人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2923件

人生の大先輩から学んだこと

まだ高校生で人生経験の少ない私に かけることがあるかな?・・・ そう思ってたおとといの出来事です。 私は札幌駅前の書店で英語の本を見ていました。 地元の本屋さんでいつもと同じ買い物。 なんらいつもと変わりません。 しかしこの後に起こる出来事が、 私に深く感銘を与えました。 あるおじいさん、60くらいでしょうか白髪交じりの 短髪の方でした。 その方は私に 「英語の文を訳していただけませんか」 と丁寧に
小玉 直人
127

ようやく気が付いたこと

2013年2月9日、25歳になった。その日は偶然にも本を出版する人の出版記念パーティに呼ばれていて、出版をされた著者の方はもちろん、ベストセラー作家や、様々な仕事をしている人から名刺をもらったりした。 まあそんなことはどうでもいいのだけれど、25歳になってやっと、気がついたことがある。 自分の人生を歩もう ということ。 ん?と思った人も多いでしょう。そんなの当たり前じゃん。と。 少しわき道にそれるけ
堀 正斉
34

Art of Hosthingで学んだ対話の大切さ

いろんな対話のワークショップに出かけていて、自分でも場が持てるようになるには対話そのものの手法をいろいろ知りたい!と思っていた矢先にメーリスで「aohに参加しませんか?」といった趣旨が流れてきました。2泊3日かあ。 家を空けるのは難しいか?!と思いましたが、意外に家族は「いってらっしゃい」と背中を押してくれた事もあって出かけてみました。 そもそも、自分が対話が面白いと感じたイベントのファシリテータ
丘 洋子
26

本腰入れて早稲田(&慶應大学)目指して浪人生活送った18歳の時の話。

今の仕事のルーツ・きっかけになっているのかなと今では感じる出来事だったが、 高校時代、集英社の編集者の方のご厚意で  当時アイドル兼女優兼歌手として人気絶頂だった 広末涼子 と日本武道館の楽屋で会わせて頂いたことをきっかけに、   大学受験の的を早稲田に絞ったのは高校1年の終わり頃だった。 わせだ。。ワセダ。。。WASEDA。。。 何処にある大学かもわからなかった当時。 けれど行く事だけは決めた。
蒼山 隆之
676

CAだった頃

高校生の時 CAは、お客様を守る 保安要員として乗務することを知った。 すばらしい仕事だと思った。 それから、CAになろうと決めていた。 CAの採用募集は、 各航空会社ごとに、 それぞれのタイミングで発表される。 全く採用の無い年もある。 私がCAになるために 就活した年は、 当たり年で、 たくさんの航空会社が採用募集を出した。 その中で健康診断まで行った会社があった。 (最終面接の後、健康診断のあ
駒崎 クララ
164

人生をロックンロールに生きる

20歳の時 下北沢の下宿先で 一人ベットに横になりながら考えた。 何不自由なく子供の頃から育って 別に裕福なわけじゃなかったけど 不自由なことはなかった。 この日本なら たぶん、それなりに幸せに 生活できるんじゃないかとも思った。 でも、本当にそれが幸せなのかも わからなかった。 少なくとも僕には 「それなり」は幸せには感じられなかった。 自分の心に素直になり 他人の評価に怯える事なく生きる それが
大塚 雄介
129

3.11 in London

時差 あの頃の私と日本との距離はだいたい地球4分の1周。 時差は9時間。日本が3月11日を迎え、翻弄されていた14:46頃、私の体内時計はまだ5:46。バービカン・センターでのマーケティングのインターン業務に備えて深い眠りの中でした。 朝は友人からのメールから始まりました。 「たき、家族大丈夫!?日本、大丈夫!?」 飛び起きて、テレビを見ても、インターネットでニュースを見ても、わけがわからない。10
Togashi Taki
66

わらしべ長者的な起業の話。

はじめに わらしべ長者という昔話を知っていますか?転んで掴んだ藁一本をいろいろなモノと交換しながら、最後は豪邸と嫁さんを手に入れてしまう物語です。 僕はちょっと変わった社会への出方をしてしまったので( http://storys.jp/story/1048 )全体的にわらしべ長者的な生き方をしているとも言えるのですが、それは他の物語で補完しようと思うので、ここでは起業に繋がる話をしようと思います。
Sato Masashi
190

独立など夢にも描かなかった自分が40歳で起業するまで

はじめに まず自己紹介をしますと、今年45歳。熊本県の天草の出身です。天草四朗という歴史的人物で有名ですが、最近イルカウォッチングが流行ってまして、芸能人の来訪が放映されて、少し全国に知れ渡ってきています。 私の両親はそこで30年ほど喫茶店を営んでいます。ぜひ天草に旅行に来られたら立ち寄っていただきたいです。苓北という町の国道沿いの緑の看板のお店です。 ここから、当時の自分がどういう職業を選んだかと
谷尾 薫
529

変態を通じて視野を広げる経験。

2009年4月。東北大学入学。 見ず知らずの新しい土地で始まる新生活に胸をときめかせる。 何でわざわざ鳥取県から仙台に出てきたの?とよく聞かれた。 東北の色白美人に会うために!と答えていた。 当時から今までを振り返ってみると、色白美人さんには会えはしたものの、それ以上何もなく。 でも、それ以上の価値ある、変態との出会いがあった。 キッカケは一冊のフリーペーパー。 入学式会場へ向かう道でフリーペーパー
Katsube Tatsuya
42

東京砂漠

大阪で生まれ育った私は、東京に行きたがっていました。 なんでかって? ナイショで漫画家になりたかったのです。 日本の出版社は東京にあるから、東京に行かなきゃ! と思っていたのです。 ちなみに、自分の作品を一度も完成させたことがなく、ただ東京にいけばよいと思っていました。ナイショにしてたということは、心のどこかで自分には実現できないとわかっていたのかもしれません。 とにかく、高校出たら東京いく! とい
Mayo K
176

突然の離島暮らし(2):離島に行きたいわけではなかったけれど

「突然」だったのはむしろ僕の周囲だったのではないかと思う。 移住を決めるまで、離島出身の人と話す機会はほとんどなかった。 毎年日本のいろんな島を旅行するほどの島好きでもない。 そもそも、僕の周囲で島の話題が上がることなんてほとんどなかった。 僕も含めて誰も関心を示さなかったからだ。 そんな僕が「離島暮らし」を決意したのだからたいへんだ。 なぜ「離島」なのか、説明を求められる場面は多々あった。 僕は「
Akimoto Yushi
52

あたりまえ?大袈裟?

「このあと急死すれば、これが最期の会話になる。」 私が人と話すとき、わりと本気で意識してしまうことです。 大切な人や、あまり会えない人との会話で、特に発動します。 震災で意識する人も増えたかもしれませんね。 私の場合、単純に小心者だからなんですけど。 一寸先は闇とばかりに常に怯えているのです。 あ、スタバのロゴとかも怖いです。 夫への挨拶 朝、私が出勤するとき。 家人に「いってきます」だけは聞いても
Mayo K
37

pixiv作った時の話

イラストコミュニケーションサービスpixivを作るまでの話をします。 画像は公開した当時のpixiv プロローグ 今は殆ど無いですが作った当時は取材などでよく 「どうして作ろうと思ったんですか?」などと聞かれました。 基本引き篭もりで家から出たくない人なのでうまく答えらず、 代わりに片桐が答えたりしてました。 閑話休題。 イラスト描くことが趣味です。 最近漫画を描いたりもします。 好きなジャンルは百
上谷 隆宏
658

リクルートでの30ヶ月

リクルートでしたこと 新卒から2年半、リクルートでたくさん働かせてもらった。たくさん勉強させてもらった。 在籍部署は2つ、 #HRカンパニー総合企画2部1グループ  ナショナルクライアント向けリクナビ営業 #メディアテクノロジーラボ  新規事業R&D のふたつだった。 営業(死ぬほど売れなくて死にそうだった)、マーケティング(死ぬほどアフィリエイトやってクビになりかけた)、新規事業責任者(死ぬほどお
佐俣 アンリ
112

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!