人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2826件

【私の人生と読書④】「女生徒」太宰治 角川文庫

【私の人生と読書④】「女生徒」太宰治 角川文庫 「日常見つめ直すきっかけに」 作家・太宰治が女性の視点に立って書いた14編からなる短編集です。表題作は、希望と絶望の間を揺れ動く、とある14歳の少女の心情が描かれています。 「自分から、本を読むということを取ってしまったら、この経験の無い私は、泣きべそをかくことだろう」と考えたかと思ったら、その後の場面では「本なんか読むの止めてしまえ」。 自分の考えに
小松 雄也
2

【私の人生と読書③】「ウォルト・ディズニー すべては夢みることから始まる」PHP研究所編 PHP文庫

【私の人生と読書③】「ウォルト・ディズニー すべては夢みることから始まる」PHP研究所編 PHP文庫 「信念に基づく行動から学ぶ」 「生涯をかけて夢をみて、それをかなえ続けた人、ウォルト・ディズニー」。彼の人生は、決して順風満帆に進んだ歩みではなく、困難の連続でした。初めて設立したアニメーション会社は倒産し、借金を背負い、成功した後も、配給会社にスタッフを引き抜かれてしまう。しかし、そのような絶望的
小松 雄也
2

【私の人生と読書②】「ボクの音楽武者修行」小澤征爾 新潮文庫

【私の人生と読書②】「ボクの音楽武者修行」小澤征爾 新潮文庫 「異国で奮闘する姿に勇気」 この本は、世界的な指揮者である小澤征爾が26歳の時に書いた自伝的エッセイです。小澤氏は音楽家として生きる道を決心し、ヨーロッパを周る中で、数多くの手紙を家族や友人に送りました。文中には当時の手紙がそのまま引用されているので、異文化の中で奮闘する様子を、読者も追体験することができます。 私は高校を卒業してすぐに、
小松 雄也
3

【私の人生と読書①】「自分の中に毒を持て」岡本太郎 青春文庫

【私の人生と読書①】「自分の中に毒を持て」岡本太郎 青春文庫 「あなたの情熱を探して」 私は学生時代から、書評合戦「ビブリオバトル」を通じて、読書の楽しさをたくさんの人と共有したいという思いで活動しています。「己の夢にすべてのエネルギーを賭けるべき」。芸術家・岡本太郎の言葉は、挑み続けるすべての人たちの心に、深く突き刺さります。   岡本太郎の言葉に出会ったのは、浪人時代。当時の私は慣れ親しんだ土地
小松 雄也
7

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第56回)

『まいくばあの遺伝子を継ぐものたち(十一) 二十一万円のまんじゅう』 まんじゅうはうまい。僕はとにかくまんじゅうが好きなのだ。 焼きまんじゅうを十個土産に買って車中で一個食ったらそのあまりのおいしさに、あと一つ、また一つと飲みこむように食い続け、家に帰ったら二個しか残ってなかったこともあった。 今はメタボ対策でまんじゅう食いを制限しているが、時には辛抱できんようになって四つとか五つまとめて食う時があ
前沢 しんじ
1

マクドナルドで役立たずだった僕が、仏像彫刻家として生きて行くまでの話

どんくさい僕のアルバイト生活 「オイ! この店はどないなっとんねんー!」 店内に響き渡る声で、客の男は怒鳴り散らした。 「ビッグマックに肉が入ってへんやんけー!」 「え!?  す、すみません!」 レジカウンターで先輩が平謝りしている。 やってもうた! そのビッグマックを作ったのは僕だ! 高校一年生の僕は、 初めてのアルバイト先のマクドナルドで大失態をおかした。 ビッグマックに肉を入れ忘れたのだ。 よ
安本 篤人
31

私が0歳のときに自殺した、父との想い出

私は、父のことを覚えていない。 知らないといったほうが正しいだろう。 でも、私には父との思い出がある。 とても大切で、私の人生にはなくてはならないものだ。        私は、1978年12月5日に生まれた。 父は、1979年4月25日に自ら命を絶った。 私は父が自殺したことを、30歳を過ぎるまで知らなかった。 病気で死んだと教えられていたのだ。 25歳だった父は、人間関係のトラブルが原因で、結婚し
Suzuki Chiharu
14

人生は自分次第!会社員を辞めてネット起業の道を選んだ、収入も労働時間も自分で決められる

プロローグ 毎日残業なんてしたくない・・・。 嫌いな職場の人たちと一緒にいたくない・・・。 本当の自分を押し殺して働くのはもう限界・・・。 私は今、26歳の会社経営者。 新卒1年目22歳の時はブラックな職場で医療事務として勤務しており、 毎日がとにかくストレス、ストレスストレス・・・。 そんな生活に限界がきて 丸1年勤めた後に退職しました。 その後、23歳でサイトアフィリエイトを始めて 約2年後には
白鳥 香織
32

元国家公務員♂がジェンダーフリーに気付くまで

今思えば、私は幼少の頃からそうだったのかも知れない。 小学校低学年の時だ。 周りのクラスメイトの間では、ビックリマンシールが大流行していた。 貼って貼られて貼り返されて。 そんなキャッチフレーズとは裏腹に、 昭和末期の小学生を虜にしたチョコレートの付属玩具を、 1枚1枚大事にファイリングして、興の全力を注いでいた。 私もそんな流行の神輿に乗っかる一人だった。 毎週日曜日になると100円玉を母から受け
牧原 ナオミ
2

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第55回)

『まいくばあの遺伝子を継ぐものたち(九) ノリ』    我が家の酒飲み次女に小さい頃「ぶうこ」とアダ名をつけました。父が娘につけるアダ名かよ!ですが、長じて妙齢のレディになってからもよくからかって、「おーぃ、ぶうこぉ」なんて呼んだりしていました。 日曜日の夜、ヤツがうつ向いて座って何やらしていたので、 「ぶうこちゃんなにやってんの?」と聞けば、 「ひずめの手入れ・・」ボソッとつぶやく。ネイルなんとか
前沢 しんじ
2

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.4(ラスト)

最初のストーリーはこちら そうだ起業しよう 僕はまだ会社を辞めていない。 この話は僕がこれから起業する話しだ。 このストーリーを書き始めた理由は、起業という人生を左右する一大イベントを前に決意出来ずにいる自分を奮い立たせるためだ。そして自分の今までの人生を総括し、自分自身を見つめ直すためだ。 起業を決意した理由は入社して3年が経った頃、今から1年前に遡る。 違和感を覚え始めた日々 この頃から僕は副業
Morii Ryouji
40

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.3

そうだ副業しよう! そう思い立ってから、僕はありとあらゆる副業を始めた。 ebay(海外のオークションサイト)から物を仕入れてヤフオクで転売したり、ブログやサイトを作成してアフィリエイトやAdsenseを始めたりした。 転売は、無在庫販売(ドロップシッピング)というやり方で、ヤフオクで商品を販売して購入されてから、商品を買い付けて発送するという、グレーな販売をしていた。※当時は購入者から振り込まれた
Morii Ryouji
72

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.2

そうだ、東京へ行こう そう決心したのは工場のライン工として働き始めて、半年程経った11月のことだ。東京には中学の頃に修学旅行で一回行っただけなので、向こうには当然友達がいない。 12月の末にボーナスを貰って辞めた僕は、3ヶ月間、失業給付金を貰いながら一体東京で何をしようか考えていた。京都や大阪なら大学に行った友達がたくさんいるため、何とかなりそうだと思ったりもしたが、今までの人生をリセットしたいと強
Morii Ryouji
87

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.1

「誰も他人に興味を示さない仕事」「全く頭を使わなくてよい仕事」 人間関係で悩んでいる人や、技術的な難しい仕事をしている人には、とても興味が惹かれる言葉だろう。 しかし、高校を出てすぐに工場のライン工として働くことになった僕は、この仕事がとてもとても大変なことを知った。 高校在学中は部活ばかりの毎日で、将来のことを何にも考えておらず、母親から「大学に行かせる金がない、すぐに働いて家に金を入れて」と言わ
Morii Ryouji
128

手取り「12万」の23歳新人バーテンダーが〇〇で自由なライフスタイルを手に入れた話。

2016年1月僕は市内のとあるバーで働いていた 午後3時にはお店にいた。 店長 しんたろ〜買い出し行ってきて! レモン4つ、ライム3つ、牛乳2パックとー 帰りにドンキで2ℓのコーラ3本、炭酸水2本よろしく〜〜〜 りょーかいです! 行ってきまーす! 買い出しは自転車で行きます。 「はーはー」 「今日は買い出しいっぱいだな〜」 スーパー(牛乳2パック) ↓ 八百屋(レモン、ライム) ↓ ドンキ(コーラ、
西川 慎太郎
12

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!

test

by T K
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!