家族・育児

家族・育児

皆さんは、『家族・育児』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『家族・育児』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った家族・育児のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

家族・育児のタグが付いたストーリー一覧 752件

ゴキブリを少しだけ好きになる話

皆さんはゴキブリは嫌いでしょうか? 殆どの方がゴキブリは嫌いだと答えるでしょう。 東北の田舎で育った私にとって、ゴキブリなんかより怖かったのは、我が物顔でお布団に入ってくムカデとか、猫が生きたままとってくる、アオダイショウとか、凶作の年に、山の近くで会うイノシシでした。 ゴキブリが怖いと思ったのは東京に出てきてからで、当時暮らしてた大井町のアパートでは、もやぁ〜とした天気の日に家に帰ると必ずといって
平間 久美子
570

祖母との何気ない会話-めぐちゃんの花嫁姿が見れないかもしれないわねと言われた話

それはゴールデンウィークの真っ只中に 母から夜中の2時過ぎに来たメールで、 「ばーば危篤状態だから早く帰って来て。意識なし」 私はその時、ゴールデンウィークで軽井沢に来ていました。 その早朝に、千葉に帰ろうと準備をしていた時、 母からの電話が鳴りました。 その時点で、私には何を言われるか予想できていました。 電話の向こうで母の泣いている声が聞こえました。 「ばーば亡くなったよ。」 入院する前日-6日
Ishiyama Megumi
198

私の目標は、ママ?パパ?

introduction わたしのパパとママは、高校の同級生。 長女(大学4年)、次女(大学2年)、三女(高校2年)の三姉妹。 父方の祖母と、ねこが4匹、犬が2匹一緒に 大田和 家に住んでいます。 なつかしき成人式の日に撮った写真。 今年でちょうど50歳になる、わたしの大好きな両親について 紹介するとともに、娘であるわたしの想いを語ります! 余談ですが、わたしの名前の由来・・・ めぞん一刻が大好きな
大田和 響子
109

アスペルガー症候群について 中編

※この記事はブログで書いたものの流用です。 自分自身の整理整頓のために書いていますが、 似たような境遇の方、身近に似たような方かいて、 もしお悩みでしたら…何かの参考になるかもと思いこちらにも掲載しました。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 前回の話 を受けて、 「こんなことを公にすると嫁に行けなくなるよ」 と言う人がいました。 お気遣いありがとうございます。   一般的にア
Kikawa Masami
109

子どもを亡くして社畜をやめた話⑤嗚咽の家と恫喝の職場

子どもを亡くして社畜をやめた話⑤嗚咽の家と恫喝の職場 中央線に揺られる どこかの駅で人生に絶望した人間が線路に飛び込み また今日もダイヤが乱れる 鬱屈した感情が車内に満たされていくと同時に 慌てて携帯電話を取り出した人々が それぞれの会社への遅刻連絡を始める 次の駅に着いたら降りようと決める 遅刻すると会社へメールを送る 車両は微動だにしない おれはメール送信の画面を閉じ ブックマークしておいた記事
中野 ガンジー
683

子どもを亡くして社畜をやめた話④妻からのメール

子どもを亡くして社畜をやめた話④妻からのメール 目が覚めた時 むすこが死んでいた 体温が抜け始めている その小さな体を抱き上げて妻に渡す 彼女は 慈愛に満ちたような 打ちひしがれて緊張を失ってしまったような 緩やかな表情で 何も言葉を発することなくただむすこを抱きしめた おれはそのときの彼女の表情が忘れられない 感情の抜けきった人間の表情は 思い出すだけでも背筋を冷たくする 不幸 これから訪れる幸福
中野 ガンジー
2145

自分の可能性は自分が思っている以上にある①-落ちこぼれが大学教員になる

□落ちこぼれが大学教員になる:自分の可能性は自分が思っている以上にある 「たった15分間、勉強机に座ることができない」、「漢字が読めない」、「高校時代の偏差値は40程度を行ったり、来たり」・・・そんな自他ともに認める「落ちこぼれ」が、現在、国立大学(鹿児島大学)の准教授をしています。その「落ちこぼれ」とは、私のことです。  私の経歴を知っている学生や教員は、あまり多くありません。別に、隠していたわ
日野 道啓
1260

奇跡を初めて感じたとき。

家族のことを少しだけ書きます。 今の自分があるきっかけをここに綴ります。 あまり書くべきではないと思いながらも、きっと同じようなことで苦しんでる人もいるのではないかと思い、ほんの少しだけでも気持ちを立て直すきっかけになればと。 僕が高校1年の春、祖母をガンで亡くし、祖父をその翌年肺炎で亡くしました。祖母は1年間の闘病の後、亡くなったが献身的に看病をしてた母が異常を感じたのも、祖母の病気が発覚した頃だ
Takegami Takayuki
163

パパ曰く、「人生って「にらめっこ」くらい笑えるんだよ♪」のお話

それは衝撃的な出来事でした。 こんなスゴイ父親に出会ったのです。 とある病院の待合室での出来事。 僕は子供の頃からアトピーで隔週で病院に通っています。 皮膚科の待合室っていうのは「ここは小児科か?」と思うくらい子供たちであふれ帰っているんです。 毎回それはそれはワイワイ、ギャーギャーで大~変。 この子供たちを観察していて面白いのは、子供って親が嫌がることばかりやるんですね。 親が「お願いだからそれだ
Harada Hideyuki
128

アスペルガー症候群について 前編

※この記事はブログで書いたものの流用です。 自分自身の整理整頓のために書いていますが、 似たような境遇の方、身近に似たような方かいて、 もしお悩みでしたら…何かの参考になるかもと思いこちらにも掲載しました。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ こういう話をうかつにすると誤解を生みやすいのですが。 誤解を恐れずに書いていきます。 「話すは手離す」です。 スピリチュアルな道に進む方
Kikawa Masami
111

子どもを亡くして社畜をやめた話③山手線でローキック

子どもを亡くして社畜をやめた話③山手線でローキック ビリケン社長 おれがその会社に入社したのは 創業社長が亡くなり 現社長が就任した2年後のことだった 現社長は創業社長の愛人の連れ子で 血縁関係は無いはずなのだが 何故か創業社長の一存で就任が決まったらしく 創業社長は彼に席を譲った直後に病死している 当時彼はまだ30代半ばという若さで 前職は全くの異業種であった 現社長は引きつった作り笑顔が特徴的で
中野 ガンジー
2006

息子はもうすぐ四歳になる。

息子はもうすぐ四歳になる。息子の歳を考えるとき、私はいつも兄を思い出す。息子が生まれる十ヶ月前に、兄は自殺した。 その出来事の一週間ほど前に兄から電話があった。兄は私に会いたいと言ったが、私は仕事が忙しいと断った。本当は仕事が忙しかったわけではない。詳しく書くと小説にでもなりそうな出来事が私の家族には色々とあり、つまりは、私は家族が嫌いだった。 その電話から一週間ほどして母から電話で訃報を聞いた。そ
Noz O
64

子どもを亡くして社畜をやめた話②社畜ライフ

子どもを亡くして社畜をやめた話②社畜ライフ 会社について おれはその頃 とある中小企業の営業担当だった その会社は業界の中でもニッチな商材に特化しており 少しでもその商材に関わった事があれば まず知らないという人はいないが 商材自体の社会的認知度がそれほど高くない為に 会社名を言っても ほとんどの人が「?」となる そういう会社である 例え話をすると 「伊藤壇」 というプロのサッカー選手がいる この選
中野 ガンジー
2131

「ニコニコ王国からの使者」のお話

これは娘が2歳だったころのお話。 当時、妻が僕にこんな話をしてきました。 2歳4カ月になる娘は、妻の一挙手一投足をじーっと観察しながら、駄々をこねてみたり、突然泣きだしたりして妻を困らせてようです。 妻も理由は分かっています。たくさんの言葉を覚えて自分の気持ちを伝えられるようになってきたこと。そしてもう一つ、弟(4カ月)が産まれたことです。 弟が産まれてからというもの娘の態度は目に見えて変わりました
Harada Hideyuki
136

30年前に他界した母からのメッセージが今届いたら・・

『ソネさ~ん、ソネマサヒロさ~ん、ご実家から緊急の電話が入っています』 どう呼び出されたのかは明確に覚えていないが、 大学を卒業し、富士ゼロックスという会社で研修を受けていた7月初旬の週末 厚木の宿泊施設(寮みたいなところ)で疲れて寝ていたお昼頃だった 母、危篤  という知らせだった その2週間前の日曜日 『ちょっと心臓が変みたいだから、病院で検査してもらってくるねっ』 いつもの明るい笑顔でそう言わ
曽根 正裕
53

皆さんは、『家族・育児』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『家族・育児』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った家族・育児のストーリーを、少し覗いてみませんか?

家族・育児 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!