家族・育児

家族・育児

皆さんは、『家族・育児』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『家族・育児』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った家族・育児のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

家族・育児のタグが付いたストーリー一覧 741件

息子はもうすぐ四歳になる。

息子はもうすぐ四歳になる。息子の歳を考えるとき、私はいつも兄を思い出す。息子が生まれる十ヶ月前に、兄は自殺した。 その出来事の一週間ほど前に兄から電話があった。兄は私に会いたいと言ったが、私は仕事が忙しいと断った。本当は仕事が忙しかったわけではない。詳しく書くと小説にでもなりそうな出来事が私の家族には色々とあり、つまりは、私は家族が嫌いだった。 その電話から一週間ほどして母から電話で訃報を聞いた。そ
Noz O
63

子どもを亡くして社畜をやめた話②社畜ライフ

子どもを亡くして社畜をやめた話②社畜ライフ 会社について おれはその頃 とある中小企業の営業担当だった その会社は業界の中でもニッチな商材に特化しており 少しでもその商材に関わった事があれば まず知らないという人はいないが 商材自体の社会的認知度がそれほど高くない為に 会社名を言っても ほとんどの人が「?」となる そういう会社である 例え話をすると 「伊藤壇」 というプロのサッカー選手がいる この選
中野 ガンジー
2083

「ニコニコ王国からの使者」のお話

これは娘が2歳だったころのお話。 当時、妻が僕にこんな話をしてきました。 2歳4カ月になる娘は、妻の一挙手一投足をじーっと観察しながら、駄々をこねてみたり、突然泣きだしたりして妻を困らせてようです。 妻も理由は分かっています。たくさんの言葉を覚えて自分の気持ちを伝えられるようになってきたこと。そしてもう一つ、弟(4カ月)が産まれたことです。 弟が産まれてからというもの娘の態度は目に見えて変わりました
Harada Hideyuki
133

30年前に他界した母からのメッセージが今届いたら・・

『ソネさ~ん、ソネマサヒロさ~ん、ご実家から緊急の電話が入っています』 どう呼び出されたのかは明確に覚えていないが、 大学を卒業し、富士ゼロックスという会社で研修を受けていた7月初旬の週末 厚木の宿泊施設(寮みたいなところ)で疲れて寝ていたお昼頃だった 母、危篤  という知らせだった その2週間前の日曜日 『ちょっと心臓が変みたいだから、病院で検査してもらってくるねっ』 いつもの明るい笑顔でそう言わ
曽根 正裕
51

子どもを亡くして社畜をやめた話①

子どもを亡くして社畜をやめた話① まずはじめに この話を読んでくれてありがとう 本当に感謝すると共に あなたの人生がより良いものになる様 こころから願うよ これから連ねるお話は 題名のとおり おれが子どもの死をきっかけに社畜をやめた という内容で 自己満足を多分に含んでいるから 読んでいて気分のいいものではないとおもう そして これは最近になって受け入れられる様になったのだけど この程度の不幸な出来
中野 ガンジー
2422

元気になるんだゾウ

ママは心配でなりません…。  赤ちゃんの肝臓に重い病気が見つかり、移植することになりました…。  紹介されたのは東京世田谷にある「成育医療研究センター」、  日本一の小児移植チームの先生がいる病院です。  病院の玄関前に、大きなゾウさんと、小さなゾウさんがいました。  赤ちゃんが入院している間、ママは毎日病院に入る時、  このゾウさん親子を見ていました…。  ゾウさんは、まるでママに  「大丈夫だよ
S S.Y
38

「母の懐中電灯作戦」のお話

僕は真っ赤な自転車で塾に通っていました。当時小学生の僕の授業が終わるのが夜の8時ごろだったと思います。 僕が帰るときには辺りはすでに真っ暗闇。 街灯がほとんどない田舎道を一人自転車で帰るのはすごく心細いものでした。 当時の僕はテレビや本で心霊現象やUFOなどの話を聞いたり、読んだりするのが大好きでした。自分の目で見たことがないものにすごく興味があったのです。 でも厄介なことに、その好奇心は夜になると
Harada Hideyuki
74

世界で一番尊敬する人と聞かれたら。

入試や就活で、 「尊敬する人は誰ですか?」 と聞かれることがありました。 この時、求められている答えは偉人のことなのではないか…? 坂本竜馬とか 松下幸之助とか…。 偉人が残した言葉で感銘を受けたこと、 自分はどんなことに影響されるのか、 目標やどんな生き方をしたいのか、 偉人なら分かりやすく伝えることができるんじゃないか。 そんなことを考えつつも。 私が「尊敬」を問われるとパッと浮かぶのは ばあ
Takahashi Chie
109

料理で伝わった母の愛。

僕は、普通の家庭に生まれた。 きっとSTORYS.JPなら、 珍しい体験をさせて貰いながら育った!ありがとう母! 絶縁状態だった母が病気に...。 グレてた時、母の愛を知って更生! 系の話が多いんじゃないかと思うけど、 僕は、普通の家庭に生まれたし、母はずっと健康だし、残念ながら僕はグレてもなかった。 ただ、いわゆる一般家庭とちょっとだけ違うのは、こじんまりとした自営業で、親の休みなんて無かったって
Katsube Tatsuya
133

私が何故STORYS.JPを作ったか。

私の 父 は、旅人でした。 旅人と言っても、単なる旅行好きという意味ではなく、普通の人は中々経験しないような未知の出来事に積極的に飛び込んでいくという意味で、本当の意味での旅人でした。 父親は、私が幼い頃から世界中で遭遇した様々なストーリーを話してくれました。 大学時代にアメリカ中部からフロリダまでヒッチハイクをした話、アラスカまで車で友達とドライブして、アラスカの鉄道で働いた話…。 何度も何度も
Riney James
418

父はしつけに厳しい人だった

わたしの父は厳しい人だった。 東北福島出身の父は、大変マジメでまっすぐで意固地で 子供と動物が大好きなんだけど、ヒゲもじゃの顔が怖い、そういう人。 小学生の頃、靴を脱いだら揃えるように、と教えられる。 忘れてしまうと、玄関の外に靴がほうり出されている。 白ごはんを残す事も許されなかった。 食べきれず味気ない白ごはんは、いまや冷えきってしまった。 あぁ、目を盗んで炊飯器に戻してしまいたい・・・一瞬の機
サンペイ カナ
81

テック系ギークはデザイン女子と結婚すべき論

「40代の既婚率は20%以下です。これは問題だ。」 というのが新卒で就職した大手SI屋さんの人事部長の言葉です。初めての事業報告会で、4000人以上いる社員の前で放った言葉。で、その会社の女性率は10%以下・・・。 以降、いくつかIT企業で仕事しましたけど、大体状況はどこでも同じなんじゃないでしょうか? これはヤバイと思って、友人の紹介などで、合コンしたりしましたけど、はっきりいってそいう場所で出会
中原 淳
600

生まれてきただけで親孝行していた話

概要 26歳の春に、ふと母がしてくれた話です。 人とコミュニケーションを取るのが苦手で、孤立していた母。 そして、いつもフラフラとして唐突に留学したり関東に就職したりする親不孝な私。 しかし、そんな私が運んでいた思わぬ「プレゼント」があったのです。 単身嫁いで出産した母の孤独 母は元々、どちらかというと悲観的で心配性な人です。 そんな母はお見合いを機に父と結婚しましたが、時代も時代。実家に連絡をとれ
Nose Hiroyo
452

次女の誕生日

1年前の今頃、破水した妻がタクシーで一人 病院に向かった後、寝ている長女を見つめながら これからの日々のことを考えていた。 長女は、1歳と11ヶ月。 まだまだ赤ちゃんな部分と、しっかりした 子供の部分が入り交じる、扱いにくい 年ごろになっていた。 入院中の長女の世話、仕事を片付けて休暇の取得、 何をどう進めていけばいいのか? 新しい命への期待と不安よりも、 幼い長女のことが心配だったような気がする。
永井 隆太
106

出産

息子が生まれた時、私は運良く(シルバーウィーク中で嫁さんの実家に戻っていたので)出産の現場に立ち会う事ができた。 よく、その事を話すと「立ち会い出産ってどう?」と聞かれるのだが、その度に私は「どうせ男は何もできないよ」と答えている。どちらかというと、その質問は嫁さんにしてもらった方がいいかもしれないとも思う。 事実、おなかを痛めるのは嫁さんだし、生まれて初めて全力で外の世界に出ようとするのは息子だし
杉村 淳
131

皆さんは、『家族・育児』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『家族・育児』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った家族・育児のストーリーを、少し覗いてみませんか?

家族・育児 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!