過去の想い出

過去の想い出

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の想い出のタグが付いたストーリー一覧 2380件

800万の無駄遣いをした自分が激しく痛恥過ぎてのたうち回ったけど、受け入れたら本当の幸せがもうすでに在った話

初めまして! 私はアラフォーで子供2人のママです。 今私は、昔からの望みだった大自然の真ん中で暮らす、という夢を叶え、 濃密でゆったりと静かな世界をしみじみと味わいながら、子供たちと幸せに暮らしています。 私は自然の中にいることに、本当に心から安らぎと幸せを感じるんです。 周りに誰もいない草むらに一人で寝転がると、吹き抜ける風が私を柔らかく撫でていき、 大地に投げ出した手や裸足の足を、風にそよぐ草が
KANAKO HASHIMOTO
10

2014年9月 帰省 そして対峙すべき者

「病院が終わったら電話する」と夫に言った妹から連絡がこないので、私達は再び仮設住宅に戻った。 玄関の鍵は開いていたが妹の姿はなかった。 「3人でご飯でも食べようって言ったんだけど、もう約束忘れてたりして。」 「それ、あるかも。メールだってしたかと思えばすぐ音信不通になるし。『地元なんか二度と帰らない』って言ってたのに、ここで親と一緒に暮らしてるし。全然予測がつかないもん。」 とりあえず家の中で少し待
小川 詩織
8

2014年9月 帰省 ばあちゃんとの再会

妹の病院が終わったらまた会う約束を夫がして、ばあちゃんの家に向かった。玄関から入ったらいいのか縁側から行けばいいのかを迷っていると夫が「こっちから行け。」と縁側を指差した。 ガラス越しにすぐ視界に入ったばあちゃんは、真っ直ぐ立ち上がりこちらに歩いてきた。 そして戸を開けた瞬間に、私はばあちゃんに抱きついて大きな声を上げて泣いていた。 この感情をどんな言葉で表したらいいのだろう?その瞬間は何も考えるこ
小川 詩織
17

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(6)英国の素晴らしさを徹底的に語る

 さて、海外移住といっても、世界には200を超す国と地域があります。つまり 海外移住と一言で言っても、それこそ無数の形があるのです。そして、まず決めるべきは、どの国にするのか?どこに移住するか、ということでしょう。私は イギリスとフィリピンの2か国にしか住んだことがないのですが、その経験を踏まえて、なぜいまセブ島にいるのかについて、順を追って説明したいと思います。  私は2012年の8月から2013
Keiji Aoki
10

私の妹は辻調理専門学校の講師を経て、大好きなディズニーランドのウェルカムセンターでバイトするために正社員をやめる。そのために一時期姉の私と二年同居した話。

正社員をやめても、一度働きたかったらしいディズニーランド。妹は小学校時代に一度ディズニーにきてから虜になり、大人になって正社員になっても夢は捨てきれなかったらしい。   妹は辻調理専門学校へ入学。 中華料理人のアニメをみて、料理の鉄人をみて、プロの料理人にあこがれ、夢に向かって突き進み、重い中華鍋を振るい、腱鞘炎になりかけ、料理人の道を断念した。  講師時代、どっちも料理ショーの裏方、上沼恵美子の3
Nakamura ichika
6

2014年9月 帰省 妹の顔が分からない

ナビで探し辿り着いた先には確かに仮設住宅があったが、住民の氏名一覧が掲載されている場所がうち所だけが空欄だった。仮設住宅脇にあった案内所で手紙を見せて確認した。確かにそこに住んでいると言う。 「もう逃げ道は残されていない。」ある作家の作品に書かれていた絞首刑の死への階段を1歩ずつ登るような足取りの重さと息苦しさを感じた。 夫の後を恐る恐る歩こうとすると「自分が先に歩け」と言いながら背中を押された。ま
小川 詩織
19

大好きな悟空の声優、野沢雅子さんに高校一年の全国ビデオ感想文コンクールの授賞式で逢えた話。

 藤井隆さんがアッコにおまかせの取材に来た日。歯科衛生専門学校の推薦入試と、もうひとつ高校の文芸部で出したコンクールのTUTAYA CLUB賞高校生の部入賞で、ホテルニューオオタニで授賞式が同じ日・・・。  きっと人生の運をここで使い切ってないか不安になるような出来事でした。  いまでこそニューオオタニは社会人になってお金を払えばいけますが、当時は田舎の高校生。  東京での授賞式。観た作品はノートル
Nakamura ichika
6

【母の日を前に】母の日が母の命日。15年の歳月に想う4つのこと

2002年5月14日、僕は母を自殺で亡くしました。2017年5月14日、この日は母の日であり僕の母の命日です。今年2月に公開した「11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話(全5話)」は、Yahoo!ニュースや運営会社のオススメストーリーでも紹介していただき多くの人に伝えることができました。あの日から15年、改めて歳月を振り返りながら想う4つのことを今回はシェアします。
Murao Masaki
62

2014年9月 帰省 序章

虐待を受けた当事者が過去と向き合い自分自身を許していく過程です。児童虐待に対する理解やどなたかの人生の参考になれば幸いに思います。 2011年の東日本大震災被災地となる以前も時々、東北方面に行くことはあった。学生の時に住んでいた青森県や岩手県内陸部にはよく行っていた。 時々帰りに沿岸を通り遠目に高田松原を眺めては 「いつか高田松原にも行きたい」と思いつつ…それを叶える前に高田松原は津波により美しい景
小川 詩織
17

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(5)危機感3 遊んでいても退屈

 最初に大前提を書きます。日本最高です、日本大好きです。こんなに素晴らしい国はありません。しかし、 40年も住めば、少しは飽きます。 実にシンプルです。  私は千葉県出身。大学時代は自宅から都内に通い、大学卒業後はずっと東京に住んでいました。期間にして20年くらい、東京に首までどっぷり浸かって生活していました。ですから、世界最大の都市・東京も、大体の場所には行ったことがあります(私の経験上、東京はニ
Keiji Aoki
43

人生の無駄遣いをしなくなった日。私の3・11をふりかえる。6年目の帰村。

 3・11.今頃ですが、気持ちにも整理がついたので書きたいと思います。  私は福島県飯舘村出身です。18歳まで村で過ごしました。 村に戻る回数も少なく、震災当初に至っては実家の名前を出すのも躊躇していたのは、ここが私のふるさとだと、いう資格がないんじゃないか、と不安で書けませんでした。  だけど、先月四月に帰村が決定し、仮設ではない実家へ戻って、村のことも書いてみようと思いました。  20歳からは都
Nakamura ichika
7

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

おばあちゃん 金持ちとか貧乏とか じゃなくて、 幸せを決めるのは 〇〇だよ。 初めまして! 『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』を人生のテーマに生活している田中秀憲といいます。 いまから10年前、わたしは0歳〜15歳まで、大好きだったおばあちゃんと暮らしていました。 その時、おばあちゃんから教わったことがわたしの人生の指針となっています。今日はそんなおばあち
田中 秀憲
35

超ビビりの3流大学生、就活をあきらめ休学。フィリピン留学に人生を救われた話。

気づいたら僕はフィリピン・ダバオの地で思いっきり泣いていた。 これは僕がまだ大学生だったころの話。 3流大学生。超ビビり。貧乏。 過激に表現しているわけではない。これは当時の僕にピッタリの表現だ。 就活や転職で悩んでいる人 は多い。 僕も大学3年生の当時、就活でとても悩んでいた。 何より日本の就活はとっても難しい。 大学生でぬるま湯につかりまくってても、本当に大切な社会の厳しさは誰も教えてくれなかっ
千田 裕理
16

引きこもりが何故かバイクに跨り、人生というツーリングを始めて、未だに続けている話

親父 バイクは買ってあげるから、バイク通学しなさい! 僕 バイクなんて絶対嫌だ!怖いし死ぬし! バスと電車を乗り継ぎ1時間ちょい、家からちょっと遠い工業高専に入学した僕は、バイクで通学した方が、定期代より圧倒的に安いという理由で、親にバイク通学を勧められました。 普通はバイク通学なんて反対されるだろうけど、うちの親はバイクを買ってあげるから、バイクで行ってくれと提案したわけです。ここで男子たるもの「
平塚 大地
37

心友 【其の十三・無言の帰宅】

とある地方新聞のコピーが今も手元にある。 その中に「無言の帰宅」という見出しがある。 このコピーはクロイワの葬儀の際に遺族の方からいただいたものだと記憶している。 そこには簡単に今回の「悲劇」の経緯が記載されている。 【自らも病身だった母がアパートの自室で倒れて亡くなり、母の介護なしでは動けなかった一人息子も、その後、同じ部屋で息を引き取った。】 人の亡くなり方は無数にある。しかし、こんなケースはめ
山口 寛之
28

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

過去の想い出 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!