過去の想い出

過去の想い出

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の想い出のタグが付いたストーリー一覧 2359件

ベルリンのエンジェル投資家おじさんF

Angellistで知り合ったおじさんFとMTGしてみました。っていうと微妙な響きですが、真面目にビジネスの話をしてみました。(念のためいうとAngellistは投資家と起業家のマッチングサービスです)会社を立ち上げたばかり、特にベルリンでヨーロッパ風の見た目でないととにかく最初は現地の投資関係の人たちとの繋がりを作るのが難しいと感じていますので、(イベントとかは簡単そうでいて特に難しいですね、なん
矢野 圭一郎
6

ヘルプを征するものがホストを征する 

いきなりですが・・・・ あなたは誰かの1番になりたいと思った事はありますか? only1 いい響きですが じゃあこれは? 誰かの2番になろうって思ったことはありますか? 恋愛的に考えると、不倫とか浮気とかに当てはめるのが一般的なイメージですが、 ホストではこれが一番楽に指名が稼げたり、お客様を紹介してもらえるんです♪ 一番にならないための距離感も大切だったりして(-_-;) それが一番難しいんですけ
流川 ゆ
15

~初キャバクラ~ それが営業。

新人戦も終わり、そこには敗北することに慣れた流川がいました。 『俺は俺のペースでやって行こう』 競う事も大切だし、勝つために無理する、無理ができるのであればただがんばればいいけど がんばった後には何が残るんだろう。   来月も成績0からだし・・・・ その時だけ良くてもね。 って誰かに言われたんです。 覚えてないけど。(笑) ただ一位のAさんは言ってました。 『来月??そりゃまたがんばればいいのよ♪』
流川 ゆ
17

おっちゃんが教えてくれたんだ^^!WEBマーケティングの大切さってやつをさ。

~おっちゃんが亡くなってから3年…~ 僕の実家ではお米を直接、 生産者の方から注文しています。 その、生産者の方の名前は 「おっちゃん」。 いつも、おっちゃん、おっちゃんと 呼んでいたので、ここでも 「おっちゃん」と呼ばせて下さい。 僕とおっちゃんの出逢いは7年前でした。 当時、20歳の僕は片親で 母とアパートに二人で暮らしていた。 そんなある日、、、 母から 田植えのバイトがあるから 「バイトしに
伊波 健太
19

神旦那を捕まえたことにまったく気がついていなかった三年間のお話 第一話

結婚することを一度諦めた私。 生きていくには結婚しないと行けないと思っていた。早く結婚しなければ、自分ががんばって支える相手を見つけなくては行けないと思っていた。でも相手が見つかると嫌われないように必死に生きる毎日で、しんどくてうまく行かなくて、疲れてさらに自信をなくしていた。 そんなときにはじめた一人暮らしで、私はふと思った。 あれ、一人暮らしも楽しいかもと。後数年は一人暮らしでもいいかも。という
大阪の ゆっきー
14

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<6章>

「心拍数」 価値を上げていく。 とはいえ、カリスマを目指そうとか、チョコレート業界の重鎮に下剋上を仕掛けるわけじゃない。 世界に名前を轟かせているパティシエ、ショコラティエに挑むつもりでローチョコレートを始めたわけではないからだ。 妹がローチョコレートにのめりこんだのは ・自閉症の自分の息子にとって、よい食材だった ・アレルギーの子供たちが食べられるチョコレートを作りたかった ・自分自身のチョコレー
渡邊 真紀
27

アッコにおまかせの藤井隆のラーメン食べ歩きにハガキを書いたら藤井隆さんが本当に来た話。当時、高校三年生の私は推薦入試で会えなかったのだが・・・。

 いまだに健在、アッコにおまかせ。噂では打ち切りの話もちらほらですが、当時、高校生の私は東北の田舎村で、テレビくらいしか娯楽もなくて、お笑い番組や笑点が好きでした。   当時の私は大人しく地味で、友人も少なかったのと、祖父母の影響でみるテレビ番組も渋いものが多くて同級生から変わっている子だと思われました。それは大人になった今もあまり変わっていませんが。   藤井隆 藤井隆のラーメン食べ歩き~  そん
Nakamura ichika
65

入社式で社長の前で答辞を読んだら恐怖に襲われて円形脱毛症になった話

2年前の4月1日、僕は社長の前に立っていた。 この日は入社式で、社長のありがたいお言葉の後、なぜか僕が答辞を読むことになっていたのだ。 新入社員を代表してみんなの前に立ち、震える手がバレないように何食わぬ顔で式辞用紙を広げた。 ああ、何でこんなことになってしまったんだ。 今日はエイプリルフール。 全てのことが嘘であってほしい・・・。 こんなことを思うのには理由があった。 ***** 大学時代、僕は初
朝日奈 光一
16

標準体重の女子高生が18kg減量して、その18年後に分かった事

親に感謝と怒りを抱えて ※※※ 自分の経験と聞きかじりだけで書いていきます。 ※※※ 人生を通して無駄になる事はどこにもないのだ。経験、出会いは全てが財産になる。 今の私は17歳の時とほぼ身長は変わらない。 17〜19歳の時に18kg減量し、体脂肪率11%、毎日10kmジョギングをしていた。 お尻は座ると骨が当たってアザが出来ていた。骨が浮き出る体。当時は素晴らしく美しく見えた。 勉強も減量もやって
堺 良枝
9

28歳で大学に入学した僕が32歳新卒で6社内定をもらう奇跡(ノウハウ編)

まえがき 28歳大学生受験編から32歳新卒内定までの体験談を読んで頂いて、 誠に感謝です!沢山のお声を頂戴して書いてよかったなあとしみじみ思います。 今回は新卒就活ノウハウ編を書かせて頂きます。 それにあたり、正直なところ僕の場合は特殊なケースで、 32歳から新卒就活で10社中6社内定を頂きました。 そのため、22歳で就活をされる多くの方の参考になるか分かりません、 僕ぐらいの年齢で大学入られた方の
Kosuge Masayuki
105

サラリーマンの僕の心を折った一言は、罵声でも説教でもなく、キレイめOLの何気ないつぶやきだった。

ねぇ、私たち、一日中ずっと、、、 はじめまして! フリーランスのWeb屋さんをしている、タカハタと申します。 Webサイトを作ったり、企業へのコンサルをしたり、プログラミングをしたり、、、 PCと己の身ひとつで仕事をする、いわゆるノマドワーカーをやっています。 そんな僕も、何年か前までは、フツーに企業で働くサラリーマンでした。 ところが、うっかりブラック企業に転職してしまったことを機に、体調を壊して
高畑 祐輔
255

私が辛夷を愛する理由。両親の「子ども」でいることを辞めた話

「好きな花は? 」 「辛夷。っていう、木に咲く花だあるんだけど。それが好き」 「こぶし? 初めて聞いた」 私の人生であと何回もするであろう、この静かなやりとり。 辛夷は、私が小学二年生になるまで住んでいた家の庭に咲いていた。ショウコさんの好きな花だ。ショウコさんの母、ヨッちゃんも好きだったらしい。ヨッちゃんとは、そういう、好きな花や嫌いな食べ物とかの話ができなかった。若くして亡くなった、私の祖母。
藤崎 枝直
12

また今度ね、ということ。恩師との永遠の別れで思ったこと

Y先生へ捧げます。 「また今度ね」というのは、とっても便利な言葉だ。もう二度と会うつもりのない人間にも気軽に言えるし、もう一度会いたい人に言われればその通り期待もできる。とんでもなく都合のいい言葉だ。その言葉の解釈は、当人にだけ委ねられる。 けれど一方で、「また今度ね」と言ったのに、それきり会うことが“物理的に”叶わなくなった人も経験上いる。ごくわずかだけど、確かにいる。そしてたいてい、そういった場
藤崎 枝直
15

第166章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

韓国ドラマより7倍奥深い リアル東方神起 5年に一度 周期的に韓国ドラマが観たくなります 今がそうかも しかし 韓国ドラマも 色々見ていると ジェットコースターのようなストーリーも  「飽き」や「マンネリ」で  感動も共感もなく 気付くと「義務」に それより 今年初めに知った「東方神起」の方が 当初は戦略的に創られたはずの「東方神起」も 起きる様々な事件すらも 人間味感じのは どんなにすぐれた戦略を
あっきー あっき~
6

”人生はこれで〇〇〇〇”4度目の美大受験に失敗した男が脇道を猛進して彫刻家になり20年後に悟ったこと

先日、職場でバイトの子が大学受験に失敗したと言って落ち込んでいた。建築内装を学ぶために大学を受験したが、全て失敗に終わったのだという。 悲しげな彼の後ろ姿が、昔の自分とダブって見えた。少しでも彼を元気付けたいと思い、4度目の美大受験に失敗したタケシという男の、その後の人生と 20 年後の様子について話すことにする。     完全な敗北   肌寒いボロアパートの一室で一人、最悪に憂鬱な気持ちで21歳の
Hamanaka Takeshi
110

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

過去の想い出 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!