人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2923件

写真家 長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がイタリアのダミーブックコンペで特別賞を受賞しました

11月に東京で開催いたします児童虐待可視化プロジェクト写真展は来月か再来月には詳細をご案内できますので、ぜひ期待してお待ちください。 2017年8月1日  写真家長谷川美祈さんより連絡を受けました。 美祈さんがフェイスブックに書かれた文章内容のコピーと転載・写真の転載許可を得ておりますのでここにシェアさせてください。 ※以下、長谷川美祈さんの文章です。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小川 詩織
10

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(8)

肺がんを生き抜いている人たちは、誰もが生死の​境目から生還した英雄だと思う。 再発におびえることもあるだろうし、転移が見つかれば最初のがん告知よりもずっと重い気持ちを受けとめなければならないのに、だからと言って暗い気持ちを抱え込まず、悲​しんでばかりいるのでもない。強い気持ちをもって生きている人たちだと思う。 「笑顔が大切なんですよ。笑顔でいてくださいね。」 生き抜く人は、未来にこだわる。 その初老
松本 晃一
12

娘に伝えたい、僕がクビになった話

私にとって、娘が生まれたことが、 人生のターニングポイントとなり、 私たち家族に幸福と愛をもたらしてくれました。 これは、そんな大切な娘に伝えたい、 人生最悪の出来事から得た 人生にとって とても重要なお話です。 あー・・・ 毎日おこられてばかりで イヤになるなぁ・・・ いったい何のために生きてるんだろ。 この先も、この生活がずっと続くのか? まだ28才だから、 あと30年以上コレ・・・? ありえな
橘 敬太
60

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(7)

呼吸器内科の外来の待合所では、キャリーバックのように酸素ボンベを引いて歩き、鼻に細いチューブを装着してボンベから供給される酸素を吸って歩く人がいたり、胸に直径1センチほどのチューブが差し込まれたドレーンと呼ばれる医療機器を引いて歩く人がいたり、肺に疾患のある患者特有の光景をよく見かける。 圧倒的に中高年が多い。56歳の僕は若いほうかもしれない。 それでも、時々、場違いなような若い女性が診察室に入って
松本 晃一
10

今日買う玉ねぎが明日を変える話

幅広い選択肢から選び抜くということ 玉ねぎが欲しくなってスーパーに行きます でも一つしか残ってませんでした ちょうど一つしか必要じゃなかったからこれ買おう! でも後ろの棚には卸したての玉ねぎが200個あることに気づきました それでも最初に選んだ一個を買いますかって話 その200個を見てやっぱり、最初の一個にしよう! その判断は素晴らしいことだと思う または時には、違うこの玉ねぎにしよう!ってなるかも
山口 裕生
6

22歳、恋愛について考えてみる。

私にとっての恋愛、それは「お互いを束縛せず、自由に生きる」だ。 どうも初めまして、愛星壱夜と申します。 私にとっての恋愛、それは「お互いを束縛せず、自由に生きること」と最近になって思うようになりました。 22年間何度も挫折し、友達さえも一度は失った恋愛。自分の考え一つで相手の感情は揺らぎ、そして変わるものです。  私は、過去何度か年上の人、同年代、そして年下と幅広い年代の方とお付き合いしてきました。
愛星 壱夜
7

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(6)

大切な人​を失ったときはとても悲しい。時には人が変わってしまったり、自分を見失ってしまうこともある。それが人生経験のひとつだとを理解はしていても、容易に自分の心の中では消化しきれない。僕にもそんな思い出がある。一時、僕は自分を失っていた。30年以上前のことだけれども、今でもそのときの感覚を覚えている。 その女性は、がんで亡くなった。 がんを死に至る病だと皆が思っていた頃、インフォームド・コンセントと
松本 晃一
12

不幸思考に埋もれた地の底辺から、、、、

わたしの母はわたしの妹を妊娠したわたしが3歳の時から、親は宗教に夢中になり子供への虐待を正当化し、母がホースに切り目を入れたものやコードを束ねて所々結び目を作ったものや、棒でわたしを叩くようになった。些細な理由で「悪い子だから」と叩くようになった。妹が生まれたら、妹もいろいろな理由で叩かれるようになった。 叩くだけでなく愛情を感じない、私がどれほどダメな子か言い続けられる。 母から、痛ければ痛いほど
カノン KANON 333
8

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(5)

肺がんになった僕は献血ができなくなった。 日本赤十字社のホームページによれば、 「悪性腫瘍の診断を受けて治療中の方はもちろん、悪性腫瘍の手術を受けた後の方も、たとえその術後経過が良好でも、原則として献血をご遠慮いただいています。」 このようなことは、肺がんになったからこそ学んだことのひとつだ。 痰に1センチ、すうっと糸を引いたような血の筋が混じっていたことがあった。咳が出たりする症状がなかったから、
松本 晃一
14

「私がミスジャパンになるまで」

ほんとうのシンデレラストーリー はじめまして。 ミスツーリズムインターナショナル2017の日本代表、 星 美紗貴 です^^ いまから約2ヶ月前に、夢のミスジャパンになることができました。 私の人生で、ほぼ初めてに等しい なにかを成し遂げた 、 目標を達成した という気持ち。 言葉にしたらどうしても薄っぺらくなってしまうけれど、あの日の感動やステージからの景色は忘れることができません。 ここではそんな
Hoshi Misaki
24

近藤君、倉庫整理してきて

台湾に来て最初に与えられた仕事は 倉庫整理。 しかも結構大きい倉庫。 社長からは「どのように整理するかはお前に任せるから、最終的にExcelでまとめて、宜しく。」とだけ言われた。 意気込んでどんどん整理した。どんどん整理して、どんどんExcel更新して、とにかくどんどんどんどん「早く、綺麗に」を心がけて整理した。 先輩からは「お前、仕事早いな!」と言われた。正直嬉しかった。 3日後、Excelの最後
Kondo Takeshi
6

僕の人生を変えた魔法の習慣 - 落ちこぼれが○○に気づいて3年で店長になった話

こんにちは。 美容室経営をしている北原といいます。 僕は小学生の頃からずっと落ちこぼれで、友達は一人もおらず、学校の勉強にもついていけませんでした。 そんな僕は社会人になっても落ちこぼれつづけ、先の見えない将来に強い不安を感じていました。 ところが、たった1つの魔法の習慣で人生がガラリと変わり、3年で当時働いていたお店の店長に就任するまでになりました。 ここでは、その時の話をお伝えさせていただこうと
北原 孝彦
315

月収19万円だった私が、ある日突然、年収360万円の副収入の道を手に入れた話

きっかけは国際結婚。 タイで出会った大好きなインド人の彼とスムーズに入籍、結婚。 2人で、日本で生活をして行くと決めた時からこの物語は始まりました。 期待と夢を胸に、夫くんが来日した時は本当に心から嬉しかった!!!\(//∇//)\ 一つ一つ自分の思っていることや、夢が叶っていくと、自然と人生は何でも思い通りなんだなって思った。 そんな風に思った矢先、、、 いざ夫くんと日本で生活してみると、いろいろ
ライフ&ビジネスコンサルティング せりーな
28

誰でもいつかは亡くなる。亡くなる人から私は学ぶ。

昨年の初秋だったかな。 私は蔡さんに出会った。 その顔はどこか疲れていたけれど、眼にはしっかりと未来へ向けての光があった。 彼女は昨年、癌の摘出手術をした。 なんとなく、癌はもう無いけれど、癌とともに生活し、いざ身体にメスを入れるのは相当身体に負担があるのだろうと感じた。 「まだ休まなくていいんですか?」 私の問いに彼女は優しく微笑み一言。 「私の命は私のもの。でもね、私の時間は私だけの時間じゃない
Kondo Takeshi
7

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(4)

「5年生存率」とは、診断から5年経過後に生存している患者の比率。数多くのがん患者の平均的な数値であり、確率として推測するものだから、患者の余命を決定づけるものではない。あくまでも統計的に導き出されたものだ。けれでも、そうと頭ではわかってはいても、がんの告知を受けた瞬間からは、とても気になる生々しい数値になる。 病期によって余命は大きく変わる。 ステージがⅠ期でも腫瘍が3センチ未満と小さければⅠA期と
松本 晃一
12

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!