とんでもない体験

とんでもない体験

あなたは、忘れられないとんでもない体験をしたことはありませんか?STORYS.JPには、多くの『とんでもない体験』のストーリーが投稿されています。あなたも是非、自分の人生で起きた”とんでもない体験”のストーリーを書いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

とんでもない体験のタグが付いたストーリー一覧 1702件

第157章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

今日の『選決断』 1 今日の『選決断』 1 ■「友だち」 「友だち」を見つめ直す  何時間一緒にいても「楽しめる」  困った時、悩んだときに心が許せて  「話ができる」「話を聴いてもらえる」  そして これが後にも先にも大切で  相手へ「感謝」の気持ちを忘れない  真の友達がいる「環境」と「相手」へ感謝を忘れず   ここから大切にしたいもの ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あっきー あっき~
3

【2話】家で亡くなると警察が来て事情聴取を受ける。遺体発見後、1時間経つ間に聴取された話。

遺体は裸で安置されていて、それを見た私は号泣した。 警察の準備が整ったあと、 母の遺体を見に安置場所まで向かった。 母は、布だけかけられて全裸であった。 警察が数人いる中、体の傷を見るために裸にされていた。 あまりにその姿を見るのが辛く、 私は号泣した。 母は、浴槽の中で亡くなった。 遺体が発見されるまでに数日間の時間がかかっていた。 たまたま親戚が発見して、 救急車を呼んだが既に手遅れ。 私が母の
新しい とびら
50

フィリピンで警察に捕まって帰れなくなった日本人の話パートⅣ

「さてと・・・警察に行こうか?」 真正面の席についた部長は詐欺師達に威圧するような低い声で声をかけました。 「どっちが悪者かしっかり警察に行って調べてもらおう。」 それが部長の決まり手でした。 部長は国内にある小さな製作会社の2代目、食品加工に使うバキュームの機械や自動でラップやパッケージをする機械の製作を主としており、小さいとはいえ、海外とも取引をしていたそうです。 アメリカに留学経験のある語学力
渡辺 忍
101

【オープニング】元銀座のホステスと元ヤクザから生まれた上智大卒の女のはなし

私が20代のうちに、母が亡くなった。 亡くなってから、まだ時間が経ってない。数週間くらい。 ずっとこの物語を世の中に残したいと思ってた。 本当は、母が元気な頃に見せて、こんなにすごい人生だったんだよと伝えたかった。 今は、もういなくて、今はとても悲しくて。でも空から見てるかもしれない。 だから、辛いけど頑張って書いてみます。 【私のプロフィール】 現在20代最後、もうすぐで30の女子。 中学の頃は学
新しい とびら
66

彼女が登山好きなので、彼女の為に登山ルートを下見してたら、遭難して死にそうになった。次の日、彼女が元彼と復活してた。

  偶然の出会い?必然の出会い? 馴れ初め   女友達はいるが、恋人という存在は長らくいなかったある年の初夏。 当時、私はもう恋愛など出来ないだろうという諦めの気持ちと同時にもしからしたらまだ白馬の王子ならぬ、白馬の王女が出てくるのではないかという微かな希望を持っていたのです。  私は35歳、白馬の王女は34歳。 これは偶然でなく必然だと自分では考えていたのです。 なぜなら、彼女とは初対面ではなかっ
Kaju カジュ
14

【私の人生と読書①】「自分の中に毒を持て」岡本太郎 青春文庫

【私の人生と読書①】「自分の中に毒を持て」岡本太郎 青春文庫 「あなたの情熱を探して」 私は学生時代から、書評合戦「ビブリオバトル」を通じて、読書の楽しさをたくさんの人と共有したいという思いで活動しています。「己の夢にすべてのエネルギーを賭けるべき」。芸術家・岡本太郎の言葉は、挑み続けるすべての人たちの心に、深く突き刺さります。   岡本太郎の言葉に出会ったのは、浪人時代。当時の私は慣れ親しんだ土地
小松 雄也
9

もう出会い系でしか女を漁れない件

ずっと続けている趣味がある.それは出会い系サイトを通した女性との出会い.兵庫で育ち,大学から大阪に来ることになった僕だが,大阪を僕は観光の場所ではなく,女釣りに最適な場所だと大学入学当初から考えていた. 大学ともなれば,高校時代の厳しい制約から逃れた同世代の人間は,コンパ・合コンなどを繰り返し,次々に女の子をお持ち返しをしていった.僕にもいくつかのおこぼれをもらい,夜の情事を経験した. 普通このよう
志水 一馬
12

私が0歳のときに自殺した、父との想い出

私は、父のことを覚えていない。 知らないといったほうが正しいだろう。 でも、私には父との思い出がある。 とても大切で、私の人生にはなくてはならないものだ。        私は、1978年12月5日に生まれた。 父は、1979年4月25日に自ら命を絶った。 私は父が自殺したことを、30歳を過ぎるまで知らなかった。 病気で死んだと教えられていたのだ。 25歳だった父は、人間関係のトラブルが原因で、新婚だ
Suzuki Chiharu
16

ほんとうのこと~入院顛末記~(12)

ものから声が聞こえ始めて戦い始め 彼女との会話もできなくなっていく 彼女はそれでも絵や文字で おいらに伝えてくれていたが おいらはわけのわからない世界へと入っていく おいらはまだ私を持っていたのだろうか おいらがわけがわからなくなったら実家に帰るように 彼女に言った おいらは夢を見たのだろう 真っ暗な空間にそいつは存在していた そいつは存在していることを真っ暗な中で知った そして何かに触れた感じがし
坂 光男
4

生き地獄、(営業マンに転職) 嫁と嫁の両親との確執。 当時のヤフー知恵袋での質問が残っていた。これを読むと当時のことを思い出して怒りがこみあげてくる。

電気工からリフォーム営業に転職した俺は、月収16万円から18万円にアップした。 契約を取れば18万円に歩合が付く、俺は頑張った、右も左もわからないけど、ひたすら営業を頑張った。三か月ぐらい契約はほぼゼロ万円。 死にたくなった。。。 朝は早いし帰りは遅い、これは電工時代から変わらなかったが、成果が出ないのに残業しているとストレスが半端ではない。 早く帰って休みたくても、上司が仕事人間で、毎日のように0
A D
43

生き地獄の始まり、電気水道ガス供給停止、米を買うお金も無く、家賃滞納、借金返済催促の電話が毎日朝から晩まで鳴る、一歩間違えばホームレス生活寸前の生き地獄

長男が生まれてから3年ぐらいたった時に、嫁の親の会社が倒産した。 嫁の親は建築会社の三代目だったが不景気で倒産した。 嫁の実家や親の財産は差し押さえられて、嫁家族は家を出なければいけない状況になった。 そして白羽の矢が俺に立った。 最初、嫁の親は俺に「消費者金融から30万円借りてきてほしい」と言ってきた。 生活費なのか借金返済のためなのかはわからないが、俺は断った。 なぜならどう考えても30万円ぽっ
A D
54

ほんとうのこと~入院顛末記~(11)

この入院のとき 隔離されているときにオリンピックがあり オリンピックの柔道の試合結果を 毎回看護師さんが報告してくれていた 今日はどうだったとか この歳のオリンピックの男子柔道は 最悪の結果を迎えていた 保護室もどきの部屋に入って しばらくしたら 大部屋に移動になった 大部屋に移動するようになると 自宅に帰れるようになったんだけど 引越しするように家主に督促され 別に無理してまですむようなマンション
坂 光男
5

無職のままで18歳になった俺に、長男が生まれた。

まともに仕事もしていないのに、子供が生まれて焦った。 焦って面接を受けまくってもやっぱり面接に落ちまくり、いろいろと考えた末、結局建築関係の仕事をすることにして、建設関係の仕事に就いた。 建設関係の仕事は面接一発合格、翌日から出勤がデフォだ。 その建築関係の仕事とは、ハツリ屋という仕事で、コンクリートを割ったり削ったりする仕事だ。 月収は16万円程度。 長男が生まれて、嫁の実家で半同棲みたいな生活を
A D
39

中卒鬱病引きこもりニートのダメ人間が子供10人の大家族の父親になってしまった話

スラム街の様な地区で生まれ育った俺は、中学の頃は少しグレていた。 中学3年のある日、授業中に眠っていた俺に、数学教師が 「お前このままだと高校に受からないぞ」 と言ってきた。 俺は 「高校は行かないから別にいいよ」 と言って、生活態度は変えなかった。 高校受験も受けずにそのまま中学を卒業して、地元の土建屋に雇ってもらったが、なかなか続かず、3か月ぐらいで職を転々とするような感じで生きていた。 仕事が
A D
20

ほんとうのこと~入院顛末記~(10)

おいらは意識が戻った 臭い服を脱ぎ 新しい服に着替えようとしたが 整理してしまって服がない 裸のままになった おいらはそのまま なぜか元妻の部屋に向かった 元妻の部屋に裸のまま向かった 何も危害を加えないというしるしだ そして覚悟はあるのかも確認した 元妻の部屋のベルを鳴らした 裸のままの姿でだ 元妻は出なかった 出てくるわけがない いないのだ その日彼女はイセエビを食べに外食していたのだ 裸のまま
坂 光男
6

あなたは、忘れられないとんでもない体験をしたことはありませんか?STORYS.JPには、多くの『とんでもない体験』のストーリーが投稿されています。あなたも是非、自分の人生で起きた”とんでもない体験”のストーリーを書いてみませんか?

とんでもない体験 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!