人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2865件

英語が出来ない自分と日本語の出来ないアメリカ人10人の東京観光

あれは、楽天に入社3年目の事だったと思う。当時は、2008年で楽天も英語化する前の事でした。 常務 アメリカの関連会社の経営陣が日本に来るから、観光の案内して。 僕 えっ!?僕、英語出来ないですよ。 常務 良い機会だから、頑張っておいで。 編集 その会話の数週間前だったと思う。常務に、NOVAに通っているという話をしたことを思い出した。当時の僕の英語力。学生時代に受けたTOEICは430点くらいでし
石井 勝也
96

私がサプライズの会社を立ち上げた理由

最高に楽しいキャンプ 会社を辞めることが決まった1ヶ月前、 6月下旬の梅雨ど真ん中のある日のこと。 会社の仲良しメンバー13人でコテージを取ってキャンプをすることになった。 せっかく行くんだからチームごとに勝負をしながら楽しもう!ということで 1回戦:お買い物ゲーム 2回戦:釣り! 3回戦:宝探しゲーム で、負けたチームが肝試しをするっていう企画をたてた。 買い物を済ませてキャンプ場へ。 くつろいだ
小泉 憲一
272

アバンギャルドな「どら焼き」で世界を目指す話

あれは、昨年末の話でした。 先輩に渋谷の牛角で世界的なラグジュアリーブランドのデザイナーさんをご紹介いただきました。有名なラグジュアリーブランドで、デザイナーさんは恐らく30前後、ゲイとのことでした。うちの家業は、和菓子屋ということも有り、手土産としてどら焼きを持って行きました。 先輩 どら焼きっていうお菓子なんだけど、どう思う? デザイナーさん こいつは、アバンギャルドな食べ物だな! 自分 ???
石井 勝也
63

ボストン・コンサルティング出身の経営者に理不尽に怒られた話

ビジネスは、機械がやっているんじゃない!人間がやっているんだ!!! 僕が織田裕二さんなら、怒鳴っていたでしょう。まぁ、僕は織田裕二さんでもない、ただの普通の人なので、怒鳴りませんでしたが。 きっかけ 僕は今まで10人くらいのボストン・コンサルティング(以下、ボスコンとする)出身者にお会いして来ました。どなたも、とても優秀な人でした。 僕は大学時代、政府系シンクタンクでアルバイトをしていました。東大の
石井 勝也
345

第一回 ハワイの人気飲食店のライセンスがもらえるまで!

僕は、焦っていた。 去年の11月に会社を退職し、8ヶ月近く、お金を稼げていない。 早く、何か形を作らなければ、、、、 楽天時代の大先輩というか、上司というか、上役に飲食店をやりたいと相談してみた。 数日後、ハワイで働く楽天の後輩が、同業の飲食店をやりたいと行っているので、ハワイに行ってこいという指示が、先輩からFACEBOOKで飛んできた。 ※僕は、この後輩氏には会ったことないです。 う~ん。行くべ
石井 勝也
808

私の目標は、ママ?パパ?

introduction わたしのパパとママは、高校の同級生。 長女(大学4年)、次女(大学2年)、三女(高校2年)の三姉妹。 父方の祖母と、ねこが4匹、犬が2匹一緒に 大田和 家に住んでいます。 なつかしき成人式の日に撮った写真。 今年でちょうど50歳になる、わたしの大好きな両親について 紹介するとともに、娘であるわたしの想いを語ります! 余談ですが、わたしの名前の由来・・・ めぞん一刻が大好きな
大田和 響子
109

【5】痛みと温度が同居した日 ~映画監督との出逢い~

東京は目黒駅を降りて 権之助坂をくだる。 向かった先はホリプロ。そこがオーディション会場だった。 とても緊張していたのと、迷ったら困ると思って早くに到着してしまい 待合室でまつも落ち着きません。 周りには同世代の女の子たちがたくさんいました。 目を合わせないように・・でも凛とした姿だけは必至でたもって。 目を合わせた瞬間に自分の決意が揺らぎそうで怖かった。 15歳のこれが精いっぱい。 ふるえそうな手
中村 麻美
792

【ロボット】中の人が電子の世界にのめり込むまで【最強集団】

C言語との出会いと受験 ちょうど中学3年のときに 近くの工業高校 にて体験学習がありその中の講座にC言語コースがあったのでそれに参加しました。 これが人生を踏み間違えたターニングポイントかもしれませんw  そして、高校受験の目標をその工業高校に定め のんびり勉強。 そして2005年の3月に見事合格しました。 ロボットとの出会い そんなわけでその高校に入って「さぁどの部活に入ろうー」ということになり、
中村 友哉
37

paperboy&co.創業記 VOL.3: 東京進出、そして変化。混乱。

福岡時代、僕はペパボはいわゆる”ベンチャー企業”では無いと思っていたし、スタッフにもそう言い聞かせていた。ITベンチャーで連想される、ヒルズ族といった様なギラギラとしたキーワードが嫌いだったというのもあるし、そもそもペパボ自体は起業した月から、ロリポップで順調に売り上げが伸びて経営は安定していたから、がつがつとする必要が無かった。家族経営スタイル。これが福岡時代のペパボだった。 GMOグループにジョ
家入 一真
1836

ダメバンドマンの人生がMac一台で180度変わった話 ③ 完結

Appleの製品はご存知の通り、美しい。 化粧箱まで美しい。 ロックをやっていた僕には、ロックスター的な先輩がたくさんいた。彼らが口癖のように言っていた言葉がある。 ロックスター先輩 ハッタリかましながら成長しろ ロックスター先輩 セクシーじゃないやつは出しゃばるな 編集 おつむのアレなシュンキは都合よく受け取っていたので、自分がイケテルと思うならそれを信じろ!という美しい言葉だと思っていた。(今も
馬場 峻樹
957

【4】痛みと温度が同居した日 ~息を切らせて本屋に駆けた あの日~

高校1年生の春と夏のあいだ。 学校をさぼって映画館へ行ったのを思い出す。 平日の昼間はほんとうに人が少なくって 貸切のような贅沢な環境の中で スクリーンを独り占めできたんです。 今のようにシネコンがなかったから 単館どくとくの 古い匂いがしました。 制服を着て家を出て、横浜の駅前で私服に着替えた 自分だけの秘密のじかん。 とても愛おしい ソノじかんは宝モノ。 そんなある日の昼下がり、家でごろごろしな
中村 麻美
740

僕の逃げ人生(2) 逃げ⇒前向きな逃げへ

前回のストーリーから引き続き読んでいただき、 本当に感謝です。   前回では、僕が 『逃げ』の『逃げ』による『逃げ』のための人生 を過ごしていることを分かってもらったかと思います。   中学の時には、期待のプレッシャーから逃げ、 高校の時には、ニキビという現状から逃げ、 大学の時には、環境の変化から逃げてきました。   そんな僕にある変化が訪れた出来事があります。     ふとしたきっかけで、 ニュ
江藤 誠哉
125

僕の逃げ人生(1)  学生時代に経験した3つの逃げ

はじめまして^ ^ 江藤誠哉と申します。 僕は、現在メルマガライターとして、活動しており、 その傍ら、セミナー事業なども行っています。 また趣味の音楽制作の延長で、 京都地下鉄の発車音の僕の音楽が採用されたりしています。 僕は、学生時代、あまり勉強などで、苦労することがなく、 学校も推薦入学だったので、受験勉強もしたことがないし、 就職をせずに学生のころから起業していたりするので、 よく周りからは「
江藤 誠哉
525

paperboy&co.創業記 VOL.2: バイアウト後の東京進出

会社、個人それぞれの銀行口座に数億円が振り込まれた。 僕らはGMOインターネットグループにジョインした。 25歳の春だった。 個人、法人共に立場が激変した。まずペパボ。 それまで有限会社だったのを株式会社化した。福岡のままでも良いよ、と熊谷さんには言われてたけど、元々東京への移転を健太郎(くわがた)と話していたので、本社を渋谷セルリアンタワーに移転した。東京は福岡と違ってとても刺激的だった。良い意味
家入 一真
6050

paperboy&co.創業記 VOL.1: ペパボ創業からバイアウトまで

12年前、22歳の時に福岡の片田舎で、 ペパボ ことpaperboy&co.を立ち上げた。その時は別に会社を大きくしたいとか全く考えてなかった。家で仕事が出来て、仕事をしながら子育て出来ればそれでいいやと思ってた。当時サラリーマンをしてたんだけど、中学2年から引きこもり、対人恐怖症気味だった僕には、定時出社や同僚とのコミュニケーションが苦痛でしようが無かった。サラリーマンを辞めたいが為の起業。どちら
家入 一真
6958

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!

test

by T K
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!