖症」 である私と英国の相性は、果たして抜群だった。 日本と同じ島国。人と人との距離の取り方・マナーなどは、ほぼ同じ。日本に比べて人々がもっとリラックスしている。さらに当時のロンドンは不動産バブル真っ只中。1ポンドは220円まで跳ね上がり、街ゆく人たちが皆幸せそうに見える。 大きなスーツケースを持って階段の前に辿り着けば、どこからかともなくジェントルマンが現れて、階段の上まで運んでくれる
maya masaki
16

あなたの人生は誰のもの?(12)~逃走資金は十分にある~

日本を出よう・・・ そう思った。逃走資金は十分にある。 「社会はそんなに甘いところじゃないんだぞ」 父の口癖だった。その割に、どうやって渡って行けばいいのかを教えてくれることはなかったし、それを背中で示してくれることもなかった。 子供にとってはただの脅しでしかない。 そもそも社会の中の一番小さな単位である「家族」ですら上手くマネージできない人間に、そんなことを言われても全く説得力がない。 そう言って
maya masaki
17

あなたの人生は誰のもの?(11)~日本に居ちゃダメだ~

「外資系企業」と言えば聞こえはいいが、当時の日本にはまだ数が少なく、「私は外資系受けてない」と言った当時の友人の発言からも分かるように、何だか得体の知れない存在だった。 面接に向かうと、部屋の大きさに不釣り合いな4人の男性面接官が、ひしめき合うように座っていて妙な感じがした。しかし今まで訪問してきたどの会社よりも丁寧な応対に驚いた。 無難なやりとりが続き、終始なんの感触もなかった。相変わらず緊張で顔
maya masaki
22

あなたの人生は誰のもの?(10)~隠れ対人恐怖症と就活~

大学時代の4年間、私の部屋は寝に帰るためだけの部屋だった。余計な荷物は家を出るときに邪魔になると思ったし、思い出のものは母に言われてほとんど捨ててしまっていた。 そうこうしている間に、私にも「就活」の二文字が降りかかる。 その頃は超就職氷河期。文系大卒でこれといった特技もない私には「一般職」が妥当だったし、両親もそれ以外は認めなかった。 しかし全く採用される気がしなかった。私が人事の人間だったら、自
maya masaki
18

あなたの人生は誰のもの?(9)~隠れ対人恐怖症とアルバイト~

私は、法律的に働ける年齢になってすぐアルバイトを始めた。 動機は、単に働くことに興味があったことと、家を出る資金をなるべく早く貯めたかったからだ。また、わりと裕福な家庭の子が多かった高校の友人達との交際費でもあった。 二つ上の姉が、「アルバイトをしたい」と親に持ち掛けて失敗をした前例があったため、まず先に近所のパン屋さんへ面接に行った。 店長 それで、親御さんは知ってるの? まさき ・・・。 ダメだ
maya masaki
16

あなたの人生は誰のもの?(8)~入院しても誰も来ない~

それから半年後、とうとう体に変化が起きた。 高校を卒業して、大学へ上がる春休みのことだった。 アルバイトから帰って胃が痛くなった。胃が痛いのは良くある事で、大した問題ではない。そんな事より、体調が悪いことを母に悟られることのほうが100倍恐ろしい。 私は夕飯を断り胃薬を飲んで、部屋の床に転がっていた。 いつもなら20分もすれば痛みが治まるのに、今日はやたらと痛みが増していく。 かなり痛い。 しかし家
maya masaki
17

平和な時代の偉大な死に方

12月某日、仕事を終え帰宅のため渋谷駅へ向かう私の携帯電話がなった。とっくに日は暮れているのに、あたりは昼間のように明るかった。109方向に向かう雑踏の合間を縫うように足早に駅へと向かう私の足が妻からの一言によって杭を打たれたかのようにその場から動かなくなった。 「おじいちゃん亡くなったって。」 不思議な現象だった。先ほどまでけたたましく鳴り響いていた雑音が鎮まり、私の周りの空間だけが一瞬静寂に包ま
かわごえ あさか
3

あなたの人生は誰のもの?(7)~失った記憶2~

彼から音沙汰がなくなって半年後、「追悼ライヴ」のイベントも終盤を迎えた。私は彼に、最後の手紙を書いた。 便箋1枚の短い手紙だった。 自分の家には事情があること 言えずに面倒を掛けて申し訳ないと思ったこと 学問が終わったら家を出ようと思っていること もっと沢山話をすればよかったこと とにかく彼の幸せを祈っていること そして、その日初めて知り会ったイベント関係の年上の女性に、その手紙を彼に渡して貰うよう
maya masaki
16

あなたの人生は誰のもの?(6)~失った記憶1~

「人は、耐えられない苦痛に直面した時記憶を失くす、という便利な機能が付いている」 そんな事実を、ある日突然記憶を取り戻して知った。 私は2年前、現在住んでいるパリの心療内科に掛かった。高校時代の失くしていた記憶を40代となった今頃突然思い出し、それによって動機・息切れ・不眠・情緒不安定などのリアクションを起こした。 フラッシュバックと呼ばれるそうだが、40代の鈍い感性で、感受性の強かった思春期の感情
maya masaki
15

母子手帳

毎年春になるとここへやってくる。桜の時期はもう過ぎているが東北地方から新幹線で東京方面へ向かう私にとって、その年初めて感じる春の匂いだ。 半月ほど前、長女が地元の高校に合格した。そんな長女を「東京で買い物でもしないか?」と誘ってみた。 「お父さんはチョット寄るところがあるけど・・・。」                                                          
かわごえ あさか
7

あなたの人生は誰のもの?(5)~言葉を失い始める~

さて、小学校の音楽の時間に突然「あがり症」を発症した私は、次に 過換気症候群 (過呼吸)を発症した。 とは言え、小学生の私にはそれが何か分からず、当時は「部屋の酸素が足りない」くらいに思っていたのだ。 知らない人のために説明をしておくと、過換気症候群とは精神的な不安など、何らかの原因で発症する心身症の一つで、私の場合は「息苦しさ」を感じて、何度も必要のない呼吸を繰り返していた。 学生時代の友人は、み
maya masaki
18

皆さんは、『家族・育児』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『家族・育児』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った家族・育児のストーリーを、少し覗いてみませんか?

家族・育児 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!