旅行・海外生活

旅行・海外生活

皆さんは、『旅行・海外生活』のストーリーをお持ちでしょうか?旅先での忘れられない想い出や、海外で過ごして受けたカルチャー・ショック、日本では起こり得ない事などを、ストーリーで投稿してみましょう。多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行・海外生活のタグが付いたストーリー一覧 1072件

日本IBMとヤマハ発動機で得た貴重な人生体験(その2)

その1が、自分の予想以上に反響がありました。(足跡で500ビューを越えました。) 2回で終了するつもりでしたが、「読んでよかった!」が10個を越えるようであれば、もう少し続きを書いてみたくなりました。 3、ビジネス形態の比較(感動創造 VS BUG=Money) YMCで私が担当した商品は、バイク。IBMJでは、catiaというCADのソフトウエア。 私が担当したスポーツバイクという商品は、お客様に
溝部 康博
218

アメリカで英語話せない二人が飛行機乗り遅れて死にそうになった話

僕は大学4年のころ友達と二人でアメリカに旅行にムササビのようにいきました。 それはニューヨークのマンハッタンに友達が留学していたので、ラウンドワンに行く感覚で遊びにいきました。 もちのロン毛で僕も友達も英語は話せません。 ただ旅行でグアムやサイパン等の観光地に行ったことのあった僕は、片言の英語でもなんとかコミュニケーションがとれると思っていました。 スペック 僕 大学4年 理系 夏休み 英語できな
秋澤 幸太郎
1043

誕生日に見た幻覚と鈴木くん(仮名)の話

事は2008年の12月、僕の誕生日に起きた。 当時僕は大学を休学し、北京師範大学に留学に来て11ヶ月が経っていた。 授業で山のようにでる課題。 新聞を読み、気になる記事の中国語要約を作る毎日。 中国人の友達との語学相互学習。 毎日のように寮で開かれるミニパーティー。 青島ビールと羊肉串。 サッカー、バスケ、酒酒酒…。 めまぐるしくも刺激的な毎日はあっという間に過ぎていき、季節は冬になっていた。 ある
Sakurai Shota
41

日本IBMとヤマハ発動機で得た貴重な人生体験(その1)

私は、20−40代でヤマハ発動機(YMC)にバイクの設計で17年、日本IBM(IBMJ)にCADのSEで8年勤務しました。 現在、54歳もう両方の会社は、退職していますので、内部事情に関して機密事項以外安心して書けます。もう私の上司だった方は、ほとんど退職されています。一方の会社には、バカヤローと言いたい部分もありますが、それは、最後にとっておきます。 会社というのは、入社してみないと本当の実態は、
溝部 康博
1140

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが
Kato Yuki
4865

高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その6:中学4年生(第2回目)】

ここ最近、Storys.jpに留学関係のストーリーが増えてきているのでは無いでしょうか。 私も留学生の端くれ、同じ世界というフィールドで闘う仲間(鼻で笑うところです)として皆さんの留学に関するお話を楽しく読ませていただいているのです。が。 読んでみると皆さん夢と希望に溢れ、どのような逆境にもその夢のためであれば負けない素晴らしい精神を決意を持っています。 そしてそのような文を読めば読むほど、私の人生
しもむら さき
5541

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート1

僕は、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、政治社会科学部(Social and Political Sciences) 出身です。 18歳で日本の高校を卒業するまで、海外に行ったことはおろか、英語を一言すら喋ったことがありません。 受験には失敗し、浪人。その後渡英し、様々な道のりを経て念願のケンブリッジ大学に合格。 その後は大学を卒業し、帰国。それから2年間塾講師として勤務し、現在は海外の大学院進
Kato Yuki
20175

僕が外国人に間違えられたエピソード7つ

【序章】僕は決して、スペイン人ではない 僕、笠井レオ(本名・写真右)は生まれつき、出逢った人ほぼ全員に 外国人と間違えられる という才能を持っています。よく間違えられる国々は、スペイン、ブラジル、アメリカ、アルゼンチン、ペルーです。こちらの国々の皆様、ご迷惑おかけして申し訳ありません。 ちなみに、よく言われる一言は 「日本語上手いね!」 です。 今日、このstorys.jpで発表させていただきます。
笠井 レオ
3296

NewYorkに就活に行った話(4/4)

この日がメインイベント、就職エージェントの方とMTGの日である。  2度目のライトマネージメントオフィス訪問 70代の女性Carolさん、肩書は、Regional Job Resource Consultant  孫が5人もいる、ゆっくりしゃべるベテランだ。  わざわざ、Norwalk から1時間かけて列車で来てくれた。  会うなり、私、なんで呼ばれたのかしら、、。  多分、日本からこのような形で就
溝部 康博
44

ジャメイカないす。 -ファンキーな'90年代ジャマイカ旅行記-04 生まれて初めて裁判所へ

 翌土曜日、刑事ミスター・ライトの捜査から開放され朝から一人で自由に行動できるようになる。  まずホテルからダウンタウンに向かって歩くことにする。途中、スーパーマーケット(というよりコンビニみたいなもんですが)で買い物をする。商品棚の品物をいくつかを選び、ふとレジのほうを見ると、ナ、ナ、ナント犯人のうちの一人……最初に僕に話しかけてきた奴がレジで精算してるでないの。  一昨日、裸足だった足は新品のワ
萩原 哲夫
46

ジャメイカないす。 -ファンキーな'90年代ジャマイカ旅行記-03 おとり捜査に協力も…

 とりあえず、刑事ミスター・ライトと僕は、ダウンタウンでカネを盗られた場所へ行くことにした。昨日の記憶をたよりに、どうにか例の広場に到着。ミスター・ライトは広場にいる人たちに聞き込みをしている。カネを巻き上げたあの三人組を彼等は皆知らないという。昨日と同じように井戸端で洗濯をしているオバチャンたちも、恐喝3人組のボスだと言われていた男も三人を知らないそうだ。その後、カネを払うのに両替をしたバーへ行っ
萩原 哲夫
191

ジャメイカないす。 -ファンキーな'90年代ジャマイカ旅行記-02 ドロボーは色んな顔を持つ

 ダウンタウンへ向かって歩く僕の右脇で、その若いジャメイカンは興味を曳こうと小走りしながら色々話しかけてくる。 「こわがるなフレンド。オレはそのへんにいる悪いジャメイカンとは違うゼ。オレの足を見てみろよ、裸足だろ。ビーチに靴をおいてきたのさ。ここモベイ(←モンテゴベイのこと)はキングストンなんかと違って泥棒がいないからOKなのさ。」  ちょっと胡散臭いが、マッイーカ何事も勉強勉強と話し相手になってや
萩原 哲夫
216

ジャメイカないす。 -ファンキーな'90年代ジャマイカ旅行記-01 憧れの地に到着

はじめに  10代の頃からレゲエが好きで、いつか行きたいと思ってたジャメイカに行った時の旅行記というのか捕物帳というのか、です(笑)。  ある種「恥書き手記」とも言うべき内容ですが(笑)、日本のようなかっちりと管理された社会ではなかなか体験できない面白いことを体験してきたのでそのことを書きます。ボブ・マーリーの歌まんまな"so much trouble"なジャメイカでのファンキー捕物帳&旅行記とでも
萩原 哲夫
325

本氣で生きる人たち

今日、命賭けで生きてる人を見ました。 本日とある街中で、車にひかれそうになりながら、電動車椅子で格好よくシャーッと横断歩道を渡っていた男性です。 その時、思い出しました。 私が知る、いつも【本氣】で生きている人たちのこと。 まだ幼い娘さんが不治の難病に侵され、いつ発作が出るか判らないので、彼女の笑顔が見られるのは、これが最後かもしれないと毎日思いながら、片道1時間半かけて出勤する同僚の人のこと。 ア
Ohta Yuki
134

NewYorkに就活に行った話(3/4)

今日は、日曜日、朝8:00 地下鉄もガラガラ。  NewYorkといえば、金融の街である。東京の丸の内を想像しながら 地下鉄で、ウォールストリートへ。  単なる狭い路地だった。  なにせ、開拓当時、インディアンの侵入防止の壁があったので、ついた名前Wall st.  ワールドトレードセンター (ニューヨーク)  グランド ゼロ、英語で「爆心地」を意味する語で広島の跡地と似ていたことから、同じようにグ
溝部 康博
132

皆さんは、『旅行・海外生活』のストーリーをお持ちでしょうか?旅先での忘れられない想い出や、海外で過ごして受けたカルチャー・ショック、日本では起こり得ない事などを、ストーリーで投稿してみましょう。多くの人があなたのストーリーを待っています。

旅行・海外生活 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!