人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2792件

田舎に移住!生活できる農業に挑戦!

横浜から身寄りのなかった徳島県に移住をして満4年になりました。 移住のきっかけは2011年3月11日に起こった東日本大震災。当時、5歳の長女・0歳の息子・専業主婦の妻・造船業を仕事としていた私の4人での暮らしは、住まい・仕事・友人・子育て環境にいたるまで、全てが順調で問題のない生活でした。 横浜では神輿愛好会に所属をしていて、多くの仲間達と活気のある活動を行い、この町で生活を行っていることに満足をし
黒川 彩魁企画
4

偏差値50代から東大現役合格「恋愛のパワー」で不可能を可能にした話

安心できる場所と愛情の交流に飢えていた子供時代 私は医療法人を営む両親の長女として生まれ、高校生まで福岡で育ちました。 子供への愛情はとても深い両親でしたが、経営のストレスや共働きの忙しさからか、 小学生時代は夫婦喧嘩が絶えない家庭でした。 そんな環境だったからか、 「生きる喜び」だとか「本当の幸せ」について、日々考えるような幼少期を過ごしました。 初恋で幸福感、生きる喜びを知った青春時代 哲学的思
狩野 理沙
17

1000日間世界100ヶ国の夢を捨て、ニューヨークで勝負を賭ける

もっと世界を見たい。 海外経験で痛烈に感じたのは「日本人はいけてるんだ」ということ、と同時になんでこんなに自信がないのか、ということだった。振り返ればニューヨークに来たばかりの自分もそうだった。日本語より英語の方がかっこいい気がしていたし、日本人であることに自信もそれほどなかったと思う。アジア人といるより白人とつるむ方がかっこいいとどこかで感じていた自分も確かにいた。今の自分とは全く別人だ。自分がか
Dra gon
7

今もRX-7とともにいる           

ー序章ー MAZDA RX-7 (FD3sⅥ型)との付き合いは はやいもので16年目を迎える 現在の走行距離は約50,000㎞ 自分でいうのもなんだが ここまで無事故で 車両コンディションは上々 2年前 息子が免許を取り クローズドコースで  そして去年 公道で RX-7をドライブさせた  息子にはRX-7入手に至る過程はざっとは説明してある しかし まじまじと話したことはないので  "いつか この
NAKAMURA MASATO
23

メロスを超えた日

ーメロスは黒い風のように走った。犬をけとばし、小川を飛び越え、少しずつ沈んでいく太陽の十倍も速く走ったー  私の大好きな「走れメロス」の一節だ。この部分を読むと、私の十二年間のこれまでの人生が走馬灯のように重なって過ぎてゆく。 「じっとしていなさい。落ち着きなさい。」  これが私が母に十二年間言われ続けた母の口癖だ。小さい頃から、一時もじっとなんかしていられない。生まれてから今まで、私みたいに落ち着
白川 莉奈
4

福寿草~spring ephemeral~

大切な人達が幸せであるように願う 春の訪れを知ってる福寿草のように 寒空の木漏れ日のもと 歩いている 君の歩幅に合わせながら 手を繋いで進むよ この街の喧騒の中で 毎日、精一杯 悲しみも喜びも 分かちあって生きよう 大切な人達が幸せであるように願う 春の訪れを知ってる福寿草のように 今年も幸せで健やかでありますように 祈るよ黄金に輝く福寿草のように 永遠に続くような 穏やかな日 語りあかせばまたやっ
omi uruwashi
2

さよならから始まるストーリー

雨上がり晴れ 甘く暖かい匂いに運ばれた 風が切なく通り抜ける 今しか出来ない青春は 思い出となり刻まれる 卒業という二文字が 旅立つ僕らに勇気をくれる 胸張って笑って今日にさよなら 芽吹く桜の道を歩いて 浅春の候に大人になっていく また会える日までどうか元気でね ありがとう 先生は言う 「人生、永遠はないんだ。わかるよね? だから毎日大切に生きろ」 ウザいと思う言葉でも なんだか心に突き刺さる 愛情
omi uruwashi
2

ニューヨーク滞在1年半の予定がまさかの半年で強制帰国

マンハッタンのミッドタウンでようやく仕事が始まった。そこは日系の会社。日本人が多い。でもなんか日本にいる日本人たちと違う。サバサバしすぎている。そんな違いを楽しんでいると、英語で会社に電話がかかってくる。何をさっぱり言ってるかわからない。「Okay」と言ってとりあえず切る。やばい。英語がやばい。昼休みにスタバでコーヒーを頼む。「こーひーください。」「は?」「コーフィーください」「は?(怒)」「カーフ
Dra gon
20

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<1章>

「あのさ、ローチョコ、やんない?」 私が妹にこのたくらみを話したのは3年前の秋の初めだった。 実家で求人票を眺めため息をついている妹に声をかけた。 ちょっとズルいんだけど、この話を切り出すタイミングは「いまだ!」と思ってしまったんだよね。 私が急に予想もしないことを言いだすことに慣れていた妹だったが、 「ローチョコ」という初めて聞く言葉に返事をしようもなく「?」という顔をし、首を傾げていた。   妹
渡邊 真紀
22

息子が不登校になったら、親父の悩みが解消した話その3

そんなある日 中学生の息子が、突然不登校になるのでした 全く予想もしていなかった出来事に 僕たち夫婦は不安になりパニックになりました。 今まで多くの書籍やセミナーなどでそのような事例は他人事としては 学んで読んでいたのですが、いざ自分の息子のことになると すべての知識は役に立たず、頭が真っ白になってうろたえるだけでした。 「どうしたらいいんだ。」 夫婦で、あちこちの発達障害の講演会や不登校の親の会な
k ヨシロー
2

自分が『自分』でいられるのは、、、~愛あればこそ~ vol.2  「認めてくれる人の存在!」

親の評価は気になった さて、、自分自身、「落ち着きがない」という評価は悪いものではないと思っていましたが、親がそれに対してどう思っているかは気にかかりました。 そこで何年生のときかは忘れましたが、相変わらず「落ち着きがない」と評価されている通信簿を母親に見せた時に尋ねてみました。 「なんか毎回『落ち着きがない』って書かれるんだけど、、、」 母からの教え そのままで良い 母親は笑いながらこう答えました
室田 泰文
9

【episode 01】ただのプロレス好き少年だった男の子が、気がついたら海外に単身乗り込むプロレスラーになってしまった話

【縁はキレちゃいないよ】 教師と生徒ということならばそれなりの結びつきはあるものですが、私は塾にいるといっても事務方。ましてや現場である教室勤務から本部への勤務に変わったものですから、彼とは完全に疎遠になるはずでした。 ところがパートだった彼のお母さんが、ただの教室事務パートという立場からやがて数教室を束ねる上長の秘書的な仕事を兼務するなど、色々と組織変更が行われました。上長の秘書ということで、本部
Hiro yuki
23

You used to be my everything〜あなたは私のすべてだった〜episode 4

物語には必ず最終回がある。 結論から言おう。 彼とは、付き合って3年弱で別れた。 そして、もうひとつ。 今だに解けていない疑問がある。 彼 ハ、 ゲ イ ダ ッ タ ノ カ モ シ レ ナ イ 。 どこかの国で、ゲイかどうかを判別するのに、 小指を見たらいいと聞いたことがある。 小指に指輪をしているかで決まるらしい。 彼と部屋の模様替えをした時、 小さなかごがひっくり返り、その中のシルバーのリングが
佐々木 唯
4

You used to be my everything〜あなたは私のすべてだった〜episode 3

夢のような日々が始まった。 約8ヵ月間離れていた憧れの人が、隣にいる。 特別な事は何もしてないけど、 私は彼の生活に溶け込んでいった。 彼の通う音大の授業に忍び込んだり、 自習室でピアノを弾く彼の隣で読書をしたり、 多国籍人種の面々が通うテコンドー教室で彼のスポーツ姿を見守ったり、 友達の家のホームパーティーに参加したり、 週末には市場へショッピングに行ったり。 こんなに一緒にいれるとは思ってなかっ
佐々木 唯
3

You used to be my everything〜あなたは私のすべてだった〜episode 2

朝、目が覚めると、彼からの「おやすみ」メール。 私が夜寝る前は、「おはよう」メール。 同じ地球なのに、毎日あべこべの挨拶をしてそれぞれの世界を生きる。 あの頃の私にとって、 時差と距離がネックだったけど、 同時に、 時差と距離が彼をより愛しくさせた。  英語も自分なりに精いっぱい頑張った。 2時間目の休憩中に早弁し、 (これは単にすぐにお腹が空いてただけやけど) 昼休みは長い休憩を使ってアメリカ人の
佐々木 唯
5

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!