人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2792件

スペインに留学すると言ってとある離島に1年間住んだ話 番外編(サッカー版)

なんということでしょう! 時は風の如く。 既に4月ぐらいになっていた。 今までの話ではサッカーを主旋律にあまり絡めないで書いてきていた。だけれども、この留学では重要で一番大事な部分はやはりサッカーだった。 Tijarafeのユースでは11月頃から僕はさり気なくレギュラーFWの定位置を占めていた。 めちゃくちゃ点を取りまくる相方と組みながら幽霊の様に現れてボールを取ったりいなかったはずの所に現れたりす
ito sho
318

高3でアメリカに行って得たもの~行動する力~

高2もそろそろ終わりそうな頃、部活もすでに引退し、そろそろ受験勉強しなきゃなーとボーと過ごしていた時期にそのニュースはやってきた。父親が海外赴任。それもアメリカに。 それを聞いた時に即座に行こうと思い、とてもわくわくしたのを覚えている。 というわけでそろそろアメリカに来てから2年間が経つのですが、アメリカという土地に限らず、異国で生活するということはどういうスキルを僕に与えてくれたのかを書いてみよう
新井 康平
79

形容

丘洋子さんのストーリーを読んで、 前職をやめた時のことを思い出したので、書き連ねてみる。 退職という節目 イケメン 「どうして前の職を辞めたの?」 編集 とよく聞かれる。やめた当時はなんの迷いもなく辞めた。 まぁよくブラック企業として名高いところも有り、様々な面を体験し、体験談を聞き、それなりに不満もあり、様々に積み重なって辞めたんだけど、最終的に得た結論は、これだった。 私 「このまま30歳、3
安倍 元俊
27

2冊のビジネス書が出版され、増刷されるまでの物語 vol.02「レジュメを書く」

 青年にとっての衝撃的な出会いから、何かに導かれるようにして「みどり勉強会」に通うようになった。  今にして思えば、理由は思い浮かばない。奴隷だ、破滅だと罵倒されながらも、理路整然と説き伏せられ、ひねりあげられたので、ある種、爽快でもあった。その快感を味わいたかったのか、それとも視野が広がると思ったからなのか。  まるで坂本龍馬が勝海舟に魅入られたかのように、高杉晋作が吉田松陰に心酔したように、青年
松本 健太郎
39

スペインに留学すると言ってとある離島に1年間住んだ話 番外編2

留学生再び さてさて、学校にもいろいろと慣れてサッカーの試合にも出始めてきた頃。 またまた支部活動が行われました。 今回は自分の国のことを "スペイン語" で説明しなくてはならず、全く勉強してきていなかった僕は本当に大変な思いをしました。 辞書を片手に文章を書いては消し、書いては消し、最終的にはヴァレンに見てもらい… ヴァレンティナ …結局どういうことを説明したいの? 僕 orz 編集 ということに
ito sho
414

スペインに留学すると言ってとある離島に1年間住んだ話 生活に慣れる

ホストファミリーの紹介 そうそう。 ホストファミリーの紹介していませんでしたのでここで全て整理しておきたいと思います。このままずっとホストファミリーとして続けるのもいいですが、ややこしいですからね。 ホストファザー:ドナト ドナトさんは一回サッカーの件でも登場していますが、この地区ではかなり有力なバナナ農家の主です。物静かですが大体の決断はドナトさんがやります。実は料理も上手で トルティージャ(スペ
ito sho
501

スペインに留学すると言ってとある離島に1年間住んだ話 学校が始まる

知り合いばかり? さてはて、1周間が曲がりなりにも過ぎて生活に慣れてきた頃。 とうとう学校が始まりました! とても小さな学校の中で友達できるかなぁ… と不安と期待を胸にバスに乗って行きました。 学校 チームメイト お、チョー!(みんなショウじゃなくてチョーとかになることもある) 僕 あ、あれ?君は…? チームメイト アローンだよ!お前どこのクラスだよ?俺は4eso(高校1年相当)だよ!チョーは? 僕
ito sho
521

音楽を始めたきっかけ

最初のきっかけ 最初のきっかけは、小学校の音楽発表会だった。 その頃は俺はなぜかパソコンクラブというのに所属していて、そこで日がな一日HTMLとCSSでクラッシュ・バンディクーの攻略サイトを作っていたんだけど、たまたま音楽発表会の練習を音楽の授業中にやることになって、そのときに初めて楽器に触った。 で、曲目が『剣の舞』。鍵盤楽器がメチャクチャかっこいい曲で、初めて聴いた時から「鍵盤やりたい」と思った
馬場 達郎
52

スペインに留学すると言ってとある離島に1年間住んだ話 番外編

留学仲間が集合 この留学で僕が利用した留学団体は世界各国から留学生がひとつの国に集まります。 日本でも活動しており、現在も多くの方が貴重な体験をしています。 ここでは、支部活動というのが1ヶ月〜3ヶ月に1回あります。 ただし、僕が派遣されたのはカナリア諸島。 しかも、この島にいる留学生は僕たった一人。 そして、この支部が活動するのは隣のTenerife... それはつまりどういうことか。 飛行機で支
ito sho
564

スペインに留学へ行くと言ってとある離島に1年間住んだ話 1週間過ぎる辺りまで

お祭り三昧…  着いたその日の夜のこと… ホストマザー 今日はお祭りがあるから行きましょう! 僕 はい!行きます! 編集 時期はちょうど9月の初旬 ヨーロッパの人々はそろそろ仕事始め、学校始めのためにそれぞれの地域へ戻ってくる頃。 なぜだかわからないのですが、この島ではやたらとお祭りが…。 次の日 ホストマザー 今日は島の反対側でホストシスターとホストブラザーがお祭りで歌いに行くから着いて来なさい!
ito sho
618

フェイスターン⑤

  見られた。鬼の角。見られた。   わたしはうわごとのように呟きながらトイレに駆け込む。   どうしよう。ばれた。わたしが鬼だってばれてしまった。阿部に。一番好きな人に。もうおしまいだ。この恋も、友情も、学校生活も、全部おしまいだ。だってわたしは鬼なんだ。人間じゃない。人間じゃないものは排除されるんだ。どうしたらいいの。わからない。どうしていいのかわたしにはわからない。ワカラナイ。消えてしまいたい
吉村 誠
23

スペインに留学すると言ってとある離島に1年間住んだ話 到着直後

突然のぼっち  留学先が決定した1週間後… 既に僕は成田空港を旅立ってマドリードについていました。 現地スタッフ あなた、明日の出発は朝の5時だから気をつけてね!(この時既に夜の8時) 僕 え、え、え…?(英語なのでなんとなくしかわからない) 編集  とりあえず、朝の5時にマドリードの宿泊先を出ないと行けないということらしい。だから寝ること無く朝5時に指定の場所に集合した。 そして、他の現地スタッフ
ito sho
754

コンピューターの未来

[コンピューターの未来] コンピューターに関するまじめな話。 我が家はは7歳の時に父を交通事故で亡くして以来母子家庭だ。 当時から今でも母子家庭での育児というものは制度的にも、 社会環境的にもなかなか難しいものだと思う。 幸いにも母は名の知れた会社に就職ができ、 残業等で帰りは遅かったり、 賃金的にはそう多くは無かったと思えるが、 普通に小中学校に通うことはできる程度には安定して生活していた。 子供
超飯塚 俊英
32

フェイスターン ④

  それからしばらく経った日の朝、お母さんがダイニングテーブルに二枚の紙を置いた。 「これ、阿部くんと行ってきたら?」とお母さんが言った。プロレスのチケットだった。 「お父さんがね、今やってるタッグリーグでいいところまで行ってるのよ。それ、最終戦のだから優勝するとこ見られるかもよ」 「いいよ別に。阿部はともかく、わたしプロレス興味ないし」 「いいじゃない、興味なくても。結局あれから何も進展ないんでし
吉村 誠
24

フクシマで生まれて〜今だから言える、あの時のこと〜

2011年3月11日を境に私の地元・福島は、のどかな田舎町というイメージから一転、「被災地」となりました。 いっぺんに家族や友人を失うかもしれないという恐怖、大切な人達が苦しんでいるのに何もできないもどかしさ。 新幹線に乗ればすぐ会いに行ける距離だと思っていたのに、会いに行くことさえできない。 「福島に住んでいる人の方がずっと辛いのに、自分が辛い顔をしてちゃ駄目だ。」 「東京の人には話すだけ無駄だ。
二瓶 彩菜
62

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!