過去の想い出

過去の想い出

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の想い出のタグが付いたストーリー一覧 2144件

【11話】正しい社畜の落とし方

美人女子高生からのLINEを既読スルーして、詰められる元社畜の僕。そして彼女から思いもよらない言葉を耳にする。 あやか 好きです... 自分の耳を疑った。人生生まれてから、僕宛にこの単語を耳にするのは初めてだった。 僕 好きって言われても.... 戸惑う僕。恋愛ドラマのような度重なるドラマティックな展開に追いつけない。 でも、僕は彼女の思いに答えられそうになかった。 なぜなら彼女とはまだ知り合ったば
前田 啓太郎
18

第154章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

「空間」こそが一番の贅沢   本年もどうぞよろしくお願いいたします。 鳥のように  跳び 翔び 富み  飛躍と共に 成長 進化を目的に そのための 引き続き 本年度も「断捨離」を継続し  「環境」「場」の整理を目標に 自分軸を定める  自分ストーリーとして ブラッシュアップしながら 物語化を続ける2017年にしたいと思います。  「空間」こそ 一番の「贅沢」
あっきー あっき~
3

フランス人に教えてもらった、人生を豊かにする超本質的な2つの習慣(その1)

こころ Bonjour à tous! 最近、忘れていませんか? こんにちは 福元こころです。 今日は、私がフランス留学で、フランス人達の 素 の生活から教わった、 人生を豊かにする超本質的な習慣 をご紹介します。 どんな時も、必ずこれから始まる・・・ 以前、はてなぶろぐにも書きましたが、私が考える 『フランスにおいて、もっとも重要な習慣』 それは・・・ "Bonjour!" こころ Bonjour
福元 こころ
9

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ⑦急ですが結婚しました

たまのぶはホームレスとして、当時は主に恵比寿駅東口にある通称「たこ公園」に住んでいた。たこの形をした遊具があったので、その名前がついていた。 たまのぶは早朝、サラリーマンが出勤する前に起き、夜遅く、終電の頃に公園の土管に寝に帰る。昼間は近くに借りたコワーキングスペースでWebサイト構築の仕事をしていた。つまり、たまのぶがホームレスをしている事は、そこに住んでいる他のホームレスか、終電を逃したサラリー
白濱 優子
60

集団ではなく一人でいることを選んだ『たまらなく大好きでたまらなく大嫌いだった』私の女子高校生時代のリアルなSTORY③《アイデンティティ確立編》

「私は、自由でいたい。」   クラスメイトにそう告げて。     私は早速グループを抜け   自由気ままに一人で行動するという   行動にうつした。       クラスメイトは、「わかった。」   と、言った。       だからといって、   その人達との関係性が悪くなるとか、   そういう事にはならなかった。       その後も普通に話したりした。           ただ、グループという所属
岡本 綾瀬
11

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ⑥初めての二人きりの夜

山村さんに結婚届の証人になってもらった数日後、私とたまのぶは、もう1人の証人候補、元彼の中田さんに会いに行く事になっていた。本当は翌日にでも会いに行きたかったのだが、中田さんが忙しく少し先に伸びてしまい、もどかしい日が続いた。中田さんには「たまのぶと合流してから、そっちの新小岩のシェアハウスに向かうね」とだけ連絡してあった。 私は24時ちょうどにJR新小岩駅に着くと改めてメッセージした。中田さんは、
白濱 優子
80

絶対音痴の僕がミュージカルに出て、音痴が全く治らなかったけど、人生変わった話

プロローグ:小学校時代で経験した二つのトラウマ 初めまして、水野です。 いきなりですが僕の小学校の頃の苦い体験を聞いてください。 それは小学4年生の時の学芸会。僕たちの学年は「オズの魔法使い」を扱うことになりました。僕は立候補したのは「オズの大王」。どうしてもやりたかった役です。 そして、とある音楽の授業の時間、他にも立候補した生徒たちが集められオーディションが行われることになりました。課題曲は本番
水野 健太
15

終い支度2の3~私が離婚に踏み切るための助走として

ここに書く=文章として書き起こすために過去をまとめる。この作業によって、自分の中で『伝えるべき事柄』が整理され、そのおかげで協力を仰ぐ人たちへの説明もしやすくなった。 少しずつ、一歩ずつ。スピード感には欠けるものの、それでも歩みを続け、今やっと、この棘の檻の鍵が開いたところ。棘の檻はこの家ではなく、私の心の中に、私の心理が作り出してしまっていたもの。 押し殺してきた感情、なかったことにしようとして考
Hibarino Yukae
21

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ⑤寒空の下で書いた婚姻届

私とたまのぶは、結婚の証人になってくれる共通の知人の中田さんに会うため、アーバンキャンプの会場へと向かっていた。季節は初冬で、日没後の路地を歩くと、吐く息が白かった。私のバッグの中には、まっさらな婚姻届けが2枚入っていた。 中田さんは少し遅れて来る事になっていたので、私たちは、たまのぶの友達のメイちゃんたちと先に合流する事にした。メイちゃんは、私より少し年下の、かなりフリーダムな感じの女の子で、キャ
白濱 優子
79

不正をしなかったことで、僕が得た素晴らしい体験

  中学校3年生の学年末試験で起こった僕の人生を変えた話  今回書いていく話は、僕が実際に体験した話ですが、誰にでも起こったことがあると思いますし、そこまで面白い話ではないですが、その選択をすることで、人生をとても豊かにすることが出来たと確信しているので、書いていきたいと思います。 中学生という時期は、大人になる一歩として始めて恋愛をしたり、ちょっと悪いことに憧れてみたり、小学生の時以上に様々な経験
渡辺 正実
4

昔話。

昔話。  昔から物覚えが悪くメンタルも貧弱で、失敗の多さでは、なかなか右にでる人はなかなかいないんじゃないかと思うくらいに鈍感なクソ人間です。でも何を言われてもすぐ忘れられたので、それを感じさせない感じで生きてます。たまに思い出して憂鬱になる時もありますけど、大体なんとかなってます。  面白い話のストックもないし、ほとんど自虐と他人との軋轢と。音楽の話とゲームの話しかしないので強烈な何かすら存在しま
suniko maito
4

入社して3週間で社長ディスったらクビになりましたvol.4

□どうなってんの!? サイバーエージェントへのスキルシートを、蔵人技術へ送付してから1週間。なんの音沙汰もなく焦れる大河であったが、黙々と低単価の仕事をこなしていた。 「ふ〜。連絡来ないなあ。どうなってんの!?」 カタカタ。 「さて、今日はこの辺にしてニューエイトに飲みにでも行くか。」 そう、大河は先日フラッと入ったライブハウス「ニューエイト」の常連になりつつあったのだ。お酒と美味しいご飯と、カラオ
大賀 康寛
14

ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ④真剣に結婚を考えた時の話

私は10代の頃、結婚をすると劇的に人生が変わると思っていた。 結婚したら、相手と一緒に住んだり、家事をしたり、子供を産んだり、本当は嫌な事も相手に合わせてみたり、良くも悪くも相手の色に染まり染められるイメージがあった。 私はそれが恋愛の延長にあるものだとは気づかないでいた。私の中で、恋愛と結婚の間に、大きな断絶があっだのだ。だから劇的に変わると思っていた。 結婚したら相手の色に染まる事もあろうだろう
白濱 優子
120

集団ではなく一人でいることを選んだ『たまらなく大好きでたまらなく大嫌いだった』私の女子高校生時代のリアルなSTORY②《集団生活不適合開始編》

私の高校生活は、   不幸に思うと不幸であり   幸せだと思うと幸せでありました。     文の重々しい感じからは   想像が出来ないかもしれないけれど、   実は、一人でとっても楽しい   高校生活を送っていたのです。     人に話すと、漫画みたいな生活だね。   と、よく言われます。   《一人でいる事を選択する人》     って、どれくらいいるのかな。       きっと、集団の中での、それ
岡本 綾瀬
20

集団ではなく一人でいることを選んだ『たまらなく大好きでたまらなく大嫌いだった』私の女子高校生時代のリアルなSTORY①《入学編》

大人と子供の境界線。 自分が何者なのか知りたくて 必死だったあの頃。 ------------------------------------   今から 20 年前 高校入学当日 教室に入って席についた瞬間 「心から辞めたい」 と、思った。 教室に入ると 昨日までの中学生の制服を脱いだだけの 変わらない義務教育の中で 大人ぶる浮き足立った雰囲気。 なぜか 「私が居る場所じゃない。 今すぐ帰りたい。
岡本 綾瀬
11

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

過去の想い出 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!