人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2752件

1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

「おぎゃーおぎゃー」 2012年9月某日、待望の長女が誕生 この女の子は 「1億円」 を持って生まれてきた。 そう僕や、僕の仲間から言われている。今回は、 そんな 「奇跡の女の子」 の話をしようと思う。 赤ちゃんが、1億円持って生まれてくる、わけないだろ?? あなたが、そう思ったのであれば、 最後まで、このストーリーを読んでみてください。 そして、 奇跡 のような、 真実 に触れてみてください。 プ
大島 享
239

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第28回)

『オープンすぎるぜ!(二)泊まってけ、のりさん』 まるで元祖裸族が如く、まいくばあの家は昔からあけっぴろげで風呂のあとはパンツ一丁で家中歩くようなそんな家族なのだ。その中で育ってきた僕にとってそれは日常の光景だったが、客人が来るときくらいは、ふつうはねぇ・・・ が、僕が卒業後地元のスーパーの入社テストを受けてその結果を知らせに常務殿が来てくれた時も、さらに、結婚する前に妻を初めて家に連れてきた時だっ
前沢 しんじ
5

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第27回)

『靴』 高校入学の準備のため、妹は母とふたりで靴を買いに行った。まいくばあは、娘のサイズより二センチくらい大きいのを買った。ガバガバだった。妹が「かあちゃん、大きすぎるよ、これ」と言えば母はこう答えた。「じきに足が大きいなる。ちょーどいい」 ・・・歩けたもんじゃねえよ。 しかし恐るべし、その裏にはある作戦が隠されていた。妹が大事に手入れしながら三年間履いたその靴は卒業と同時に母に譲られたが、なんとま
前沢 しんじ
5

3.11!!元いじめられっ子の福島第一原発事故からの怒涛の脱出劇。その4

2013年3月、23歳の頃から千葉県流山市に住んだ。 南流山駅から徒歩5分と好立地で7階のマンションかつエレベーター付きだ。 僕の部屋は703号室だ。 出来るだけ引っ越し費用を抑えるため、手荷物を増やし段ボールだけ 箱boonを使って送った。 ベットもそれなりにいいのを購入し、近くのお勧めのカフェ屋さんで 本を読んでいた。 当時お金のなかった僕は近くのカツ屋でカツ丼ばかり食べていた。 値段も安くて味
熊坂 翔吾
8

入社して3週間で社長をディスったらクビになりましたvol.3

3.ビッグチャンス到来! ニューエイトの面々との、運命的な出会いを経た大河であったが、相変わらず稼ぎの少ない在宅ワークに勤しんでいるのであった。 大河「あーあ。もっと良い案件入ってこないかなあ……。」 そうぼやいていると、一つの広告が目に入った。 フリーランス必見!案件ご紹介いたします!高単価!蔵人技術があなたと企業の契約をサポート! 大河「ふむ?なんだこれは。蔵人技術か。」 在宅ワークの枠からは外
大賀 康寛
11

入社して3週間で社長をディスったらクビになりましたvol.2

2. あまり稼げない日々と運命的な出会い 個人事業主として事業「タイガーチャンネル」を立ち上げた大河であったが、なかなか上手く稼ぐことができていなかった。 大河「えー!?1記事400円!?これ3時間かかったんすけど……時給133円……とほほ」 そう、仕事は多いものの、単価の低い仕事が多かったのだ。ライターは飽和し、クライアントも飽和している中で、未経験は安い単価の仕事の受注から始めねばならなかった。
大賀 康寛
55

入社して3週間で社長をディスったらクビになりましたvol.1

まえがき 頑張ってたのに......なんで...... 俺ばっかり!なんで!こんなにつらい思いを! しなくちゃいけないんだ!!! いやだ!いやだいやだいやだいやだ たすけてたすけてたすけてたすけて タスケテタスケテタスケテタスケテタスケテタスケテタスケテタスケテタスケテ ウワアアアアアアアアアアア!!!!! バッ......。 汗だくでベッドから起き上がった俺は大河(たいが)高広(たかひろ)。 元引
大賀 康寛
56

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第26回)

『顔ひろい』 まいくばあは製材所の職工を長いことやっていたので、家と製材所の往復だけの狭い世間と思いきや、なぜか色々な人と知り合いだった。職場の仲間は言うに及ばず各業界のかたがたと。 高校生の頃「おれ、ステレオ買いたい」 母「よし、Sっちゃん(電器屋さん)に来てもらってやる」 僕は音楽が好きで、ナショナルテクニクスという当時えらく高いステレオをSっちゃんの店で買ったのだ。母の顔でクレジット払いにして
前沢 しんじ
2

こんな僕にも奇跡が起きた【引きこもりの青年が平和のために世界に飛び出した話】

「何のために産まれてきたんだろう?」  小さい頃から、なんどもなんども自分に投げかけてきた質問。 「自分は何のために産まれてきたんだろう?」 ご飯を食べるため? 勉強をするため? 恋人を見つけるため? お金を稼ぐため? 僕の目に映る世界が見せてくれる答えは、どれも何だかチッポケに感じてしまって、みんな “ただの暇つぶし” をしているように見えた。 どれだけ周りを見渡しても、答えなんて、どこにも見当た
濱田 直翔
10

3.11!!元いじめられっ子の福島第一原発事故からの怒涛の脱出劇。その3

そのアパートは東京都荒川区西尾久8丁目にある築40年のアパート。 一見外見はともかく、内装はとてもきれいだった。 一応風呂付で2DKの部屋だった。 お風呂は水しか出ず、追い炊きをしてお風呂に入った。 シャワーは使えない。 夏場はゴキブリが結構出る。 1年に4-5匹くらい 出るのでそいつらと格闘しながら日々過ごしていた。 住んでいたアパートの近くに荒川遊園がありさらに北に進むと河川敷に出る。 ここはか
熊坂 翔吾
11

世界47カ国女子バックパッカーができるまで(19)

新しい職場、新しいホストファミリー ロンドンから電車で二時間半。そこは南西のコッツウォルズ地方と呼ばれる場所。 お風呂の語源となった町であり、ローマ時代の大衆浴場の遺跡が残るバースという町に私はボランティア教師として赴任した。 バースは、白い石を積み上げて作ったテラスハウスが並ぶ、とっても美しい町だ。 人々は少しでも太陽が出ると肌寒い中でもタンクトップになり、日光浴を楽しむ。街中とはいえ、パブの中に
Cathy Kei
6

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第25回)

『骨折』 母親とはえらいもんだという話です。 僕の神経質ぶりをわざと無視し続けて、アソコ悪いココ悪いと言ってもことごとくさらっとかわした。そうすることが神経質な子に対しての一番の対処法と思ったのだろう。 いま思い返せば、僕が訴える病的症状は実際にすべて僕の神経質のなせるワザだったのだ。 さてそんな僕が小学校五、六年のころ、急に野球のボールが投げにくくなった。 投げたらひじが痛い。 それまでの体験から
前沢 しんじ
3

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第24回)

『神経質』 僕は神経質な子供だった。ちょっと腹が痛いだけで「母ちゃん、おれ盲腸かもしれん」 「・・・・」(無言) 頭がちょっと痛ければ「母ちゃん頭ガンガンする」 「・・・・」(無言) ある時足の小指が痛くなった。「母ちゃんおれ小指痛い。ガンかもしれん」(アホ?) ・・・・無視するかと思いきやひとこと言った。「神経じゃ」 あまりの心配しなさすぎに僕は言い放った。「ガンになったる!」 「なってみい!」
前沢 しんじ
5

アメリカでギャングに車を盗まれて、戻ってきた話

英語が話せないのに、短期留学したら、ホストマザーに大量の薬を渡された話 から、3年後僕はアメリカの大学に留学しました。 留学してからしばらくして、僕は車を買いました。 ↑こう書くと、ボンボンっぽく聞こえますが、 僕よりも年上の車。(←日本だと、とうに廃車。) 6万円 で買った車です。6万円とは言っても、車は車。 もう、本当に大事に大事に乗っていました。 速度が遅すぎて、 後ろからクラクションを何度も
春明 力
14

いじめ経験を基に、一つだけ知っておいてほしい事。

中学2年生の冬、眼鏡をコンタクトレンズにした僕は急激にモテ出しました。 よっぽど眼鏡が似合ってなかったのでしょうか(笑) 急に女の子からよくしゃべりかけられるようになり、男子友達も次第にかっこいい人ばかりに。 ですが男子からいいように見られないのは当然です。 実はこの話以前の作品の続き、というよりエピソード0といったところでしょうか(笑) 映画「湯を沸かすほどの熱い愛」にて娘がいじめられている姿を見
seishu setou
16

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!