人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2866件

32歳で「ものかき」として生きていくと決めた。会社を辞め、東京を離れ、33歳になった僕は今、こんな風に生きています。

ごあいさつ  どうもはじめまして、ものかきの狭井悠(Sai Haruka)です。  以前、STORYS.JPで村田悠(Murata Haruka)という名前でエッセイを書かせていただきました。  母の再婚した義理の父が事故死した当時のことをつづったエッセイ 《突然の望まない「さよなら」から、あなたを守ることができるように。》 が多くのアクセスをいただき、とても勇気付けられました。  こちらのエッセイ
狭井 悠(村田悠)
19

15話 さらばアイスランド

バスにはWi-Fiがついていた。 Wi-Fiを接続してメールを見ていると、バッグについてのメールが来ていた。 荷物を成田のどこの航空会社で受け取りたいのか聞かれているようだった。 もうそろそろアイスランドを出る。友人にお願いしても間に合わないかもしれない。 そこで、がんばって自分で英語のメールを書いて送る。 多分、メール相手はいきなり英語が簡単で短いものになって驚いただろう(笑) 帰りの便を伝えて、
三条 翔也
11

14話 空港へ

最終日の朝、天候には今日も恵まれていた。 アイスランドには愛されていたんだと思う。 やっぱりまた来よう。 送迎バスの手配をしてある。6時。 6時30分とサンジョーは言ったのに6時と言われた。やはりアイスランド人は30分前行動なのだろう。ま。いいけどね。 そんなわけで5時50分ごろに部屋を出てチェックアウト。 バスを待つ。 やはり今日もバスが本当に来るのか不安だ。 これで来なかったら間に合わない。 と
三条 翔也
10

13話 実質的な最終日

今日も現地ツアー。英語ガイドツアーだから昨日とは少し違う。 朝は曇っていたけれど、晴れてきた。 天気がコロコロ変わるのがアイスランドという国らしい。 朝曇っていてもテンション下げなくていいのはいいね! 逆にテンションダダ下がりになることもあるかもしれないけれど(汗) 今日は泊まっているホテルまでバスが迎えに来てくれる。 30分前に待っていてくれと言われている。 早いな~アイスランド人は30分前行動な
三条 翔也
11

私が今死んでない理由

虐待、施設育ち、家出、援交、風俗、身元不明者、借金 私の生きてきた足跡はぐちゃぐちゃだ。 私は両親から手を離され施設で育ち、途中から親の元へ帰るも高校を中退し家出をした。 そんな私が出会った人はもう二度と会えない、私のあしながおじさん。 十五歳で家を飛び出した私は友人から教えてもらい、身体を使ってお金を稼ぐ方法を知った。 後先の事は考えてなかった、ただなんとなく何もかもが嫌で。 オジサン 腹、減って
私と ○○○
117

《4話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

한국에서 남편의 부모님이 급히 비행기를 취하고 단지 어머니를 만나기 위해만큼 날아 주었다. 공항에서 직접 병원에 도착 해 그 다리에서 그대로 어머니의 곁으로. 통역은 남편. 모두 눈물을 흘리며 대화를한다. 어머니는 그저 부모님에 "멀리서 일부러 감사합니다. 유키를 잘 부탁합니다. 정말 멋진 부모님 이니까 안심하고 안될 수 있습니다. 종오 씨도 정말 좋은 아들
やすだ ゆき
11

《3話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

딸을 데리고 병원에가는 것은 매번 매번 힘들었다. 집의 수도 다하고, 밖에서 딸에게 먹이는 것이나 입원 해있는 어머니에게 짐 등 준비도 모두 준비하고 ... 그야말로 이동은 시중에서 팔고있는 간단한 이유식을 먹이고 있었다 때도 있지만, 너무 외출이 너무 많아. . 어머니에 집중 한 나머지, 딸과 남편에 대해 [지금]이라는 시간을 적당히 보내 버리는 자신이 싫
やすだ ゆき
4

《2話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

딸은 아직 1 년 반 인생이지만, 가장 다닌 곳이 암 센터가되어 버렸다. 정말 '엄마의 소중한 시간에 교제 주셔서 감사합니다 "라고 언제나 생각하고 있었다. 그 정도 맞대고 버리고, 좁은 방에서 장시간 지루 (못하게 노력했다 생각하지만 ...)시켜 버려서 미안해 같은 느낌이기도했다. 어린이 놀이터에서 딸을 보면서 기다리고, 어린이 동반의 여러 가족과 상봉했다
やすだ ゆき
9

《1話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

자신의 기억과 기록을 쉽게하지만, 정리해 두려고합니다. (당시에 기록한 있던 내용도 있으므로) 어딘가의 누군가의주의와 마음과 격려가 될 수 있으면 소원을 담아. . 당분간 교제주세요 m (_ _) m ↓ ↓ ↓ 거의 매일 다닌 장소가있다. 암 센터이다. 거기는 철저하고, 아이는 거절. 왜냐하면 아이 밖에없는 균이 병원 환자로 옮겨 버리면 위험 하니까. 그 정
やすだ ゆき
5

12話 裏側

もうバッグ届いているかな? 現地ツアーを終えて、簡単な買い物をしてホテルに戻って部屋に入った。 ・・・ バッグない。 はぁ~・・・・ 明後日帰るのにまいったな~ 明後日の朝帰るから明後日の昼にバッグが届いても仕方がない。 連絡するかな~ 空港でもらった書類を広げて読んでみる。 アイスランドに着いたときは書類を見ることさえ嫌だったし、英語を読もうなんて気力はなかった。 今、書類を見てみると・・・サンジ
三条 翔也
10

「児童虐待」は時代の変遷と共に淘汰される可能性を秘めている

世界保健機関の報告で「全ての大人の〇人に1人は子供の頃、体に虐待を受けた経験を持つこと」を、あなたは知っていましたか? 2017年2月1日 友達と東日本橋にある「わなびばKICHEN333」でランチをした時、くじ引きで当選した景品が可愛いお手玉だった。それを見た瞬間に「ばあちゃんにプレゼントしたい!」と思った。 2017年 春 「ばあちゃんに会いたい!」 仮にドラえもんの「どこでもドア」でばあちゃん
小川 詩織
12

11話 現地ツアー

長い1日がやっとおわって2日目。 なんか知らないけれど、イヤホンなくなってる! しかし、カナダからレイキャビクまでの飛行機でイヤホンをサービスでもらっていたから大丈夫。 元々いらないと思っていたけれど、隣に座っていたお姉さんが席を立たったら、「これあなたのだよ~」って言ってくれたからもらったんだよね。お姉さん。ほんとありがとう。 優しい。 あのお姉さんは人の落とした荷物発見したりしていい人だったな~
三条 翔也
10

孤独だったぼくが、笑顔に出会えるまで。

あの頃、人の笑顔が悪魔に見えた。 常に動作がゆっくりで、よく宙を見つめていて、小さな声で自身なさげに話していたぼくは、いじめっ子にとって格好の獲物だったと思う。 物語のはじまりは、ぼくが小学生のとき。 ある日、ぼくは朝から熱が出ていて学校を休んでしまった。 ぼくの小学校では、休んだ人には今日の予定と宿題、それに友達からの一言が書かれたカードが渡されたんだ。 ぼくは、家で寝込みながらそれを見ていた。
Tanaka Tatsuya
9

10話 市内観光2

歩いておいしいものを食べたらサンジョーの機嫌はもう直っていた。 ホットドッグで機嫌が治るとはなんとも単純な男である。 荷物がないことなんてすっかり忘れてしまっていた(笑) 状況は何も変わっていないけれど、ガイドブックに載っている気になる店にどんどん入っていった。寒さのせいか、長旅の疲れのせいか、足が何度かつりそうになったから一旦またホテルへ戻って待機。 スマホいじってまた出発! 今度は明日の現地ツア
三条 翔也
8

ベルリンの学校システムと”どこでも通用する”ことの難しさについて

7歳の娘はベルリンの現地小学校で日々学んでいるわけだが、自分も同じようにベルリンの小学校中学校(に相当する学校)で学んだ経験があるので、娘がこれから経験するであろう受難やメリデメについて色々と考えている。 前提:学校システムそのものが国や地域によって非常に多様性があるもの。例えばアメリカ式6.3.3.4.制(例えば日本)、イギリス式6.3(4?).4.3制(例えば香港・シンガポール)、フランス式(例
矢野 圭一郎
2

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!