人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2752件

曲がった左手の親指 完結

後悔しない為に 自分の気持ちを誤魔化せない事に、ハッキリと気付いてからの、 会社を辞めて、新しいしい仕事(生き方)を目指そう、という方向 への行動は早かった。 11月の怪我から退職申し出の2月末までの、数ヶ月で次の仕事を 決めた。目指す先に必要な経験を積む為に、失敗する事を含めて、 避けてはいけない道として、その仕事を選んだ。無謀な選択。 それまでの30年以上のサラリーマン的な生き方からの方向転換は
Momose Tatsuya
15

18切符を使ってギターを背負って日本を半周

今回の年末年始の旅は、九州へ! 今回も18切符で鈍行の旅です! 日本の半分を回ってくる列車の旅です! 路上演奏場所は、、、、 徳山駅(山口県)2016年 12月31日22:15頃 吉松駅(鹿児島県)2017年 1月1日15:50頃 鹿児島駅 1月1日18:00頃 宮崎駅 1月2日12:00頃 別府駅(大分県) 1月2日20:00頃 鳥取駅 1月3日22:00頃 福知山駅(京都) 1月4日9:00頃
Dai-Go!Low (だいごろう)
6

集団ではなく一人でいることを選んだ『たまらなく大好きでたまらなく大嫌いだった』私の女子高校生時代のリアルなSTORY②《集団生活不適合開始編》

私の高校生活は、   不幸に思うと不幸であり   幸せだと思うと幸せでありました。     文の重々しい感じからは   想像が出来ないかもしれないけれど、   実は、一人でとっても楽しい   高校生活を送っていたのです。     人に話すと、漫画みたいな生活だね。   と、よく言われます。   《一人でいる事を選択する人》     って、どれくらいいるのかな。       きっと、集団の中での、それ
岡本 綾瀬
20

集団ではなく一人でいることを選んだ『たまらなく大好きでたまらなく大嫌いだった』私の女子高校生時代のリアルなSTORY①《入学編》

大人と子供の境界線。 自分が何者なのか知りたくて 必死だったあの頃。 ------------------------------------   今から 20 年前 高校入学当日 教室に入って席についた瞬間 「心から辞めたい」 と、思った。 教室に入ると 昨日までの中学生の制服を脱いだだけの 変わらない義務教育の中で 大人ぶる浮き足立った雰囲気。 なぜか 「私が居る場所じゃない。 今すぐ帰りたい。
岡本 綾瀬
11

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第32回)

『貧乏神』 この本では「お金がなくても老後は楽園だ」ということを言おうとしています。 それはわが母、まいくばあが体現しているからであります。                                        養女に出された先はお金に不自由しない家でしたが、若気の至りか十九才で結婚して、それも相方が二十二才で遊び人ではないが、とりたててしっかりした人物でもなかったゆえ、どうもそのころからあ
前沢 しんじ
2

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第31回)

『まいくばあの日記』 まいくばあは昔から断続的に何種類かの日記をつけている。あるものは日記というよりは金銭出納帳、いや小遣い帳か。家計簿的なものではなく金額とともに自分的感想を書き連ねてある。「二百円。橋で拾う。通りかかったやすしに百円やった」、「五百円○○さんに返す。ありがたかった」とか(五十年以上前の大昔のこと)。若い頃から書いていてたまに昔のものを見返すらしい。 先日我が家に来てそんな話になっ
前沢 しんじ
4

【おしゃべりな胎児 番外編 ~そんなことより~】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

◆番外編◆ ~そんなことより~ 胎児の時のペルたんとの私のおしゃべりは "破水スイッチ" の時が最後となりました。 分娩中は対話するというよりも 陣痛に痛がりながらも不思議とペルたんの動きや様子を感じられるような気がしていました。 「今は様子見てる感じだな~」 とか 「あっ今は進もうとトライしてる!」 とか。 でもいつものようなペルたんとのおしゃべりという形ではなかったので お産中・お産を終えてどん
黒川 彩子
28

僕がカンボジアで一番貧しい農村の子どもたちと一緒にテニスコートを手づくりした話

カンボジアのまさとです。 僕はカンボジアでFIELD OF ZEROという活動をしています。 この活動はカンボジアの恵まれない農村の子どもたちにスポーツ教育を促進する活動として始まりました。 詳細は以下の関連記事で紹介してあるのでぜひご覧ください。  ・ FIELD OF ZERO〜農村の子どもたちにスポーツ教育を〜   今回は僕たちFIELD OF ZERO運営実行委員会と農村に住む子どもたちと一
荻原 雅斗
8

世界47カ国女子バックパッカーができるまで(20)

夢のような田舎生活 南イングランドといえども、冬がやってくるのは早かった。 あっという間にHaysfield女子校に来て2か月が経った。私はその間休日はホストファミリーと過ごし、残りはほとんどを学校で過ごした。 朝はまだ暗い、6時に起きて歯を磨く。築300年の石造りの三階屋根裏部屋にある私の部屋は、特に冷える。そろそろとひんやりとした床に裸足の足を下ろし、部屋の小さな小窓を開けるとそこには朝霧がとろ
Cathy Kei
4

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ③私が結婚を決断するまで

私は、たまのぶの何事も包み隠さず(素人童貞である事すらも)話す姿勢が好きになっていた。もう少し正確にいうなら、「彼」のその姿勢が私には少しまぶしかった。彼は私には持っていないものを持ち、明らかに自分の人生を楽しくしていた。 私と彼はお互いに地元で行き詰まり、東京に出て来て出会ったのだが、生きる姿勢はだいぶ違っていた。 出会って5日後、私たちは初めて電話をした。かけたのは私の方からだった。私はお互いの
白濱 優子
140

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ②ホームレスと交際するという事

1泊2日のキャンプの中盤、夜の9時ごろだっただろうか。ちょっとしたアクシデントが起きた。その時、私たちは、みんなで火を囲みながら一風変わったカードゲームをしていた。 それは順番にカードを引き、そこに書かれた文章を読み上げ、周囲の人はその理由を当てるというゲームだった。その文章というのが変わっていて、こんな具合だった。 「裸で鉛筆を持って倒れて死んでいる男がいる。なぜか?」 一見して不条理な内容。カー
白濱 優子
166

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第30回)

『弁当』 結婚する前、妻がまいくばあにこう言った。「毎朝弁当作るの大変で・・」 まいくばあは言った。「よっしゃ、わしが作ってやるよ」 それからというもの毎日毎日卵焼きだけ。ごはん&卵焼きオンリー! 一ヶ月で妻は音を上げた。「おかあさん、もういらん!」 「ほっぺたにそうじ機」 まいくばあはいつでも一生懸命ゆえに、孫と遊ぶときでも想定外のことをすることがある。 初孫である僕の長女Yちゃんが小さい頃、数時
前沢 しんじ
3

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ①ホームレスの彼との出逢い

ジェットコースターのような乱高下する人生は、友達のユウくんに誘われて、キャンプに参加したところから始まった。季節は秋。1泊2日のキャンプに、私は「暇だし」という理由で、特に期待する事なく参加した。私も含め男女8人が東京郊外のキャンプ場に集まったのだけど、私の知り合いは誘ってくれたユウくんだけ。私の他に女子が1人いて、残った5人の男の中に「彼」は居た。 やや小柄でモンベルの緑のアウトドアウェアを着てい
白濱 優子
206

曲がった左手の親指 その4

親指を見て思ったこと 腫れ上がった親指を湿布で覆い、いつものように会社へ。 何人かに湿布した指の事を聞かれたが、曖昧に応えて濁す。 現場のマネージャーという立場だから、基本的に事務作業が 中心だが、パートさん達の休憩時間の間も搬送ラインは稼働 だから、その間は現場に入って作業した。 専用カッターを右手に、搬送ラインに流れて来る商品ケース を作業台に移し、左手で商品ケースを反時計回りに回しながら カッ
Momose Tatsuya
7

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第29回)

『オープンすぎるぜ!(三)ブルーフィルム』 妻は結婚前からよく実家に遊びにきた。ワタクシ二十五才、妻十九歳の頃ですからそれはそれは大昔のこと。 まいくばあの友達は幅広く、雲から泥まで色々なお方がいらっしゃった。その中で「Sっちゃん」と呼ばれるなかなかの遊び人がおりました。本業はしっかり持っておられるのですが、飲む、打つ方じゃなくて残りの方がとてもお盛んでした。 昔のことでございます。アダルトビデオの
前沢 しんじ
4

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!