過去の想い出

過去の想い出

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の想い出のタグが付いたストーリー一覧 2389件

私が自分の左手を好きになった話。

生まれつき、私の左手には赤アザがあった。 「単純性血管腫」という言葉を聞いた事があるだろうか? 別に検索する必要はないが、皮膚に赤いアザのようなものがある状態のことを医学的にはこう呼ぶらしい。 こんな大層な名前をつけられてしまうと急に恐くなってきてしまうのだが、実際のところほとんど害はなく、種類によっては成長の過程で消える場合もある。 色はピンク色からワインレッドまで様々。 私の場合このアザは左手の
廣川 ともよ
603

その決意が思ったよりラジオに取り上げられ、困惑

YUI LOCKS!からの逆電 まず始めに、YUI LOCKS!というコーナーから電話がきた。 そこでは、歌手の”YUI”がつとめるSCHOOL OF LOCK!内のコーナーなのだ。 ストリートをするにあたって、色々なアドバイスをいただいた。 天神のどこでやったらいいのか 必要なもの 心構え そして、私の決意も話した。 「いつかオリジナルができるまでは、YUIさんの曲でストリートします。」 ありがと
池内 詩織
458

【13】痛みと温度が同居した日 ~成人式の告白~

二十歳になった。 二十歳になった翌日 成人式があり、 その日は地元のお友だちと鎌倉の鶴岡八幡宮にお参りをしました。 19歳と二十歳の違い 大きくは無かったのだけれど 友だちと祝福しあえた その祈りがとても心地よかったのと 大人の仲間入り、というキーワードにワクワクしました。 何かがはじまる気がして 胸いっぱい 歓びにあふれたのを覚えています。 そして その後、彼も祝福をしてくれました。 照れくさそう
中村 麻美
574

東京-京都をママチャリで完走した話④

前回までの振り返り 友人のHRK氏の実家で朝を迎えた。やはり、実家という環境は非常に心地よいもので、僕らはその環境に甘んじてしまった。笑 なんとか出発したものの、 静岡 (以下、化け物)という 化け物 に翻弄され続ける1日となった。 化け物は僕らの正気を奪い、活力を奪い、そして僕らはマクドナルドの椅子に沈んだのである。 4日目(最終日) 結論から言う。京都を出発し、永遠にも思えたチャリ旅もいよいよ最
Shinozaki Yusuke
156

オーディションで弾き語りを披露したが、落選した17の夏に決意したこと

ギターを始める、ちょっと前の話 高校2年の夏、退学届けを出した。 だが、それは1行でまとめられるほど簡単な話ではないのだ。 同じく高校を中退した母にとっては、それは過酷な選択だったらしく、 私が学校へ行きたくないと言っても、簡単にはいかなかった。 口下手な私は行動でしか意志を表現できなくて、 「高校へはもう行かない」ということを示すため、家出を繰り返した。 そもそも、なぜ高校をやめようと思ったのか?
池内 詩織
816

20代前半に「して良かった」と思う生き方5つ

僕自身前途有望な若人を取っ捕まえて説教垂れるほど偉そうな身分でもないですしあと1ヵ月で27歳を迎える程度の若造なのであんまり参考にならないかもしれませんが「20代後半を迎えた人間が20代前半を振り返って」と言う意味で自分にとっての振り返りと今20代前半を生きる方にとって考え方のヒントになればいいかなー、と。 先に結論、と言うかエッセンスだけ。 今のうちにやれることはやっちまえ。 使えるモンは全て使っ
いぐち ようへい
826

学年ビリから2番目だった中学生を、クラス3位まで上げた時の話⑤

長い間空けていました・・・ 詳しく聞きたい!と言ってくれた方、すみません。 理由がありましてですね・・・ 来週末、3年ぶりに彼に会います!! 家庭教師を終えてから、約3年 高校生だった彼も、今はもう二十歳。 お酒も飲める年になりました。 来週末、ボクが北海道へ行く用事があって 彼と一緒に吞みに行く約束をしました。 ですので、続きは 彼とたんまり話をしてからにしたいと思います・・・ もう少々お待ちくだ
Nishimoto Makoto
943

起きたら檻の中でパニクるサラリーマン日記

夏である。夏は人をおかしくする。そして、そのおかしさは「夏だからね」でうまいこと片付けられる。「だって夏なんだもん」「夏だからいいじゃん」そんな知性のかけらもない、刹那主義にも似た生き方が許されるのもひとえに夏の暑さが人をおかしくするからだろう。 僕は八月で三回記憶をなくしている。二次会から記憶がなく大体どっかで倒れている。倒れていても平気なのは夏だからであり、ゆえにどこかで甘えが生じ、平気で倒れる
鈴木 嘉洋
51

東京-京都をママチャリで完走した話③

前回までの振り返り スーパーのおばちゃんの家で朝を迎えた僕ら。三重を出発しなんとか静岡へ。静岡の「さわやか」でハンバーグを食べ、友人の実家に泊めてもらえることに!無事2日目を終了することができた。 (詳しくは②参照) 3日目 友人の実家(静岡・浜松)で朝を迎えた僕ら。暖かい風呂と布団にありつくことができ尋常じゃない幸せを感じました。 3月だったんで結構寒かったんですよ。チャリこいでるときってやっぱ風
Shinozaki Yusuke
966

【12】痛みと温度が同居した日 ~やわらかな時間と沈黙~

風邪をひいていた猫は1週間の入院で すっかり元気になって 帰ったその夜は いつものように わたしの寝るベッドの中へもぐりこんできた。 猫の肉球はとても やわらかくて 心地よい。 元気になった猫を眺めながら それに触れていたら いつの間にか一緒に寝てしまったようだった。 その夜 夢を見た。 こころがザワつくのは 気のせい そう言い聞かせて クリスマスの街をあるいた。 正確には仕事の帰り道。 街は おも
中村 麻美
597

【11】痛みと温度が同居した日 ~大すきで大きらいを知る~

すき。 ただ そのキモチを伝えるだけで良かったはずなのに 気づいたら それだけじゃ物足りなくなっていった。 それは呼吸とおなじ。 吐いた息の届く距離で 同じように言ってほしくて。 夕暮れ時 ひとり 家の電気をつけるのがイヤで よく 散歩にでかけた。 一回り上だと 当たり前のように 仕事の帰りはおそかった。 お休みもほとんどなくて 楽しそうに疲れてた。 わたしの初めての恋は お友だちに見たモノとは違っ
中村 麻美
641

【10】痛みと温度が同居した日 ~大人に恋をした~

十代はたくさんの恋をするモノなのかもしれない。 ときめくことはいっぱいあったけれど  わたしの恋は小学校から高校まで ひとりの人に片思いでした。 ソノ恋こころは 17歳の夏 3度目の告白し失恋したのを最後に 静かに 明け方の月夜に封印をしました。  その月はなんども滲みそうになったけれど わたしは 辛い時ほど 笑ってしまうようで やっぱり その日も 笑った。                     
中村 麻美
684

人間力の凄さを実証した小学生Tさんの話 ⑦ 【最終回】

奇跡の起こし方 感情の双子 いきなりですが、みなさん 「 モナリザ・スマイル 」という映画を ご覧になったことがおありですか? この作品に登場する、 ええとこのお嬢さんで優等生& 保守的なベティという少女は、 誰に対しても批判的で、ビシバシ 辛辣な言葉を投げかけるという きっつい性格なのですが、 友人の中でも、特にワイルドで 自由奔放なジゼルが気に障って 仕方が無いらしく、とあるシーンで 彼女の不満
Ohta Yuki
110

19歳の時、NYの空港でテロリストと間違えられて尋問ルーム的な部屋へ連行された話

19歳の冬、僕は語学留学のため半年間アメリカにいました。ロチェスターというNYシティから飛行機で1時間くらいの田舎街に住んでいました。 年末年始の冬休みがあったので、友達とNYシティへ旅行しました。一週間の観光旅行を終え、友達とは現地でお別れ。 僕は一人でロチェスターという土地へ帰る予定だったのですが、その帰りの飛行機搭乗の際に、事件は起きました。 冒頭にも書きましたが、僕は語学を勉強するために留学
Hiraishi Daisuke
65

【9】痛みと温度が同居した日 ~あたらしい世界の幕開け~

衝撃的な映画でデビューをしたものの 興業的な評価は 低かったようで、公開直後、監督が行方をくらました。 わたしにとっては 親のような存在だったから ショックだったのと同時に それこそ映画のようだと思ったのを覚えている。 ヤクザのような世界があるのだと知ったのも このとき。 それ以降に 再会もしたけれど どこかぎこちなかった。 現場で約束をしたのです。 それは 2人だけが知る約束。 監督はもう 忘れて
中村 麻美
715

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

過去の想い出 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!