人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2752件

わらしべ長者的な起業の話。

はじめに わらしべ長者という昔話を知っていますか?転んで掴んだ藁一本をいろいろなモノと交換しながら、最後は豪邸と嫁さんを手に入れてしまう物語です。 僕はちょっと変わった社会への出方をしてしまったので( http://storys.jp/story/1048 )全体的にわらしべ長者的な生き方をしているとも言えるのですが、それは他の物語で補完しようと思うので、ここでは起業に繋がる話をしようと思います。
Sato Masashi
167

独立など夢にも描かなかった自分が40歳で起業するまで

はじめに まず自己紹介をしますと、今年45歳。熊本県の天草の出身です。天草四朗という歴史的人物で有名ですが、最近イルカウォッチングが流行ってまして、芸能人の来訪が放映されて、少し全国に知れ渡ってきています。 私の両親はそこで30年ほど喫茶店を営んでいます。ぜひ天草に旅行に来られたら立ち寄っていただきたいです。苓北という町の国道沿いの緑の看板のお店です。 ここから、当時の自分がどういう職業を選んだかと
谷尾 薫
476

変態を通じて視野を広げる経験。

2009年4月。東北大学入学。 見ず知らずの新しい土地で始まる新生活に胸をときめかせる。 何でわざわざ鳥取県から仙台に出てきたの?とよく聞かれた。 東北の色白美人に会うために!と答えていた。 当時から今までを振り返ってみると、色白美人さんには会えはしたものの、それ以上何もなく。 でも、それ以上の価値ある、変態との出会いがあった。 キッカケは一冊のフリーペーパー。 入学式会場へ向かう道でフリーペーパー
Katsube Tatsuya
38

東京砂漠

大阪で生まれ育った私は、東京に行きたがっていました。 なんでかって? ナイショで漫画家になりたかったのです。 日本の出版社は東京にあるから、東京に行かなきゃ! と思っていたのです。 ちなみに、自分の作品を一度も完成させたことがなく、ただ東京にいけばよいと思っていました。ナイショにしてたということは、心のどこかで自分には実現できないとわかっていたのかもしれません。 とにかく、高校出たら東京いく! とい
Mayo K
144

突然の離島暮らし(2):離島に行きたいわけではなかったけれど

「突然」だったのはむしろ僕の周囲だったのではないかと思う。 移住を決めるまで、離島出身の人と話す機会はほとんどなかった。 毎年日本のいろんな島を旅行するほどの島好きでもない。 そもそも、僕の周囲で島の話題が上がることなんてほとんどなかった。 僕も含めて誰も関心を示さなかったからだ。 そんな僕が「離島暮らし」を決意したのだからたいへんだ。 なぜ「離島」なのか、説明を求められる場面は多々あった。 僕は「
Akimoto Yushi
44

大切なことは全てDeNAから教わった

新卒で入社したDeNA。 当時はまだモバゲータウン(現mobage)にソーシャルゲームと呼ばれるものはなく、アバターで収益を作っていた時代だった。 私の同期は44人。新卒入社とはいえ、私は入社時点ですでに26歳。 その中でも入社直後の研修では目標を全て達成し、順調な滑り出しだった。          
深田 洋輔
55

あたりまえ?大袈裟?

「このあと急死すれば、これが最期の会話になる。」 私が人と話すとき、わりと本気で意識してしまうことです。 大切な人や、あまり会えない人との会話で、特に発動します。 震災で意識する人も増えたかもしれませんね。 私の場合、単純に小心者だからなんですけど。 一寸先は闇とばかりに常に怯えているのです。 あ、スタバのロゴとかも怖いです。 夫への挨拶 朝、私が出勤するとき。 家人に「いってきます」だけは聞いても
Mayo K
32

pixiv作った時の話

イラストコミュニケーションサービスpixivを作るまでの話をします。 画像は公開した当時のpixiv プロローグ 今は殆ど無いですが作った当時は取材などでよく 「どうして作ろうと思ったんですか?」などと聞かれました。 基本引き篭もりで家から出たくない人なのでうまく答えらず、 代わりに片桐が答えたりしてました。 閑話休題。 イラスト描くことが趣味です。 最近漫画を描いたりもします。 好きなジャンルは百
上谷 隆宏
585

リクルートでの30ヶ月

リクルートでしたこと 新卒から2年半、リクルートでたくさん働かせてもらった。たくさん勉強させてもらった。 在籍部署は2つ、 #HRカンパニー総合企画2部1グループ  ナショナルクライアント向けリクナビ営業 #メディアテクノロジーラボ  新規事業R&D のふたつだった。 営業(死ぬほど売れなくて死にそうだった)、マーケティング(死ぬほどアフィリエイトやってクビになりかけた)、新規事業責任者(死ぬほどお
佐俣 アンリ
101

自分を変えるきっかけをもらった人との出会い

 末っ子が小学5年生になった初めてのクラス懇談会。隣のクラスの先生は、上の娘の担任の先生で「今年度もお願いします。」とママ友とご挨拶に。そしたら、「娘さんの担任は、今年2年目の先生で初めての担任だから、クラスの事もよくわからないだろうから、お母さん達が役員になってくれると有り難いんだけど・・・」と言われ、そのママ友と立候補がいらっしゃらなかったら私達がやります、とお返事させてもらいました。が、案の定
丘 洋子
124

独立したきっかけ

独立したのは2012年4月。。。 その前の#MA7のコンテストでソーシャルメディア賞を受賞したのがきっかけなんですね。 それまでは、自分の実力は世の中と会社の中での評価ってどっちが正しいのかと言うことに悩んでいて、実際、コンテストで賞がとれるなら、世間で通用する。 しないなら、別の道も考えるかという所で賞が取れてしまったというのが、独立のきっかけです。 #MA7…http://ma7.mashupa
青島 英和
21

年収3億円の美人女子大生メンターの教え

今日も外回りの営業か… 行きたくないなぁ… 仕事してるふりしてどうやってサボろうかな。 いつか宝くじ当てて、早くこんな会社辞めるんだ。 毎日そんなことを考えていました。 朝早くに朝礼に出て、営業会議を終えると ホワイトボードにウソの訪問先を書いて 「行ってきまーす。」 車通りが少ない木陰に車を止めて、数時間 営業のノウハウ本や自己啓発本を読む。 努力しないでうまく行く方法がないか、 そんな魔法をいつ
小泉 憲一
2492

突然の離島暮らし(1):プロローグ

このストーリーの始まりをどこに設定するべきか、いつも迷う。 2010年8月。 盆の頃、実家の秋田へ帰省していたとき、とあるTweetが僕の人生を大きく変えることになった。 「離島の教育事業に携わる」 まさかそんなチャンスが来るなんて、思ってもみなかった。 これまで自分が歩んできた軌跡が、すっと一本の線につながる。 配属されて1年。仕事も板についてきた。 苦しかった時期を越えて、チームに貢献できるフェ
Akimoto Yushi
56

マジでミュージシャン目指してた頃(1) Red Insanity結成編

きっかけ ギター始めたきっかけが「もてたかったから」ってよく聞くけど、あれは本当だと思う。バンド仲間とそういう話になった時もみんな大体そんな理由だった。 自分も同じ。中学のとき友達が文化祭でやったライブに女の子が多く集まっているのを見て、「なんだかおれにもできそう」と勝手に思ったノリで、そのままギターを始めた。 本気でミュージシャンを目指そうと思った理由もこれまた単純で、当時流行っていたBECKとい
近澤 良
70

Google を辞めたのは

悶絶インザベッド。こういう時に限って買い置きのVittel もなく口の中と心をカラカラにして頭痛と戦いながら、仰向けに寝転がりラップトップを胸の上にセット、まくらを立てて首を起こし、病床コンピューティングを続けています。 このように久しぶりの風邪に完全に屈しながらも、先日婚活女子に問われたGoogle を辞めた理由をぼんやり熱っぽい頭で考えてみたら草むしりの原理に落ち着いたので、それについて書いてみ
佐藤 裕介
578

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!