旅行・海外生活

旅行・海外生活

皆さんは、『旅行・海外生活』のストーリーをお持ちでしょうか?旅先での忘れられない想い出や、海外で過ごして受けたカルチャー・ショック、日本では起こり得ない事などを、ストーリーで投稿してみましょう。多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行・海外生活のタグが付いたストーリー一覧 1016件

ジャメイカないす。 -ファンキーな'90年代ジャマイカ旅行記-01 憧れの地に到着

はじめに  10代の頃からレゲエが好きで、いつか行きたいと思ってたジャメイカに行った時の旅行記というのか捕物帳というのか、です(笑)。  ある種「恥書き手記」とも言うべき内容ですが(笑)、日本のようなかっちりと管理された社会ではなかなか体験できない面白いことを体験してきたのでそのことを書きます。ボブ・マーリーの歌まんまな"so much trouble"なジャメイカでのファンキー捕物帳&旅行記とでも
萩原 哲夫
298

本氣で生きる人たち

今日、命賭けで生きてる人を見ました。 本日とある街中で、車にひかれそうになりながら、電動車椅子で格好よくシャーッと横断歩道を渡っていた男性です。 その時、思い出しました。 私が知る、いつも【本氣】で生きている人たちのこと。 まだ幼い娘さんが不治の難病に侵され、いつ発作が出るか判らないので、彼女の笑顔が見られるのは、これが最後かもしれないと毎日思いながら、片道1時間半かけて出勤する同僚の人のこと。 ア
Ohta Yuki
124

NewYorkに就活に行った話(3/4)

今日は、日曜日、朝8:00 地下鉄もガラガラ。  NewYorkといえば、金融の街である。東京の丸の内を想像しながら 地下鉄で、ウォールストリートへ。  単なる狭い路地だった。  なにせ、開拓当時、インディアンの侵入防止の壁があったので、ついた名前Wall st.  ワールドトレードセンター (ニューヨーク)  グランド ゼロ、英語で「爆心地」を意味する語で広島の跡地と似ていたことから、同じようにグ
溝部 康博
121

StartupWeekend はじめまして

はじめまして、私は王と申します。先週のStartupWeekend に台湾から参加しました。 今回は、数人日本の友達なってた、ありがとうございました。 これから よろしくお願いします。 また今回 StartupWeekend 日本で開催なら、私が 必ず 参加するよ。
王 汶遠
12

高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その5:アビラ】

ご無沙汰しております。   最近ちらほらコメントやメッセージをいただくようになり、更には50人近くの方に「続きが聞きたい」を押していただいたということで、大変励みになっております。 拙い文章ゆえに、皆さんにきちんと楽しんでいただけているのか不安ではありますが、これからもお付き合いいただければ嬉しい限りです。 特別感動できるような話ではありませんが、読んでアホでぇこいつーと笑っていただければ本望です。
しもむら さき
6356

NewYorkに就活に行った話(2/4)

早朝は、ニューヨーカーのマネ。ウォーキング。  ホテルからセントラルパークまで約800m。途中、5番街を北上して、ユニクロとアップルストアの場所を確認。  ニューヨーカーには、犬の散歩やジョキング、ロードレーストレーニングなど、素晴らしい環境。皇居より、車に邪魔されないようになっている。  今日から、就活開始。  東京でお願いしていたエージェントオフィスに行って、3時間くらい情報収集。  この会社、
溝部 康博
107

NewYorkに就活に行った話(1/4)

五木寛之の林住期という本を愛読していた。 古代インドでは人生を4つの時期に区切るという。  「学生期」(がくしょうき) 0~24歳  「家住期」(かじゅうき)  25~49歳  「林住期」(りんじゅうき)    50~74歳  「遊行期」(ゆぎょうき)  75~90歳 家庭をつくり、子供を育て上げた後、自分が本当にやりたかったことを出来るのが林住期。 そのチャンスがめぐってきて52歳で早期退職が出来
溝部 康博
127

「ベルボーイの夢 in ベトナム」のお話

ベトナムで宿泊するいつものホテルで、いつものベルボーイが僕を迎えた。 そしていつもの決まった日本語の台詞で僕のスーツケースを運んでくれた。 「おかえりなさい、お元気ですか?」 相変わらず上手になっていない発音で矢継ぎ早に僕に話しかけてくる。  「今回はベトナムの他はどちらの国を訪問するのですか?」  「お仕事は順調ですか?」  「お体はよろしいですか?」 インドネシア⇒マレーシア⇒ベトナムと旅してき
Harada Hideyuki
49

高3でアメリカに行って得たもの~行動する力~

高2もそろそろ終わりそうな頃、部活もすでに引退し、そろそろ受験勉強しなきゃなーとボーと過ごしていた時期にそのニュースはやってきた。父親が海外赴任。それもアメリカに。 それを聞いた時に即座に行こうと思い、とてもわくわくしたのを覚えている。 というわけでそろそろアメリカに来てから2年間が経つのですが、アメリカという土地に限らず、異国で生活するということはどういうスキルを僕に与えてくれたのかを書いてみよう
新井 康平
80

高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その4:夏の始まり】

さて怒涛の中学四年も、あっという間に終わりを迎えます。 まあ短かった、物理的に。 学校に入ってたったの2ヶ月です。そりゃ留年です。当たり前です。 なんせ私がこの2ヶ月まともにやった教科と言えば体育くらい。いやあバレーボール楽しかった。 通知表を埋め尽くす0を眺めながら、いっそのこと成績をつけるくれるなと思わず涙がちょちょ切れました。 留年して当たり前、そう覚悟はしていたのでいざ宣告されてもしょうがな
しもむら さき
7010

高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その3:苦難】

言葉が一切分からない環境での生活は、それはもう想像を絶する大変さでした。 渡西前は 「スペイン語?余裕余裕」 などと軽口をぺらぺらと叩いていた私も、流石に本格的に新生活がスタートするとその口を閉じざるを得ませんでした。 むしろ軽口を叩いていた頃の私と、そもそもスペイン行きを決定した過去の私の口を縫いつけ更にそれぞれ7発ずつほど殴ってやりたいほどでした。暴力はいけません。   というわけで今回は私に待
しもむら さき
7256

英語に浸っていこうと思ったきっかけ

中学のころ 学習塾の先生、学校の先生が受験のための英語ではなく、生きるための英語を伝えてくれた。だから英語は好きになった。 高校のころ 高校の時はオーラルコミュニケーションの授業でプレゼンテーションの機会があって、楽しかった印象がある。あとは受験英語のために英単語ターゲット1900と熟語帳、構文を必死に覚えた。 大学のころ 「技術英語」の授業でまたもプレゼンテーションの機会に恵まれ、TAの留学生に「
平野 正偉
15

高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その2:新生活スタート】

高校3年間のうちはじめの1年は、首都マドリードの横に位置するセゴビアという県でホームステイをして暮らすことになりました。 約2年ぶりにスペインの地に父と共に足を降ろして始めに思ったこと、それは 「寒っ!」 。 それもそう、スペインの内部は冬は寒く夏は暑いというとてもすばらしい気候を兼ね備えた土地であり、セゴビアなど「スペインの京都」と私から呼ばれているくらいです。呼んでいるのは私だけです。 ましてや
しもむら さき
7535

高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その1:旅立ち】

とにかく受験勉強から逃げたかった私がその方法を模索しまくった結果、つかんだ情報それが 「スペインの高校は中学と同じく受験無しで入れる」 。 これだ、これしかない、と私はスペイン語が一切分からないにも構わずスペイン行きを即決しました。 当時の私は一体どれだけ勉強が嫌いだったのか。もちろん今も大嫌いです。何も進化していません。 しかしそれにしても、言葉の分からない環境で3年間学び高校を卒業するのと、半年
しもむら さき
8552

高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その0:プロローグ】

2009年末、当時中学3年生。 受験シーズンも真っ只中に差し掛かったというとき、私は父の母国であるスペインに旅立つことを決意しました。 理由は語学力がうんぬん~とかグローバルがにゃにゃにゃ~と言いたいところですが、ぶっちゃけてしまうと 「高校受験がめんどうくさかったから」 。完全に不純な理由です。 一見冗談としか思えないこの決意、なんと翌年4月6日に まじで実行されてしまい 、数週間後に実際私はスペ
しもむら さき
8113

皆さんは、『旅行・海外生活』のストーリーをお持ちでしょうか?旅先での忘れられない想い出や、海外で過ごして受けたカルチャー・ショック、日本では起こり得ない事などを、ストーリーで投稿してみましょう。多くの人があなたのストーリーを待っています。

旅行・海外生活 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!