恋愛・結婚

恋愛・結婚

皆さんは、『恋愛・結婚』に関するストーリーはお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『恋愛・結婚』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った恋愛・結婚のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛・結婚のタグが付いたストーリー一覧 755件

車いすの男性と出会って結婚するに至るまでの5年間の話 その8

そして状況は一転する ひとり暮らしをするようになってからは、平日の夜は彼と一緒に夕飯を食べたり、週末も気兼ねなく一緒に過ごせるようになった。一緒には住んでいなかったけれど、脊髄損傷という障害の大変なところなども深く理解するようになっていった。 車いすを利用する理由は、人それぞれ違う。彼の場合は交通事故による胸椎骨折のために、胸から下の感覚が全廃している。歩けない、立てない、そして、排泄のコントロール
Sakai Tomoko
3269

車いすの男性と出会って結婚するに至るまでの5年間の話 その7

苦しみから逃れたい 実家暮らしをしながら、両親に反対されたまま彼との付き合いを続けることは、本当に苦しかった。この時期のことは、霞がかかったようにあまり思い出せない。思い出そうとすると、頭が重たくなるような気分が沈むような感覚になってしまう。 彼と電話で揉めて、翌日からメールをしても電話をしても何も連絡をくれなかったりしたことも何度もあった。そうすると、仕事帰りに彼の家までいって待ち伏して、とにかく
Sakai Tomoko
2749

住所不定無職の旅人なのに結婚することが出来た話。③(完)ご両親の寛容さは偉大だ

一時帰国 1年ぶりに日本に帰ってきたが、友人からは早速 「ずいぶん早い帰還だな」 と冷やかされた。 しかし、そんなことよりまず彼女の両親へのご挨拶だ。 だが、着ていく服がない。 スーツなどは処分して持ち合わせておらず、今ある服は旅用のTシャツとぺらぺらの綿パンツだけだ。 靴もサンダルしかない。 一応黒でコーディネートしようと思い、黒い帽子に黒いTシャツ、黒い面パンツに黒のサンダルで決めてみた。 ご両
Takai Rei
230

住所不定無職の旅人なのに結婚することが出来た話。②いきなりの究極の選択

合流 彼女は俺より2つ年上でしっかり者。 始め彼女は友人とタイとベトナムを旅行し、途中から友人と別れ一人旅となりベトナムのニャチャンとういう町でで俺と合流した。 一人旅を始めて半年が経った頃だった。 合流後はそのまま北上して中国を周り、チベットからネパールに抜けることとなった。 ストレスフルな毎日 今までの旅仲間は、短期間でお互い別々のルートとなったため、相手がどんな人物でも対してストレスにはならな
Takai Rei
1304

住所不定無職の旅人なのに結婚することが出来た話①

ふと気が付いたら自分はカオサンの2段ベッドでぼんやり天井を見上げていた。 母が自宅で看取り、息子としての責任は果たしたので、なんだかもう日本にいる理由もないことに気が付き、以前から計画していた放浪の旅にでることにしたのだ。 自身の荷物も殆ど処分し、段ボール5個だけ友人の実家に預け、ずた袋1つでタイ・バンコクに降り立っていた。 バックパックすらも持っていないため、バックパッカーですらない。 年金や健康
Takai Rei
1422

車いすの男性と出会って結婚するに至るまでの5年間の話 その5

素直になれず 「はい!」と言えばいいのに。それ以外の返答なんてないのに。「はい! 私も最初出会ったころから好きでした! よろしくお願いします!!」くらい言ってもよさそうなものを、なぜかうまく答えられず。いつ言われてもおかしくないと思っていたし、そういう場面を妄想してたこともあったはずで、自分でもそう言えると思っていたのに。 「付き合ってください!」と言われた私は、「あー、えー、うー、えっとー、そのー
Sakai Tomoko
2828

あまりにも出会いがないのでマッチングアプリを始めてみた件

「ワンルーム・ディスコ」「都会の一人暮らし」という歌がありますが、とにかく私のひとりぐらしはパッとしない。なぜかというと隙間風が吹き抜けるボロいアパートで、彼氏なし、アラサー、体にはしっとりと肉がついてきている。 恋ってなんだっけ………… でも、ときめいてるからいっか★ facebookに増え続ける新生児の画像 しかし、私の周りでは出産ラッシュが発生していた。 結婚もちらほら見かけたが、そんなもんじ
musubiko o
47

車いすの男性と出会って結婚するに至るまでの5年間の話 その4

たくさんの方に読んでいただいているみたいで、とても励みになります。ありがとうございます。詳しく書き過ぎてしまって、長くなりそうですがお付き合いいただければ幸いです。 ついにきた、Xデー 「オレは取材対象ですか?」と聞かれて「はい。取材対象者です」と答えて、少し後悔していた。でも、その答えは間違っていないと思っていた。目的は、テニスのことで取材させてもらうためだったから。いつかお付き合いする日が来るの
Sakai Tomoko
2873

車いすの男性と出会って結婚するに至るまでの5年間の話 その3

取材じゃなかったらよかったのに 毎週日曜日、“取材目的”でテニスコートに通うようになった。ただ、テニスをしている間は、やっぱり他の人の目が気になって、あまりいろいろ話せなかった。気軽に話せるのは、帰りの車の中。あの雨の日、お互いに送り&送られそびれた反省から、帰りは車で駅まで送ってもらうのが約束事のようになった。最寄り駅までだったので、短い時間だっけれど、気兼ねなくいろいろ話せるので毎週楽しみだった
Sakai Tomoko
3157

車いすの男性と出会って結婚するに至るまでの5年間の話 その2

プロローグの話題入りありがとうございます! たくさんの方に目を通していただいているみたいで、うれしいです。 10年以上前のことを思い出しながら書いているので、戻って修正したりしています。前回、連絡先を交換したと書きましたが、もう少し後のことでした。「その1」も訂正してあります。 すれ違い 翌週から、毎週日曜日はそのテニスコートに出向いて取材を重ねるつもりでいた。しかし、次の日曜日、入院していた父のと
Sakai Tomoko
3077

車いすの男性と出会って結婚するに至るまでの5年間の話 その1

出会い その当時、私はライターや編集者を養成するための専門学校2年生だった。といっても、大学卒業して4年会社員として働いて、それから仕事を辞めてから専門学校に通っていたので、いい歳した専門学校生だった。 私が所属していたのは、スポーツに特化したライター養成のコースだった。2年生になると、長期的に何かのスポーツを取材してリポートにまとめるという課題が与えられる。何を取材しようかと考えていて、なぜそれを
Sakai Tomoko
3196

車いすの男性と出会って結婚するに至るまでの5年間の話 プロローグ

その人とはテニスコートで出会った。 初めて会って、少し話して、そして確信した。この人と、結婚するんだろうな、と。私の結婚相手は、こんなところにいたんだと思った。 その人は、私が思い描いていた結婚相手の理想像にとても近かった。話し方が穏やかで、懐の深さが感じられた。しっかりした企業に正社員として勤めていて、ただ留学経験があるだけじゃなく、アメリカの大学を卒業していた。そしてスポーツ、私と共通にできるテ
Sakai Tomoko
3247

なぜベストを尽く「せ」ないのか

自分という存在への怒りと恥ずかしさと・・・ 物心ついたときから、と言っても自分は自慢じゃ無いが1歳の誕生日も鮮明に覚えているくらい小さいときから物心はあったと思う。 だから、ほぼ生まれたときから、人と目を合わせるのも話すのも、挨拶さえ恥ずかしかった。極度の引っ込み思案だった。 何となく、自分が世の中にとってもマイナスの存在で、「いてはいけない=マイナス無限大」ような気がしていたので、人の輪に自分から
内藤 涼子
111

「ゴキブリ」と「結婚」

これは、学生時代に書いたエッセイ 黒光りしているんだよ? しかも飛ぶ! 動きはすばしこいし、 いつどこから出てきても合理性がありそう で、 とにかくおいらはゴキブリが大嫌いだ。 というよりも怖い。 なんとしても如何ともしがたいほどにゴキブリが怖い。 その昔ガキの頃はと言うと、何故だかハエ叩きでつぶせたのだけれど、 今は何が何でも怖い。 見るだけで怖い。 誇張ではなくて、とにかく目にした瞬間に 心臓が
内藤 涼子
52

わたしは変わっていく「奇跡がくれた贈り物」

わたしは変わっていく。 あなたと出逢って。 世の中には、無駄なことなんてひとつもないはず。 出逢いも、別れも、成功も、失敗も、笑顔も、涙も・・・。 だから、物事には必ず何か意味があるんだと思いたかった。 でも、やっぱりただそう言い聞かせているだけで、実際は違った。 想いを伝えなければ、こんなに悲しむことなんかなかったのに、とか。 どうせ終わるなら、どうして出逢ってしまったの、とか。 後悔ばかり。 そ
伊集院 歌子
110

皆さんは、『恋愛・結婚』に関するストーリーはお持ちでしょうか?STORYS.JPには沢山の『恋愛・結婚』に関するストーリーが投稿されています。一人ひとり違った恋愛・結婚のストーリーを、少し覗いてみませんか?

恋愛・結婚 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!