一風変わったビジネス

一風変わったビジネス

皆さんは、『一風変わったビジネス』のストーリーをお持ちでないでしょうか?STORYS.JPには単なる普通のビジネスではない様々なストーリーが投稿されています。あなたも自分の一味違うビジネスに関してストーリーを投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

一風変わったビジネスのタグが付いたストーリー一覧 552件

歌を歌ったり、いろいろしてます!

16歳からギターを初め、 コピー等通らずオリジナルをいきなり作り始めました。 路上ライブ、ライブハウスでのバンド活動を経て ゲームのEDやCMの歌、仮歌などでお仕事をしていました。 商業での活動はやめ、 いまは同人音楽サークル「fishpond」で 代表、プロデュース、ボーカル、作詞等をしています。 ライブ企画なども行ってます。 非現実と現実の間を行く女子の写真撮影 イラストを書く事 デザインや写真
みずた まり
17

fishpondというサークルでボーカルしてます

M3というイベント中心にCDをリリース fishpond 歌ものポップス中心で活動! ただのポップスだとおもうなかれー! ロックからアコースティック 民族系からピコピコテクノインドまで 幅広く歌えるものは何でも歌ってます。 たまに歌詞を書いたり たまにイラストを書いたり たまに写真を撮ったり たまに女装子ちゃんを作ったりしてます。
みずた まり
21

Evangelistとなり背中を押すというJob

2007年頃だろうか、本格的にEvangelist(エヴァンジェリスト)を肩書きに加えたのは。 肩書きというのは部長だったりCMO(マーケティング担当取締役)とか色々なわけだけども、そんなのよりEvangelistのほうが市場に直接働きかけられると感じたことだ。 商品はファンが運んでくれる マーケティングをシンプルにすれば行き着く答えがあった。 営業セクションがあればよかったが、少数なIT企業にとっ
佐藤 みつひろ
35

applimで人生が変わったという話

月並みな言い方ですが、挫折と後悔、チャンスと出会いを与えてくれました。  これまでの21年間の人生を語る上で、絶対に欠かせないのが「applim」(アプリム)という学生団体です。  僕がapplimに入ったのは大学1年生の冬でした。 当時は学園祭の運営に熱心に取り組んでいて、組織の中でもそれなりの評価(思いこみかもしれませんが…)を受けていて、現状に大きな不満はありませんでした。  ところが、大学の
Ishizuka Takero
47

初めて通った声優養成所/老舗のスパルタ教育・その4(全5回)

学院に入って初めての夏休みが終わり、 クラスの人数は入学当初の3分の2に減っていた。 授業が厳しいという理由もさることながら、 やはりしばらく間が空いてしまうと、 ついなまけ癖が出てしまい、毎日やっていた滑舌も、 バイトや勉強が忙しいという理由から徐々にサボり始め、 やがて学院に行くこと自体が嫌になるのである。 もちろん、中には本当にプライベートが忙しくなってしまい(例えば親が病気になってしまった等
樋口 あかり
5538

ネットゲームで年360万円稼いでいたこと&やめたこと

元来僕は飽き症です。 悪く言えば飽きやすく、良く言えば絶えず変化するということなのですが、とにかくそれが僕をあらわすにはピッタリの言葉です。 まあつまり、つまらないとやめてしまうということなのですが、今回1、2年ほどネットゲームで年間360万円程稼いでいた方法というか話をアップします。お話としては10年から15年位前の話ですが、皆さんの副業か何かの、多少役に立つかと思い、書いてみようと思います。
F A
1818

インターネットビジネスとの出会い

【2000年春】 「世界中のあらゆる知識を吸収したい」 高校時代、こんな人生の目標(仮)を立てた。その目標を達成するため、フリーライターになって「自由気ままに生きたい」と考え、某大学文学部を受験することにした。 「あれ、こんなはずじゃ。。。」 生来なまけものだったため、高校の授業をさぼってマクドナルドにいたり、予備校の授業をさぼってマンガ喫茶に入り浸る生活。その結果、案の定不合格に。しかし、捨てる神
Uchiyama Akio
39

大事な事はみんな高速電脳で学んだ

はじめに 1997年、まだ秋葉原が自作PCの街として栄えていた、そんな頃のお話。 僕は当時大学2年生で、典型的なモラトリアム学生として日々ポンチ―言うような4人中国語勉強会に明け暮れていた。起きたいときに起き、眠くなったら近くの友達宅に転がり込む模範的な高田馬場学生だった。 その頃はまだベンチャーとか起業といった会話はほんの一部の学生の間のみの話。SFCの設立に刺激された早稲田でなんとか対抗するべく
長友 肇
686

世界の"採用"を変えるかもしれないサービスモデルが!

多くのネットベンチャーの採用を支援する株式会社I&Gパートナーズで6年間働きながら、"未来の採用"のあり方について夜な夜な考えて いた。 なぜなら、今の採用のあり方に大きな歪を感じていたから。 今の採用サービスでは、成長企業に優秀な人が入社する流れを作れないし、 自分に合った企業なんて見つけられるはずがない。 むしろ、"自分に合った"という考えすら持たずに"有名な"、"給与の高い"会社が良い会社だと
岡 利幸
63

台湾に出向時代

12年程前。日本からから台湾へ出向して、現地に12店舗あった『xtime』という家電量販店の運営を指揮してた。 既にセブンイレブンやローソン、ファミマ等の日式(北京語で日本式の意味)コンビニがすっかり根づいていて、アニメや漫画、ゲームにジャニーズ、J-POPコンテンツも大人気だった台湾。一見、日本とほとんど変わらないかと思えたけど、いざ運営する店舗の様子を見てみたら大きな違いに驚いた。 日本ではお客
沼倉 正吾
62

暫 -SHIBARAKU!-

cloudreaders開発者である中島聡氏の協力のもと、鬼虫兵庫(H N)さんと『暫 -SHIBARAKU!-』という電子雑誌を創刊いたしました。 内容は、小説、漫画、イラストを組み合わせたもので、iPad用アプリとして配信しました。 制作当時の2010年は電子書籍元年と言われていた年で、企業の介入していない純粋な電子雑誌はそれほど多くはありませんでした。 そのこともあってか、リ
Nishi Takafumi
27

Nintendo DS Software開発

ゲーム開発がしたくて、セミナーに参加 あるセミナーで、1年間かけてゲーム開発するプロジェクトに参画しました。 9人のチームで、1つのゲームをつくり上げるというセミナーで、企画から開発まで全ての工程を社員さんを講師に迎えながら行いました。 ここで、チーム開発の強さと、その難しさを深く学びました。 プログラマー3人、デザイナー3人、サウンド1人、ディレクター2人という構成で始めた開発は多くの困難と問題が
溝部 拓郎
66

皆さんは、『一風変わったビジネス』のストーリーをお持ちでないでしょうか?STORYS.JPには単なる普通のビジネスではない様々なストーリーが投稿されています。あなたも自分の一味違うビジネスに関してストーリーを投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

一風変わったビジネス 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!