人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2749件

無職のままで18歳になった俺に、長男が生まれた。

まともに仕事もしていないのに、子供が生まれて焦った。 焦って面接を受けまくってもやっぱり面接に落ちまくり、いろいろと考えた末、結局建築関係の仕事をすることにして、建設関係の仕事に就いた。 建設関係の仕事は面接一発合格、翌日から出勤がデフォだ。 その建築関係の仕事とは、ハツリ屋という仕事で、コンクリートを割ったり削ったりする仕事だ。 月収は16万円程度。 長男が生まれて、嫁の実家で半同棲みたいな生活を
A D
2

フランス人に教えてもらった、人生を豊にする超本質的な2つの習慣(その2)

Bonjour à tous! あなたは幸せですか? こんにちは。 福元こころです。 今日は、私がフランス留学で、フランス人達の 素 の生活から教わった、 人生を豊かにする超本質的な習慣(その2) をご紹介します。 フランスでの絶対的マナー 前回の その1 で、たとえ知らない相手とでも目が合ったら「Bonjour」と挨拶する事をお伝えしました。 しかし、その際にもう一つだけ 絶対的なマナー がありま
福元 こころ
3

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第51回)

『まいくばあの遺伝子を継ぐものたち(四) へれらいろ』 僕は眠っているとき電話で起こされてもすぐ百パーセントの状態で話すことができる。というより寝ているのを悟られるのがいやなんだ。 四十代のころ取引先の担当者に「おれ二十四時間仕事してるからいつでも電話していいで」と言ったことがある。当時は実際に一日三時間くらいしか寝なくて、ほとんど毎日朝まで仕事をして午前中に仮眠的に寝るような生活だった。 ある日、
前沢 しんじ
1

レイプ2

今までこの記事を書こうか、、、何度も悩みました。 他の方の正直に書いているストーリーを読み思い切ってこの記事を書くことにしました 今までレイプされたのは4回 1度目2度目ははあまりにもショックで誰にも言えませんでしたし 再度レイプされる恐れがあったので仕事を辞めました このことは後日 レイプ1 として記事を書きます 3度目はただ1度通っただけの 千葉県にある駅の改札口付近にある小奇麗な小さな美容院の
カノン かのん
3

中卒鬱病引きこもりニートのダメ人間が子供10人の大家族の父親になってしまった話

スラム街の様な地区で生まれ育った俺は、中学の頃は少しグレていた。 中学3年のある日、授業中に眠っていた俺に、数学教師が 「お前このままだと高校に受からないぞ」 と言ってきた。 俺は 「高校は行かないから別にいいよ」 と言って、生活態度は変えなかった。 高校受験も受けずにそのまま中学を卒業して、地元の土建屋に雇ってもらったが、なかなか続かず、3か月ぐらいで職を転々とするような感じで生きていた。 仕事が
A D
1

私はアーティスト日記ーle debutー

2017年1月21日土曜日  2015年8月3日〜8日、大学1年生の夏休みだった。 人生で初めてワークショップを企画・運営した。ここで私の作品作りにおける考え方が変化した。 2015年8月3日月曜日  『le debut 〜はじまり はじまり〜』 商店街に建つギャラリー、co-ume lab.に搬入をした。最初のお客さんは2人だった。  「プリン食べた。おいしい。あと作業した。」 2015年8月4日
おかだ ゆりな
2

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第50回)

記念の連載第50回! 『まいくばあの遺伝子を継ぐものたち(三) 方向音痴』 僕はひどい方向音痴で、いつでもどこへ行っても迷う。 奈良公園に歩きに行った時には公園を出て帰るつもりが、山へ山へと入っていって危うく遭難するところだった。妻に助けてもらったが、「公園で遭難」というウソみたいなことが僕ならじゅうぶんありうる。(妻はどうせ迷うだろうとにやにやしながら見ていたらしい) これは母親ゆずりの強烈な遺伝
前沢 しんじ
3

 文部科学省選定ドラマ「愛を乞うひと」を観て感じたこと

児童虐待当事者の一人として感じ考えたこと まず「愛を乞うひと」は作家下田治美さんの小説で1998年に映画化された作品だ。当時は見たいと思わなかったので小説も映画も見ていない。事前に多少ネットで内容をリサーチしたが、今回のテレビドラマしか知らないことをご了承頂きたい。 簡単なあらすじは、幼少期から凄惨な虐待を実の母親から繰り返し受けていた女性が、自分の過去と対峙し過去の自分自身と母親像を受け入れる話だ
小川 詩織
11

40歳独女。会社を辞めて女一人 大型バイクで旅に出たら...

「おまえ、バカじゃないの?」 「す、すみません...」 ■今の仕事のままでいいの?将来が不安 就職してから気が付けばもうすぐ20年。 給料そこそこ、みかけもそこそこ? 結婚したけど、すぐ離婚しちゃって わたしって、最低。自己嫌悪の日々。 年をかさねるごとに 会社にもいづらくなり 再婚の気配はないし 一生自分で稼がなければいけない このままでいいの? まずい、バイトでもするか 副業OKの会社だったので
矢島 マーシャ
59

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第49回)

『まいくばあの遺伝子を継ぐものたち(二) 笑いがやってくる』 不謹慎極まりなく顰蹙を買うこと間違いない話につき、次へ飛んでいただいてもかまいませぬ。失礼を承知で、書かずにはおれませぬ。 うちの家系は笑い上戸です。少しでもおかしなことがあると、たとえ法事に参列していても誰かがクスクスとする。するともう止まらない。 みんな肩が震えてくる。泣いているのでなく笑いをこらえている。まったく非常識極まりない連中
前沢 しんじ
2

出会い系で僕が出会ったちょっと変わった女性達

20代の頃、僕には付き合って2年の彼女が居た。 僕がすごく惚れててそろそろ結婚を切り出そうと思ってた。 それがある日、頭をハンマーで殴られるほどのことが起きる。 それは僕の友人と彼女がセックスしてるところを見たのだ。 あとでわかったのはお互いすごく酔ってたからだったけど、酒の飲めない僕は 「うん、あることだよね」と納得することもできなかった。 結果は友人とも彼女とも縁を切った、 周りはもっと怒ってよ
青木 浩太
16

第155章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

マイクのテスト中
あっきー あっき~
2

致死率99.9%の脳出血から奇跡的に生還し、たった3年半で大学卒業。在学中に高学歴男子集団でビジネスに目覚めた秘訣。

あれ・・・? これって夢だよね? それにしても、この夢長くない? 今までこんなに長い夢あったっけ? 何だか現実のようだな・・・でも夢か。スースー 2009年の4月、総合病院の病室にいた私は、 あの世から無事に生還したが、 脳がやられて現実なのか夢なのか、よくわからない状態になっていた。 ~致死率99.9%の大病~ 高校3年生 卒業目前の3月に受験のストレスで、 ある日突然、致死率99.9%の脳室内出
白鳥 香織
26

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第48回)

『まいくばあの遺伝子を継ぐものたち(一) ヘンなやつら』 平成二十三年九月四日、和歌山県南部大水害。 当日朝六時ごろ市内放送で「熊野川堤防から水が越え始めました。至急二階か、高いところへ避難してください」と避難指示が何回もくり返して流された。 前夜のうちに僕の家より海抜が高いまいくばあの家に避難していたのだが、放送を聞いて至急車で市内の一番高い丘に逃げたのだ。                    
前沢 しんじ
3

障害があっても好きな事で生きていけるって証明したい!画家本人がファンを募るという前代未聞のファンクラブを開設してみた

はじめまして。抽象画家のtaro3と申します。主にネット上で作品を発表・販売しています。 たとえば、こんな絵を描いてます。 まずは、自己紹介を。 1978年生まれ。30代半ばに、戸籍上の性別を女性から男性に変更。わかりやすく言うと、女から男に性転換してます。現在は、女性と結婚して、2人暮らししてます。 『私には苦手な事がたくさんあります』 私には苦手な事がたくさんあります。 例えば、 ・誰かに見られ
コトリ タロウ
10

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!