旅行・海外生活

旅行・海外生活

皆さんは、『旅行・海外生活』のストーリーをお持ちでしょうか?旅先での忘れられない想い出や、海外で過ごして受けたカルチャー・ショック、日本では起こり得ない事などを、ストーリーで投稿してみましょう。多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行・海外生活のタグが付いたストーリー一覧 1016件

30代でアメリカの音楽大学に留学したときのはなし(3)

なんだか私のストーリーに思ってた以上の反応を頂いてびっくりしています。 ここまで、読んでくださってありがとうございます。 さて、続きです。チャンチャンチャンチャン 住民票行く前にしたこと 行くと決めてから、身の回りを整理していきました。VISAやらおうち探しは次へのステップなので、忘れないと思いますが、整理をするのは忘れがちなので、参考になればと思います。 住民票 これは入学関係の書類やビザなどを見
Nakamura Momoe
1339

AEROSONICを終えて。。。

AEROSONIC2013のB'z編をお届けします^^ 2013年8月8日。 真夏。灼熱の太陽にジリジリと肌が焼かれる一日だった。 などなどLIVE前夜に色々お話を頂いたこともあって、お値段も 15000円のチケットを3500円 でお譲りいただけることになり、、、  ALブロック(最前ブロックレフト側) に入ることができ、  もう、それはそれは極上の空間時間を堪能することができたのでした。  ありが
蒼山 隆之
43

国境を越えて求められる看護人材

※医療系とは全く異なる出身畑からの投稿になりますが、何かのお役立てれば幸いです。 私は、いわゆる開発コンサルタントをしています。 もともとは、公務員・金融・システム・ITがバックグランドですが、現在はご縁があり医療・福祉関係に携わっています。 (チームで取り組むプロジェクトなので、その一部を担当しています。) 私自身にとってみれば、医療機関は非日常の世界です。 風邪すらひかないので病院に行くことも
Dokai Chiaki
130

ネイティブ英語が通じないこともある「世界を相手にする英語」〜相手の英語アイデンティティを知る〜

帰ってきた、バンコク 写真アユタヤですけどね。(ちなみに私左、当時21歳) 実は高校生の時にタイの女の子をホストファミリーとして受け入れたことがあり、カナダ行く前度胸試しに彼女に会いにタイへ一人旅したことがあって。 母の手料理食べてるだけ、わずか半年で体重が戻った私は社会復帰。 すっかりタイの魅力にハマってしまった私は、貯めたお金でまたタイへ。 すると不思議なことに18歳の時に初めて行ったタイでは
Fujiwara Ai
358

ネイティブ英語が通じないこともある「世界を相手にする英語」〜自分の英語アイデンティティを知る〜

初めまして。 此処では私が経験してきた英語遍歴を通して感じた、日本での「英語」と海外の「英語」の認識の違いについてお話させて頂きます。今世界に飛び出すべく英語を勉強している方の肩の力が少しでも抜けますように。 英語ペラペラになりたくて 18歳、高校卒業してから単独語学留学 カナダのブリティッシュコロンビア州はバンクーバー。 当時の私の中で「英語」とはまさに憧れ。アメリカ人が話しているように英語を話
Fujiwara Ai
984

キューバに魅せられて

僕がキューバと出会ったのは大学2年生。 その中でたまたま観たマイケル・ムーア監督の シッコ だった。 アメリカ社会の医療制度の杜撰さを描いたものだった。 作品の中で取り上げられていたのが、9.11で肺を患った消防士が、国のヒーローにも関わらずアメリカでは満足な治療が受けれていないのが現状だった。 そこで監督のムーアは無償で医療サービスを提供するキューバに消防士を連れてキューバ―へ向かった。 まさか国
武田 光平
20

30代でアメリカの音楽大学に留学したときのはなし(2)

学校探し 高校と大学合わせて約9年アメリカ在住経験があった私ですが、社会人になってからの音大探しにはいろいろ検討するポイントがありました。そもそも私の年齢で受け入れてくれている学校、学校ある環境、奨学金の有無、日本に帰ってきてからの学歴の影響力など。そして、いろいろな評判を先輩方に聞いたところ、アメリカでも2つくらいの学校に絞り込めました。 1個はニューヨーク州マンハッタンの学校、そしてもう一つはマ
Nakamura Momoe
1701

俺だけ帰りのチケットがない!ヒッチハイクで出会った七人のドライバー【ヒッチハイクはじめました編】

俺だけ帰りのチケットがない! 京都~東京ヒッチハイクで僕を助けてくれた七人のドライバー あれは僕が大学四年生の秋だった。 僕はサークル旅行で東京から京都に来ていた。 とても楽しい旅行だったとその時までは思っていたはずだ。 誰かが言った。「終わりよければ全て良し」その通りだと思う。 端から見ると破綻しまくりなカップルも綺麗な別れ方をすれば、 それは二人に取ってはセンチメンタルな青春デイズとなるだろう。
鈴木 嘉洋
3762

30代でアメリカの音楽大学に留学したときのはなし(1)

もやもやな時間 とりあえず、私が30代で音楽留学に至ったことを簡単に書きます。 20代前半はまさに就職超氷河期。見事就職に失敗した私のお話はまたの機会にして(笑)、そしてそんな私も何とか仕事を見つけ、お仕事をしながら20代後半はもやもやしていました。 まず、お仕事させてもらいたい!という気持ちから仕事をして、いろいろ大変な経験をしました。そんな経験を経てより自分が興味が持てる仕事に転職。やっと、より
Nakamura Momoe
2513

東京-京都をママチャリで完走した話④

前回までの振り返り 友人のHRK氏の実家で朝を迎えた。やはり、実家という環境は非常に心地よいもので、僕らはその環境に甘んじてしまった。笑 なんとか出発したものの、 静岡 (以下、化け物)という 化け物 に翻弄され続ける1日となった。 化け物は僕らの正気を奪い、活力を奪い、そして僕らはマクドナルドの椅子に沈んだのである。 4日目(最終日) 結論から言う。京都を出発し、永遠にも思えたチャリ旅もいよいよ最
Shinozaki Yusuke
144

「愛は国境を越える」タイで愛をみつけてやりまくった男

3・11の地震復興キャンペーンで「愛は国境を越える」というフレーズを目にした。   愛は国境を越える。    メガネの長髪、リポビタンDが世界一似合わない男ジョンレノン。彼の「Imagine」の中でもたしかそんなことを言っていた気がする。  愛とは自然にそこに生まれる抗えないものである。だから人間の作る国という境がいつまでも壁として存在することなどできるはずはない。  先日行きつけの黒人ギャングのよ
鈴木 嘉洋
81

東京-京都をママチャリで完走した話③

前回までの振り返り スーパーのおばちゃんの家で朝を迎えた僕ら。三重を出発しなんとか静岡へ。静岡の「さわやか」でハンバーグを食べ、友人の実家に泊めてもらえることに!無事2日目を終了することができた。 (詳しくは②参照) 3日目 友人の実家(静岡・浜松)で朝を迎えた僕ら。暖かい風呂と布団にありつくことができ尋常じゃない幸せを感じました。 3月だったんで結構寒かったんですよ。チャリこいでるときってやっぱ風
Shinozaki Yusuke
925

ジェットスターで欠航になるとどうなるか。

突然来たメール そろそろ搭乗という時間だったと思う。 僕は、チェックインを済ませ、飛行機に乗るのを待っていた。 ジェットスターからメールが来た。ちょこちょこ来る販促のメールかな程度の認識で、読み飛ばそうと思った。しかし、暇だったので、何気なしに見た。 そしたら、欠航のお知らせという内容だった。 えっ!? 僕はメールを見直したが、欠航と書いてある。 当然、僕は自分の目を疑った。だって僕は既にチェック
石井 勝也
733

タイの時計屋でサリーちゃんに出会った。

【これは自分探しのために、タイに渡航した当時大学2年の私が、サリーちゃんという、何ともまあ女優・長澤まさみそっくりな時計屋の娘に出会い、淡い恋心を抱いてしまった話です。 …ああ、元気かなあ、サリーちゃん...。】 2009年、大学2年の夏。 私は、大学の授業に全く 興味を持てずにいた。勉強が手につかない。 ”大学で身につけた知識やスキルを活かして、会社で働きお金を稼いで家族を養う。” そんな社会の流
清瀬 史
133

高三、卒業式を直前に、休学した僕の話。

2013年、1月5日。 卒業式まで登校日数があと10回もないころ、 僕は自身の通う都内の高校を休学し、南半球に飛んだ。 特に名前は言わないが 僕が所属していた同期の美術部の半数は、東京大学に現役で進学している。 然ういう訳で現在、自身の同級生達はいわゆる一流と言われる大学に進学をし、第一希望が叶わなかった友達は、私立のトップ校を蹴って好き好んで浪人を選んでいる。 うらやましがる方も入れば 「受験から
カメレオン 。
46

皆さんは、『旅行・海外生活』のストーリーをお持ちでしょうか?旅先での忘れられない想い出や、海外で過ごして受けたカルチャー・ショック、日本では起こり得ない事などを、ストーリーで投稿してみましょう。多くの人があなたのストーリーを待っています。

旅行・海外生活 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!