過去の想い出

過去の想い出

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の想い出のタグが付いたストーリー一覧 2391件

人生の無駄遣いをしなくなった日。私の3・11をふりかえる。6年目の帰村。

 3・11.今頃ですが、気持ちにも整理がついたので書きたいと思います。  私は福島県飯舘村出身です。18歳まで村で過ごしました。 村に戻る回数も少なく、震災当初に至っては実家の名前を出すのも躊躇していたのは、ここが私のふるさとだと、いう資格がないんじゃないか、と不安で書けませんでした。  だけど、先月四月に帰村が決定し、仮設ではない実家へ戻って、村のことも書いてみようと思いました。  20歳からは都
Nakamura ichika
8

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

おばあちゃん 金持ちとか貧乏とか じゃなくて、 幸せを決めるのは 〇〇だよ。 初めまして! 『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』を人生のテーマに生活している田中秀憲といいます。 いまから10年前、わたしは0歳〜15歳まで、大好きだったおばあちゃんと暮らしていました。 その時、おばあちゃんから教わったことがわたしの人生の指針となっています。今日はそんなおばあち
田中 秀憲
67

超ビビりの3流大学生、就活をあきらめ休学。フィリピン留学に人生を救われた話。

気づいたら僕はフィリピン・ダバオの地で思いっきり泣いていた。 これは僕がまだ大学生だったころの話。 3流大学生。超ビビり。貧乏。 過激に表現しているわけではない。これは当時の僕にピッタリの表現だ。 就活や転職で悩んでいる人 は多い。 僕も大学3年生の当時、就活でとても悩んでいた。 何より日本の就活はとっても難しい。 大学生でぬるま湯につかりまくってても、本当に大切な社会の厳しさは誰も教えてくれなかっ
千田 裕理
24

引きこもりが何故かバイクに跨り、人生というツーリングを始めて、未だに続けている話

親父 バイクは買ってあげるから、バイク通学しなさい! 僕 バイクなんて絶対嫌だ!怖いし死ぬし! バスと電車を乗り継ぎ1時間ちょい、家からちょっと遠い工業高専に入学した僕は、バイクで通学した方が、定期代より圧倒的に安いという理由で、親にバイク通学を勧められました。 普通はバイク通学なんて反対されるだろうけど、うちの親はバイクを買ってあげるから、バイクで行ってくれと提案したわけです。ここで男子たるもの「
平塚 大地
57

心友 【其の十三・無言の帰宅】

とある地方新聞のコピーが今も手元にある。 その中に「無言の帰宅」という見出しがある。 このコピーはクロイワの葬儀の際に遺族の方からいただいたものだと記憶している。 そこには簡単に今回の「悲劇」の経緯が記載されている。 【自らも病身だった母がアパートの自室で倒れて亡くなり、母の介護なしでは動けなかった一人息子も、その後、同じ部屋で息を引き取った。】 人の亡くなり方は無数にある。しかし、こんなケースはめ
山口 寛之
39

物に魂が宿ります「お気に入りのお弁当箱との別れ」

うちの奥さんが目の前でトラックに引かれたかのように悲しかった。 ある日の夜、朝4時のツイート充実してる。のあと、ある物がない事に気付きます。 愛妻弁当と、水筒、、、 青ざめたのは、トレーラーの踊り場に置きっ放しだった事に気付いた時です。 走ってるうちに落ちてないでくれ。 もう、4号の導線に列んでしまっていたから、後ろを調べると、やはり、無い。 どっかで落としたな。 諦めるか。 いや、なんか、涙が出る
Dai-Go!Low (だいごろう)
9

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(4)危機感2 仕事がつまらない

 まず、誤解無きよう書いておきますが、私の仕事は非常にやり甲斐のあるものでした。そして、私に本当に多くのことを与えてくれました。32歳で転職してからの10年間馬車馬のように働いた経験は、いまでも人生最大の財産だと思っています。しかし、30代も後半にさし掛かるにつれ、仕事が面白くなくなっていったのです。その理由は、 大概のことはできた、からです。 もっと正確に言えば、 「本気でやれば」大概のことはでき
Keiji Aoki
64

立ち直った26歳③

 頼れるものに頼ればいい 私は、友達や家族に助けを求めることをこの歳まで恥ずかしいことだと思っていた。 僕は友人である一人から、大切なことを教わった。 母が亡くなったあと、その友人と映画を見に行った。 別れ際に、僕はそのことを友人に伝えた。そして、その日から毎週1回家に遊びに来てくれた。 普通のことのように思うが、僕はそれでどれだけ救われたか、その友人は週に1度しかない休みを 使って来てくれていた。
Kouichi Sato
14

♪あるがままって難しい?でも…

♪こんにちは。 現在、会社を休職しています。 昨年まで順風満帆だったお仕事。 正確に言えば、人間関係も仕事の 内容にも慣れてきた頃、 年明けともにやってきた「変化」の 波に”乗る”事ができず、 徐々にその影響がでてきました。 まず起きたのは身体への”合図”。 早朝覚醒(2時頃に目が覚めて、 そこから寝れなかったりする)と、 ”腹痛”が生じました。 ストレス反応で感情的な辛さを感じても、 「俯瞰」「客
もんま けんいちろう
9

流川は天狗?? 真正〇茎でもいいじゃないか!

惜しくも№3にはなれませんでしたが、 おかげで後輩を追い越し、先輩、上司に 見せつけた流川はなんでもやる気満々です。 先月がんばってくれたイチゴのおばさまは 『11月はお金がないからもう来れない』 ということで諦めていたんですが   月初めから即来店♪(笑) 『いらっしゃいませー!!』 おばさま『来ちゃった♪(笑)』 流川『お!いらっしゃい♪もう会えないかと思ってたよw』 おばさま『ごめんごめん。と
流川 ゆ
15

支配人Tの本気。どんどんドンペリ♪

10月。 15日(ナンバー中間発表日)の営業終わり。 支配人『お疲れ~♪流川さ、最近調子いいんじゃない??俺も負けてられないわw』 流川『お疲れ様です。そうですか!?ありがとうございます。 少しはできるようになって来たんですよ!支配人のお陰っすw』 支配人『俺より代表のおかげやろー?新人戦の時に色々教えてもらったことが 今できて来てるってことやろーね♪Bには負けんなよw俺は流川に負けないから(笑)』
流川 ゆ
17

写真家長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がドイツのカッセルダミーアワードのショートリストに選考されました

作品は今後Istanbul,Moskcow,Madrid,Dublin,Aarhus,and Lodzなど世界各国で展示されます。 2017年4月18日 今年のカッセルダミーアワードのショートリストの発表がありました。 http://fotobookfestival.org/kassel-dummy-award-2017/ 世界各国からの応募総数約300冊の中から今年は49冊の作品が選出されました。
小川 詩織
13

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(3)危機感1 英語ができないとヤバい

 実は私が以前働いていた会社には、数人の外国人社員がいた。アメリカ人、スコットランド人、イタリア人。そして、英語が話せる社員も多数。更に、クライアントも外資系やや多め。何故か「英語縛り」の会議に巻き込まれることもしばしば。CCに英語のメールが入ってくることなど日常茶飯事でした。一方、私生活においても、なぜか英語が話せる友人ばかり。中には帰国子女もいましたが、基本的には社会人になってから必要に駆られて
Keiji Aoki
76

金に物を言わせて痩せようとした結果www(弐)

「姿勢悪いですね!姿勢良くしないと痩せないですよ」 エステティシャンのお姉さんは笑いもせず、開口一番にそう言った。 私は姿勢が悪い。小さい頃から、母親に何度も注意されてきた。 みんなどうやって背中を真っ直ぐにしているのか、 それは意識してやっているのか、未だによくわかっていない。 (どなたか教えてください) 正直に言うと、親から注意されすぎて嫌気が差していた私は 「そんなに言うほど姿勢悪くないんじゃ
Hamada Mai
6

立ち直った26歳②

 心に何もなくなるまで落ち込む 一見すると落ち込むことは、悪いことのように思う。 「いつまでクヨクヨしているんだ、早く立ち直れ」とよく言う人がいるが、 僕はだいたいの期限さえ決めれば、思いきり落ち込んでもいいと思っている。 そして思いきり落ち込んだあとには、そのことにも飽きてきて何かしたいという気が起きるはずだ。 厳しいことを言うかもしれないが、 何年もかけて立ち直れないのは、落ち込み方が足りないの
Kouichi Sato
17

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

過去の想い出 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!