恋愛・結婚

恋愛・結婚

皆さんは、『恋愛・結婚』に関するストーリーはお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『恋愛・結婚』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った恋愛・結婚のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛・結婚のタグが付いたストーリー一覧 714件

ハイスペ男性と結婚できて自己肯定感MAXのはずが、産後クライシスで奈落の底へまっしぐら。ミステリアスな女性占術師から男女関係の真理を学んで復活できた話。(作成途中です)

(作成途中です) * 女性は私生活が充実すると仕事までできるようになる法則どおりに、女としての自信を取り戻し、難関企業への中途採用にも成功。収入も大幅アップしたが、何よりも誰もが羨む男性に選ばれたことが、女としての自信をゆるぎないものにしてくれた。 * 最愛の人との結婚と出産、幸せの絶頂かと思いきや、産後半年目から悲劇は始まった。度重なる夫婦喧嘩。積み上がる不信感。実家にも帰れない。乳飲み子を抱えて
狩野 理沙
2

お登りさん東大女子が、女子力の壁にぶつかり、サボテン女になり下がっていたところ、ミスターYのおかげで女偏差値を30上げて、コンプレックスを克服できた話(作成途中です!)

(まだ作成途中です!) * 他の女子がほとんどいないニッチな領域ではそこそこモテたからと勘違いしてメジャーの道を目指してみたら、結果は惨憺たるものだった。 20−28はステディーな彼氏不在。 * 臥薪嘗胆で頑張った受験勉強。夢にまで見た東京ライフ。小難しい学問にはあまり興味がなく、青春を取り戻そうとダンスに明け暮れる。 * 女性率1割というリケジョ寡占市場であれば、「私も捨てたもんじゃない」「モテて
狩野 理沙
7

偏差値50代から東大現役合格「恋愛のパワー」で不可能を可能にした話

安心できる場所と愛情の交流に飢えていた子供時代 私は医療法人を営む両親の長女として生まれ、高校生まで福岡で育ちました。 子供への愛情はとても深い両親でしたが、経営のストレスや共働きの忙しさからか、 小学生時代は夫婦喧嘩が絶えない家庭でした。 そんな環境だったからか、 「生きる喜び」だとか「本当の幸せ」について、日々考えるような幼少期を過ごしました。 初恋で幸福感、生きる喜びを知った青春時代 哲学的思
狩野 理沙
11

You used to be my everything〜あなたは私のすべてだった〜episode 4

物語には必ず最終回がある。 結論から言おう。 彼とは、付き合って3年弱で別れた。 そして、もうひとつ。 今だに解けていない疑問がある。 彼 ハ、 ゲ イ ダ ッ タ ノ カ モ シ レ ナ イ 。 どこかの国で、ゲイかどうかを判別するのに、 小指を見たらいいと聞いたことがある。 小指に指輪をしているかで決まるらしい。 彼と部屋の模様替えをした時、 小さなかごがひっくり返り、その中のシルバーのリングが
佐々木 唯
3

You used to be my everything〜あなたは私のすべてだった〜episode 3

夢のような日々が始まった。 約8ヵ月間離れていた憧れの人が、隣にいる。 特別な事は何もしてないけど、 私は彼の生活に溶け込んでいった。 彼の通う音大の授業に忍び込んだり、 自習室でピアノを弾く彼の隣で読書をしたり、 多国籍人種の面々が通うテコンドー教室で彼のスポーツ姿を見守ったり、 友達の家のホームパーティーに参加したり、 週末には市場へショッピングに行ったり。 こんなに一緒にいれるとは思ってなかっ
佐々木 唯
2

You used to be my everything〜あなたは私のすべてだった〜episode 2

朝、目が覚めると、彼からの「おやすみ」メール。 私が夜寝る前は、「おはよう」メール。 同じ地球なのに、毎日あべこべの挨拶をしてそれぞれの世界を生きる。 あの頃の私にとって、 時差と距離がネックだったけど、 同時に、 時差と距離が彼をより愛しくさせた。  英語も自分なりに精いっぱい頑張った。 2時間目の休憩中に早弁し、 (これは単にすぐにお腹が空いてただけやけど) 昼休みは長い休憩を使ってアメリカ人の
佐々木 唯
2

~風に吹かれて~ (日本一周その57)

    ~風に吹かれて~   (日本一周その57)     今朝は 誰かの 話し声で 目が 覚めた 東京から 来た 男性と 札幌から 来た 2人が 旅の 事で 雑談を していた 取り留めの 無い 話 そう 感じていた     その 囁くよな 会話で 目が 覚めた でも まだ 他に いる 2人は 夢の 中に いるのか すやすやと 寝息を 立ててる     東京から 来た 男性と 札幌から 来た 男性は
ダイナマイト コウヘイ
3

20年の大きなシナリオが終幕を迎えた話~序章~自分を大事にしたら元夫と歩み寄れた

過去の関係性の清算 わたしは2年前に離婚したのですが、この2年間というもの殆ど元夫とは連絡を取っていませんでした。 でも激動だった2016年、元夫と時々やり取りをすることが出て来ました。大体は子供のことで、深い話をしたりすることはなく、当然と言えば当然だけど、なんとなくお互いの間にはぎくしゃくした空気が流れていました。 それが6月、元夫からわたしの近況を心配するメールが突然来たのです。 わたしは以前
橋本 華菜子
5

バリ島に住んでるあたしの縷縷面々と尽きない人生

30才・・・人生の節目、または転換期とよく言う。 オンナはボヤボヤ生きていると、あっという間に年をとる。 かわいいオンナも頭の良いオンナも、なんでもないオンナも、みんな平等に年をとる。 勉強が出来なくてもただ楽しかった小学生時代。 本格的な自我が出てきて男子や己の見た目をめっちゃ意識し始める中学生時代。 親がうざくて、友達との繋がりが絶対で命で、誰かと同じことをするのが嫌だった高校生時代。 いつかは
新田 松子
1

30年以上続く初恋の話です。vol.6

23年目の同窓会(平成23年) 久しぶりの再会をしてから、次の再会はけっこう早くにできました。 メールでたまに連絡をとりあってるうちに、一緒に飲みに行こうという話が現実的になってきました。 まずは日時を、時間のとりやすそうな年末に決めました。 イオンさんは、幼馴染のニシヤマさんを誘ってくれました。 小学校から高校まで一緒だった4人のうち、ボクとイオンさんとニシヤマさんの3人が集まることになりました。
タカ 33
3

30年以上続く初恋の話です。vol.5

2回目の再会はだいぶんたってから(平成23年) オーストラリアのワーホリから帰国し、ちゃんと就職してから結婚しました。 帰国して地元に戻ってからエンキョリだった奥さんと、ボクの地元での新婚生活が始まりました。 新婚生活が落ち着いたところで、奥さんはバイトに行くようになりました。 前職を活かして、地元の大型スポーツ販売店での事務の仕事。 働き出してすぐ、奥さんから「ニシヤマさんって知ってる?」と聞かれ
タカ 33
4

30年以上続く初恋の話です。vol.4

最初の再会は社会人1年目(平成5年) 野球のサークルとディズニーランドのバイトで、大学の4年間はあっという間に過ぎました。 この間は、少しだけ恋愛もしましたが、特にバイトが楽しくて、彼女がいなくても充実した日々を過ごしました。 バブルが弾けるほんの少し前に就職活動を終え、第一志望の某スポーツメーカーでの社会人生活が始まりました。 社会人1年目の夏休み、帰省したボクは、2つ上の兄と飲みに行きました。
タカ 33
4

30年以上続く初恋の話です。vol.3

運良く同じ高校進学(昭和61年) ボクが受験した高校の定員は、確か450人。 受験したのは451人。 1人だけ落ちます。 運が悪いことなく、ボクもイオンさんも無事合格。 あと3年は同じ学校に通うことが決まりました。 祈りは通じず、イオンさんと同じクラスにはなれず。 小5のクラス替え以来、これで6年連続の違うクラス=会話なしが決まりました。 小3以来、変わらずイオンさんのことが好きでした。 イオンさん
タカ 33
4

30年以上続く初恋の話です。vol.2

中学校の修学旅行(昭和61年) 一度も一緒のクラスにならなかったこともあり、中学校での記憶はほとんどありません。 帰り道が同じ方角なので、たまたま見かけた時に喜んだこと。 野球部でボール拾いをしていた時に、陸上部のイオンさんのところに飛んだボールをボクに渡してくれて喜んだこと。 ぐらいでしょうか…もしかしたら、1回もしゃべらなかったかもしれません。 と思っていたら、思い出しました。 確か中1の時、小
タカ 33
4

30年以上続く初恋の話です。vol.1

出会いは小学校3年生(昭和54年) あの頃のことは、もうほとんど記憶がありません。 初めて会ったのは、小学校3年生の始業式。 ボクたちのころは、2年に1回クラス替えがありました。 人生初めてのクラス替え。 2年生の時はアキコちゃんが好きだった記憶がほんのりあります。 アキコちゃんの隣に座りたくて、隣の男の子に「席替わったろか?」と言ったことを、いま、思い出しました。そのあと「アキコちゃんが好き」なこ
タカ 33
5

皆さんは、『恋愛・結婚』に関するストーリーはお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『恋愛・結婚』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った恋愛・結婚のストーリーを、少し覗いてみませんか?

恋愛・結婚 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!