過去の想い出

過去の想い出

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の想い出のタグが付いたストーリー一覧 2318件

自由って何だよ~青、狂~

現在大学3年生。 引用 http://4.bp.blogspot.com/-fuNmrSm39RM/UVWMjvqhDFI/AAAAAAAAPKE/838WW3TOBUc/s1600/school_gakuran.png 就職活動をしている「フリ」をしている。 単刀直入に言うと「他人のために働きたくない」。正確にいえば、僕の時間を他人に売りたくない。 もっとギターだってやりたいし、歌いたいし、ライブ
B J
5

忘れられたタイムカプセル

無くした物が数年経って見つかる事有りませんか?実家に帰った時、親父に「要らない物を片付けろ!」と言われた村上豊彦。心身を癒す目的で帰ってきたので、ふて腐れながら部屋の物置を漁り要らない物を仕分け、整理していました。埃まみれのUFOキャッチャーで取ったぬいぐるみや友人と悪のりして買った変な骸骨のキーホルダーとか懐かしい物が沢山出てきました。 子供の頃に偶にしか食べられなかったクッキーセットの缶を見つけ
村上 豊彦
3

元№1ホストの過去話。Episod1~入店きっかけ編~

    どっから話しますか。 とりあえずきっかけからいきますか。 あれは思春期真っ盛りの高2時でした。 その時、運命は決まっていたのかも知れません。 私は女子にモテたい!!というただそれだけの理由で ブレイクダンスをしていました。   それからパラパラというダンスのテクパラサークルにも加入。 (鹿児島のサークルだったのですぐわかります(笑))   思春期なんで、加入理由はもちろん女の子が好き!!!で
流川 ゆ
10

救急車は生命の危機以外では呼ばないでと、救急車を利用したときに某総合病院で言われた話。救急車を呼ぶのはこんなときの3つのポイントを学んだ話。

 「熱性けいれん」で救急車を呼ぶのは最初ならいいみたいだけど二回目以降で呼んでしまうと冷たい反応をされてしまいます。  一回やっているんだからわかるだろう、的な。かかりつけ医に判別つかないなら、救急車と言われてましたが、そのへんの事情はかかりつけ医の病院に運ばれなかったら通じないんだなと。   ごめんなさい。以後気をつけます。  そこで救急車をどんなときに気をつかたらいいのか聞きました。  地域によ
Nakamura ichika
5

当たり前という名の幸せ(32歳)

この年は子供が産まれました。 妊娠から出産までの10ヶ月ちょっとの期間。 僕にとってはとても長く感じました。 悪阻で嘔吐をする妻… 辛そうに、そして重そうに体を動かす妻… イライラしている妻… これまでに見たことのない妻の様子に戸惑いました。 妻の妊娠を機に、妊娠から出産までの道のりについて調べてみました。 妊娠や出産を安易に考えていた僕にとっては衝撃でした。 新しい命が誕生するまでの道のりが決して
橋本 隆生
4

【6話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで①ある子の言葉がきっかけで、高校をやめるまでに追い詰められた

高校を辞めようと思ったワケ 中学生の頃、私はひたすら勉強をしてた。 家に親がいなくて暇だったのもあるかもしれないけど、 1番は、認められる気がするから。 どういうこと?と思うかもしれない。 勉強なんてするか、という人もいるかもしれない。 少しだけ、そういう人に、こんな人もいることを知ってほしい。 家にはだれもいなかった。 母が帰ってくるのは朝方。 父とはしばらく会ってなかった。 学校以外で人と話さな
新しい とびら
13

【5話】スラム街でホームステイをしたときの話。そこには、日本にはないあるものがあった。

スラム街には、日本にないものがあった。 私の初旅行はフィリピンでした。(写真はタイ(笑)) ※前回の話から続かず、しばらく放置していたこちらの話から先に書いていきます。 あの時私は21歳。 期間はなんと1ヶ月間! 大学時代に入っていたNGOサークルの一環で、 様々な施設や場所を視察するという旅でした。 私は初旅行であったこと、しかもいきなりフィリピンのディープなところに行くことから、 とってもそわそ
新しい とびら
16

日本初。男性アクセサリー販売員

西武百貨店がメチャメチャ元気だった頃の話 先輩の田中さんが渋谷の駅前のロータリーで女子大生に「ヘイ彼女!これから軽井沢までお茶にしに行かない?」という倒れそうなセリフのナンパをしていた1980年代。 「おいしい生活」などのコピーでメチャメチャ元気だった西武百貨店。 有楽町店で発信し、渋谷店で見せて、池袋店で買わせる。という東京を大きく使った戦略と有名ブランドを取り込むなどの動きで飛ぶ鳥落とす勢いだっ
内海 真人
5

待たせすぎたね・・・

なぜ6年もの間、籍を入れなかったのか・・・? なぜなら、将来の保障がなかったから・・・。 以前勤めていた会社は、合併を繰り返し、その度にリストラを行い、大きく成長し、世界で医薬品業界のトップクラスまで成長していった。 俺は既にスタッフマネージャーではあったものの、管理職であったため後ろ盾はなく、人事部に在籍していようがお構いなしに、いつリストラされてもおかしくはなかった。 ただ、当時の幹部からの信頼
松本 史郎
7

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<2章>

「私の強み?って、なに?」 新年を迎え、雪が解けるころに給食の会社を退職することを決めた妹。 休みを利用しながら私が教える色々なことに取り組み始めた。 最初の頃は 「こんな細かいことも…やるの⁉」 と驚いていた妹も、取り組んで2ヶ月経つ頃には教えられた細かい作業に慣れていった。(私が指導に入ると大抵の人は「こんなことまで考えたことなかった!」と驚き、相当な脳トレになるようです) 妹のいいところがある
渡邊 真紀
22

動物が人間に与える癒し効果を考える

僕が高校生の時、嫌な事があったら真っ先に行く場所。それは実家の猫達と触れ合う事です。猫に限らず動物の癒しパワーって絶大ですよね。反抗的な僕の態度をなだめる為に再度飼い始めたのがきっかけです。母も猫達に癒されて、当初2匹を飼う事に嫌がっていた父も癒しパワーに負けて今ではデレデレしている。村上豊彦の実家には絶対必要な2匹となりましたが、動物の絶大な癒しパワーは一体何なのでしょうか? 古代エジプトではネズ
村上 豊彦
4

二匹の猫が教えてくれた攻略法

村上豊彦の実家には2匹の猫がいます。やんちゃ坊主のクリはもの凄い甘えん坊。相手にしないとデレデレ顔を擦り付けてきて、更に相手しないと大暴れ致します。もう一匹のシロはデレデレしてこないが、サッと足元に近づきニャーと鳴きます。まるで「アンタ!撫でなさいよ!!」と言わんばかりの表情です。撫でて上げると気持ちが良くなり始めフニャフニャに溶けます。問題の行動は次の瞬間です。 クリは身体の位置を沢山変えて撫でま
村上 豊彦
1

父が蒸発「クソオヤジ!」末期の肝硬変ってなんだよ!

あの日 父さんは 僕を捨てた…… 妹4人と母さんも一緒に 母さんは、ずっと泣いていた 家の電気は止められ ガスも水道も止まった ロウソクを使って夜を過ごした 近所の人が 「あれ?せいいちくんの所、もうクリスマスやってるの?良かったわねぇ」 と、11月のはじめに言われた 母さんはどれぐらい泣いてたのだろう? 子供だった僕は覚えていない その後、家のローンが残っていたらしく 立ち退かなきゃいけなくなっち
せぃ1 ワールド
69

Disney行きには乗れるのに、人生を変える新幹線には乗らないの?②

【器用貧乏は貧乏でした】 セールスライターになる以前は、セミナービジネスの塾に入っていました。 この塾に入塾したのも 「入ったら、何か人生が変わるのでは?」 と思ったから。 当時、私が何をしていたかというと、ネイリスト・占い師・カメラマン・アクセサリー制作販売・カウンセリング…。 「やろうと思えばそこそこなんでもできる人」なのに自分が何者かを説明できないことが歯がゆくてたまらなかった時期でした。 今
渡邊 真紀
21

乱れる心の秒針

不意に落としてしまった 明日の光待つための時計 過ぎてしまった思い出も これからの未来もわからない 不安にならなくて大丈夫 君の胸に持っていればいいから 乱れる心の秒針は 時の流れを語り続ける 1分1秒呼吸しよう 大切な人刻んでゆく 固く冷たい針の音 無機質な人生のようだ 温かく柔らかい指先が この道の闇を照らしてくれるさ 乱れる心の秒針は 時の流れを語り続ける 1分1秒呼吸しよう 大切な人刻んでゆ
omi uruwashi
5

たまに、少し過去の想い出を振り返ってみたくなることはないでしょうか?STORYS.JPには、沢山の『過去の想い出』のストーリーが投稿されています。少しずつでいいので、5年前、10年前を振り返ってみましょう!多くの人があなたのストーリーを待っています。

過去の想い出 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!