とんでもない体験

とんでもない体験

あなたは、忘れられないとんでもない体験をしたことはありませんか?STORYS.JPには、多くの『とんでもない体験』のストーリーが投稿されています。あなたも是非、自分の人生で起きた”とんでもない体験”のストーリーを書いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

とんでもない体験のタグが付いたストーリー一覧 1758件

俺のしくじり恋愛 エピソード8

バンちゃんのしくじり恋愛実話⑧ 僕はフリーターをやっていたので、人も入れ替わっていくので、合わない環境だと判断した時は長い短い関わらず、サクッと辞めます。 その為、色んな仕事を経験しました。 またそれに伴って出会う人の数も普通の人の倍以上だったと思います。 飲食店勤務が多かったのもあるので、接客にて出会う人の数もまた多かったのです。 ある飲食店でバイトリーダーとして勤務していた頃、そのお店の社員さん
坂東 洋彰
2

俺のしくじり恋愛 エピソード7

バンちゃんのしくじり恋愛実話⑦ フリーターとして、昼と夜を別のバイトで掛け持ちしてやっていた時の事です。 ある新規オープン店の飲食店が出来るので、応募し採用になった。 そこで出会った新規メンバーの1人が、 可愛らしい天然系の女の子だ。 目がぱっちりしていて、凄く愛嬌があり、性格が良く、よく喋る子だった。新規メンバーという事もあり、開店準備から色々とコミュニケーションを取っていた為、 仲良くなるのに時
坂東 洋彰
1

俺のしくじり恋愛 エピソード6

バンちゃんのしくじり恋愛実話⑥ 社会人になってからは、就職氷河期という時代だった為、旅行の専門学校に通って、国内旅行の主任者資格(国内旅行の代理店をもてる添乗員の国家資格)を取得し、旅行会社に就職しようと思い、何社も回ったが入社する事は出来なかった。 今思えば、ここで就職していたら、今の自分はいなかったかと思うのどが。。 社会人は、フリーターとして、様々なバイトをやっていた。そこで出会う女性との恋愛
坂東 洋彰
1

俺のしくじり恋愛 エピソード5

バンちゃんのしくじり恋愛実話⑤ 専門学生時代と学校よりもどちらかというと、バイト先の仲間はイベンド事の方が楽しかった記憶があります。 そのバイト先で知り合った年上の女性に対して、 気が合いすぎて楽しい時間でした! どうも会社勤めや一般の日常を送っている人とは、馬が合わないようです。 この女性も、女優を目指していて舞台などをやっており、空いた時間はバイトをしていました。 前回で登場した女性も結果キャバ
坂東 洋彰
2

俺のしくじり恋愛 エピソード4

バンちゃんのしくじり恋愛実話④ 18歳からは専門学校に通い出しますが、 ここからは、人生の恋愛においてのカオス時代である『恋の地獄特訓』振られ続ける魔の連敗記録が始まります。(高校の卒業式に振られ所からスタートしてますが。。) 先にどれくらい連敗したのか?と言うと、 『20連敗』 を、喫しました。。 流石にこの20回を全部綴るのは、 大変なので、 代表的なものを伝えたいと思います。 ある時、専門学校
坂東 洋彰
2

俺のしくじり恋愛 エピソード3

バンちゃんのしくじり恋愛実話③ ②の続き 卒業式の当日、 親友と親友の彼女が、 計画を立ててくれました。 卒業式終わったら、皆んなで集まってカラオケに行こうって! 6人でカラオケに行き、 終わってから解散した後、 2人のカップルは、 『じゃあ、またね!』 と言って帰りました。 さぁ、いよいよです。 親友が 『4人でドライブ行こうよ』 って切り出しました。 僕の意中の彼女は、早々と車の免許を取り、 『
坂東 洋彰
2

俺のしくじり恋愛 エピソード2

バンちゃんのしくじり恋愛実話② 小学校では、もう一つ女が苦手になった事件がありました。 夏の体育で、プールの授業になると、 女子が男性の背後に回って、 不意打ちで海パンを下ろすという イタズラが流行ってました。。 それが恐ろしくて、イジメの子の女の子に 近づかないようになりました。。 これで、女の子恐怖症は蚊さらに加速しました。 中学校に入ると、 女の子恐怖症を克服したく、 逆にイジメッ子やヤンキー
坂東 洋彰
1

俺のしくじり恋愛 エピソード1

バンちゃんのしくじり恋愛実話① 私は元々、恥ずかしがり屋で、勇気のないヘタレ。ネガティヴ思考であった。。 小学校一年生の時に、クラスのじめっ子女3人衆に囲まれるような席に運悪く入ってしまい、 そこから毎日陰湿なボディーブローのようなささいなイジメを喰らい、それが原因で 『転校したい、引越ししたい!』と 親に言っていた程でした。。 これはこの後の女が苦手になってしまった原因です。。 さらに、転校してか
坂東 洋彰
2

街のダニからグローバルエリートへ ~グレて高校中退。警察官から「街のダニ」と罵られたチンピラがオックスフォード大学院に入るまで~

高校中退、日雇い派遣、路上スカウト、キャバクラの黒服、ホスト等を経て荒れた生活を送るも、一念発起し、渡米。 アメリカ西海岸の名門カリフォルニア大学を卒業し、グローバルコンサルティングファームで経営コンサルタントとして働き、Times世界大学ランキング1位のイギリスの名門オックスフォード大学の経営大学院でMBA(経営管理学修士)課程に入学。 人生の中で様々な「知」に触れ、成長していく軌跡。 私の人生の
竹田 譲
94

DVから逃げてシングルマザーでホームレスになったけど、3年後には〇〇を勉強して人生を大逆転させた話。

この体験を書いた理由 私は、2人の子供がいる、シングルマザーです。 3年前の今日はホームレス状態でした。 今はとても幸せですが、過去の話は思い出すのも辛いです。 しかし、私の体験してきたことを公開することで、誰かの励みや、何かに踏み出す勇気になるかもしれないと思って、書いてみることにしました。 辛かった元旦那からのDV なぜ、そうなってしまったのかというと、元旦那のDVから逃げたからです。 親や身内
花城 ひなの
208

口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑪ 刹那のNo. 1編

10月の前期(15日締)も残り少なくなった日の営業中の事だった。 K野専務「K君、キャッシャーまで。」 (誰だろ?今から店に行くよっていう電話だったらいいけど・・。) 通話中の所にはYの名前が出ていた。 私「もしもし?どうした?」 Y「今から店行くよ。空いてる。」 私「空いてるけど、いいよ来なくて…」 Y「じゃあ1時間ぐらいで行くから。」 そう言われ、一方的に電話を切られた。 (珍しいな……どうした
健二 井出
9

好きな事に気付く為に、無駄にした10年と1,000万円

これを読んでいるあなたは、 どんな人でしょうか? 20代でしょうか? 30代でしょうか? 既に結婚はされていますか?
 好きな事を仕事にしていますか? 好きな事に気付く為に、 無駄にした10年と1,000万円。
 
私は、20歳の頃に 起業に憧れた時から約10年間、 ずっと自分の好きな事を 探してきました。 
 その間で約1,000万は 使ったと思います。 
 自己啓発セミナー、情報商材、 MLM、
橘 敬太
11

写真家 長谷川美祈さんの【Internal Notebook】が中国で開催された「2017第七届大理国际影会 / THE 7TH DALI INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY EXHIBITION」でBest Publication Awardを受賞しました

4月にはドイツのカッセルダミーアワードのショートリストに選考され、8月1日にはイタリアのダミーブックコンペで特別賞を受賞されています。そしてこの度は中国でBest Publication Awardを受賞されています。 2017年8月24日  長谷川美祈さんからご連絡を受けました。改めて世界的に活躍されている素晴らしい方に声をかけて頂いたことに感謝しております。 ※以下、長谷川美祈さんのご了承を得て
小川 詩織
6

まさか、フィリピンのスラムに行って人生がここまで変わるなんて・・・

 やったー!!月収100万円稼げたー!だから何? 僕は31歳までサラリーマンとして働いてました。 それまで、何の違和感もなく普通に働いて普通に給料を貰ってただ仕事⇒遊ぶ⇒仕事⇒遊ぶこの繰り返し。 まったく勉強してなかったのにも関わらず、地元ではいい感じの会社に入社できたのも小・中・高と野球をやっていたためそのコネを使い入社。 野球だけを必死でやってきた自信が間違った自信になり、何も疑問も持たず就職活
シェイプアップ DJ
21

「金が無い」コンビニでパンを万引きしかけるまで飢えた話

「金が無い」  大学生に共通する口癖である。だが蓋を開けてみれば、旅行に行けない、服が買えない、飲み会に行けないといったような、大学生活を驕奢に過ごすための資金が足らないという、非常に贅沢な悩みであるケースが多い。大学生活の延長を生きる私は、未だに「金が無い」とこぼしながらも、コンビニでお茶を買える余裕がある生活を送っている。しかし、大学2年生のあの頃は、本当に「金が無い」状況であった。ここにおける
えぬ さん
3

あなたは、忘れられないとんでもない体験をしたことはありませんか?STORYS.JPには、多くの『とんでもない体験』のストーリーが投稿されています。あなたも是非、自分の人生で起きた”とんでもない体験”のストーリーを書いてみませんか?

とんでもない体験 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!