過去の想い出

過去の想い出

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の想い出のタグが付いたストーリー一覧 2260件

Disney行きには乗れるのに、人生を変える新幹線には乗らないの?②

【器用貧乏は貧乏でした】 セールスライターになる以前は、セミナービジネスの塾に入っていました。 この塾に入塾したのも 「入ったら、何か人生が変わるのでは?」 と思ったから。 当時、私が何をしていたかというと、ネイリスト・占い師・カメラマン・アクセサリー制作販売・カウンセリング…。 「やろうと思えばそこそこなんでもできる人」なのに自分が何者かを説明できないことが歯がゆくてたまらなかった時期でした。 今
渡邊 真紀
19

乱れる心の秒針

不意に落としてしまった 明日の光待つための時計 過ぎてしまった思い出も これからの未来もわからない 不安にならなくて大丈夫 君の胸に持っていればいいから 乱れる心の秒針は 時の流れを語り続ける 1分1秒呼吸しよう 大切な人刻んでゆく 固く冷たい針の音 無機質な人生のようだ 温かく柔らかい指先が この道の闇を照らしてくれるさ 乱れる心の秒針は 時の流れを語り続ける 1分1秒呼吸しよう 大切な人刻んでゆ
omi uruwashi
1

おじいちゃんとカッパ

ボクは小学校1年生の終わりまで、鹿児島の田舎でおじいちゃんとおばあちゃんに育てられ暮らしていました。のんびりした平和な、楽しかった時代の話です。 あの頃の原風景は、まだ川は綺麗で。。護岸工事などという「川をドブにする加工」もされておらず高層ビルもなく空が高い。ホタルが飛び交い、川べりの水草に色鮮やかな「糸トンボ」が止まっているのを見て、その造形と配色の素晴らしさ、そして命の輝きにワクワクドキドキして
Ikematsu 【kaz】Yoichi
3

第159章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

「夢」をみるのではなく「希望」を持つ  夢 、夢と言いますが  私は好きな言葉ではなく  「夢」とは「タラレバ」の親戚のようなイメージと  昔から冷めていて感じていました。  以前も書きましたが  「夢を見るのではなく「希望」を持つ  「夢」を語っているのは  今旬 の「タラレバ」な話をしているのと同じ  私は 夢見る夢子の「理想主義」ではなくシビアな「現実主義」なので  その代わり「希望」という言
あっきー あっき~
2

非モテ・根暗で鬱寸前だった男がアイドルプロデューサーになった話

1年前、僕には色が見えませんでした。 ※注:ここに書く話はあくまで主観的な捉え方であって、誰かや周囲の環境等のせいではありません。 その日は、人生で一番最悪な日でした。いつもの休日、ぱっと目が覚めると体が少しおかしいことに気づきました。 「心臓が痛い・・。」 激しい胸の痛みに襲われ、胸を押さえようとしても手に力が入りませんでした。 のたうちまわりながらベッドから落ち、もう一度目を開くと、、、そこには
石塚 貴也
20

2月18日の有名人。バレンタインから4日後の悲劇を感じる話。

 仲間由紀恵さんの旦那さん、田中哲司さん。  フリーアナウンサー     高島彩さん。   最も有名なのは    オノ・ヨーコさん。      そんな有名人とは無縁な私も2月18日生まれです。   私はオノ・ヨーコさんの旦那様、ジョン・レノンが撃たれた日に生まれた主人がいます。偶然ですが。  バレンタイン生まれの友人がいて、その子が人望のある華やかな子だったので、共通の友人だった子はその子の誕生日は
Nakamura ichika
1

ハイスペ男性と結婚できて自己肯定感MAXのはずが、産後クライシスで奈落の底へまっしぐら。ミステリアスな女性占術師から男女関係の真理を学んで復活できた話。(作成途中です)

(作成途中です) * 女性は私生活が充実すると仕事までできるようになる法則どおりに、女としての自信を取り戻し、難関企業への中途採用にも成功。収入も大幅アップしたが、何よりも誰もが羨む男性に選ばれたことが、女としての自信をゆるぎないものにしてくれた。 * 最愛の人との結婚と出産、幸せの絶頂かと思いきや、産後半年目から悲劇は始まった。度重なる夫婦喧嘩。積み上がる不信感。実家にも帰れない。乳飲み子を抱えて
狩野 理沙
2

志賀高原物語2 ホテルの初日がとんでもないことに!

なんとかOPENを迎えたホテルの初日の朝のロビーが、、 スキー場で店をやるはずが突然ホテルまで任されてしまって、なんとか漕ぎ着けたOPEN初日の朝フロントの扉を開けると、ロビーはとんでもないことになっていた。 人が溢れていた。 普通に入れば300人くらいは入るロビーが入りきれなくてホテルの外まで人がいる。どう考えても400人以上はいそう。とりあえず予約台帳を確認しながら荷物を預かり始めるが予約台帳に
内海 真人
9

地元の温かさ。ふるさと。千住クレイジーボーイズのドラマに泣いてしまった話。~NHK BSプレミアム大好き奥さん~

  BSプレミアム大好き、って私の周りにあまりいないけど、そもそもNHKを結構見る私は学生時代、まじめでダサいって周囲に思われていた様子。  いいじゃないか。受信料を払っているんだから見なきゃ損だよね。  物語のあらましを説明すると、お笑いコンビクレイジーボーイズが、解散。ネタをつくる恵吾と、見た目がわんこのかわいい行(ゆき)。解散したら恵吾のピン芸人のライブで、行のファンからのブーイングで、トラウ
Nakamura ichika
2

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の五・模擬試験】

【一夜漬けの強さ?】 第1回目の模擬試験は4月の終わりだったでしょうか。さすがに当時の紙媒体データは処分してしまったので詳細は不明ですが、その頃だったかなというぼんやりとした記憶は残っています。 週3回の午後からまったり予備校生活をはじめたばかり。当時自分でも大して学力が身につくとは思っていなかったはずです。一生懸命勉強をするというよりは、親の手前ひとまず勉強をしているフリをするための予備校通いだっ
寛 之
21

自分がわからない苦悩が、創作活動のネタになって楽しくなった話

13年前。 社会人対象のある哲学研究サークルに参加したんだ。 その時、主催者から言われたこと。 「今日の、12時(PM)までに、何がしたいのか?メールしてください。」 お手伝いできることがあればしたい。などという趣旨だったように思う。 帰宅して、考えた。 考えた。考えた。 ・・・・。 考えた。1時間。 ・・・。 2時間、3時間。 ・・・。 食事したか、どうかも覚えてない。 何か、心の奥から迫られてく
k ヨシロー
2

志賀高原物語1 23歳でホテルを仕切ることになった話

20代の半ば志賀高原のホテルで副支配人をしていた。 ある旅行会社が志賀高原のホテルを買収した。映画「私をスキーに連れてって」の公開より1年ほど前だったと思う。沖縄や野沢温泉で店をやっていた僕らに声がかかり、リニューアルするホテルの内装やカタログ、パンフレット、制服、DISCOやBar、お土産やをデザインとプロデュースとディスコやバーの運営も引き受けることになり、本シーズンはスキーシーズンなので秋口か
内海 真人
13

さよならから始まるストーリー

雨上がり晴れ 甘く暖かい匂いに運ばれた 風が切なく通り抜ける 今しか出来ない青春は 思い出となり刻まれる 卒業という二文字が 旅立つ僕らに勇気をくれる 胸張って笑って今日にさよなら 芽吹く桜の道を歩いて 浅春の候に大人になっていく また会える日までどうか元気でね ありがとう 先生は言う 「人生、永遠はないんだ。わかるよね? だから毎日大切に生きろ」 ウザいと思う言葉でも なんだか心に突き刺さる 愛情
omi uruwashi
1

ニューヨーク滞在1年半の予定がまさかの半年で強制帰国

マンハッタンのミッドタウンでようやく仕事が始まった。そこは日系の会社。日本人が多い。でもなんか日本にいる日本人たちと違う。サバサバしすぎている。そんな違いを楽しんでいると、英語で会社に電話がかかってくる。何をさっぱり言ってるかわからない。「Okay」と言ってとりあえず切る。やばい。英語がやばい。昼休みにスタバでコーヒーを頼む。「こーひーください。」「は?」「コーフィーください」「は?(怒)」「カーフ
Dra gon
6

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<1章>

「あのさ、ローチョコ、やんない?」 私が妹にこのたくらみを話したのは3年前の秋の初めだった。 実家で求人票を眺めため息をついている妹に声をかけた。 ちょっとズルいんだけど、この話を切り出すタイミングは「いまだ!」と思ってしまったんだよね。 私が急に予想もしないことを言いだすことに慣れていた妹だったが、 「ローチョコ」という初めて聞く言葉に返事をしようもなく「?」という顔をし、首を傾げていた。   妹
渡邊 真紀
10

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

過去の想い出 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!