人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2752件

第155章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

マイクのテスト中
あっきー あっき~
3

致死率99.9%の脳出血から奇跡的に生還し、たった3年半で大学卒業。在学中に高学歴男子集団でビジネスに目覚めた秘訣。

あれ・・・? これって夢だよね? それにしても、この夢長くない? 今までこんなに長い夢あったっけ? 何だか現実のようだな・・・でも夢か。スースー 2009年の4月、総合病院の病室にいた私は、 あの世から無事に生還したが、 脳がやられて現実なのか夢なのか、よくわからない状態になっていた。 ~致死率99.9%の大病~ 高校3年生 卒業目前の3月に受験のストレスで、 ある日突然、致死率99.9%の脳室内出
白鳥 香織
30

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第48回)

『まいくばあの遺伝子を継ぐものたち(一) ヘンなやつら』 平成二十三年九月四日、和歌山県南部大水害。 当日朝六時ごろ市内放送で「熊野川堤防から水が越え始めました。至急二階か、高いところへ避難してください」と避難指示が何回もくり返して流された。 前夜のうちに僕の家より海抜が高いまいくばあの家に避難していたのだが、放送を聞いて至急車で市内の一番高い丘に逃げたのだ。                    
前沢 しんじ
3

障害があっても好きな事で生きていけるって証明したい!画家本人がファンを募るという前代未聞のファンクラブを開設してみた

はじめまして。抽象画家のtaro3と申します。主にネット上で作品を発表・販売しています。 たとえば、こんな絵を描いてます。 まずは、自己紹介を。 1978年生まれ。30代半ばに、戸籍上の性別を女性から男性に変更。わかりやすく言うと、女から男に性転換してます。現在は、女性と結婚して、2人暮らししてます。 『私には苦手な事がたくさんあります』 私には苦手な事がたくさんあります。 例えば、 ・誰かに見られ
コトリ タロウ
11

3.11!!いじめられっ子原発難民のその後に関すること。

2011年3月11日の東日本大震災から 現在に至るまで北海道から福岡、沖縄まで回ったし、 海外なども上海、バンコク、クアラルンプール、シンガポール、ニューヨーク、テキサス州のダラスを旅した。 最近では台湾弾丸旅行なんかも考えている。 色々あった人生だったが、自分に取ってやりたいことは大体やってしまった。 今後は 地元福島に帰り、祖父母の家に滞在したり古民家を借りるなりして 宅建や狩猟免許(ワナ、網)
熊坂 翔吾
7

【11話】正しい社畜の落とし方

美人女子高生からのLINEを既読スルーして、詰められる元社畜の僕。そして彼女から思いもよらない言葉を耳にする。 あやか 好きです... 自分の耳を疑った。人生生まれてから、僕宛にこの単語を耳にするのは初めてだった。 僕 好きって言われても.... 戸惑う僕。恋愛ドラマのような度重なるドラマティックな展開に追いつけない。 でも、僕は彼女の思いに答えられそうになかった。 なぜなら彼女とはまだ知り合ったば
前田 啓太郎
19

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第47回)

第5章〔家族編〕 まいくばあの遺伝子を継ぐものたち この章では、まいくばあの強烈な遺伝子を受け継ぐ面々の、少々浮世ばなれしているかも、という話をお送りします。われわれみたいな間抜けな人間でも無事に暮らしているのですから、この国ではそれなりに一生懸命やっていれば結構生きていけます。 家族の中でも、初孫である長女Yちゃんは特にその遺伝子を色濃く受け継いでおり、骨格、性格、行動、生き方、考え方、そしてその
前沢 しんじ
4

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第46回)

『まいくばあ語録』(3) ■「今度隣の○○さん所へ《大工》が入るらしいよ」(実はバイク) 隣の家の若主人が、「前沢さん、こんどバイク来るんで(買ったので)ちょっとうるさいかも知れません。すみませんけど」とあいさつしてくれた。それを大工と聞いた。  ・・・たぶんそりゃハーレーだ。びっくりするかもね。              ■まいくばあは最近足が痛い。病院が遠いのでうちの奥さんに車に乗せてもらった。
前沢 しんじ
2

人生を狂わせ、人生を変えた大きな気づき

7年もの間、自分に戻れなかった。 7年ぶりに今、やっと自分に戻った。 自分に戻ってみると、本当に現状はヤバイ。 もう40歳にもなるのに結婚もしていないし、 周りに人も少ない。 本当にもう何をやっていたんだろうと思う。 でも、なぜかできなかった。 思うようになぜか生きれなかった。 もう本当に辛かった。 最後のほうはもう死んでしまいたいと思ったぐらいだ。 何がきっかけになったのか? それは、久しぶりの友
宮川 明
4

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第45回)

『まいくばあ語録』(2) ■「寿司食いに行くか」と誘えば、                       「背が低いからテーブルが苦しい。よそで食べてもうまない(うまくない)。行かん」   ・・・そんな理由かい! ■温泉に誘えば「あんな暑苦しいもの好かん」  旅行どうだ?と誘えば「テレビであちこち見る」   ・・・でも一理ある。  ■電話をかけてきた。「あれ、声が小さいぞ。もしもーし」と言って怒ってい
前沢 しんじ
3

第154章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

「空間」こそが一番の贅沢   本年もどうぞよろしくお願いいたします。 鳥のように  跳び 翔び 富み  飛躍と共に 成長 進化を目的に そのための 引き続き 本年度も「断捨離」を継続し  「環境」「場」の整理を目標に 自分軸を定める  自分ストーリーとして ブラッシュアップしながら 物語化を続ける2017年にしたいと思います。  「空間」こそ 一番の「贅沢」
あっきー あっき~
3

フランス人に教えてもらった、人生を豊かにする超本質的な2つの習慣(その1)

こころ Bonjour à tous! 最近、忘れていませんか? こんにちは 福元こころです。 今日は、私がフランス留学で、フランス人達の 素 の生活から教わった、 人生を豊かにする超本質的な習慣 をご紹介します。 どんな時も、必ずこれから始まる・・・ 以前、はてなぶろぐにも書きましたが、私が考える 『フランスにおいて、もっとも重要な習慣』 それは・・・ "Bonjour!" こころ Bonjour
福元 こころ
9

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第44回)

第4章 〔語録編〕  つい言ったぁー 前章のドタバタの口直しに(ならないか)ばかばかしい語録をお届けします。 まいくばあは別段「おもろいこと言ってやろ」と思っているわけじゃありません。つい言ったー、まさにTwitter、ことばが笑いと驚きを与えてくれます。 上質な品性を感じさせてくれる巧まざるユーモアとは似ても似つかず、こちらは動物的本能的なにおいが噴出しております。 それではヤツの言動の一端をごら
前沢 しんじ
3

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第43回)

『○○のアニィ』この章のあとがきにかえて この本は我が母まいくばあの自由に生きるさまを通じて、人生は「おカネはなくても老後は楽園」になるということと、「愉快に生きるコツ」を知っていただければと思って書いたものです。 本章「騒動編」は母・父そして僕のおマヌケ三人組がくり広げるドタバタ劇を活写しましたが、父については「悪いヒトではないがナマケモノでパッとしない人」という感想を抱かれるかも知れません。いや
前沢 しんじ
5

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ⑦急ですが結婚しました

たまのぶはホームレスとして、当時は主に恵比寿駅東口にある通称「たこ公園」に住んでいた。たこの形をした遊具があったので、その名前がついていた。 たまのぶは早朝、サラリーマンが出勤する前に起き、夜遅く、終電の頃に公園の土管に寝に帰る。昼間は近くに借りたコワーキングスペースでWebサイト構築の仕事をしていた。つまり、たまのぶがホームレスをしている事は、そこに住んでいる他のホームレスか、終電を逃したサラリー
白濱 優子
60

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!