とんでもない体験

とんでもない体験

あなたは、忘れられないとんでもない体験をしたことはありませんか?STORYS.JPには、多くの『とんでもない体験』のストーリーが投稿されています。あなたも是非、自分の人生で起きた”とんでもない体験”のストーリーを書いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

とんでもない体験のタグが付いたストーリー一覧 1688件

5人の大学生がシェアリングエコノミー(共有経済)について株式論文を執筆し、敢闘賞を受賞した話。

※論文のリンクは下にあります。 2017年2月下旬の夜。 その一通のメールは突然でした。 「最終レポート審査会におきまして、世界の市場を掴み取れ!~もう止められないShare!革命~のレポートが「敢闘賞(大学)」に決定いたしました。おめでとうございます。」 「やった…やったな…俺ら…」 連絡の直後、メンバー達との電話で、その言葉を何度も口にしました。 「日本一になろう。  見たことのない景色を見よう
川村 純志
38

【8話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで③女子高生が大学生の彼氏の家で1ヶ月ニート生活

女子高生と大学生の同棲生活。 高校を辞めてから1ヶ月ほどだった頃、 家に1人でいるのがとにかく寂しかった。 夜は怖いので、ずっと電気をつけたまま。 テレビはニュースもバラエティもドラマも見れなかったので、 一日中放送している通販チャンネルをひたすら見ていた(笑) 電気をつけたり、誰かがいるような感覚で、 テレビをつけたりしないと、 不安で眠ることができなかった。 そのころは、心の癒しのCDを数枚買っ
新しい とびら
10

第161章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

「女性らしい」ものは やっぱり見ていて「テンション」上がります。 奇を衒わないけど気がつかれる「ツボ」 と「○○ピンク」ブーム iinee桃色
あっきー あっき~
5

東日本大震災から6年。3度の津波に耐え、そびえ立つ「ポプラの木」を知っていますか?

暗闇に満天の星と、生き続けるポプラの木 復興を目指して戦っている地区は、もう、日本全体といってもいいでしょう。 その中でも、東日本の広い範囲を襲った【東日本大震災】 あれから6年。 岩手県大船渡市の中でも沢山の人が亡くなったという、越喜来地区に僕は行くことにしました。 こんにちわ!シンガーソングライターDai-Go!Lowです。 この曲が出来たきっかけの衝撃のストーリーを描きたいと思います。 「ポプ
Dai-Go!Low (だいごろう)
6

第3話 天国からの切符【小児科ナースが天国に行った子ども達と地球2周半、暗闇の奥に見えたとんでもなく輝く世界*】

1.お空に行った子ども達へ もう二度と動くことがなくなった小さな身体を、冷たくなった身体を、そっと抱きしめさせてもらったとき、心に誓った。 “この体が温かかったことを  この体の冷たさを  命の重みを、命の儚さを、忘れない。” 一緒に笑い合ったあの日々も 愛で溢れていたあの日々も 甘えてくれたあの時も 辛さに耐えて頑張っていたあの時も そっと泣いていたあの時も 一生懸命呼吸をしていたあの時も 私はず
平 茉莉子
16

第160章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

 自分が「コレだぁ~」という  自分が「コレだぁ~」という 「ど真ん中」「ドストライク」「タイプ」の  モノ・コト・ヒト等の対象に出逢い  はまってしまったその最中のにいる時の   「キモチ」って・・・・    ドギトキする「胸の高鳴り」と  不安な「胸の締め付け」の  あいだをウロウロしている  それが心が動くつまり「感動」であり  共に感じる「共感」であり  一言で「生きてる」ってやっぱりいいな
あっきー あっき~
3

やる!と決断したら、本当に人生が変わることを実感した話〜コーチング・コンサルタント編〜

2016年12月17日。私は人生を変えることを決断しました。 こんにちは。市田直也と申します。 今日は、私が経験した人生を変えた出来事についてお話ししたいと思います。 2016年12月17日、私は一つの説明会に行きました。参加費は1,000円。 その当時私は、本当に苦しい状況でした。 自分の生き方がわからず、これからどうしたらいいのかわからない。 自分の未来に希望が持てない。 そんな状況でした。 そ
市田 直也
26

酒もたばこもギャンブルも興味がない、40歳を過ぎたおっさんが生まれてはじめてキャバクラに行った時の話

はじめに 僕は当時、あの事件が起きる日の40歳までは酒も飲まず、タバコも吸わず、ギャンブルも興味がなかった普通のおっさんでした。そんな僕がキャバクラに行った時の話をしてみます。 きっかけ あの日、冬のススキノは透き通るような空気の良さで、街のネオンがキラキラしていました。僕はとあるソフトウェアに関する懇親会で久しぶりに大勢の人と交流をしながら食事をしていたのです。 <すすきの交差点> 久しぶりに大勢
Izumi Shinichi
42

【7話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで②1科目の受験だけで、高校の卒業を認定してくれる制度を見つける

毎日、寝て冷めるだけのニート生活。 高認ってなんだろう? 高校をやめようと思った。 けど、その後どうするのかも決めてない。 高校を辞めたら中退になってしまう…。 どうしようと思いながらも、起きることができず、 学校に行けない日が2週間続いた。 そういえば、大検ってのがあるなと気づいたある日。 ネットで、大検を調べてみた。 すると、ちょうど私の年に大検がなくなり、第一回目の高認試験が始まることがわかっ
新しい とびら
21

自由って何だよ~絶望、死~壱

 T大学に進学後、すぐに軽音サークルに入部。専門学校に入れなかったことの後ろめたさは、意外と感じていなかった。 引用:  http://livedoor.blogimg.jp/kenyos/imgs/f/d/fd9cb1fd.jpg 親父 バンドをするのはいつだって出来るが、スムーズに大学生になれるのはいましかない。 きっとこの親父の言葉の影響だろう。僕はサークル活動の中で、バンドをすることにした。
B J
6

第2話 病棟に隠された真実【小児科ナースが天国に行った子どもたちと地球2周半、涙の奥に見えたとんでもなく輝く世界*】

1.子ども達との出逢い 「たいらさーん! バキュンバキュンとりゃーっ!!」 急に廊下に現れて戦いを挑んでくる子や、ミルクを飲みながら小さな手で私の指を握りしめてくれる赤ちゃん。 レオくん 「DSのソフト、とって〜!」 ももちゃん 「ぽぽちゃんのスプーンがなくなっちゃった」 だいちゃん 「眠れなーーーーい!!」 えりちゃん 「DVDが終わった!!」 ゆうくん 「おしっこ漏れるー!!」 なおちゃん 「マ
平 茉莉子
24

【6話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで①ある子の言葉がきっかけで、高校をやめるまでに追い詰められた

高校を辞めようと思ったワケ 中学生の頃、私はひたすら勉強をしてた。 家に親がいなくて暇だったのもあるかもしれないけど、 1番は、認められる気がするから。 どういうこと?と思うかもしれない。 勉強なんてするか、という人もいるかもしれない。 少しだけ、そういう人に、こんな人もいることを知ってほしい。 家にはだれもいなかった。 母が帰ってくるのは朝方。 父とはしばらく会ってなかった。 学校以外で人と話さな
新しい とびら
23

【5話】スラム街でホームステイをしたときの話。そこには、日本にはないあるものがあった。

スラム街には、日本にないものがあった。 私の初旅行はフィリピンでした。(写真はタイ(笑)) ※前回の話から続かず、しばらく放置していたこちらの話から先に書いていきます。 あの時私は21歳。 期間はなんと1ヶ月間! 大学時代に入っていたNGOサークルの一環で、 様々な施設や場所を視察するという旅でした。 私は初旅行であったこと、しかもいきなりフィリピンのディープなところに行くことから、 とってもそわそ
新しい とびら
22

第159章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

「夢」をみるのではなく「希望」を持つ  夢 、夢と言いますが  私は好きな言葉ではなく  「夢」とは「タラレバ」の親戚のようなイメージと  昔から冷めていて感じていました。  以前も書きましたが  「夢を見るのではなく「希望」を持つ  「夢」を語っているのは  今旬 の「タラレバ」な話をしているのと同じ  私は 夢見る夢子の「理想主義」ではなくシビアな「現実主義」なので  その代わり「希望」という言
あっきー あっき~
4

非モテ・根暗で鬱寸前だった男がアイドルプロデューサーになった話

1年前、僕には色が見えませんでした。 ※注:ここに書く話はあくまで主観的な捉え方であって、誰かや周囲の環境等のせいではありません。 その日は、人生で一番最悪な日でした。いつもの休日、ぱっと目が覚めると体が少しおかしいことに気づきました。 「心臓が痛い・・。」 激しい胸の痛みに襲われ、胸を押さえようとしても手に力が入りませんでした。 のたうちまわりながらベッドから落ち、もう一度目を開くと、、、そこには
石塚 貴也
26

あなたは、忘れられないとんでもない体験をしたことはありませんか?STORYS.JPには、多くの『とんでもない体験』のストーリーが投稿されています。あなたも是非、自分の人生で起きた”とんでもない体験”のストーリーを書いてみませんか?

とんでもない体験 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!