過去の想い出

過去の想い出

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の想い出のタグが付いたストーリー一覧 2379件

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(1)

世間は東京オリンピックに向けて盛り上がっていますが、これは10年前、北京オリンピックに向けて中国が盛り上がっていた頃のお話です。 当時、私はアメリカのコンサルティング会社で働いていました。思えば、ある日いきなりボスがアジアの責任者になり、「中国オフィスで人を雇うから手伝って」と言われ、人を採用するところからこの地獄は始まりました。 初めて北京に降り立ったのは、2007年春。当時、中国とインドは経済発
D Yuri
5

ウルトラマンレオの人間臭さが尋常じゃなかった!

ぼくは幼少からちょっと変わったヒーローが好きだった。 ウルトラマンレオもその中の1つ。 なぜ、ぼくはウルトラマンの中でレオに惹かれていたんだろう?と考えた時に浮かんだのが、 あの真っ赤なボディと頭の形がカッコイイ! 身体能力は高いのに戦い方がヘタ! スパルタな師セブンがいる! 双子の弟アストラと戦う! よく笑って泣くしすぐ怒る! 毎回、敵を倒すために新しい技を特訓するという場面が好きで、 技が完成し
齋藤 昌宏
4

3.「声」を変えると手に入る3つの技術

声を取り戻すと同時に、私は子どもの頃からずっと抱えていたネガティブな感情からも解放されました。   そして、管理職時代は厳しい上司として怖がられ、近づきにくかった私が、誰にでも自分から「笑顔」で話しかけるような性格に一変することができました。   顔の表情筋まで変化し、?の筋肉がまるで三角筋のようにしっかりとニコヤカになり、見た目の印象まで違ってきました。自然に周りの人との関係もうまくいくようになっ
神剣 美歌
7

2.「心と声」のつながりを知ったあの日(2)

そして、私はそれまでの人生でずっと、「何を聴かれても2番目以下のことをハキハキと答える人」になっていたのです。  1番大切なことや、1番伝えたいことを否定されることが恐ろしくて、飲み込んでしまっていたのです…。   つまり「心の在り方」の問題だったのです。だから、ただの発声技術だけを教えるボイストレーニングでは、治すことができなかったのですね。   私が学んだことを正しく使えば、かつての私のように「
神剣 美歌
10

1.「心と声」のつながりを知ったあの日(1)

音楽が好きで歌うことが何よりも好きだった私は、憧れの音楽業界でAVEXに入社し、管理職として多忙な仕事を続けるうちに摂食障害となり、その後遺症から「歌唱時発声困難症」となり声を失いかけました。   もとの声を取り戻そうと、何人ものボイストレーナーを訪ね歩きました。 しかし、指導されることを素直に懸命に試すのですが、どうしても声が裏返ってしまうのです。 何人ものトレーナーに「力まないで」と言われました
神剣 美歌
11

高校中退うつ状態のニートが2か月間の農業バイトをやってみた話。2

農業をやっている地域…どのくらいの田舎なのかと想像しながら新幹線に揺られて30分。 初めてだったので比較的近い場所にしました。駅で集合した後、軽トラでさらに少し過ぎた後、これから住むことになる家につきました。 え?ここなのか…(困惑) 純粋に驚きました。今までで見てきた中で一番古くてボロいんじゃないかと思いました。夏目友人帳の妖怪が出てきそうな感じです。後で聞いた話ですが建ったのが大正か明治のどちら
齊藤 憲晃斗
4

高校中退うつ状態のニートが2か月間の農業バイトをやってみた話。

まずは自己紹介! 底辺高校に1年と10か月在籍した後、通信制高校へと転校して一か月でやめた人間です! ??? それだけじゃわかんないよ…もっと説明して…(困惑) 俺 おかのした… バイト先で連れて行ったもらった桜。とっても綺麗。 高校を中退したのは2017年の3月末で、昨年の11月から家で引きこもっていました。 我慢して通っていた学校を転校すると同時期にうつになりました。 家で引きこもってる中、自殺
齊藤 憲晃斗
10

平成14年韓国留学日記:温かいビビンバ

日韓ワールドカップが終わった。熱気で溢れかえっていた大学周辺も夏休みに入ると蛻の殻だ。そんなにサッカーファンでも無い僕がここ数ヶ月ワールドカップ一色で夏休みの計画も立て損ねてしまった。イヤ、そもそも就活プレッシャーから逃れたかったのだろう。毎日サッカー祭りを言い訳に酒に溺れてみた。 ずいぶんと寂しくなった大学周辺をブラリブラリと歩く。なんだか次第に怠くなり、くしゃみをする。頭がぼーっとする。筋に寒気
アルバート 伊藤
4

パレスチナの難民キャンプのお母さんから聞いた、あたりまえの言葉

何も知らなかった僕 INTIFADA(インティファーダ)って知っていますか? 僕は当時(2001年)、その言葉すら知りませんでした。 テレビも見ない。ニュースにも興味がない。 バイト暮らしでふらふらしていた僕には、まったく縁がない言葉でした。 (たとえニュースを見てたとしても、そんな言葉、出てこなかったかもしれませんが…。) 僕のインティファーダとの出会いは、「地球一周の船旅」を主宰している、あるN
森 一成
9

『 一度死んだ、あの日から。』 ~ エリートコースから脱線した僕が、 起業するまでの話 ~【最終回】

【 大学受験を乗り越え、起業の道へ。】 奇跡が起きた。 なんと、翌年の春、一浪の末、 大学に合格することができた。 体の震えを押し殺しながら、勉強を再開出来たのは11月。 そこから延々と泣きながら、相変わらず全力で歌いながら、 高1の内容から勉強しなおした末、 唯一、1校から合格通知が来た。 まさか合格出来るとは思っていなかった。 もう無理だと思っていた。 本当に信じられなかった。 初めて嬉し涙を流
平山 真康
27

『 一度死んだ、あの日から。』 ~ エリートコースから脱線した僕が、 起業するまでの話 ~【第4回】

【「起業」という新しい世界を知る。】 新たな生活を手に入れ、 浪人中に転機が訪れた。 バイト先で、 自分でネットショップを運営している人と出会ったのだ。 その時に初めて、 「 自分で起業する 」 という選択肢があることに気が付き、 ハッとなった。 『そうか..............、    俺はどこにも就職出来ないはずだけど、    自分で起こすこと「だけ」は出来るのか...........。』
平山 真康
30

『 一度死んだ、あの日から。』 ~ エリートコースから脱線した僕が、 起業するまでの話 ~【第3回】

【 死んだら、どうなるんだろう? 】 日々明けることのない暗闇の中、 僕は「死後の世界」に憧れた。 どんな世界かはわからない。 何でもいいから、今と違う世界へ 行きたかったのかもしれない。 死んで、身体も心も全部なくなって 「無」になるならそれはそれで良い。 もし魂だけが残るのなら、 たぶんホワホワっとした世界だろうし、 死んだ人はみんな経験している事だ...。 思いをめぐらせ、それはそれで良いかな
平山 真康
37

『 一度死んだ、あの日から。』 ~ エリートコースから脱線した僕が、 起業するまでの話 ~【第2回】

【 絶対に避けたかった浪人生活を始める。】 家族との確執の深さは、 もう取返しのつかないほどだった。 僕はたまらず家を出た。 バイトをしながらの一人暮らし。 朝4時に起きて、お昼まで働く。 そうすれば勉強時間とお金は確保できた。 バイトと家の往復で他人との関わりは一切ない。 メールなんて一通も来ない。 僕は本当に、「一人ぼっち」だった。 本当に寂しかった。 本当は全てから解放されて、 大学生活を謳歌
平山 真康
50

『 一度死んだ、あの日から。』 ~ エリートコースから脱線した僕が、 起業するまでの話 ~

僕は、7階のベランダの柵から身を乗り出していた。 「楽になりたい....。」 ただそれだけだった。 死んでしまった方が、絶対に幸せだった。 【 親が敷いたレールを歩き続けた18年間 】 一流大企業で働く父のもとに生まれ、 厳しく教育されてきた。 僕は、いわゆる「箱入り息子」だった。 ゆとり教育のど真ん中にぶち当たった僕は、 小学生の頃から塾へ通わされ、 長期休暇中や土日は、 朝から晩までぶっ通しの授
平山 真康
136

私が今死んでない理由

虐待、施設育ち、家出、援交、風俗、身元不明者、借金 私の生きてきた足跡はぐちゃぐちゃだ。 私は両親から手を離され施設で育ち、途中から親の元へ帰るも高校を中退し家出をした。 そんな私が出会った人はもう二度と会えない、私のあしながおじさん。 十五歳で家を飛び出した私は友人から教えてもらい、身体を使ってお金を稼ぐ方法を知った。 後先の事は考えてなかった、ただなんとなく何もかもが嫌で。 オジサン 腹、減って
私と ○○○
32

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

過去の想い出 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!

riam

by T R
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!