家族・育児

家族・育児

皆さんは、『家族・育児』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『家族・育児』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った家族・育児のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

家族・育児のタグが付いたストーリー一覧 747件

自営業妊婦へのエール~出産直後の働き方~

2014年8月に出産し、現在生後一か月ちょっとの娘を育てている 女税理士です。 一応、独立しているので自営業というくくりになります。 な・なんと。 ケイコとマナブ2014年11月号に掲載していただきました。 まさかの表紙・・・・ ではありませんでした。 吉高由里子みたいになりたい。 と思うことは自由だと思いますので、これからも思い続けようと思います。 お手本にしたい女性 50人の生き方・働き方 とい
田村 麻美
99

母親が閉鎖病棟に入った話

母は叔母と揉めていて、精神状態が悪くなった  母の叔母とすごく揉めていた、というより、いつも他人を責める方の母が責められている。責めるのはすごくきついが、打たれ弱い。それに母は叔母に対して過去のいろいろな憎悪の感情を抱いていた。  祖母への憎悪のきっかけになった原因。  母の大学時代、当時付き合っていた男性がいた。だけれども、叔母を始めとする厳しい親戚たちは、大学生が付き合うなんてけしからんと、思っ
Kato Keiichiro
107

非正規雇用で働く地方在住のシングルマザーだけど子どもが東京の大学に進学できた3つの習慣「早ね早おき朝ごはん」(プロローグ)

私は、子どもが小学5年の頃に離婚してシングルマザーになった。 正社員になりたかったけど、私が希望する仕事に就くのは難しくて、離婚して10年経っても非正規雇用で働いている。 一人息子は東京外国語大学の3年生。 我が子ながらすごいと思う。 私の地元からは東外大に進学する生徒はとても少ない。 私が中学生の頃、大好きだったロックバンドのゴダイゴのボーカル、タケカワユキヒデさんが東外大OBだと知ってから、この
大津 智子
47

「人の親になるかもしれん」と思った僕が自分を棚卸しする話 7 習い事。継続は力になったんだが

なんだかんだ6年間 習い事、ってものについて思い出していきたい。 僕は無頓着だったんでよく知らないんだけど、まわりのみんなはどんな習い事をしていたのだろうか。そして何を求めていたのだろうか。 小学校の低学年くらいのときに親から 「ピアノば習ってみんね?」 と言われたことはあるが、当時「ピアノなんて女の子がするものだい」と思っていた僕は即断った。 ※これは本気で後悔している(><)卓越してなくてもピア
石塚 隆博
18

父が暴れて、包丁を持ち出し、家の前にパトカーが五台止まった話。

機能不全家族だった  普段の言動からして母への憎しみがつのっていることは明らかだった。「このクソ女!」と叫んでいたし、喧嘩もよくしていた。私と姉は、家族のいろいろな不和からつらい思いをすることを余儀なくされ、子供時代、青春時代を過ごさざるを得なかった。  その日、父は酔っ払って帰ってきた。明らかに泥酔していた。  「ふー!ふー!」とよく言葉にならないことを言っていた。だが、母に対して、とても敵意があ
Kato Keiichiro
142

「人の親になるかもしれん」と思った僕が自分を棚卸しする話 6 ミニ四駆。ダウンフォースがどうとか・・・

完遂のない遊び ミニ四駆 コレにハマった方は大勢いらっしゃることだろう。 僕もその一人。 1990年か1991年あたりで第一次ミニ四駆ブームは終わりを告げたが 1994年にコロコロコミックで「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の連載が スタートして、第二次ミニ四駆ブームが再燃する。 僕はその第二次ミニ四駆ブームの人間となる。 ※マニアックな話ですんません。知ってる人は懐かしいでしょ!ね! ミニ四駆は誰でも簡
石塚 隆博
19

「番外編:13年のお勤めに感謝」

…貴方の異変に気づいたのは  昨夜の嵐の後だった。  数ヶ月続いていた異常を知らせる  サインが消えていて、  加減がよくなったのかな?と  無責任な期待を抱きつつ、  貴方にコンタクトしてみた  けれども、動かない。  数年前に経験した異常と同じ  ケースかと考え、  今回は医者を呼ばず、比較的  冷静に、チェックポイントを一つ  一つ、チェックしてみた。  途中、ある異変に気づいた。  …骨が折
もんま けんいちろう
21

ぼく、母親に抱きついて泣いていたそうだ。

僕の家族はめちゃくちゃ大好きな家族!!! でも、他の家族と違って小さい頃たくさんの涙を流してきました。 最初は、3歳の頃に離婚していた。 僕が気がついたときは、母親の名前も顔も声もしらなかった。 どうしてもきになって父親に聞いた。 ぼく 僕のママはどこにいるの? 父親 あああ、、、どこかにいっちゃったよ。 ちゃんとした答えは、帰ってこなかった。 よく、父親と休日に遊びにいったとき、知らない女性とも一
はまだ なおや
25

クラウドソーシングを活用した家事代行サービスを始めようと思った話

7月31日、掃除に特化した 家事代行 のマッチングサービスCOMEHOME を東京23区内のエリアに限定し開始いたしました。 リリース当日から複数のお申込みを頂き、マッチング→お仕事完了まで行われています。また、今週に入ってからはリピートのお申込みを頂くようになりました。 このサービスを始めようと思ったきっかけは、2013年12月にぎっくり腰になった時でした。 31歳にして3度目のぎっくり腰でして、
Kamiya Kazuhiro
28

長男君が生まれた日のこと《後編》

寝ながらでも出産は出来る!? 前編では、大学病院からいきなり破水だったけれど、実はその間に2度ほど助産院に行っている。 一度目は泣きながら助産院に行き 「大学病院でこんなこと言われたけど、ここで産みたい~」 と助産師さんに泣きついて慰めてもらい、2度目は居合わせた助産院の院長先生に 「骨盤が小さくて産めないと言われたことに不安があるなら病院で産みなさい。でも、ここで産みたいって言うならなんとかするわ
雫石 雪乃
76

長男君が産まれた日のこと《前編》

自然分娩と小尻 何かに導かれた今回の妊娠 。 産むからにはちゃんと調べて、自分で納得のいく形で産みたい。 そう考えて、私は妊娠と同時にいろいろなことを調べ始めた。 私の生きる哲学の一番真ん中に近い部分に「常に自分を信じる」という信念がある。 それゆえに、出産においても自分の「産む力」、そして赤ちゃんの「生まれてこようとする力」を信じ、赤ちゃん自身に生まれてくるタイミングを決めさせてあげたかった。 そ
雫石 雪乃
287

長男君が生まれた日のこと《プロローグ》

導かれた妊娠 結婚して6年目の夏。 無性にピンク色の服が着たくなった。 それまでの私は黒かグレーの服しか着なかったのだけれど、なぜかピンクが着たくてたまらなくなり、似合うとか似合わないとかそんなことは全然無視して、その夏は欲望のおもむくままに浅黒い肌にピンクの服を着続けた。 全身ピンクのその装いはさながら 「お前はパーコか!」 と突っ込みたくなるような、目を覆いたくなるいでだちではあったが、小汚いオ
雫石 雪乃
230

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」後編

前回のお話では、私の生い立ちについて簡単に触れました。 その後、両親だけでなく、私の人生も上手くいかなくなっていました。 大学進学のために、家を出たものの、3年のときに、中退してしまいました。 外側の言い訳は、 「父親がリストラされたから家計の負担を減らすため。あと、このまま大学に残っても別に得るものもないだろうし。」 というような、かっこつけた理由を付けていました。 しかし、ホントのところの中退の
抽象画家 taro3
1241

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」前編

私 【追記】 このストーリーは、私の良い部分だけではなく、ダメダメな過去についても触れています。 なので、ダメダメ人間が嫌いだという人は、不愉快な思いをしてしまうかもしれませんので、読まない方が良いかもしれません。 (このストーリーを公開後、私のダメダメな過去について「お前はダメだ」というコメントを頂いたことがあり、もう過ぎてしまった過去をどうすることもできず、かと言って、ストーリーに嘘を書くわけに
抽象画家 taro3
6360

夢の二勤一休ライフ 前半戦

既に8割方の結論、 中休みに予定を入れると翌日も疲労を引きずる。 シフト勤務で連休のない、世のおとーちゃんは凄いと思います; 〜やったこと〜 炎天下のアポ 14時の神谷町。 アスファルトで目玉焼きが焼けそうなくらいゴキゲンな天気。 チャットワークで仕事の話をしてたら電車乗り過ごし、暑さ延長戦。 お盆前のプリキュア 去年は週末に参加し何時間か並ぶという失敗をしたため、 平日の、夏休みの予定としてアサイ
みやけ さとし
25

皆さんは、『家族・育児』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『家族・育児』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った家族・育児のストーリーを、少し覗いてみませんか?

家族・育児 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!