人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2858件

日本出発

やっとチェックインだ~と思ったらできない! ま。予想はしていたけれどね~(笑) カウンターの人に話してみると、いろいろと確認が必要とのこと。 ま~同じ空港にいても同じ会社ではないから引継ぎがうまくできていないことを責めても仕方がない。一人一人のフライト探すの大変だっただろうからね。eTAも登録し終えたばっかりだし、時間がかかるのだろう。うんうん。 と、自分を納得させるが、胸中はおだやかではいられない
三条 翔也
5

3話 日本出発

やっとチェックインだ~と思ったらできない! ま。予想はしていたけれどね~(笑) カウンターの人に話してみると、いろいろと確認が必要とのこと。 ま~同じ空港にいても同じ会社ではないから引継ぎがうまくできていないことを責めても仕方がない。一人一人のフライト探すの大変だっただろうからね。eTAも登録し終えたばっかりだし、時間がかかるのだろう。うんうん。 と、自分を納得させるが、胸中はおだやかではいられない
三条 翔也
8

2話 eTA登録

国際線はフライト2時間前までにチェックインの手続きをしなければならない。 フライトの3時間前になったら動き出そうかな~と思い、フライトの4時間前に食事券をつかってのんびりしようとレストランへ行くサンジョー。 昼食を食べたときにはなんとなく控えたデザートを食べる。 さっき食べたかったけれど食べなくて良かった~いや~うまい♪ ごきげんなサンジョーにまたトラブルが!! 何気なくスマホを見ると謎の番号から着
三条 翔也
3

1話 欠航

難なく成田空港に着く。 電光表示を見ると欠航になってる! フフフ。いきなりハプニングだね? OK、OK。俺はそんなことには動じないぜ! いいじゃないか、ハプニング。 面白い旅じゃないか! 心の中で謎の不敵な笑いを浮かべるサンジョー(笑) ひとまずチェクインカウンターへ向かう・・・ と、言うところからこの旅行記は始まります。 1人1人の旅のプランの変更をしなければならないようで、カウンターは混んでいる
三条 翔也
5

0話 何故アイスランドなのか

先日、アイスランド旅行をしてきました。 結構面白い旅になったのでストーリーを残すことにしました。 まずはじめに、アイスランド行きを決めた経緯を当時フェイスブックに書いていました。 書いていたことを転載します。  以前コミュニティに『フィリピンに 1 カ月語学留学へ行きたい』 と書きました。 それは一番叶えたかったことでもなくて、3 つ書いたうちの 3 番目で、そんなに叶えたいこ とでもなかったのです
三条 翔也
10

経営者こそ カラダを鍛えるべき理由

経営者、もしくは起業したい方には是非おさえてもらいたいことがある。 それは。コミュニケーション、ビジネススキル、ビジネスモデル、組織論・・・ そんな堅苦しいものではない。 ・・・ ・・・ ・・・ 筋トレだ。 なぜ筋トレか。 まず、筋トレをする意味を再確認。 ・筋肉をつける為 ・痩せる為 ・パワーをつける為 他にもいろいろあるだろうが、シンプルにこれ。 これだけでも個人的には価値はあると思うのだが。
岡崎 秀哉
4

絶望の先に希望を見いだした男の話ー第1章ー

  ー絶望の先に希望はあるのか、ー 幼少期と家族 1979年11月22日、 僕は鹿児島県鹿児島市に生まれました。 家族は僕と父と母と弟の4人家族、 両親はお見合い結婚で、 住宅地の一角で電気店を営んでました。 父親は温和で真面目で仕事一筋、    タバコも女遊びもせず、ただ仕事。    そういう生き方しかできない人でした。 母親は器量がよく、色々なことに挑戦し、     精力的に活動する人で    
田代 剛
8

実話!魔法のランプが3つの願いを叶えてくれたすごい話。

4歳のわたし おかあさん、どうやったらディズニーのお姉さんになれるの? おばあちゃんにもらったビデオにあったでしょ?ジーニーにお願いすれば3つ願いを叶えてくれるよ。 ディズニー好きな母親の影響と、 おばあちゃんからクリスマスに届くディズニー映画のビデオのおかげで すっかりディズニーに夢中(洗脳)だったわたし。 4歳で東京から福岡に引っ越して小学校に入学して絶望したこと。 それは、 田舎すぎて片道1時
池松 佳菜絵
32

2016年4月4日 滞在リミット4時間で地元警察のお世話になる

この時の経験のおかげで自分の心の偏りに否が応でも気づかされました。自分自身を見直す大きなきっかけとなりました。そして、この経験のおかげで写真家長谷川美祈さんに出会える人生のチャンスに繋がったと思っております。 2016年4月3日 仙台で用事があり終わった時間からでは地元までの交通手段がないため私はその日は仙台に宿泊した。 2016年4月4日 朝一の長距離バスを利用して地元の盛駅に着いたのはお昼時間近
小川 詩織
13

言霊『面倒くさい』の話

今回は健康と言うよりも、どちらかと言うとメンタル面の話です。運動不足が続くと体力が落ちて行き、そのまま歳を重ねると身体を適度に動かしていないと自由が効かなくなり、『面倒くさい』と思う事が沢山増えてくるそうです。この『面倒くさい』は言霊になるそうです。『面倒くさい』と呟けば呟く分、次々と『面倒くさく』なる事を増やしていくそうです。 『面倒くさい』に囲まれてしまうと次第に自分の事しか考えなくなります。そ
阿南 英樹
6

出会ってすぐにモノを買っていただくスキルを路上販売で身につけた話

人生の方向性が定まった僕は     残りの学生時代に 3つのことやると決めた 1つ目 大学生のうちに、 自分が活躍したい業界の 成功者とつながりを作ること。  2つ目、セールスの達人になること。 3つ目、自分でビジネスを行うこと。  具体的にどんな 取り組みをしていたかというと   ①成功者とのつながりを作ること。 大学生のうちに一泊二日で8万の 経営者セミナーにいった。 当然、「え?君よく来たね!
菊地 大樹
44

2015年12月 ばあちゃんの入院

2015年は10月に帰省した 今回初めてばあちゃんの死のイメージが自分の中に入って来た。 今までは「絶対先に死んで、ばあちゃんのことをじいちゃんと一緒に迎えに来る!」とずっと思っていた。 私が小さい時から狭心症のばあちゃんに 「10年でもの20年でもいいから私の寿命を分けて下さい」とお願いしてきたから大丈夫だと思っていた。 「ばあちゃんとはずっと永遠に一緒にいられる」と思っていたので、初めてイメージ
小川 詩織
12

2014年9月 帰省 果たして許すとは何か?

千葉に戻って来てからもずば抜けて気分が優れるとか、明らかに自分が変容したと感じることはなかった。一部の知人からは「よく頑張ったね」とか「今までとは別人になってるよね」と言われても自分の中では全く腑に落ちていなかった。むしろ過去の記憶を回想しているようだった。そしてこんな中途半端さがとても情けなかった。 「今回、私は何を得たのか?」不完全燃焼感が拭いきれない。 補聴器ファッションショーの時に着たワンピ
小川 詩織
15

800万の無駄遣いをした自分が激しく痛恥過ぎてのたうち回ったけど、受け入れたら本当の幸せがもうすでに在った話

初めまして! 私はアラフォーで子供2人のママです。 今私は、昔からの望みだった大自然の真ん中で暮らす、という夢を叶え、 濃密でゆったりと静かな世界をしみじみと味わいながら、子供たちと幸せに暮らしています。 私は自然の中にいることに、本当に心から安らぎと幸せを感じるんです。 周りに誰もいない草むらに一人で寝転がると、吹き抜ける風が私を柔らかく撫でていき、 大地に投げ出した手や裸足の足を、風にそよぐ草が
KANAKO HASHIMOTO
10

2014年9月 帰省 そして対峙すべき者

「病院が終わったら電話する」と夫に言った妹から連絡がこないので、私達は再び仮設住宅に戻った。 玄関の鍵は開いていたが妹の姿はなかった。 「3人でご飯でも食べようって言ったんだけど、もう約束忘れてたりして。」 「それ、あるかも。メールだってしたかと思えばすぐ音信不通になるし。『地元なんか二度と帰らない』って言ってたのに、ここで親と一緒に暮らしてるし。全然予測がつかないもん。」 とりあえず家の中で少し待
小川 詩織
8

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!