人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2830件

フェイスターン ②

  その日、塾から帰る途中の夜道で、ほろ酔い加減のサラリーマン二人組に声をかけられた。 「ねえ、お嬢ちゃん。いまからおじさんたちとカラオケでも行かない?」 「行かない」とわたしは言った。気持ち悪い。こんなのは相手にしちゃいけない。  でも彼らはしつこく食い下がってくる。 「そんなこと言わずにさ。一時間だけでいいから」 「行かないって言ってるじゃん。気持ち悪いな。どっか行ってよ」  わたしはつい感情的
吉村 誠
27

インドで入院した話

・カルカッタにて謎の吐き気と下痢に襲われ、病院に行ったらそのまま入院することに ・どんな治療を受けたかは覚えていない ・食欲ないのに 3食すべてカレー だった ・ぜんぜん食がすすんでないのに、「おかわりいるか?」と聞いてくる ・マラリアかもしれない、日本に帰ると薬がないから死ぬぞ、といってなかなか退院させてくれなかった ・ 死んでもいいから帰ります 、という念書にサインして退院させてもらった
堤 修一
48

登山をキッカケに人生前向きに!就活失敗女子が、カンボジアで起業するまで

就職活動と、苦悩の日々 わたしの大学生活は、大部分で言えばキラキラ充実していたと思う。 それが一転したのは、就職活動を迎えてからだった。 何がしたいのか、何をすべきか、わからない。 その頃の私は「社会に出る」ということが何を意味するのか、全くイメージできていなかった。 わからないなりに、同期の見よう見まねで頑張ったが、採用に結びつけられない。 どんどん自分が嫌いになってくる。 ついには、心の底から好
森山 真祐子
259

第2の母からの贈り物

僕の第2の母 (ホームマザーとの写真がなかったので、長女の友達との写真w) 彼女は、僕がアメリカに1年留学していた時のホストマザーのAziだ。 Aziとは、警察沙汰になるほど、喧嘩もした。 (振り返ってみても、さすがに【Fuck you】は言い過ぎた。) 今となっては、彼女は僕の人生の教訓ともなる 贈り物をプレゼントしてくれた大事な人である。 悲劇は、突然やってきた 1億年ある地球歴史上の、とある日
Shibayama Yuki
56

「研究職には就かない」と決めていた就職活動

「うちの会社、大学院までやってきたこととぜんぜん違うけどいいの?」と、面接で言われるのは当たり前だった。そもそも私の学んできたことは、産業応用できないのだ。 私が専攻していたのは自然人類学と言って、「ヒトとはなにか?」という疑問について理系の手法を用いて追求していく分野だ。手法としては骨格を計測したり、DNAを分析したり、様々な統計手法を用たりする。今では多くの人が耳にしたことがあるだろう『人類がア
小金渕 佳江
167

会社を辞めて、フリーランスで仕事した後、スタートアップで働いてみる。

はじめに 詳しく聞きたい!を付けて下さった方、ありがとうございます。 この一年強の私の話を書きたいと思います。 会社を辞めた! 新卒で入社した会社を二年弱で辞めました。 なんで?とかその理由とかを良く聞かれます。 二年じゃ何も分からないじゃないか、とか言われる事もありますし、実際自分でもそう思います。 でも、ありがちな話ですが、「限界」だったんです。 長時間労働にも、人間関係にも、朝晩襲ってくる過呼
Okuma Nozomi
882

フリーランスになってみた

その時私は26歳だった。とても寒い冬で、仕事が忙しかった。私はとても焦っていた。年が明けて春が来る頃、桜が咲く前に27歳になってしまう。27歳になったら、その一年間のうちに「何か」しないと、それ以上生きていけない気がした。 当時ちょうどリリース直前のサービス開発に携わっていた私は、毎日のように終電を逃してはタクシーに乗り、3時間ほど寝てすっぴんで出社するという日々を繰り返していた。私は父を亡くして間
Kobayashi Yuko
35

アメリカ留学のキッカケ

高三の6月。 僕はいつも通り大学受験勉強の為、予備校に向かっていました。その日は部活が早く終わたので、予備校の前に本屋に立ち寄りました。その本屋でふと手に取った雑誌「留学ジャーナル」に載っていたアメリカの大学の風景はまさに映画のワンシーンのようでした。 僕はそのまま予備校に向かい、予備校を辞め、家に帰り親にアメリカの大学に行く事を伝えました。 その時の学校の成績は英語が学年最下位でしたが、期待しかあ
山田 尚貴
51

2冊のビジネス書が出版され、増刷されるまでの物語 vol.01「出会う」

01 2006年冬。 青年は途方に暮れていた。 なぜなら、青年に対して「じゃあ、ちょっと世界一周してくるわ」と言い残して旅立った、同期の内定者M君が抱えていた宿題を自身が担当することになったからだ。 その宿題とは、新卒人事採用担当―つまり、まだ内定者にも関わらず、アルバイトとして内定を貰った企業に勤め、そこで人事採用として自分の次の代の内定者を見つけよ、というミッションだった。 青年が言い出したこと
松本 健太郎
62

Finally a Spartan

Warning: This is long Last week I took a trip down to Las Vegas, it was the first time I would be in Vegas as a legal adult. I was stoked, but for a completely different reason than most of the other p
Lo Teddy
18

シンガポールのゲーム会社と組んでインドネシアでオフショア開発したら大炎上したでござる。

俺たちはシンガポールで会社を創ろうと計画していた。すでに半年前から入念に起業に向けて準備をしており、これからはアジアの時代だと確信していた。いまでもその方針は間違っていなかったと思う。そして俺たちはたまたま知り合いの伝手であのSMAPのCMで見たマリナーナベイサンズで行われるモバイルカンファレンスの手伝いをする機会を得た。会社を辞めてすぐにシンガポールに渡った。その時にシンガポールのゲーム会社の社長
Goseki Kenichi
208

内定が決まってた。

大学4年生の頃、某出版社の学習教材を売る営業部に内定が決まっていた。 営業する対象は中学生。内定直後、さっそく、研修に出かけた。 みんなにあったかい紅茶が出されて(うれしい)、なにがはじまるのかと思いきや、 「さあ、みなさんが相手にする方は中学生。中学生の感じに一日でも早く慣れて頂きたいので、私が、中学生の演技をしますから、話しかけてください! 最初は、私の隣にいる、社員に相手をしてもらいますので、
山本 ペロ
56

2冊のビジネス書が出版され、増刷されるまでの物語 vol.00「はじまり」

この話は、ある20代の青年が多数の仲間の協力を得て、2冊のビジネス書を出版し、かつ増刷されるまでの物語だ。 と言っても、星新一のショートショートのように簡単に終わる話ではない。なぜなら、その2冊のビジネス書は青年の20代後半の人生そのものだからだ。当たり前だが、twitterのように140字で現わせる話ではない。 と言っても、塩野七生のローマ人の物語のように壮大な物語が描かれるわけでもない。なぜなら
松本 健太郎
65

非コミュ・対人恐怖症を自力で克服したときの話

昔、アフリカから日本に帰国したばかりの頃、同じ年頃の子供たちと上手につきあうことができず、まあ、お約束のようにイジメをうけてすっかりネクラ人間になりました。 その弊害としてかどうか、他人とコミュニケーションすることがものすごく難しかった時期が私にはあります。 というか、他人がね、ものすごく怖かったんですよ。一度なぞ、渋谷の人ごみを歩いているとき、周囲の人たちの目が恐ろしくなって、走って逃げ出したこと
藤井 拓也
119

高校時代に植えたあの芝が…. はじまり篇

今からかれこれ15年ほど前の話だ。 高校の卒業式を終えたわたしは、 気の知れた友人たちと馬鹿騒ぎをしながら いつもの見慣れた帰路をゆっくりと歩いていた。 今思えば「あれ」はただの偶然ではないように思える。 いつもの道の、いつもの空き地。 いつもの友人たちとの帰り道だったが、 一つだけ違ったのは、 卒業式後の妙なハイテンションのせいか、 色々なものへ興味が向いていた点だった。 私は道路脇の空き地に青々
松戸 賢治
21

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!

test

by T K
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!