過去の想い出

過去の想い出

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の想い出のタグが付いたストーリー一覧 2144件

無職のままで18歳になった俺に、長男が生まれた。

まともに仕事もしていないのに、子供が生まれて焦った。 焦って面接を受けまくってもやっぱり面接に落ちまくり、いろいろと考えた末、結局建築関係の仕事をすることにして、建設関係の仕事に就いた。 建設関係の仕事は面接一発合格、翌日から出勤がデフォだ。 その建築関係の仕事とは、ハツリ屋という仕事で、コンクリートを割ったり削ったりする仕事だ。 月収は16万円程度。 長男が生まれて、嫁の実家で半同棲みたいな生活を
A D
2

フランス人に教えてもらった、人生を豊にする超本質的な2つの習慣(その2)

Bonjour à tous! あなたは幸せですか? こんにちは。 福元こころです。 今日は、私がフランス留学で、フランス人達の 素 の生活から教わった、 人生を豊かにする超本質的な習慣(その2) をご紹介します。 フランスでの絶対的マナー 前回の その1 で、たとえ知らない相手とでも目が合ったら「Bonjour」と挨拶する事をお伝えしました。 しかし、その際にもう一つだけ 絶対的なマナー がありま
福元 こころ
3

不惑を越えてなぜか相撲に魅せられた【其の三】

一昔前、相撲が空前のブームになったとも言えるのが若乃花・貴乃花の台頭による「若貴フィーバー」。今となってはフィーバーという言葉自体死語に近いものとなってしまいましたが。 それまで相撲のすの字も興味がなかった老若男女が二人の土俵に注目した時代です。父親は元大関貴ノ花、伯父は元横綱の初代若乃花。 歌舞伎の世界ではありませんが、いわゆる相撲一家という環境下で育った二人。当時のテレビ局は二人が幼い頃の映像な
山口 寛之
4

まずい、家がない!!旅から戻って横浜中華街で家賃3万円の部屋に住むことになったストーリー

軋轢(あつれき): 人の仲が悪くあい争うこと。不和( Google引用 ) 旅のおかげで、わたしの人生観は180度変わりました ( その話はSTORYSの記事にて ) すると問題勃発 バックパッカーさんなら 共感してくれる方がいるかな いままでの友達や家族と ”あつれき”が生じました なんだろ、この違和感 行動することを恐れ チャレンジすることを恐れ 変わることを恐れ 人のせいにして 会社のせいにし
矢島 マーシャ
2

中卒鬱病引きこもりニートのダメ人間が子供10人の大家族の父親になってしまった話

スラム街の様な地区で生まれ育った俺は、中学の頃は少しグレていた。 中学3年のある日、授業中に眠っていた俺に、数学教師が 「お前このままだと高校に受からないぞ」 と言ってきた。 俺は 「高校は行かないから別にいいよ」 と言って、生活態度は変えなかった。 高校受験も受けずにそのまま中学を卒業して、地元の土建屋に雇ってもらったが、なかなか続かず、3か月ぐらいで職を転々とするような感じで生きていた。 仕事が
A D
1

私はアーティスト日記ーle debutー

2017年1月21日土曜日  2015年8月3日〜8日、大学1年生の夏休みだった。 人生で初めてワークショップを企画・運営した。ここで私の作品作りにおける考え方が変化した。 2015年8月3日月曜日  『le debut 〜はじまり はじまり〜』 商店街に建つギャラリー、co-ume lab.に搬入をした。最初のお客さんは2人だった。  「プリン食べた。おいしい。あと作業した。」 2015年8月4日
おかだ ゆりな
2

私は日記

*この話は「平和」をテーマに書いた現代美学のレポートです。 消えそうなりんご 2016年12月21日水曜日   パニック障害になった。 2016年12月25日日曜日  嫌な夢を見た。 中学の同級生Yと大学の同級生Rを教室で殴る夢だ。ついに私が恐れていた凶暴性が出たのだ。大声を出して笑っていたRに腹を立てた。私が注意をし、Rが墓穴を掘ったときにスプーンや箸を投げた。そういえば私は給食当番だった。給食当
おかだ ゆりな
4

私は日記ープロローグー

傷んだりんご 2016年12月21日水曜日   パニック障害と診断された。 2016年12月25日日曜日  電車に乗っても、学校に行ってもどうしようもない不安が来る。今までの作品(主にワークショップ)も意味ないじゃん?今まで他人の為、子どもたち(小学生高学年〜中学生)が学校に楽しく行けるきっかけ作りをしていた訳だけど、それって、今までのワークショップって、ただ、自分がこう(パニック障害に)ならない為
おかだ ゆりな
3

 文部科学省選定ドラマ「愛を乞うひと」を観て感じたこと

児童虐待当事者の一人として感じ考えたこと まず「愛を乞うひと」は作家下田治美さんの小説で1998年に映画化された作品だ。当時は見たいと思わなかったので小説も映画も見ていない。事前に多少ネットで内容をリサーチしたが、今回のテレビドラマしか知らないことをご了承頂きたい。 簡単なあらすじは、幼少期から凄惨な虐待を実の母親から繰り返し受けていた女性が、自分の過去と対峙し過去の自分自身と母親像を受け入れる話だ
小川 詩織
11

出会い系で僕が出会ったちょっと変わった女性達

20代の頃、僕には付き合って2年の彼女が居た。 僕がすごく惚れててそろそろ結婚を切り出そうと思ってた。 それがある日、頭をハンマーで殴られるほどのことが起きる。 それは僕の友人と彼女がセックスしてるところを見たのだ。 あとでわかったのはお互いすごく酔ってたからだったけど、酒の飲めない僕は 「うん、あることだよね」と納得することもできなかった。 結果は友人とも彼女とも縁を切った、 周りはもっと怒ってよ
青木 浩太
16

長野の思い出の味

長野味と言えば?と聞かれたら「蕎麦」と答える人が多いと思います。確かに信州そばは美味しいです。都内で食べた蕎麦と比べてしまうと、同じ値段でもっと美味しい蕎麦が長野には沢山あるので「やっぱり、長野の蕎麦は美味しい」と感じます。どの都道府県もよく知られている郷土料理や影が薄いけど負けていない料理は沢山あります。 以前、ワカサギ釣りの話をしましたが釣って直ぐ揚げる天ぷらは郷土料理ではありません。ですが、私
等々力 好泰
3

第155章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

マイクのテスト中
あっきー あっき~
2

ゆめカフェ(32歳)

僕にとって"結婚"とは、 家に帰って『おかえり』って言ってもらえること。 家に帰って話す相手がいること。 ご飯を一緒に食べる人がいること。 僕の育った家庭にはなかったそれらが叶うということは、僕にとっては嬉しいこと。 僕にとって結婚は期待の気持ちが大きかったです。 しかし、実際の結婚生活は良いことだけではなく、 むしろ思うようにいかないことだらけでした。 お互いの主張が衝突して喧嘩になることもよくあ
橋本 隆生
2

3.11!!いじめられっ子原発難民のその後に関すること。

2011年3月11日の東日本大震災から 現在に至るまで北海道から福岡、沖縄まで回ったし、 海外なども上海、バンコク、クアラルンプール、シンガポール、ニューヨーク、テキサス州のダラスを旅した。 最近では台湾弾丸旅行なんかも考えている。 色々あった人生だったが、自分に取ってやりたいことは大体やってしまった。 今後は 地元福島に帰り、祖父母の家に滞在したり古民家を借りるなりして 宅建や狩猟免許(ワナ、網)
熊坂 翔吾
5

いつか来る時

私は椅子に座り、パイプたばこを吹かし、 2017年1月9日(月)の出来事に思いをはせている。 夕方6時になり職場から「お疲れ様」言って アルバイトがぞろぞろと私の前を通り過ぎ退社をした。 ふと目をやればモンゴルから来た留学生ひとり もじもじとしていたので「どうしたの?」 彼女は流暢な日本語で 「今日で終わりなの」 「そうなの、ご苦労様」 彼女は笑みを浮かべ、「仕事楽しかった」つぶやき、 私の前から去
大東 豊
4

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

過去の想い出 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!