過去の想い出

過去の想い出

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の想い出のタグが付いたストーリー一覧 2264件

自分がわからない苦悩が、創作活動のネタになって楽しくなった話

13年前。 社会人対象のある哲学研究サークルに参加したんだ。 その時、主催者から言われたこと。 「今日の、12時(PM)までに、何がしたいのか?メールしてください。」 お手伝いできることがあればしたい。などという趣旨だったように思う。 帰宅して、考えた。 考えた。考えた。 ・・・・。 考えた。1時間。 ・・・。 2時間、3時間。 ・・・。 食事したか、どうかも覚えてない。 何か、心の奥から迫られてく
k ヨシロー
2

志賀高原物語1 23歳でホテルを仕切ることになった話

20代の半ば志賀高原のホテルで副支配人をしていた。 ある旅行会社が志賀高原のホテルを買収した。映画「私をスキーに連れてって」の公開より1年ほど前だったと思う。沖縄や野沢温泉で店をやっていた僕らに声がかかり、リニューアルするホテルの内装やカタログ、パンフレット、制服、DISCOやBar、お土産やをデザインとプロデュースとディスコやバーの運営も引き受けることになり、本シーズンはスキーシーズンなので秋口か
内海 真人
13

さよならから始まるストーリー

雨上がり晴れ 甘く暖かい匂いに運ばれた 風が切なく通り抜ける 今しか出来ない青春は 思い出となり刻まれる 卒業という二文字が 旅立つ僕らに勇気をくれる 胸張って笑って今日にさよなら 芽吹く桜の道を歩いて 浅春の候に大人になっていく また会える日までどうか元気でね ありがとう 先生は言う 「人生、永遠はないんだ。わかるよね? だから毎日大切に生きろ」 ウザいと思う言葉でも なんだか心に突き刺さる 愛情
omi uruwashi
1

ニューヨーク滞在1年半の予定がまさかの半年で強制帰国

マンハッタンのミッドタウンでようやく仕事が始まった。そこは日系の会社。日本人が多い。でもなんか日本にいる日本人たちと違う。サバサバしすぎている。そんな違いを楽しんでいると、英語で会社に電話がかかってくる。何をさっぱり言ってるかわからない。「Okay」と言ってとりあえず切る。やばい。英語がやばい。昼休みにスタバでコーヒーを頼む。「こーひーください。」「は?」「コーフィーください」「は?(怒)」「カーフ
Dra gon
7

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<1章>

「あのさ、ローチョコ、やんない?」 私が妹にこのたくらみを話したのは3年前の秋の初めだった。 実家で求人票を眺めため息をついている妹に声をかけた。 ちょっとズルいんだけど、この話を切り出すタイミングは「いまだ!」と思ってしまったんだよね。 私が急に予想もしないことを言いだすことに慣れていた妹だったが、 「ローチョコ」という初めて聞く言葉に返事をしようもなく「?」という顔をし、首を傾げていた。   妹
渡邊 真紀
13

息子が不登校になったら、親父の悩みが解消した話その4

そんなある日 そのウクレレ教室で、クリスマスのイベントがありました。 そのイベントがやたら楽しくて、その夜は眠れなくなり 翌日の早朝、近くの公園でウクレレを持ってそのまま一人ライブを開催しました その気持ちいいこと! 年末の早朝は相当気温が低く寒かったのですが 自分の中が熱気がありすぎて、いてもたってもいられない状況になっていました。 また、不登校について書いた本にも出会い 子供の願いは「親が楽しむ
k ヨシロー
2

自分が『自分』でいられるのは、、、~愛あればこそ~ vol.2  「認めてくれる人の存在!」

親の評価は気になった さて、、自分自身、「落ち着きがない」という評価は悪いものではないと思っていましたが、親がそれに対してどう思っているかは気にかかりました。 そこで何年生のときかは忘れましたが、相変わらず「落ち着きがない」と評価されている通信簿を母親に見せた時に尋ねてみました。 「なんか毎回『落ち着きがない』って書かれるんだけど、、、」 母からの教え そのままで良い 母親は笑いながらこう答えました
室田 泰文
5

【episode 01】ただのプロレス好き少年だった男の子が、気がついたら海外に単身乗り込むプロレスラーになってしまった話

【縁はキレちゃいないよ】 教師と生徒ということならばそれなりの結びつきはあるものですが、私は塾にいるといっても事務方。ましてや現場である教室勤務から本部への勤務に変わったものですから、彼とは完全に疎遠になるはずでした。 ところがパートだった彼のお母さんが、ただの教室事務パートという立場からやがて数教室を束ねる上長の秘書的な仕事を兼務するなど、色々と組織変更が行われました。上長の秘書ということで、本部
寛 之
18

You used to be my everything〜あなたは私のすべてだった〜episode 4

物語には必ず最終回がある。 結論から言おう。 彼とは、付き合って3年弱で別れた。 そして、もうひとつ。 今だに解けていない疑問がある。 彼 ハ、 ゲ イ ダ ッ タ ノ カ モ シ レ ナ イ 。 どこかの国で、ゲイかどうかを判別するのに、 小指を見たらいいと聞いたことがある。 小指に指輪をしているかで決まるらしい。 彼と部屋の模様替えをした時、 小さなかごがひっくり返り、その中のシルバーのリングが
佐々木 唯
3

You used to be my everything〜あなたは私のすべてだった〜episode 3

夢のような日々が始まった。 約8ヵ月間離れていた憧れの人が、隣にいる。 特別な事は何もしてないけど、 私は彼の生活に溶け込んでいった。 彼の通う音大の授業に忍び込んだり、 自習室でピアノを弾く彼の隣で読書をしたり、 多国籍人種の面々が通うテコンドー教室で彼のスポーツ姿を見守ったり、 友達の家のホームパーティーに参加したり、 週末には市場へショッピングに行ったり。 こんなに一緒にいれるとは思ってなかっ
佐々木 唯
2

You used to be my everything〜あなたは私のすべてだった〜episode 2

朝、目が覚めると、彼からの「おやすみ」メール。 私が夜寝る前は、「おはよう」メール。 同じ地球なのに、毎日あべこべの挨拶をしてそれぞれの世界を生きる。 あの頃の私にとって、 時差と距離がネックだったけど、 同時に、 時差と距離が彼をより愛しくさせた。  英語も自分なりに精いっぱい頑張った。 2時間目の休憩中に早弁し、 (これは単にすぐにお腹が空いてただけやけど) 昼休みは長い休憩を使ってアメリカ人の
佐々木 唯
2

~風に吹かれて~ (日本一周その57)

    ~風に吹かれて~   (日本一周その57)     今朝は 誰かの 話し声で 目が 覚めた 東京から 来た 男性と 札幌から 来た 2人が 旅の 事で 雑談を していた 取り留めの 無い 話 そう 感じていた     その 囁くよな 会話で 目が 覚めた でも まだ 他に いる 2人は 夢の 中に いるのか すやすやと 寝息を 立ててる     東京から 来た 男性と 札幌から 来た 男性は
ダイナマイト コウヘイ
3

夢はいつまでも --働きながら大学院にいく--

人生には色々な道がある。 あの時、ああすれば良かった。 と後悔する事もある。でも、過ぎ去った時間は戻ることはない。私たち人間は前に向いて進むしかないのだ。 私が大学院に行きたいと思ったのは大学 工学部の4年生の時であった。 すでに就職が決まっていて、卒業研究の論文の提出だけが残っていた時期である。 卒業に必要な授業の単位はすべてそろっている為、出席する授業はない。だが、卒業研究の論文を作成するにあた
岩佐 嘉祐
5

南総里見八犬伝から……のヒントを得る

児童虐待は「実は〇〇芸」だった!! ・2016年12/24 相方と勝浦担々麺を食べに行った帰りに何となく「この辺に昔行った記憶のあるお城があったはず。」と思ったらしく、偶然の成り行きで久留里城(雨城)を見に行った。その時に南総里見八犬伝の舞台となったお城だと初めて知った。 ・2017年1/13 普段見ない時間帯にテレビを何となくつけた。薬師丸ひろ子さん主演の里見八犬伝が放送されていた。補聴器をつけて
小川 詩織
5

20年の大きなシナリオが終幕を迎えた話~序章~自分を大事にしたら元夫と歩み寄れた

過去の関係性の清算 わたしは2年前に離婚したのですが、この2年間というもの殆ど元夫とは連絡を取っていませんでした。 でも激動だった2016年、元夫と時々やり取りをすることが出て来ました。大体は子供のことで、深い話をしたりすることはなく、当然と言えば当然だけど、なんとなくお互いの間にはぎくしゃくした空気が流れていました。 それが6月、元夫からわたしの近況を心配するメールが突然来たのです。 わたしは以前
橋本 華菜子
5

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

過去の想い出 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!