人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2818件

◆世界唯一?!のステッキアーティストができるまで◆平凡会社員の衝撃的な出逢い

自分は何もできないと思い込んでいた 私はね、もともと自分は何もできやしない、 そんな特別な人間じゃないって本気で思ってた。 2008年、大学生最後の夏に交通事故に遭って、 一命は取り留めたものの少し障がいがのこった。 それまでうつ病認定されたり自殺未遂をしたことのあった私にとって、 これってすっごーい大きな大きな転機だった。 初めて「いのちの尊さ」に気づけた。 今でも人に話すと不思議がられるけど、
Nukiwa Fuyuko
36

子どもを亡くして社畜をやめた話④妻からのメール

子どもを亡くして社畜をやめた話④妻からのメール 目が覚めた時 むすこが死んでいた 体温が抜け始めている その小さな体を抱き上げて妻に渡す 彼女は 慈愛に満ちたような 打ちひしがれて緊張を失ってしまったような 緩やかな表情で 何も言葉を発することなくただむすこを抱きしめた おれはそのときの彼女の表情が忘れられない 感情の抜けきった人間の表情は 思い出すだけでも背筋を冷たくする 不幸 これから訪れる幸福
中野 ガンジー
2079

大学名に抱いたコンプレックスが未だに消えない話 第三話

▼前回のあらすじ▼ 2年生になり、いろいろなことに手を出した自分 しかし、根本的なコンプレックスの解消に至るものはひとつもなかった そんな中、「成長のためにはコンプレックスを認めることが必要」ということがわかり  自分と向き合い始めることができてくる そして3年生になった。 環境に求めすぎるな コンプレックスと自己成長のこと以外にわかったことがもう一つあります それが上に書いてある「環境に求めすぎる
西春 博矢
118

大学名に抱いたコンプレックスが未だに消えない話 第二話

▼前回のあらすじ▼ 大学受験に失敗した自分は、勉強以外の何かを執拗に求め 大学のサークルのあるプロジェクトで必死にがんばる しかし、理想の自分と現実の自分のあまりにも大きいギャップに気づき 自分に失望する そして、1年生の冬に一人旅へ出る。 あても無い旅 12月30日の夜。 1人で夜行バスに乗り、知り合いも誰もいない関西の地に向かう 1人旅などしたことがなかったので、とりあえず着替えとお金とカメラだ
西春 博矢
999

こだわりの理容業

少年時代はスポーツ大好きな少年。 スポーツならなんでもマルチにこなしたい性格の持ち主だった。 その時代、中学生男子は「丸刈り」が当然な世の中。かっこよく服を選んで着こなそうにも丸刈り頭にニキビ面にはどうしても似合わない。 まぁ、元気に外で遊ぶ方が似合っているから仕方ないのだが。 高校生になってからは髪も伸ばせると思いきや入った部活の方針で2年生の春までは結局「丸刈り」。 その後、髪をカッコいいスタイ
青島 克義
54

大学受験に二度に渡って失敗し、無謀な二浪にトライしようとした自分が父親の言葉で目を覚まし、1年後に志望校に編入した話

こちらに投稿する理由。 下記は数年前、mixiに投稿した内容です。 個人情報に当たる部分を伏せた他、当時の考えを少し追加しましたが ほとんど内容はそのままです。 新たな転機を迎え、ふとした事から 自分のこれまでの人生を見直していたのですが、 このときに抱いていたような思いで新しいフィールドに取り組みたいと思い、 再度こちらに書くことにしました。 若さゆえ、文体や展開が乱雑で読みにくい箇所もあるかと思
KAORU SHIMIZU
413

自分の可能性は自分が思っている以上にある①-落ちこぼれが大学教員になる

□落ちこぼれが大学教員になる:自分の可能性は自分が思っている以上にある 「たった15分間、勉強机に座ることができない」、「漢字が読めない」、「高校時代の偏差値は40程度を行ったり、来たり」・・・そんな自他ともに認める「落ちこぼれ」が、現在、国立大学(鹿児島大学)の准教授をしています。その「落ちこぼれ」とは、私のことです。  私の経歴を知っている学生や教員は、あまり多くありません。別に、隠していたわ
日野 道啓
1198

奇跡を初めて感じたとき。

家族のことを少しだけ書きます。 今の自分があるきっかけをここに綴ります。 あまり書くべきではないと思いながらも、きっと同じようなことで苦しんでる人もいるのではないかと思い、ほんの少しだけでも気持ちを立て直すきっかけになればと。 僕が高校1年の春、祖母をガンで亡くし、祖父をその翌年肺炎で亡くしました。祖母は1年間の闘病の後、亡くなったが献身的に看病をしてた母が異常を感じたのも、祖母の病気が発覚した頃だ
Takegami Takayuki
154

【FMV-DESKPOWER】中の人が電子の世界にのめり込むまで【PC-8801mkⅡ】

休日の面白い遊び 1995年、その時5歳ぐらいだった自分は休日のお昼に母親が妹と自分を連れて父親の仕事場へ行く機会がありました。ちょうどその場所にあったのが FMV-DESKPOWER でした。 その FMV にはプリインストールアプリがほとんどインストールされており、なかでも サンリオタイニーパーク が入っていまして、そのアプリを遊んでいました。 だんだんと身近になっていった その次の年の11月に
中村 友哉
32

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

タイトルの通り、おおよそカジノで億万長者になる確率と似た確率で、ものすごい倍率を突破した時のお話です。でもこれは、私1人の話というよりは、応援してくださった方々全ての人たちのストーリーであると思っています。 オーストラリア政府の「世界最高の仕事」、ご存じでしょうか。2009年にクイーンズランド州にあるハミルトン島で「アイランドケアテイカー(島の管理人)」を世界的に募集をしたアレです。「楽しく暮らして
井上 祐巳梨
1615

憧れのインターネットベンチャー

会社が始まって1年目の冬。スタッフの数も20人ほどになり、社内では好調なレンタルサーバーを運営する傍ら、ドメイン取得サービス、ブログASPサービス、ショッピングカート機能の3つのプロジェクトが走っていた。 そんな中、お客様担当の他に広報とマーケティングの担当だったボクは、社長と東京で開催されるブログのイベントに参加していた。日本でも2002年頃から目にするようになったブログであったが、ロリポップ!で
佐藤 健太郎
984

アスペルガー症候群について 前編

※この記事はブログで書いたものの流用です。 自分自身の整理整頓のために書いていますが、 似たような境遇の方、身近に似たような方かいて、 もしお悩みでしたら…何かの参考になるかもと思いこちらにも掲載しました。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ こういう話をうかつにすると誤解を生みやすいのですが。 誤解を恐れずに書いていきます。 「話すは手離す」です。 スピリチュアルな道に進む方
Kikawa Masami
102

~自分自身ではなく、相手をいかに集中させるか それが会話力~

初レッスンの朝。  暑い一日になりそうだった。  いつもより二時間も早起きをした。僕の心臓はドキドキ高鳴っていた。  突然のお願いをふたつ返事で引き受けてくれた、紙谷さんとの初レッスンの日だったからだ。  早朝の空気は気持ち良かった。いつ以来だろう、こんなに心からワクワクしたのは。こんなに朝を迎えることにドキドキしたのは。  中野サンプラザに近い喫茶店。六時ちょっと前に僕は待ち合わせ場所へ到着した。
田中 慎也
83

StartupWeekend はじめまして

はじめまして、私は王と申します。先週のStartupWeekend に台湾から参加しました。 今回は、数人日本の友達なってた、ありがとうございました。 これから よろしくお願いします。 また今回 StartupWeekend 日本で開催なら、私が 必ず 参加するよ。
王 汶遠
12

営業の魔法(フィクション)著者 中村信二

照りつける日差しから逃れるように、僕は喫茶店へ入った。今日も暑い一日になりそうだ。  二十席ほどのボックスは奥から順に半分ほど埋まり、客のほとんどが僕同様にスーツ姿のビジネスマンだった。  疲れた表情のウエイトレスにアイスコーヒーを頼む。  今は午前十時。ランチの時間にはまだ早過ぎる。  カバンから手帳を出し、できるだけ顔を上げないようにうつむいていた。回りのビジネスマンたちも、それぞれにスポーツ新
田中 慎也
140

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!