人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2830件

同期:西辻一真と共に過ごした社会人一年目

親友  私には親友と呼べる数少ない大切な友人がいます。彼彼女が困っている時、損得勘定なしで、そいつのために助けられる。僕の中では親友とはそんな存在です。そして、カズマは僕の中でそんな存在です。 ネクスウェイ同期入社  2006年、ネクスウェイに同期で入社しました。私とカズマは配属された部署も一緒で、お互いビジネスなんて全くわからずダメダメな1年目だったんじゃないかな?って思います。営業目標は達成でき
大塚 雄介
131

初めての整形

私は人生で2回美容整形外科にお世話になったことがあります。 1度目は18歳の時。顔面の小さなホクロをとりました。 ホクロ除去も立派な美容整形だし、若干の罪悪感もあったため誰にも言わずに手術を決意。 ものの10分で手術は終わったのですが、途中で看護婦の人が「あっ、、」と言って、明らかに何か起こった雰囲気が漂ったことは今でも鮮明に覚えています。 麻酔が効いていたので言葉を発することができず、何が起こった
Maemura Rina
131

ANRI設立

ANRI設立の時にお世話になった尊敬するベンチャーキャピタリストについて話そうと思う。 ANRIの名付け親IVP小林雅さん 「どうせどんなファンド名つけてもアンリって呼ばれるからアンリでいいんじゃない?」というお言葉にそのまましたがってネーミング。 小林さんは非常に明るい性格の裏で、100M級のファンドを自力で立ち上げるためにものすごい努力をされていて、その一部始終はブログに書いてある。 これが独立
佐俣 アンリ
283

マクロスと僕:あこがれの声優さんに、30年の時を経て再会

マクロスといっても、fじゃないわけです。 竹田えりさんという音楽家(作詞、作曲、歌手などで活躍中。)がいます。 彼女は、昔、パタリロのエンディングテーマを歌ったり アニメの声優をしたり、アニメ関連の仕事が多かった 時期がありました。 彼女は、マクロスでミリアという敵のエースパイロットを 演じていたのです。 超時空要塞マクロスというアニメが日曜の中途半端な 時間帯で、放映が開始されたのは、私が中学生の
永井 隆太
146

Webデザインを学び始めたキッカケ

まだCSSが無かった頃、自分のペットのホームページを作るのが流行ってました。私もホームページ作成ソフトを使って色々作ってました。最近はCSSが主流で、昔のようなホームページでは恥ずかしい・・でも、CSSはさすがに敷居が高くて素人では上手く出来ません・・何度かテンプレートを用いて作りましたが、デザインが崩れたりして大変でした。その後ブログが主流となり、個人のホームページは消えて行った・・でも、あのキレ
白井 結衣
71

音楽に人生を捧げよう、と思った話

2013年3月23日、尼崎Deepaさんで久しぶりのライブをします。初心に帰る意味でも、少し過去を振り返りながらバンドを始めた理由を思い出そうと思います。 音楽に初めて「触れた」と感じたのは7歳の頃、友人の家でピアノを鳴らした時でした。 最初は自分の好きな推理アニメの主旋律に含まれる音を鍵盤から探す、というだけだったのですが、そこから次第にメロディーを自分で作る楽しさを知りました。 これといった楽器
辻 隆史
104

「大人になって一緒に仕事できたらおもしろいよね!」

大人になったら一緒に仕事しよう! 高校や地元の幼なじみとこんな夢物語のような話しを 一回くらいはしたことはありませんか? 私は高校の友達とそんな話しをよくしてました。 そして今、それが現実になっています! 今回は、私が広告業界のグラフィックデザイナーから スタートアップ界隈にちょこっと畑替えして、 高校時代からの友人であるリーダーとともに 【bondship】というサービス作りに奮闘してる 話しを書
Motohara Itsumi
97

メーカーを辞め起業した理由

それは、小さな時から親父の背中を見てきたからです。 臙脂(えんじ)色の作業着のせいかもしれません。 もちろん、ずぅーと親父を継ぎたいと思ってきました。 皆さんが、あまりかかわることのなくなった電装業です。 分からない方も多いと思います。 オートバックスができてから、この業種を語る人も少ないと思います。 車の、エアコン・オルタネータ・カーナビなど車の電気まわり専門業です。 もちろん、自分はこの道に行く
西崎 剛
41

親の反対を押し切って高専に行ったこと

反対を押し切ったと言っても、強行に反対された訳ではない。 うちは、「助言はするけど、強制はしない」というポリシーだから。 なので、俺の高校進学の時も「普通高校にいって、いい4年制大学に行った方が将来のためだ」と言われた。 それでも、高専に行きたいと言ったので、あとは文句を言わずに行かせてくれた。 なぜ、高専に行きたかったかと言うと、早く社会に出てみたかったから。 勉強も特別できる訳じゃ無かったし、学
関 明弘
44

交通事故(気付いたら集中治療室)

「すずきさーん。わかりますか?お名前言えますか?」 という看護婦さんの声で目を開けた。 場所は病院のICU(集中治療室)だった。 私は交通事故にあって、救急車で運ばれてた。 事故の記憶は一切ない。 会社の仲間で那須に旅行に行った帰りだった。 高速道路での自滅自己だったらしい。私は助手席の後ろに座っていた。そして寝ていた。 高速道路を走っている中、後ろのバイクにきづき、ハンドルをきり、壁に100mぐら
鈴木 まなみ
604

「私が自殺を否定しない理由」

とても難しいテーマだ。 この一行目で、書かなければ良かったんじゃないかとさえ思えてくる。 自殺を否定しない=自殺を肯定する、では無い。 決して、積極的に自殺を煽る気は無いし、良いことだとも思っていない。 しかし個人的に思うのだ。 その人にとって、今後生きるという選択をするほうが地獄だと言う人もいるのではないか。 確かにいろいろな社会資源や援助資源、行政や法律を駆使すれば、現段階の日本においては「生」
sato hiroiki
141

忘れられない授業の話(1)

概要 小4の時に起こった授業の一場面の話です。 自分が正しいと思ったとき、その自信を保つことの難しさと、重要さ、そして「正しい」事以外に人間はどんなものに動かされるのかという事に気付かされた印象的な場面でした。 小4、国語の授業、定年間近の先生。 忘れもしないその授業は国語の授業でした。 担任の先生は定年間近の女性の先生。 (実際には年齢不詳で、そんなお年とは誰も想像していなかったのですが。) 説明
Nose Hiroyo
1392

人生の大先輩から学んだこと

まだ高校生で人生経験の少ない私に かけることがあるかな?・・・ そう思ってたおとといの出来事です。 私は札幌駅前の書店で英語の本を見ていました。 地元の本屋さんでいつもと同じ買い物。 なんらいつもと変わりません。 しかしこの後に起こる出来事が、 私に深く感銘を与えました。 あるおじいさん、60くらいでしょうか白髪交じりの 短髪の方でした。 その方は私に 「英語の文を訳していただけませんか」 と丁寧に
小玉 直人
118

ようやく気が付いたこと

2013年2月9日、25歳になった。その日は偶然にも本を出版する人の出版記念パーティに呼ばれていて、出版をされた著者の方はもちろん、ベストセラー作家や、様々な仕事をしている人から名刺をもらったりした。 まあそんなことはどうでもいいのだけれど、25歳になってやっと、気がついたことがある。 自分の人生を歩もう ということ。 ん?と思った人も多いでしょう。そんなの当たり前じゃん。と。 少しわき道にそれるけ
堀 正斉
31

Art of Hosthingで学んだ対話の大切さ

いろんな対話のワークショップに出かけていて、自分でも場が持てるようになるには対話そのものの手法をいろいろ知りたい!と思っていた矢先にメーリスで「aohに参加しませんか?」といった趣旨が流れてきました。2泊3日かあ。 家を空けるのは難しいか?!と思いましたが、意外に家族は「いってらっしゃい」と背中を押してくれた事もあって出かけてみました。 そもそも、自分が対話が面白いと感じたイベントのファシリテータ
丘 洋子
23

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!