家族・育児

家族・育児

皆さんは、『家族・育児』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『家族・育児』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った家族・育児のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

家族・育児のタグが付いたストーリー一覧 741件

”大切な人”の左側・・・

にいるのが落ち着きます。 私の母は左側の耳しか聞こえません。 しかも人の半分以下の聴力でしか聞き取れないのです。 子供の頃はそんな母の左側にいつも回って 話を聞いてもらった記憶があります。 いつしかそれが癖になり、知らず知らずのうちに 右側にいると落ち着かないようになってしまいました。 僕が左側にしかこないなーと思った方、 それはそういう事かもしれません。
池上 隼人
36

あたりまえ?大袈裟?

「このあと急死すれば、これが最期の会話になる。」 私が人と話すとき、わりと本気で意識してしまうことです。 大切な人や、あまり会えない人との会話で、特に発動します。 震災で意識する人も増えたかもしれませんね。 私の場合、単純に小心者だからなんですけど。 一寸先は闇とばかりに常に怯えているのです。 あ、スタバのロゴとかも怖いです。 夫への挨拶 朝、私が出勤するとき。 家人に「いってきます」だけは聞いても
Mayo K
34

あんなに大嫌いだと思っていたマクロビオティックを気付いたら広めたいと思うようになっていた

物心ついたころには、母親が当時ハマっていたマクロビオティックの教えを毎日受けて、当たり前になっていました。 そこから料理に興味を持ち、5歳前後の私が母親の看病のために作ったお粥が食・マクロビオティックを続けている原点のような気がします。 母がマクロビオティックを始めたのは私が肺炎になり、「どうにか薬を使わないで治せないか」と行き着いた先だったとか。 そのお粥も、普段母親から聞かされていた『椎茸・大根
馬場 啓未
188

のびのびと育まれていった小学生時代~発達障害も環境次第で伸びるのかも??

大人になって気が付いたのですが、僕は完全な注意欠陥障害(ADD)でした。(詳しくはhttp://p.tl/O4qQ)。いつも上履きは左右さかさまに履き、小学校は制服だったんですが、常にカッターシャツはズボンからはみ出している状態(今もそんな感じな気もしますが。。。) 。忘れ物もしょっちゅうという状態。小学校で何人かに一人いる机の中がぐちゃぐちゃな生徒、まさに僕がその一人でした。あまりにぐちゃぐちゃで
嘉村 賢州
74

天才の兄と、、、、

僕の原点は何といっても兄の存在が大きいと思います。僕と違って頭の構造が違う。小2の頃に百人一首を3日で覚え、小学校時代に公文式で微分積分をやっていたという強者です。僕なんて同じ学年の算数でヘロヘロいってましたからもう完敗です。でも兄に関しては尊敬の念しかありませんでした。すっごくやさしく僕をかわいがってくれたから。いつまでもあこがれの存在なのです。高校時代は株式博士グランプリに出場しウォール街に研修
嘉村 賢州
53

発する言葉を短くすると会話スキルはむしろ上がる

我々の直感に反して、長い説明は必ずしもいい説明ではない 短い説明こそ必ず良い説明なのです。 もし、片言の単語だけで会話が成立させられる人が周りにいれば、その人の言葉をよく聞くといいでしょう。その人が必要に応じて使う助詞や接続詞は、魔法のように洗練されているはずです。 それで、知りたいのはあなたがどのようにこのスキルを身につけるかですよね? 簡単です。身近な人にこう話しかけてみてください。 「カレー好
吉田 勇気
76

皆さんは、『家族・育児』に関するストーリーをお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『家族・育児』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った家族・育児のストーリーを、少し覗いてみませんか?

家族・育児 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!