旅行・海外生活

旅行・海外生活

皆さんは、『旅行・海外生活』のストーリーをお持ちでしょうか?旅先での忘れられない想い出や、海外で過ごして受けたカルチャー・ショック、日本では起こり得ない事などを、ストーリーで投稿してみましょう。多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行・海外生活のタグが付いたストーリー一覧 944件

Storys.jp に参加した理由

初めまして、福元こころです。 私はぶっちゃけ、仏文科を卒業したわけではありません。 なのに、どうしてフランス語を20年以上も勉強しているのか、みなさん不思議だと思います。 現在は、フランス語とは全く無縁の国内航空会社で、しがない派遣社員をしています。 (しかも8年もw) そしてそして! 40歳を過ぎました〜!!! しかもしかも! 独身です〜!!! こんな私、世間から言わせれば「負け組」ですよね。 で
福元 こころ
2

子連れでオーストラリアに留学してみた~キャンティーン編~

  「キャンティーン」とは 「購買部」のこと。 オーストラリアの小学校の購買部では昼食を売っている。 その運営は保護者によるボランティア。 子どもたちが通っていた小学校の場合、 朝8時半頃から11時半までは、PTAのような団体が雇用するパートのおばさんがひとりで担当。 それを引き継ぎ閉店までは保護者が2名で担当。 パートさんは 仕入れから注文受付、在庫管理までを行っている。 このおばさんが保護者の当
Kitahara Rie
5

語学力ゼロの私が海外で起業して学んだ、海外で生きていく上でたいせつなこと。

この先、何をやって生きていこう。 「私は○○です。」 ○○に入るのはなんだろう・・・ 海外に住んだことがない、語学力がゼロ、不安要素はあるはずなのに不安よりも心配事よりも圧倒的にワクワクや期待が上回った状態ではじまった海外生活。 外国人との結婚を機にヨーロッパに住むことになった私は、忙しい毎日から解放されて、出国前はみんなからチヤホヤされて完全に浮かれていたと思う。 新居のために物を揃えたり、一生懸
オリヴェイラ リナ
14

24歳ニートの僕が、謎にインドネシアに行って社長になるまでの話。後編

一度、日本に帰ることにしよう。 今考えても、あの時はそうするしかなかったと思う。 再びこの地に戻ってくると決意し、飛行機へ乗った。 せっかく大変な思いをして社長になったのに、再びニートに逆戻り。 しかも今回は貯金なし。 今更インドネシアに戻って、一体何ができるんだろう。 このまま日本で就職して、平凡な家庭を築いて、ごくごく普通の生活を送るのも良悪くないんじゃないか? 1カ月も日本に居ると、そんなこと
室野 秀
29

24歳ニートの僕が、謎にインドネシアに行って社長になるまでの話。前編

僕の周りに、夢を叶えている大人なんていなかった。 就職して、やりたくもない仕事をして、愚痴を肴に酒を飲み、 理想や夢を語る人を「現実が見えていない」と見下すような大人ばっかりだった。 そんな大人をかっこ悪いと思っていたし、あんなふうにはなりたくないと思っていた。 そう思っているだけで、何の行動も起こさない自分もダサかったのだけど、その頃はまだ、自分を客観視できるほど大人じゃなかった。 このストーリー
室野 秀
82

国際結婚・同居<住んだら地獄>

 あれから早いもので来月で4年経った ので要領まとめれると思う。あの忌まわしい同居生活について語ろう。誰も同じ目に合わせたくない ただそれだけである。こういうこともあり得るんだということを知ってもらいたい。  どこの国、世代でも嫁姑の関係は頭を抱えるものであるが、特に国際結婚では色濃いと思う。 家族構成を書こう、 私、ねこむら純日本人。夫→白人マザコン、夫の連れ子3人、義理母→元英国人我儘、義理父→
ねこむら 佐奈
7

フランス語も分からないけどフランス留学に飛び込んだ結果、一年間で何が起こったかをノンフィクションでまとめた話

この話は、ある学生が、フランス語も分からないけどフランス留学した結果、一年間で何が起こったかをノンフィクションでまとめたものです。小さなエピソードに分けて、時間を追って書いていきたいと思います。留学生って、思っていたよりずっとずっと大変でした……。 でもフランス語が分からないからと言って機会を先延ばしにしていたら、きっと時は過ぎ、留学しないで終わっていたかも知れない。そう思うと自分の鈍感力とでもいい
Mano Akiko
18

18切符を使ってギターを背負って日本を半周

今回の年末年始の旅は、九州へ! 今回も18切符で鈍行の旅です! 日本の半分を回ってくる列車の旅です! 路上演奏場所は、、、、 徳山駅(山口県)2016年 12月31日22:15頃 吉松駅(鹿児島県)2017年 1月1日15:50頃 鹿児島駅 1月1日18:00頃 宮崎駅 1月2日12:00頃 別府駅(大分県) 1月2日20:00頃 鳥取駅 1月3日22:00頃 福知山駅(京都) 1月4日9:00頃
Dai-Go!Low (だいごろう)
6

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(10)

パティスリーに、サラダ場に。 「よう!ケイシー元気かい?」 「今日も楽しんでるかい!」 従業員用出入り口を通って廊下を歩き、ランドリーのおばちゃんに挨拶をしてからBENIHANAに向かうまでに、お菓子をつくる部屋・パティスリーや冷製皿を担当するサラダ場を通ります。そこにいる人々は皆、ケイシーに向かって陽気な挨拶をしてくれるようになっていました。 それというのもBENIHANAには大きな冷蔵庫がないの
Cathy Kei
2

世界47カ国女子バックパッカーができるまで(20)

夢のような田舎生活 南イングランドといえども、冬がやってくるのは早かった。 あっという間にHaysfield女子校に来て2か月が経った。私はその間休日はホストファミリーと過ごし、残りはほとんどを学校で過ごした。 朝はまだ暗い、6時に起きて歯を磨く。築300年の石造りの三階屋根裏部屋にある私の部屋は、特に冷える。そろそろとひんやりとした床に裸足の足を下ろし、部屋の小さな小窓を開けるとそこには朝霧がとろ
Cathy Kei
4

やおよろずの精神をアートに込めて世界に示す

序 やおよろずの精神は、この壊れかけた世界に対する処方箋となりうるのではないか? 夜桜をぼんやりと眺めている時に、私はひらめいた。全てはそこから始まる。   桜の下のスパイダー まだ寒さの残る2016年3月早朝、満開の桜の下で白いジャケットとジーンズを身に着けた男が、カラフルで巨大な物体を背負ってベンチの上に立っている。それはプラスチックで作られた生物の様であり、彼はその作品を撮影しているのだとわか
Hamanaka Takeshi
9

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(9)

新しいシェフ、ラミエロ。 それはケイシーがBENIHANAの見習いシェフとして就任しちょうど二週間経ったころのことでした。 「ねえ、メリッサ。今日から新しいシェフが入ってくるんだよね?」 「ええ、そう聞いてるわよ。誰がいつどんなタイミングで来るかなんて私はあまり関心ないけどね」 いつも通り、飄々とした雰囲気で従業員食堂のテーブルに腰かけ、社食のクリームパスタを頬ばるメリッサを前にしてケイシーはふふっ
Cathy Kei
7

3.11!!いじめられっ子の福島原発事故からの脱出劇。その4

2013年3月、23歳の頃から千葉県流山市に住んだ。 南流山駅から徒歩5分と好立地で7階のマンションかつエレベーター付きだ。 僕の部屋は703号室だ。 出来るだけ引っ越し費用を抑えるため、手荷物を増やし段ボールだけ 箱boonを使って送った。 ベットもそれなりにいいのを購入し、近くのお勧めのカフェ屋さんで 本を読んでいた。 当時お金のなかった僕は近くのカツ屋でカツ丼ばかり食べていた。 値段も安くて味
熊坂 翔吾
6

3.11!!いじめられっ子の福島原発事故からの脱出劇。その3

そのアパートは東京都荒川区西尾久8丁目にある築40年のアパート。 一見外見はともかく、内装はとてもきれいだった。 一応風呂付で2DKの部屋だった。 お風呂は水しか出ず、追い炊きをしてお風呂に入った。 シャワーは使えない。 夏場はゴキブリが結構出る。 1年に4-5匹くらい 出るのでそいつらと格闘しながら日々過ごしていた。 住んでいたアパートの近くに荒川遊園がありさらに北に進むと河川敷に出る。 ここはか
熊坂 翔吾
10

世界47カ国女子バックパッカーができるまで(19)

新しい職場、新しいホストファミリー ロンドンから電車で二時間半。そこは南西のコッツウォルズ地方と呼ばれる場所。 お風呂の語源となった町であり、ローマ時代の大衆浴場の遺跡が残るバースという町に私はボランティア教師として赴任した。 バースは、白い石を積み上げて作ったテラスハウスが並ぶ、とっても美しい町だ。 人々は少しでも太陽が出ると肌寒い中でもタンクトップになり、日光浴を楽しむ。街中とはいえ、パブの中に
Cathy Kei
6

皆さんは、『旅行・海外生活』のストーリーをお持ちでしょうか?旅先での忘れられない想い出や、海外で過ごして受けたカルチャー・ショック、日本では起こり得ない事などを、ストーリーで投稿してみましょう。多くの人があなたのストーリーを待っています。

旅行・海外生活 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!