とんでもない体験

とんでもない体験

あなたは、忘れられないとんでもない体験をしたことはありませんか?STORYS.JPには、多くの『とんでもない体験』のストーリーが投稿されています。あなたも是非、自分の人生で起きた”とんでもない体験”のストーリーを書いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

とんでもない体験のタグが付いたストーリー一覧 1651件

ほんとうのこと~入院顛末記~(3)

何者かによって操られることは解けたが 今度は死神がやってきた 何者かに操られるのから やっと開放されてタバコに火をつけようとする すると死神がささやいた そのライターの火で部屋を燃やせ そのライターの火で部屋を燃やせ タバコに火をつけようとして手が震えた どういうことなんだ 冷や汗が流れ始めた 幻聴で母の声がする 順番は大切やで 順番は大切やで 何のことを言っているのかわからなかった タバコに火をつ
坂 光男
3

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ⑥初めての二人きりの夜

山村さんに結婚届の証人になってもらった数日後、私とたまのぶは、もう1人の証人候補、元彼の中田さんに会いに行く事になっていた。本当は翌日にでも会いに行きたかったのだが、中田さんが忙しく少し先に伸びてしまい、もどかしい日が続いた。中田さんには「たまのぶと合流してから、そっちの新小岩のシェアハウスに向かうね」とだけ連絡してあった。 私は24時ちょうどにJR新小岩駅に着くと改めてメッセージした。中田さんは、
白濱 優子
72

ほんとうのこと~入院顛末記~(2)

精神科病棟入院までのはなし 宝くじが当たっているという幻聴は 宝くじが当たっているという妄想をひきおこした。 近くに元妻が住んでいた。 そしておいらは元妻のところに走った。 元妻の隣の住人は最近意味不明な亡くなり方をしていた。 そして死神のついた青年と元妻の隣人の死。 死神が元妻の部屋に移動してはいけないと思った。 そして妄想と化していた宝くじのあたりを知らせようと思った。 それがなんだか死神を遠ざ
坂 光男
9

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ⑤寒空の下で書いた婚姻届

私とたまのぶは、結婚の証人になってくれる共通の知人の中田さんに会うため、アーバンキャンプの会場へと向かっていた。季節は初冬で、日没後の路地を歩くと、吐く息が白かった。私のバッグの中には、まっさらな婚姻届けが2枚入っていた。 中田さんは少し遅れて来る事になっていたので、私たちは、たまのぶの友達のメイちゃんたちと先に合流する事にした。メイちゃんは、私より少し年下の、かなりフリーダムな感じの女の子で、キャ
白濱 優子
72

ほんとうのこと~入院顛末記~

精神科病棟入院の顛末とそのはなし おいらは精神科の病院に8度入院した それは多いほうだろうか。わからない。 直近の三度の入院の話をしよう。 モノローグで語っていくよ。 東日本大震災のあとにすごい罪悪感に見舞われた まったく震災と関係ない地域にいて なぜこうも罪悪感を感じたのかはわからない。 元妻が近くに住んでいて、そして彼女がいた。 元妻のゴスペルコンサートを聴きにいったのを覚えている。 彼女も何か
坂 光男
5

入社して3週間で社長ディスったらクビになりましたvol.4

□どうなってんの!? サイバーエージェントへのスキルシートを、蔵人技術へ送付してから1週間。なんの音沙汰もなく焦れる大河であったが、黙々と低単価の仕事をこなしていた。 「ふ〜。連絡来ないなあ。どうなってんの!?」 カタカタ。 「さて、今日はこの辺にしてニューエイトに飲みにでも行くか。」 そう、大河は先日フラッと入ったライブハウス「ニューエイト」の常連になりつつあったのだ。お酒と美味しいご飯と、カラオ
大賀 康寛
13

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ④真剣に結婚を考えた時の話

私は10代の頃、結婚をすると劇的に人生が変わると思っていた。 結婚したら、相手と一緒に住んだり、家事をしたり、子供を産んだり、本当は嫌な事も相手に合わせてみたり、良くも悪くも相手の色に染まり染められるイメージがあった。 私はそれが恋愛の延長にあるものだとは気づかないでいた。私の中で、恋愛と結婚の間に、大きな断絶があっだのだ。だから劇的に変わると思っていた。 結婚したら相手の色に染まる事もあろうだろう
白濱 優子
113

18切符を使ってギターを背負って日本を半周

今回の年末年始の旅は、九州へ! 今回も18切符で鈍行の旅です! 日本の半分を回ってくる列車の旅です! 路上演奏場所は、、、、 徳山駅(山口県)2016年 12月31日22:15頃 吉松駅(鹿児島県)2017年 1月1日15:50頃 鹿児島駅 1月1日18:00頃 宮崎駅 1月2日12:00頃 別府駅(大分県) 1月2日20:00頃 鳥取駅 1月3日22:00頃 福知山駅(京都) 1月4日9:00頃
Dai-Go!Low (だいごろう)
6

集団ではなく一人でいることを選んだ『たまらなく大好きでたまらなく大嫌いだった』私の女子高校生時代のリアルなSTORY②《集団生活不適合開始編》

私の高校生活は、   不幸に思うと不幸であり   幸せだと思うと幸せでありました。     文の重々しい感じからは   想像が出来ないかもしれないけれど、   実は、一人でとっても楽しい   高校生活を送っていたのです。     人に話すと、漫画みたいな生活だね。   と、よく言われます。   《一人でいる事を選択する人》     って、どれくらいいるのかな。       きっと、集団の中での、それ
岡本 綾瀬
19

集団ではなく一人でいることを選んだ『たまらなく大好きでたまらなく大嫌いだった』私の女子高校生時代のリアルなSTORY①《入学編》

大人と子供の境界線。 自分が何者なのか知りたくて 必死だったあの頃。 ------------------------------------   今から 20 年前 高校入学当日 教室に入って席についた瞬間 「心から辞めたい」 と、思った。 教室に入ると 昨日までの中学生の制服を脱いだだけの 変わらない義務教育の中で 大人ぶる浮き足立った雰囲気。 なぜか 「私が居る場所じゃない。 今すぐ帰りたい。
岡本 綾瀬
10

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(10)

パティスリーに、サラダ場に。 「よう!ケイシー元気かい?」 「今日も楽しんでるかい!」 従業員用出入り口を通って廊下を歩き、ランドリーのおばちゃんに挨拶をしてからBENIHANAに向かうまでに、お菓子をつくる部屋・パティスリーや冷製皿を担当するサラダ場を通ります。そこにいる人々は皆、ケイシーに向かって陽気な挨拶をしてくれるようになっていました。 それというのもBENIHANAには大きな冷蔵庫がないの
Cathy Kei
2

僕がカンボジアで一番貧しい農村の子どもたちと一緒にテニスコートを手づくりした話

カンボジアのまさとです。 僕はカンボジアでFIELD OF ZEROという活動をしています。 この活動はカンボジアの恵まれない農村の子どもたちにスポーツ教育を促進する活動として始まりました。 詳細は以下の関連記事で紹介してあるのでぜひご覧ください。  ・ FIELD OF ZERO〜農村の子どもたちにスポーツ教育を〜   今回は僕たちFIELD OF ZERO運営実行委員会と農村に住む子どもたちと一
荻原 雅斗
8

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ③私が結婚を決断するまで

私は、たまのぶの何事も包み隠さず(素人童貞である事すらも)話す姿勢が好きになっていた。もう少し正確にいうなら、「彼」のその姿勢が私には少しまぶしかった。彼は私には持っていないものを持ち、明らかに自分の人生を楽しくしていた。 私と彼はお互いに地元で行き詰まり、東京に出て来て出会ったのだが、生きる姿勢はだいぶ違っていた。 出会って5日後、私たちは初めて電話をした。かけたのは私の方からだった。私はお互いの
白濱 優子
131

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ②ホームレスと交際するという事

1泊2日のキャンプの中盤、夜の9時ごろだっただろうか。ちょっとしたアクシデントが起きた。その時、私たちは、みんなで火を囲みながら一風変わったカードゲームをしていた。 それは順番にカードを引き、そこに書かれた文章を読み上げ、周囲の人はその理由を当てるというゲームだった。その文章というのが変わっていて、こんな具合だった。 「裸で鉛筆を持って倒れて死んでいる男がいる。なぜか?」 一見して不条理な内容。カー
白濱 優子
158

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ①ホームレスの彼との出逢い

ジェットコースターのような乱高下する人生は、友達のユウくんに誘われて、キャンプに参加したところから始まった。季節は秋。1泊2日のキャンプに、私は「暇だし」という理由で、特に期待する事なく参加した。私も含め男女8人が東京郊外のキャンプ場に集まったのだけど、私の知り合いは誘ってくれたユウくんだけ。私の他に女子が1人いて、残った5人の男の中に「彼」は居た。 やや小柄でモンベルの緑のアウトドアウェアを着てい
白濱 優子
197

あなたは、忘れられないとんでもない体験をしたことはありませんか?STORYS.JPには、多くの『とんでもない体験』のストーリーが投稿されています。あなたも是非、自分の人生で起きた”とんでもない体験”のストーリーを書いてみませんか?

とんでもない体験 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!