旅行・海外生活

旅行・海外生活

皆さんは、『旅行・海外生活』のストーリーをお持ちでしょうか?旅先での忘れられない想い出や、海外で過ごして受けたカルチャー・ショック、日本では起こり得ない事などを、ストーリーで投稿してみましょう。多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行・海外生活のタグが付いたストーリー一覧 1002件

あなたの人生は誰のもの?(26)~心療内科ってどんなとこ?~

心療内科に行こうと決意した。 フラッシュバックによる動悸・息切れ・不眠・不安もあったが、それより何より息子のために、この負の連鎖を断ち切らなければならないと思った。 電話で問い合わせをし、口調は至って冷静だったが、患者のことを一番考えてくれそうな先生に決めた。急ぎではないか確認してくれたこと、電話以外にもメールで、患者との連絡手段をなるべく作ろうとしてくれたことがポイントだった。 ここに辿り着くまで
maya masaki
17

あなたの人生は誰のもの?(25)~フラッシュバックはこうして起こる~

息子が生まれてからというもの、遠方の義理母がよく我が家に来るようになっていた。 義理母はいつも仕事で忙しそうにしていたのだが、結婚式の衣装を自ら縫ってくれるなど、要所要所でお世話になっていた。 しかし、だんだんと訪問の頻度が増していて、嫌な予感がしていた。 というのも、我が家はその頃まだ1ベッドルームの小さなマンションで、大人3人と赤ちゃんが1日一緒に寛ぐには狭かった。 それならば、と主人と外出して
maya masaki
16

あなたの人生は誰のもの?(24)~意外な証人~

息子が7カ月になった頃、一度日本へ帰国した。 息子が生まれたことで、両親との仲も少しだけ回復したように見えていた。 実家には、ベビーチェアの準備も何もなかった。 母はまるで、子供と接したことがない独身女性のような手つきで、数十秒息子を抱いただけだった。 テーブルには沢山の手料理が並んでいた。彼女なりのお祝いのつもりだったのかも知れない。しかし、そんな暇があるのなら、もっと可愛い孫と遊んだり、あやした
maya masaki
15

あなたの人生は誰のもの?(23)~負の連鎖の恐怖~

無事出産を終えた私だったが、翌日からが地獄だった。 バカンスが命のこの国では、長期休暇中、病院の医師や看護婦の数が極端に少ない。 私が出産した病院もまた、例に漏れていなかった。 昼間はまだ良いが、夜になると医師は不在。21人の赤ちゃんに対し、赤ちゃん担当の看護婦が1人、お母さん担当の看護婦が1人しかいなかった。 当初完母のつもりだったが、帝王切開となっては事情が違う。母乳があまり出ず、息子を離すとす
maya masaki
17

あなたの人生は誰のもの?(22)~海外出産~

病院のエコグラフィーを見ながら、まだ見ぬ小さな命に毎日心を躍らせていた。 この頃、移民局から強制されるフランス語のコースに通っていたため、家事と併せて毎日暇すぎるということはなかったが、これまでずっと仕事をしてきたゆえ、「こんなに暇でよいのか?」と少し不安になる日もあった。 何より和食が食べられないのが辛かった。食べるためには自分で作らなければならないのだが、その頃まだ突発性難聴も完治しておらず、材
maya masaki
18

あなたの人生は誰のもの?(21)~隠れ対人恐怖症とフランス人~

パリでの生活が好きではなかった私のために、主人はパリの職場から1時間ほど離れた郊外に、小さなマンションを借りてくれていた。 引き続きフランス語の勉強を続けていた私だったが、日本人や外国人以外の友達は出来なかった。 筆記や文法はさすがにある程度出来るようになっていたが、会話のほうが全く上達しない。 日本やイギリスとは、人との距離の取り方が明らかに違った。円滑なコミュニケーションのために感じ良く「演じる
maya masaki
17

あなたの人生は誰のもの?(20)~再び海外引っ越し~

主人がフランスへ向かう日、空港まで見送りに行った。 空港の搭乗口から吸い込まれていく主人の背中を見て、急に寂しくなった。行きは二人だった電車も、帰りは一人だった。 道中寄ったパン屋で、主人が好きだったパンを思わずトレーに乗せようとして、改めて「あぁ、主人はもうここには居ないのだな・・・」と実感した。 私は突発性難聴を患いながら、暫く日本に残って引っ越しの片づけや、役所関連の手続きをすることになった。
maya masaki
16

あなたの人生は誰のもの?(19)~Xデーはやって来た~

これまでより広いマンションに引っ越し、生活のほうも落ち着いてきたある日のこと、主人が今までにない神妙な面持ちで帰宅した。 一瞬で「これは覚悟しなければ」と思ったと同時に、何故か「私がしっかりしなければ」と思った。 鞄の中から「解雇予告通知」が出てきた。 つい先日、日本人の中途入社社員が、入って2日で解雇されたという話を聞いたばかりだった。どうやら社長が、自分の気分次第ですぐに人を雇用したり、解雇した
maya masaki
17

あなたの人生は誰のもの?(18)~アラサー女子の帰国&就活~

家族のヘルプがない国際結婚カップルは大変だ。 いくら親との関係が悪いという友人でも、多少家賃を払って実家に居候していたが、我が家の場合は事情が違う。 私達は小さなワンルームマンションに、最低限のものを購入して暮らしていた。 ある時、それまで全く連絡をよこさなかった母が、わざわざスーツケースを持ってやって来た。そして実家にあった、ありとあらゆる私の所有物を置いて行った。事前の確認はもちろん、「生活が落
maya masaki
16

人とは違う!PAR的マニアック旅行提案#1

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。     旅をするのには(ほぼ)必ず、飛行機に乗ると思います。   移動時間が長かったりすると苦痛ですが、チケットを予約してから空港に行くまで、飛行機の中の時間でさえも楽しんじゃいましょう、という提案です。   機内食とか飲み物とかは誰でも知っていると思うので、マニアック提案には入れません。     それでは早速いって
プリドー安斎 亮介
1

あなたの人生は誰のもの?(17)~日本へ移住しよう~

パリにアパートを借り、生活をスタートさせた私達だったが、私はパリの生活に上手く馴染むことができなかった。 フランス人ですら腹を立ててばかりのこの街では、マイノリティーである移住外国人の立ち位置は厳しい。移民文化に乗っ取られたこの街で、私はまず「人は人に対して親切であるべきだ」という日本的・平和的な考えを捨てなければならなかった。 フランス語の話せない外国人は、移民・移住に関係なく一緒くたに移民局から
maya masaki
17

あなたの人生は誰のもの?(16)~結婚式に来ない母~

海外で知り合った国際結婚カップルでも、たいてい結婚式の前には両親への挨拶を済ませるものだが、我が家の場合は事情が違う。 結婚式の前に紹介などしては、結婚自体を滅茶苦茶にされてしまう。 事実、二つ上の姉も彼氏を紹介しては難癖をつけられ、この頃まだ結婚できずにいた。 それなら私が先に行ってやろう 季節のよい9月に式を挙げようと主人と相談し、丁度母の誕生日と被っていた土曜日に決めた。これなら、今まであまり
maya masaki
17

あなたの人生は誰のもの?(15)~そうだ、フランスへ行こう~

自分に3か月の就活期間を与えることにして、ロンドンに戻った。 住むところがないので、ユース・ホステルに滞在しての就活だったが、偶然日本人の人が働いており、事情を話すと「応援する」と言って、なんと滞在費を友達価格の破格にしてくれた。 こうしてまた、私は人との出会いに救われる。 荷物はスーツケース1つだったが、中には就活用のスーツもきちんと納まっており、人間意外と暮らせるものである。 いくつか転々とした
maya masaki
18

あなたの人生は誰のもの?(14)~頭と心が分裂するとき~

社会人になってからの留学は、学生の留学に比べて自由だ。授業には行きたいときに出席し、それ以外は学校外で社会勉強をする。 私は個人的に大学寮に連絡を取り、早めに入れて貰えるようお願いして、他の学生より1か月ほど先にロンドンに到着した。 夜もなるべく街中の語学パーティーなどに参加して、とにかく現地の人との交流を優先した。筆記の英語は日本に帰ってからでも出来るが、喋りのほうはネイティヴスピーカーと会話をす
maya masaki
17

台湾旅行記①

こんにちは。 今日の「佐藤みきひろ旅行体験記」は、以前行った台湾のことを記したいと思います。 台湾。それは、僕にとって初めての海外でした。 ハワイやロサンゼルスに憧れるけど、いきなりそんな場所に行く勇気はない…ということで、まずは近場であるアジアの台湾に行くことを決めました。 夜市という楽しそうな屋台がある!このざっくりとした情報を胸に期待を膨らませ、男三人、初の海外旅行が始まります。 とにかく浮か
佐藤 みきひろ
2

皆さんは、『旅行・海外生活』のストーリーをお持ちでしょうか?旅先での忘れられない想い出や、海外で過ごして受けたカルチャー・ショック、日本では起こり得ない事などを、ストーリーで投稿してみましょう。多くの人があなたのストーリーを待っています。

旅行・海外生活 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!