旅行・海外生活

旅行・海外生活

皆さんは、『旅行・海外生活』のストーリーをお持ちでしょうか?旅先での忘れられない想い出や、海外で過ごして受けたカルチャー・ショック、日本では起こり得ない事などを、ストーリーで投稿してみましょう。多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行・海外生活のタグが付いたストーリー一覧 995件

ダーリンは変わり者 ~いざ高級キノコのなる洞窟へ~

主人は変わり者である。 そして妻の私は、そんな主人の 「 変わり者ぶり 」 のちょっとしたファンなのだ。 結婚して10年になるが、今も変わらず「今度は何をしてくれるのだろう?」という私の好奇心を満たし続けてくれている。 今回は、家族で行った 「高級キノコ栽培の洞窟」 のお話。 ****************** 主人の地味な趣味は、 「マイナーでマニアックな場所を訪問するのが好き」 というものだ。
maya masaki
3

私が先生になり、退職し、 そして復帰の道の途中にいる理由 1

私は、中学生の頃は、フライトアテンダントになりたかった。 世界中の色んな所に行ける 、という職業はその時はそれしか思いつかなかったからなんだけど。 元々、おチビだったけど、職業選択の時期が近づくにつれても、 背が伸びない 。飛行機の荷物棚に届く身長でなければ、応募する資格すらない。 高校生の時に初めて飛行機に乗って(初一人海外)実際に憧れの職業に就いている人達に会って、あれ?これは自分がやりたい事じ
Unabara Taiko
5

各国のバレンタイン事情【今年の戦利品】

バレンタインデー の文化は国によって様々だ。 日本では、女性が男性にチョコレートを贈るのが軒並みとなっているが、私の住むヨーロッパでは、男性が女性にプレゼントや薔薇の花束を贈る日である。 一方、 ホワイトデー が日本の文化であることは周知の事実だ。 以前何かの記事で、日本のホワイトデーについて知った主人が、1か月後に「倍返し」「3倍返し」で返ってくるシステムに「まるでインベストメントみたいだ!」とい
maya masaki
6

1000日間世界100ヶ国の夢を捨て、ニューヨークで勝負を賭ける

もっと世界を見たい。 海外経験で痛烈に感じたのは「日本人はいけてるんだ」ということ、と同時になんでこんなに自信がないのか、ということだった。振り返ればニューヨークに来たばかりの自分もそうだった。日本語より英語の方がかっこいい気がしていたし、日本人であることに自信もそれほどなかったと思う。アジア人といるより白人とつるむ方がかっこいいとどこかで感じていた自分も確かにいた。今の自分とは全く別人だ。自分がか
Dra gon
6

ニューヨーク滞在1年半の予定がまさかの半年で強制帰国

マンハッタンのミッドタウンでようやく仕事が始まった。そこは日系の会社。日本人が多い。でもなんか日本にいる日本人たちと違う。サバサバしすぎている。そんな違いを楽しんでいると、英語で会社に電話がかかってくる。何をさっぱり言ってるかわからない。「Okay」と言ってとりあえず切る。やばい。英語がやばい。昼休みにスタバでコーヒーを頼む。「こーひーください。」「は?」「コーフィーください」「は?(怒)」「カーフ
Dra gon
6

トラブル続きの海外スタート

2010年の大晦日、それは自分にとってとてもとても長く、そして生涯忘れられない日になった。渡米日は12月31日の夕方、関空発。そして、[21:49]にNY到着予定。 飛行機の上からマンハッタンを望み、NYで年越し、そんな理想的プラン。 が、、、、、、 実際にNYに着いたのは、NY時間の1月1日、朝5時。年越しはなぜか機内だった。。というのも、なんとこの大事な大事な大晦日に、大事件が起きた。それもサン
Dra gon
3

You used to be my everything〜あなたは私のすべてだった〜episode 2

朝、目が覚めると、彼からの「おやすみ」メール。 私が夜寝る前は、「おはよう」メール。 同じ地球なのに、毎日あべこべの挨拶をしてそれぞれの世界を生きる。 あの頃の私にとって、 時差と距離がネックだったけど、 同時に、 時差と距離が彼をより愛しくさせた。  英語も自分なりに精いっぱい頑張った。 2時間目の休憩中に早弁し、 (これは単にすぐにお腹が空いてただけやけど) 昼休みは長い休憩を使ってアメリカ人の
佐々木 唯
2

台湾旅行記②

台湾旅行2日目。なんだか気分がすぐれませんが、ホテルの居心地はよくぐっすり眠れました。せっかく旅行に来たんだし楽しもう!と気を取り直して起き上がります。 台湾は、朝食を外で食べる文化があると聞いていたので、事前に調べておいた有名店「阜杭豆漿」へ向かいます。人気店だけあってすごい行列でした。 前日の印象から台湾料理に対するイメージがあまりよくなく、正直こんなに並んでまで豆乳料理を食べる必要があるのか…
佐藤 みきひろ
2

~風に吹かれて~ (日本一周その57)

    ~風に吹かれて~   (日本一周その57)     今朝は 誰かの 話し声で 目が 覚めた 東京から 来た 男性と 札幌から 来た 2人が 旅の 事で 雑談を していた 取り留めの 無い 話 そう 感じていた     その 囁くよな 会話で 目が 覚めた でも まだ 他に いる 2人は 夢の 中に いるのか すやすやと 寝息を 立ててる     東京から 来た 男性と 札幌から 来た 男性は
ダイナマイト コウヘイ
3

バリ島に住んでるあたしの縷縷面々と尽きない人生

30才・・・人生の節目、または転換期とよく言う。 オンナはボヤボヤ生きていると、あっという間に年をとる。 かわいいオンナも頭の良いオンナも、なんでもないオンナも、みんな平等に年をとる。 勉強が出来なくてもただ楽しかった小学生時代。 本格的な自我が出てきて男子や己の見た目をめっちゃ意識し始める中学生時代。 親がうざくて、友達との繋がりが絶対で命で、誰かと同じことをするのが嫌だった高校生時代。 いつかは
新田 松子
1

リストラ危機をきっかけに渡米。その後ニューヨークで会社を立ちあげ永住権を取得するまでの6年間

「1週間後にミーティングで発表します」 2008年4月に新卒として入社した会社でちょうど一年が経とうした時、緊急ミーティングが行われた。リストラ対象者を一週間後に発表するという内容だった。2008年と言えばあのリーマンショックが起きた年。コンサルティング業を営んでた会社は上昇トレンドから一気に傾いた。全国に支社があり自分は名古屋配属だった。同期と帰り道に王将に駆け込んだ。気を落す同期を見ながら、「6
Dra gon
5

あなたの人生は誰のもの?(33)~「負の連鎖」を断ち切って【おわりに】~

最後までお読みいただき有難うございます。 「負の連鎖」を断ち切っても、まだ全てが終わったわけではありませんが、私の周りにどのような変化が起こったかについて少し書いてみたいと思います。 相変わらず母からの連絡はありません。私から連絡することもありません。しかし、思い出しても以前のようにネガティヴな感情が浮かぶ事はありませんし、思い出すこと自体少なくなりました。 「好き」の反対は「嫌い」ではなく「無関心
maya masaki
5

【4話】1人でアフリカに行ったら、タクシーで男2人に乗り込まれて、丸一日観光案内。最後は君と夜を過ごしたいと言われた女子大生の話①。

今夜は君の部屋に泊まらせてもらうよ。だってあの日本人女性も泊まらせてくれたのだから。 母の語りは少しお休みし、自分のことを語りたい。 私は一人で海外旅行に行くのが好き。 初めて一人旅をしたのが、なんとアフリカだった。 そこで遭った出来事を語りたい。 アフリカの中でコーヒーが有名な国で、マザーテレサが第2の故郷とした国を選んだ。 (この写真は、そのときのではなく、シンガポールです。見つからず、ごめんな
新しい とびら
3

あなたの人生は誰のもの?(32)~「負の連鎖」が終わるとき~

あるとき、セラピーの途中で突然話すことがなくなった。 まだセラピーの時間は半分ほど残っていた。 世間話を殆どしない私と先生の間では、相談するトピックがなければ、話すことがなくなってしまうのだ。 言われなくても、今日が最終日だと分かる。すがすがしい気持ちだった。 「今後、こちらにどの様なことを期待しますか?」先生に尋ねられた。 「私には相談できる年上の大人がいません。何か大きな決断をしなければならない
maya masaki
10

あなたの人生は誰のもの?(31)~「怒り」は向けるべき相手に~

さてこの頃、予定外の事件が起きた。 父の母親が自宅で自害し、父がその第一発見者だったのだ。私はこれまで父方の祖母に数回しか会ったことがなかったので、驚きはしたが悲しいという気持ちはなかった。 それより父に眩暈や嘔吐など、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状が出ていると聞いて心配になった。 自分が勉強してきた分野ではないが、本を読むことでかなり詳しくなっていた私は、父にメールを書いた。この頃から再
maya masaki
8

皆さんは、『旅行・海外生活』のストーリーをお持ちでしょうか?旅先での忘れられない想い出や、海外で過ごして受けたカルチャー・ショック、日本では起こり得ない事などを、ストーリーで投稿してみましょう。多くの人があなたのストーリーを待っています。

旅行・海外生活 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!