人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2857件

『 一度死んだ、あの日から。』 ~ 僕が、起業するまでの話 ~【第2回】

【 絶対に避けたかった浪人生活を始める。】 家族との確執の深さは、 もう取返しのつかないほどだった。 僕はたまらず家を出た。 バイトをしながらの一人暮らし。 朝4時に起きて、お昼まで働く。 そうすれば勉強時間とお金は確保できた。 バイトと家の往復で他人との関わりは一切ない。 メールなんて一通も来ない。 僕は本当に、「一人ぼっち」だった。 本当に寂しかった。 本当は全てから解放されて、 大学生活を謳歌
平山 真康
53

『 一度死んだ、あの日から。』 ~ 僕が、起業するまでの話 ~

僕は、7階のベランダの柵から身を乗り出していた。 「楽になりたい....。」 ただそれだけだった。 死んでしまった方が、絶対に幸せだった。 【 親が敷いたレールを歩き続けた18年間 】 一流大企業で働く父のもとに生まれ、 厳しく教育されてきた。 いわゆる「箱入り息子」だったかもしれない。 ゆとり教育のど真ん中にぶち当たった僕は、 小学生の頃から塾へ通わされ、 長期休暇中や土日は、 朝から晩までぶっ通
平山 真康
141

私が今死んでない理由

虐待、施設育ち、家出、援交、風俗、身元不明者、借金 私の生きてきた足跡はぐちゃぐちゃだ。 私は両親から手を離され施設で育ち、途中から親の元へ帰るも高校を中退し家出をした。 そんな私が出会った人はもう二度と会えない、私のあしながおじさん。 十五歳で家を飛び出した私は友人から教えてもらい、身体を使ってお金を稼ぐ方法を知った。 後先の事は考えてなかった、ただなんとなく何もかもが嫌で。 オジサン 腹、減って
私と ○○○
46

12話 裏側

もうバッグ届いているかな? 現地ツアーを終えて、簡単な買い物をしてホテルに戻って部屋に入った。 ・・・ バッグない。 はぁ~・・・・ 明後日帰るのにまいったな~ 明後日の朝帰るから明後日の昼にバッグが届いても仕方がない。 連絡するかな~ 空港でもらった書類を広げて読んでみる。 アイスランドに着いたときは書類を見ることさえ嫌だったし、英語を読もうなんて気力はなかった。 今、書類を見てみると・・・サンジ
三条 翔也
6

「児童虐待」は時代の変遷と共に淘汰される可能性を秘めている

世界保健機関の報告で「全ての大人の〇人に1人は子供の頃、体に虐待を受けた経験を持つこと」を、あなたは知っていましたか? 2017年2月1日 友達と東日本橋にある「わなびばKICHEN333」でランチをした時、くじ引きで当選した景品が可愛いお手玉だった。それを見た瞬間に「ばあちゃんにプレゼントしたい!」と思った。 2017年 春 「ばあちゃんに会いたい!」 仮にドラえもんの「どこでもドア」でばあちゃん
小川 詩織
10

11話 現地ツアー

長い1日がやっとおわって2日目。 なんか知らないけれど、イヤホンなくなってる! しかし、カナダからレイキャビクまでの飛行機でイヤホンをサービスでもらっていたから大丈夫。 元々いらないと思っていたけれど、隣に座っていたお姉さんが席を立たったら、「これあなたのだよ~」って言ってくれたからもらったんだよね。お姉さん。ほんとありがとう。 優しい。 あのお姉さんは人の落とした荷物発見したりしていい人だったな~
三条 翔也
6

孤独だったぼくが、笑顔に出会えるまで。

あの頃、人の笑顔が悪魔に見えた。 常に動作がゆっくりで、よく宙を見つめていて、小さな声で自身なさげに話していたぼくは、いじめっ子にとって格好の獲物だったと思う。 物語のはじまりは、ぼくが小学生のとき。 ある日、ぼくは朝から熱が出ていて学校を休んでしまった。 ぼくの小学校では、休んだ人には今日の予定と宿題、それに友達からの一言が書かれたカードが渡されたんだ。 ぼくは、家で寝込みながらそれを見ていた。
Tanaka Tatsuya
8

10話 市内観光2

歩いておいしいものを食べたらサンジョーの機嫌はもう直っていた。 ホットドッグで機嫌が治るとはなんとも単純な男である。 荷物がないことなんてすっかり忘れてしまっていた(笑) 状況は何も変わっていないけれど、ガイドブックに載っている気になる店にどんどん入っていった。寒さのせいか、長旅の疲れのせいか、足が何度かつりそうになったから一旦またホテルへ戻って待機。 スマホいじってまた出発! 今度は明日の現地ツア
三条 翔也
4

ベルリンの学校システムと”どこでも通用する”ことの難しさについて

7歳の娘はベルリンの現地小学校で日々学んでいるわけだが、自分も同じようにベルリンの小学校中学校(に相当する学校)で学んだ経験があるので、娘がこれから経験するであろう受難やメリデメについて色々と考えている。 前提:学校システムそのものが国や地域によって非常に多様性があるもの。例えばアメリカ式6.3.3.4.制(例えば日本)、イギリス式6.3(4?).4.3制(例えば香港・シンガポール)、フランス式(例
矢野 圭一郎
2

9話 市内観光1

旅の予定は4泊6日。 1泊目は夜到着で4泊目は朝出発。 丸々1日使えるのは3日間。 当初の予定では最初の2日間を現地ツアーに参加して、最後の1日を市内観光と考えていた。いろいろ調べていると自然をたくさん体感できる現地ツアーが他にもあって、これは行きたい!と思ったから最後の1日の市内観光も現地ツアーに変更した。 だから市内観光できる日はなくなってしまっていた。市内観光できないことは残念に思っていたけれ
三条 翔也
5

8話 寒い

空港に着くとフライトが30分ぐらい遅れていた。 時間がない! 急げ!と思うのに入国審査が行列! やばい! こりゃ~朝ご飯はダメだな。身だしなみ整える暇もなく、すぐに荷物置いてホテル出発だな。 なんて考えていた。 しかし・・・嫌な予感がする。 ・・・・ ・・・・・・・ ・・・・・・・・・・荷物が・・・・来ない・・・・ もう・・・・ダメだ・・・・ 現地ツアーにも間に合わない・・・・ 楽しみにしていた現地
三条 翔也
10

7話 いよいよアイスランド2

飛行機に液晶に表示される地図を見て気づいた。 元々ヨーロッパ経由を往復するつもりだったけれど、カナダ経由でアイスランドに行って、帰りは予定通りヨーロッパ経由で日本に戻ると・・・世界一周になる!! おぉ~世界一周ってこんなに簡単にできるんだ~ まともに滞在するのはアイスランドだけだけれど(汗) なんだか妙な感動があった(笑) 憧れる人もいる世界一周、図らずともこんな形でいつのまにか叶ってしまった。いつ
三条 翔也
9

6話 いよいよアイスランド1

飛行機発進! 眠いから寝る~ ・・・ はっ! 起きるとCAさんが何かを前の客と話している!!! 全然わからん!! 「メニューは見たか?」 と聞かれる。 まだ見ていないと言うと、シートにあるメニューを差し出される。 これは・・・一体・・・ ここから機内食を選べということなのか? でも値段が書いてあるぞ。 これは買えるということなのか? ただの買い物ができるって話・・・だよね? ・・・しまった~!! ビ
三条 翔也
7

「許すこと」についての再考察

その後1年あらゆることから「許すとは何か?」について考察し続けた 地元警察にお世話になった時期を前後して私にとって信じられないような許せないことに遭遇していた。自分の常識や理屈からは理解できないことが起こったが、その対象を非難したりすることでは何の解決にも繋がらないことは実感していた。 心理学に関心のある人にとって当たり前の概念となるが「許せない」ことは、実はその対象となる出来事や人物に対してではな
小川 詩織
16

日本出発

やっとチェックインだ~と思ったらできない! ま。予想はしていたけれどね~(笑) カウンターの人に話してみると、いろいろと確認が必要とのこと。 ま~同じ空港にいても同じ会社ではないから引継ぎがうまくできていないことを責めても仕方がない。一人一人のフライト探すの大変だっただろうからね。eTAも登録し終えたばっかりだし、時間がかかるのだろう。うんうん。 と、自分を納得させるが、胸中はおだやかではいられない
三条 翔也
5

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!