とんでもない体験

とんでもない体験

あなたは、忘れられないとんでもない体験をしたことはありませんか?STORYS.JPには、多くの『とんでもない体験』のストーリーが投稿されています。あなたも是非、自分の人生で起きた”とんでもない体験”のストーリーを書いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

とんでもない体験のタグが付いたストーリー一覧 1696件

無職のままで18歳になった俺に、長男が生まれた。

まともに仕事もしていないのに、子供が生まれて焦った。 焦って面接を受けまくってもやっぱり面接に落ちまくり、いろいろと考えた末、結局建築関係の仕事をすることにして、建設関係の仕事に就いた。 建設関係の仕事は面接一発合格、翌日から出勤がデフォだ。 その建築関係の仕事とは、ハツリ屋という仕事で、コンクリートを割ったり削ったりする仕事だ。 月収は16万円程度。 長男が生まれて、嫁の実家で半同棲みたいな生活を
A D
33

中卒鬱病引きこもりニートのダメ人間が子供10人の大家族の父親になってしまった話

スラム街の様な地区で生まれ育った俺は、中学の頃は少しグレていた。 中学3年のある日、授業中に眠っていた俺に、数学教師が 「お前このままだと高校に受からないぞ」 と言ってきた。 俺は 「高校は行かないから別にいいよ」 と言って、生活態度は変えなかった。 高校受験も受けずにそのまま中学を卒業して、地元の土建屋に雇ってもらったが、なかなか続かず、3か月ぐらいで職を転々とするような感じで生きていた。 仕事が
A D
15

ほんとうのこと~入院顛末記~(10)

おいらは意識が戻った 臭い服を脱ぎ 新しい服に着替えようとしたが 整理してしまって服がない 裸のままになった おいらはそのまま なぜか元妻の部屋に向かった 元妻の部屋に裸のまま向かった 何も危害を加えないというしるしだ そして覚悟はあるのかも確認した 元妻の部屋のベルを鳴らした 裸のままの姿でだ 元妻は出なかった 出てくるわけがない いないのだ その日彼女はイセエビを食べに外食していたのだ 裸のまま
坂 光男
5

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(17)

涙が止まらない。日本に帰らなきゃ。 「私、なんでこうなってしまったのかわからない」 泣きじゃくるケイシーの隣で煙をふかしながら、アラウィは静かに言いました。 「・・君は、悪くない。でもね、今の君にとって一番いいのは、自分の国に帰るべきなんだと思う」 ダウンタウンの一角、ビルの三階にある薄暗いプレイステーションカフェの中では大きな液晶画面にかじりつきながらサッカーゲームを必死にしている友達の叫び声が聞
Cathy Kei
6

ほんとうのこと~入院顛末記~(9)

朝を迎えた おいらの体は動くようになった おいらはなぜか歯を確認した 歯が全部生えていた おかしい おいらの歯は何本かないのだ おいらはおかしいと思い鏡に向かった 鏡に向かっても歯がある おいらはこの世界は現実でないと思った こんな世界はおかしい ある映像が浮かぶ 人は本来自然からきかないといけない 自然は人間に語りかけどうありたいかをいう 森の番人は森の声を聞く そうやって森を作る 川の番人は川の
坂 光男
7

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(16)

アラブの世界の嫉妬 予想通り、残された時間があまり無いにも関わらずジェマールからは何の連絡もありませんでした。 「シェフ、お話しがあるのですが」 ケイシーがシェフジェマールを、彼のオフィスの前で偶然捕まえることができたのは単なる偶然でしかありませんでした。 「ああ、ケイシー。」 シェフはそういえば、というような表情をしました。 「君のことは支配人に聞いておくよ。あと少し待ちたまえ」 急いでいるのかそ
Cathy Kei
4

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(15)

就職試験 ホテルエルサイードは三ツ星ホテルで、ル・メリディエンから徒歩二十分ほど離れた場所にありました。 BENIHANAが休みの水曜日。夏の暑い日差しの下、ケイシーは黒いストールを頭に被りながらイスラームの女性のような恰好で歩き出します。 ヨルダンの首都アンマンは乾燥した砂漠の気候さながらの強い日差しに包まれていました。 エルサイードの正面玄関は、メリディエンに比べると大分小さくて日本のビジネスホ
Cathy Kei
3

第155章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

マイクのテスト中
あっきー あっき~
4

ほんとうのこと~入院顛末記~(8)

コンビニから戻り 声をどこかにいかせて ご飯を食べるころには 何かの妄想がついてる 木は葉が落ち 葉は分解されて何かになるまで 葉のままだ しかし何かに分解され何かになったとき その葉はパケラッタする パケラッタといって変身する おいらは食べ物を食している この食しているものは おいらのからだに入り栄養になったとき おいらの一部としてパケラッタする パケラッタはどんなときに起こるのだろう コンビニか
坂 光男
7

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(14)

君は、何か隠してないか? 「君は、何か隠しているんじゃないか?」 休み明け木曜日のBENIHANAキッチンで、シェフメッシが出勤してきたケイシーに向かって真剣な表情で聞いてきました。 「寿司ナイトの後でキッチンの奴らにきいても、シェフジェマールの片腕イマドに聞いても、みんなどこか何かつながらない。君はBENIHANAでうまくやっていた。僕らはすべてを君に教えたし君も仕事を一生懸命覚えたし、結果も悪く
Cathy Kei
4

3.11!!いじめられっ子原発難民のその後に関すること。

2011年3月11日の東日本大震災から 現在に至るまで北海道から福岡、沖縄まで回ったし、 海外なども上海、バンコク、クアラルンプール、シンガポール、ニューヨーク、テキサス州のダラスを旅した。 使った航空会社はANA、スカイマーク、タイ航空、 エアアジア、マレーシア航空、ジェットスター、JAL、アメリカン航空だ。 予約も含めるとユナイテッド航空とscootも含む。 最近では台湾弾丸旅行なんかも考えてい
熊坂 翔吾
10

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(13)

告白 「ケイシー!どうしたんだ、こんなギリギリの時間に来て!今日は寿司ナイトだから皆すでに準備にかかってるんだぜ!普段は誰よりも早く来る君らしくない!」 BENIHANAのキッチンの扉を開けたとたんにメッシの怒りの声が飛んできました。 作業台の上には大量の巻き寿司が巻かれ、奥のコンロ前ではラミエロが卵焼きを作る様子が見えます。ダルウィンやサービスの女の子達の姿は見えませんが、おそらく表のレストランの
Cathy Kei
6

【11話】正しい社畜の落とし方

美人女子高生からのLINEを既読スルーして、詰められる元社畜の僕。そして彼女から思いもよらない言葉を耳にする。 あやか 好きです... 自分の耳を疑った。人生生まれてから、僕宛にこの単語を耳にするのは初めてだった。 僕 好きって言われても.... 戸惑う僕。恋愛ドラマのような度重なるドラマティックな展開に追いつけない。 でも、僕は彼女の思いに答えられそうになかった。 なぜなら彼女とはまだ知り合ったば
前田 啓太郎
16

ほんとうのこと~入院顛末記~(7)

元妻のゴスペルコンサートの後 この年日本は何や人員整理をしていた おいらは口を減らすんやったら 生活の中から不要なものの口を 減らしていけばいいねんと思った おいらはその日から口を減らすといいながら 家の中にある不用品の口を減らし始めた 不用品の口減らしはそれだけあふれたものを 整理することにあり その産業が比較的不用なのかとか考えていた 昼夜を関係なく整理が始まり まるでとりつかれたように行われた
坂 光男
4

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(12)

最初から決まっていた? コーポレートオフィスの扉を開けると、ミスターイマドの席がガラス越しに見えました。ところがその席は空席で、誰も座っていません。 「あの・・ミスターイマドは?」 オフィスに隣接した秘書席に座っている、ふくよかな女性秘書に聞くと 「食事中よ。今に、帰ってくると思うわ」 彼女は不愛想にそう答えてまたガサガサと手元の書類をまとめ始めました。 「やあ、ケイシー来ていたのかい」 しばらくし
Cathy Kei
3

あなたは、忘れられないとんでもない体験をしたことはありませんか?STORYS.JPには、多くの『とんでもない体験』のストーリーが投稿されています。あなたも是非、自分の人生で起きた”とんでもない体験”のストーリーを書いてみませんか?

とんでもない体験 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!