おもしろ話

おもしろ話

皆さんは、飲み会などで定番の”ネタ話”をお持ちではないでしょうか?STORYS.JPには沢山の面白いストーリーが投稿されています。多くの人があなたの面白いお話を待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おもしろ話のタグが付いたストーリー一覧 729件

中卒鬱病引きこもりニートのダメ人間が子供10人の大家族の父親になってしまった話

スラム街の様な地区で生まれ育った俺は、中学の頃は少しグレていた。 中学3年のある日、授業中に眠っていた俺に、数学教師が 「お前このままだと高校に受からないぞ」 と言ってきた。 俺は 「高校は行かないから別にいいよ」 と言って、生活態度は変えなかった。 高校受験も受けずにそのまま中学を卒業して、地元の土建屋に雇ってもらったが、なかなか続かず、3か月ぐらいで職を転々とするような感じで生きていた。 仕事が
A D
1

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第48回)

『まいくばあの遺伝子を継ぐものたち(一) ヘンなやつら』 平成二十三年九月四日、和歌山県南部大水害。 当日朝六時ごろ市内放送で「熊野川堤防から水が越え始めました。至急二階か、高いところへ避難してください」と避難指示が何回もくり返して流された。 前夜のうちに僕の家より海抜が高いまいくばあの家に避難していたのだが、放送を聞いて至急車で市内の一番高い丘に逃げたのだ。                    
前沢 しんじ
3

3.11!!いじめられっ子原発難民のその後に関すること。

2011年3月11日の東日本大震災から 現在に至るまで北海道から福岡、沖縄まで回ったし、 海外なども上海、バンコク、クアラルンプール、シンガポール、ニューヨーク、テキサス州のダラスを旅した。 最近では台湾弾丸旅行なんかも考えている。 色々あった人生だったが、自分に取ってやりたいことは大体やってしまった。 今後は 地元福島に帰り、祖父母の家に滞在したり古民家を借りるなりして 宅建や狩猟免許(ワナ、網)
熊坂 翔吾
5

【11話】正しい社畜の落とし方

美人女子高生からのLINEを既読スルーして、詰められる元社畜の僕。そして彼女から思いもよらない言葉を耳にする。 あやか 好きです... 自分の耳を疑った。人生生まれてから、僕宛にこの単語を耳にするのは初めてだった。 僕 好きって言われても.... 戸惑う僕。恋愛ドラマのような度重なるドラマティックな展開に追いつけない。 でも、僕は彼女の思いに答えられそうになかった。 なぜなら彼女とはまだ知り合ったば
前田 啓太郎
18

第154章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

「空間」こそが一番の贅沢   本年もどうぞよろしくお願いいたします。 鳥のように  跳び 翔び 富み  飛躍と共に 成長 進化を目的に そのための 引き続き 本年度も「断捨離」を継続し  「環境」「場」の整理を目標に 自分軸を定める  自分ストーリーとして ブラッシュアップしながら 物語化を続ける2017年にしたいと思います。  「空間」こそ 一番の「贅沢」
あっきー あっき~
3

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ⑦急ですが結婚しました

たまのぶはホームレスとして、当時は主に恵比寿駅東口にある通称「たこ公園」に住んでいた。たこの形をした遊具があったので、その名前がついていた。 たまのぶは早朝、サラリーマンが出勤する前に起き、夜遅く、終電の頃に公園の土管に寝に帰る。昼間は近くに借りたコワーキングスペースでWebサイト構築の仕事をしていた。つまり、たまのぶがホームレスをしている事は、そこに住んでいる他のホームレスか、終電を逃したサラリー
白濱 優子
60

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ⑥初めての二人きりの夜

山村さんに結婚届の証人になってもらった数日後、私とたまのぶは、もう1人の証人候補、元彼の中田さんに会いに行く事になっていた。本当は翌日にでも会いに行きたかったのだが、中田さんが忙しく少し先に伸びてしまい、もどかしい日が続いた。中田さんには「たまのぶと合流してから、そっちの新小岩のシェアハウスに向かうね」とだけ連絡してあった。 私は24時ちょうどにJR新小岩駅に着くと改めてメッセージした。中田さんは、
白濱 優子
80

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ⑤寒空の下で書いた婚姻届

私とたまのぶは、結婚の証人になってくれる共通の知人の中田さんに会うため、アーバンキャンプの会場へと向かっていた。季節は初冬で、日没後の路地を歩くと、吐く息が白かった。私のバッグの中には、まっさらな婚姻届けが2枚入っていた。 中田さんは少し遅れて来る事になっていたので、私たちは、たまのぶの友達のメイちゃんたちと先に合流する事にした。メイちゃんは、私より少し年下の、かなりフリーダムな感じの女の子で、キャ
白濱 優子
79

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第37回)

お礼を申し上げ、幾ばくかの謝礼を払って帰途につく頃にはまいくばあの心は晴ればれ。 「よしよし。明日から、いやたった今からあんたはシゲマサじゃ!」と相方に何度も繰り返すまいくばあ。相方のほうは反応に困ったような複雑な顔だったような気が・・ (本日ここから) さて、家に帰って母が行ったことは、まず手当り次第あらゆるものに新しい名前を書きつけ、縫い付けていくことでした。何もそこまでというくらい、シャツや下
前沢 しんじ
3

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第36回)

そこで考えた。「そーだ、名前が悪いんだ。名前を変えよう!」 自分のでなく、相方の名前を変えることを思いついた。思いつかれた方にすればとんだメイワクであります。 (今回ここから) 捜したのであります、姓名判断してくれるその道のプロを。人伝にたどり着いたのがバスで一時間と少しの小さな町。そこにとてもよく観る霊媒師的なおばあさんがいらっしゃる。今で言うすぴりちゅあるなお人。なんせひと昔を十年と数えればイツ
前沢 しんじ
3

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第35回)

第3章〔騒動編〕 おかしな三つの物語 世の中にマヌケな人間は多けれど、 まいくばあを筆頭とする前沢家の面々はじゅうぶんに その有資格者、いや有段者、いや師範代?かも知れませんぞ。 マヌケなヤツらのすることは当然のごとく間が抜けた顛末となるもの。 ここに書き出したる騒動三題は、 古き良き時代のニッポンを彷彿とさせて(させないか) 家族愛に満ちた(愛なのかな?)物語となっております。 人様から見れば「お
前沢 しんじ
5

入社して3週間で社長ディスったらクビになりましたvol.4

□どうなってんの!? サイバーエージェントへのスキルシートを、蔵人技術へ送付してから1週間。なんの音沙汰もなく焦れる大河であったが、黙々と低単価の仕事をこなしていた。 「ふ〜。連絡来ないなあ。どうなってんの!?」 カタカタ。 「さて、今日はこの辺にしてニューエイトに飲みにでも行くか。」 そう、大河は先日フラッと入ったライブハウス「ニューエイト」の常連になりつつあったのだ。お酒と美味しいご飯と、カラオ
大賀 康寛
14

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ④真剣に結婚を考えた時の話

私は10代の頃、結婚をすると劇的に人生が変わると思っていた。 結婚したら、相手と一緒に住んだり、家事をしたり、子供を産んだり、本当は嫌な事も相手に合わせてみたり、良くも悪くも相手の色に染まり染められるイメージがあった。 私はそれが恋愛の延長にあるものだとは気づかないでいた。私の中で、恋愛と結婚の間に、大きな断絶があっだのだ。だから劇的に変わると思っていた。 結婚したら相手の色に染まる事もあろうだろう
白濱 優子
120

18切符を使ってギターを背負って日本を半周

今回の年末年始の旅は、九州へ! 今回も18切符で鈍行の旅です! 日本の半分を回ってくる列車の旅です! 路上演奏場所は、、、、 徳山駅(山口県)2016年 12月31日22:15頃 吉松駅(鹿児島県)2017年 1月1日15:50頃 鹿児島駅 1月1日18:00頃 宮崎駅 1月2日12:00頃 別府駅(大分県) 1月2日20:00頃 鳥取駅 1月3日22:00頃 福知山駅(京都) 1月4日9:00頃
Dai-Go!Low (だいごろう)
6

集団ではなく一人でいることを選んだ『たまらなく大好きでたまらなく大嫌いだった』私の女子高校生時代のリアルなSTORY②《集団生活不適合開始編》

私の高校生活は、   不幸に思うと不幸であり   幸せだと思うと幸せでありました。     文の重々しい感じからは   想像が出来ないかもしれないけれど、   実は、一人でとっても楽しい   高校生活を送っていたのです。     人に話すと、漫画みたいな生活だね。   と、よく言われます。   《一人でいる事を選択する人》     って、どれくらいいるのかな。       きっと、集団の中での、それ
岡本 綾瀬
20

皆さんは、飲み会などで定番の”ネタ話”をお持ちではないでしょうか?STORYS.JPには沢山の面白いストーリーが投稿されています。多くの人があなたの面白いお話を待っています。

おもしろ話 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!